NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

カテゴリ : レッスンご報告

1

わたしのおせち」全10日程終了いたしました。
ご参加くださった皆様ありがとうございました。
キャンセル待ちでご参加いただけなかった方、すみません。次回ぜひお待ちしております。

2

若い方からベテランの方まで幅広い年代の方がご参加くださいました。
親子参加の方も。
3

insta2

あっという間にできてしまうごまめ。


DSC06898

menu
黒豆
ぶりの照り焼き
生ハムとパプリカの椿仕立て
のし鶏
紅白しんじょ
棒鱈のはちみつ煮
エビの幽庵蒸し
イクラかまぼこ
八幡巻き
柚子大根
お煮しめ
くるみごまめ
insta1


黒豆や、京都のおせちには欠かせない棒鱈などベーシックなもの+αのおせちとなりました。

本番のときには、お友だちと数品ずつ分担して持ち寄って詰める、という方もいらっしゃいました。
それ、いいですね!

今までは実家のおせちを食べていたけれど、ご家族の状況が変わって今年ははじめておせちを作るんです、というお声もちらほら。
そういう年代にさしかかってきましたね…。わかります…。

ぜひおうちの味とあわせて「わたしのおせち」にしていってくださいね。

楽しいお正月をお迎えください。(S)


「はじめての料理」日曜クラスの皆さまの卒業写真。

FullSizeRender


今年2月にりんごの皮むきからスタートしたクラスもついに先週最終回を迎えました。
おだしをとったり、魚をおろしたり、肉じゃがを作ったり、忙しくてもできるおうちのごはんの基礎をみんなで包丁を握って練習してきました。
(↓写真は10月の「魚のおろし方」)
DSC06329


最後にひとことずつ感想を伺いました。

始めるきっかけは、色々なんですね。

「レパートリーを増やしたくて」

「何か始めたいと思って偶然に」

「育休中の気分転換に」

DSC06326

(「料理がまったくできないので)来てよいのかな?と思っていたけれど、やってみようと思うようになった」

「目からうろこで簡単でいいんだ、って思えた」

「皮むきもできなかったけれど、包丁がこわくなくなった」

「動画や本ではわからなかった生のレッスンで、料理のハードルが下がった」

「今まで料理はほとんど夫がしていた。やってみたら目からウロコのことが多かった」

最初は皆さん自信がなかったようですね(笑)
でも、料理はコツをつかんでやってみたら意外とできちゃった、という方、多かったみたいです。

DSC06336


こんな変化も…。

「道具を大切にするようになった」

「実家暮らしで食べる専門だったのが、少しずつできるようになってやる気が出た!」

「(家族を)手伝うとありがとうと言われる」

「インスタントや出来合いが多かったが、料理をしようと思えるようになった」

……11か月間おつかれさまでした!

次回は2019年2月スタートです。

受付開始日 12月20日(木)22時より。

詳しくはコチラを。

街はすっかりクリスマスですね。
小さな子どものいらっしゃる方は、プレゼントのご用意はお済みですか?
PCのアマゾンの履歴で子どもがサンタさんの正体を知ってしまった…なんて話を先日聞きました。
お気をつけくださいねー(笑)

さてさて、ちょうどクリスマスの1ヶ月前、11月25日のクリスマスリース教室のご報告です。
満員御礼、ご参加くださった皆様、講師の桑原さん、ありがとうございました!
FullSizeRender

毎年恒例となり、「今年はどんなリースかな」と楽しみにしてくださっている方も多いレッスンです。
今年はグリーンをふんだんに使った、甘さ控えめの大人っぽいデザインでした。
FullSizeRender

FullSizeRender


楽しいクリスマスをお過ごしください。



DSC05906


今年もたくさんの皆様にご参加いただき、まことにありがとうございました。
「夏のおばんざい2018」終了いたしました。
DSC05872


DSC05862



DSC05880


1

揚げ団子ときゅうりの甘酢

2

とろとろ茶そうめん

3

大葉と春雨の焼き春巻き

4

蒸し鶏とズッキーニのくるみだれ

6

冬瓜ときくらげの冷やしあん

7

揚げなすとトマトのおひたし

8

チョップド豆腐サラダ

9

とうもろこしとにらのチヂミ

10

タコとトマトのリゾット風

大鉢に盛り付けてずらっと並べたら、ビュッフェのようにお皿に盛り付けました。
DSC05902


お皿パッツパツのかなりの満腹コースでしたが、ほとんどの方が完食でした!


甘酸っぱいもの、おだしのやさしい味のもの、ピリッとスパイシーなもの…。
家にある調味料で化学調味料や●●の素を使わなくとも、簡単にできてしまうものばかりでした。
ぜひおうちの定番にしてくださいね。


(S)



DSC05797

8月の「おうちのごはん 男子専科」は、恒例の居酒屋バージョン、じゃなかった「おばんざい(ビールつき)」でした。
暑い中皆さまおつかれさまでした!

どんどん腕を磨いているベテランの方に混じって、初めての方にもご参加いただきました。
ありがとうございました。

DSC05799

・冬瓜ときくらげの冷やしあん
・揚げ団子ときゅうりの甘酢
・チョップド豆腐サラダ

盛り付けも美しく決まっています!

おうちのごはん 男子専科」は毎月第3土曜日に開催しています。
体験レッスン受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

※8月以外はビールはつきません(笑)

075-953-1292

lesson@relish-style.com

DSC05614


今日は台風のため、大山崎山荘もお休み。
静かな山崎でした、といいたいところですが、
午前中のレリッシュは「夏のおばんざい」初日でバタバタ賑やかでした。

台風による休講が心配されましたが、なんとかギリギリ開講することができました。
夜中の風の音で眠れなかった方も多かったのではないでしょうか?
被害が広がりませんように。

全10日程の初回の今日は、森かおるも、スタッフも実はドキドキ。
毎年ご参加くださっている料理教室の方だけでなく、
レリッシュの料理教室は初めての方や、生徒様のお友達にもご参加いただきました。
皆様ありがとうございました!
おなかいっぱいコースでしたね。

森かおるによると、今年のメニューは旬の夏野菜をたっぷりいろんな味で楽しむメニューになっているそうです。
全10品が並ぶ様子はまさに壮観。
写真はまた後日に…。
(写真はとうもろこしとにらのチヂミ)

残りほんの数名様ですが、空きがあります。
ぜひぜひこの機会にご参加ください。

空き状況など詳細はコチラ



(S)

FullSizeRender


母の日の5月13日はwire×plantsの1日教室でした。

雨の中ご参加くださった皆さまありがとうございました。
おつかれさまでした!

IMG_0331

ワイヤーで絵を描くように花瓶のかたちを。

IMG_0330

ガラスの試験管をセットして、お好きな花やグリーンと組み合わせます。

FullSizeRender


講師の奥田由味子さんはワイヤーワークの作家活動と同時に、ガーデンデザイナーとして植物のある暮らしを提案されています。
レリッシュともかれこれ10年くらいのお付き合い。
その間、お仕事の幅を広げるだけなく深められ、近年はお年寄りの施設で園芸療法にも携わっておられます。

IMG_0333

ただいまレリッシュ店頭にはこんな作品も。
ユーモアも魅力です。

    ※磁石でくっついています。 648円
IMG_0335









6

3月最後の日はお花見弁当教室最終日でした。

皆さまありがとうございました。
1

盛りだくさんの春のおかずを10品。
2

3

5

「コロッケの油は少なくてOK。冷凍もできます」
4

時間内にできました!
8


今日はまさに満開のお花見日和。
これからお花見に出かけるという方もいらっしゃいました。

9


また来年!


menu
鰆のレモン幽庵焼
菜の花とエビの生春巻き
鶏ロールのごま白味噌だれ
タコとスナックえんどうのピンチョス
新玉ねぎのじゃこチーズ焼き
新じゃがひじきの和風コロッケ
新ごぼうとわかめのラー油和え
豚と筍の甘酢つくね
クリームかぼちゃ
たらこと三つ葉の春色ごはん
いちご






DSC04171

お花見弁当2018 1日目。
皆さまご参加ありがとうございました。

毎年ご参加してくださる方、はじめましての方。
皆さまとても段取りよく、そして
笑い声のたえない楽しいレッスンになりました。
教室で試食された方たちからは、「おいし~い!」の絶賛(自画自賛? 笑)の嵐。

詳しいご報告はまた。

1月8日&11日の「鯖寿司教室」にご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

image

塩鯖を甘酢と昆布につけておきます。
ここまでは事前に準備。

2

骨を抜く作業はみんなで。
最近メガネ着用の料理教室森かおる。

1

寿司飯をつくって、押し型にぎっしりつめて。ちょっとしたつめ方のコツをご紹介しました。
3


4

DSC03749

竹の皮に包んで出来上がり!

1本ずつお持ち帰りいただきました。
作りたてよりも少し時間がたったほうが、まろやかになりよりおいしくなります。

鯖寿司があるので「今晩はお鍋のつもり」という方もいらっしゃいました。
これはいい組み合わせ!準備万端ですねー。


後日、
「まさか自分が鯖寿司をつくれるなんて」
「主人がすごいやん!とほめてくれた」
などうれしい感想もいただきました。

お店で買うもの、と思い込みがちですが、
新鮮な塩鯖が手に入れば、おうちにある調味料でできてしまう鯖寿司。
得意料理に加えてくださいね。

来年も開催予定です。

               (S)





image

手作りのクリスマスケーキ大集合!

12月のteteのお菓子はクリスマスケーキでした。
紅茶の香り、チョコレートの香り、スポンジの焼ける甘い香り…。
レリッシュ中が幸せな香りに包まれました。

毎年堀江先生のオリジナルのレシピを楽しみにされている方も多く、
今年も盛り上がりました!
皆さまおつかれさまでした。
贅沢すぎる今年のケーキ、ご家族やお友達の反応はいかがでしたか?

teteのお菓子は今月でいったん終了。
1月からまたあらたにスタートします。

初回の1月はバレンタインのチョコレートのお菓子です。

その他のメニュー&詳細はこちらを。

第4火曜日は満席ですが、第3木曜日はあと少し空きがあります。
お早めにお申し込みください!

すっかり日にちが経ってしまっていました。
12月3日はクリスマスリース教室でした。
満員御礼。 ご参加くださった皆様ありがとうございました!

年末恒例となった桑原美保さんのレッスン。
今年のリースは、ユーカリが主役の潔いほどシンプル!
デルフィニュウムの透き通るようなブルーを添えた、大人なリースでした。

1

店内中にユーカリの清清しい香りが漂いました。
2

出来上がった13個のリースは皆それぞれの味わい。
5

4

6

寒い冬、ただいま~と帰ってきたときに、手作りのリースが迎えてくれたらちょっとほっこりしますね。

楽しいクリスマスを。

(S)



P3314505


毎年春休み恒例の「お花見弁当」教室。
今年も全10回開催しました。すべて満席となりました。
ご参加くださった皆様ありがとうございました。


・新ごぼうと牛肉のしぐれ煮
・鰆のカレー竜田揚げ
・蒸し鶏と新玉ねぎの甘酢あん
・春野菜のまん丸餃子
・わけぎとホタテのぬた
・菜の花と新じゃがのチーズ焼き
・サーモンとセリのパスタサラダ
・えんどう豆とさつま芋のバターきんとん
・二色ごはん
・いちご

おかずはグループで分担して作っていただきました。
品数が多いので、必死のパッチの形相に見えますが…。
時間内にはちゃんとお弁当箱に収まりました。
皆様お見事
P3244436

P3254455

P3254453


おしょうゆ味、中華味、洋風味。
いろいろな味のおかずを楽しめるお弁当になっています。
2017-03-24-12-18-11

どんな味にもしっくりくるのが、ごはんのすごいところですね。

どれも一つ一つは手のかからないものばかりなので、ぜひふだんのおかずにも登場させてくださいね。
そして、お花見本番のお弁当にも入れてください!

2017-03-25-12-33-20




1月22日(日)のさば寿司教室にご参加いただいた皆様ありがとうございました。
冬恒例の1日教室。

P1223927

image1


塩さばから作るので、作りやすいレシピになっています。
いい塩さばが手に入ったら、ぜひまた作ってみてください。(今回は、長岡京HELPのものを使用)
P1223929

竹の皮で包んで完成度up.
手土産にして自慢してください


PC083628

「はじめての料理」第2木曜日クラスの皆様。
11か月間おつかれさまでした。

毎回大爆笑に包まれた木曜日。
放課後(?)の2次会もあったり皆さんすっかり仲良くなられたようでした。
楽しいムードをありがとうございました!



「技術だけでなく、(ごはん作りは)心をこめて、とか楽しく、ということも学びました」

「結婚したばかりで野菜の切り方などがわからず落ち込んでいた。基本を習って家でおいしい!って喜んでもらっています。私はおだしをとっている!というのが自信になりました」

「あたたかいハートの皆さんで、おいしいねって笑える時間が楽しかった

「知らなかった~ということも受け入れてもらえるメンバーだった(笑)料理に対する壁が低くなり、前向きになりました

「料理は苦手だった。楽しく作る、っていう考え方を知って、家でもやってみようというキモチになった」

「今さら聞けないことを解決してもらえた。お酒好きの主人のためにレシピが増えました

「子どもが身体が小さいこともあり料理がしんどかった。野菜の切り方など食材に愛情をもってつくることを覚えて、前向きになれた」

「主婦歴20年。焼肉のたれ、炊き込みご飯の素を使っていた。(身近な調味料でつくることを覚えて)、子どもが炊き込みご飯をおかわりした!

「添加物がないほうがおいしいとわかった。おいしいけど、勉強してきたの?と子どもが聞きます(笑)」

ごはんがおいしいってこんなに幸せ、って気づいて食生活の乱れを見直した」

「母が料理上手で台所から遠のいていた。包丁の持ち方など確信がもてなくなって、you tubeを見ていたりした(笑)。今さら聞けないことも聞けました


「はじめての料理」はどの曜日も独身の方から子育て中の方、主婦の方まで色々な方にご参加いただいています。
皆様お忙しい方ばかりにもかかわらず、ありがとうございました。


次回は2017年2月~12月の新クラスがスタートします。
詳しくはコチラを。







このページのトップヘ