NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

カテゴリ : Sのひとりごと

DSC06005

あんなに待ち遠しかった秋なのに、台風そして北海道の大地震。
言葉がありません。
被害に遭われた方に早く心やすまる時が訪れますように、そしてこれ以上被害が広がらないことを祈ることしかできません。

そしてレリッシュはといえば。
台風の翌日、そして地震当日の今日は料理教室でした。

家が傷ついた方、停電された方、ご家族が帰宅難民になった方。
お子さんやお年寄りのいらっしゃる方も心配ですね。
それぞれに不安な気持ちを抱えていらっしゃる中、ご参加いただきありがとうございました。

皆さん大変なときでも明るくネタのように笑い飛ばしてしまうところに関西魂を感じました。

集まって料理して、食べてしゃべって笑って少しでも気分転換していただけたでしょうか?

レッスンの後残った方と、「ピアスをいつどうやって空けたか」という女子高生のような話題で大盛り上がりしたり、色々お話を聞けて私たちも気持ちが明るくなりました。ありがとうございます。

被害が少なくて済んだ者としてできることは、と考えたとき
来てくださった方がほっとしたり笑えたりする場所であり続けることかな、と森かおるはじめスタッフで確認しました。


「レリッシュに笑いにきてや~」by 森かおる


(S)




DSC05675

8月になりました。

今日も猛烈に暑かった…。
肌がひりひりするのは気のせい?

そんな中、今日は観光の方にも足を運んでいただきました。
暑い中、階段を上がっていただき、本当にありがとうございます。

夏休みも本番。
本当は夏休みって、楽しいはずですよね。

楽しみは、朝のラジオ「夏休み子ども科学電話相談」。
子どもたちと科学者の先生方のやりとりが楽しくて、くせになっています。
朗らかな気分で1日をはじめられるので、よかったら聞いてみてください。
ネットでも聞けます。

※8/10~8/16は夏期休業とさせていただきいます

今月もよろしくおつきあいください。

(S)


FullSizeRender

夕方ふと見上げたら、
エバーフレッシュ(愛称 ねむちん)が黄色いお花を咲かせていました。
いつから咲いてくれていたんだろう…。
気がつかなくてごめんなさい。


昨年はあまり花をつけなかったねむちんですが、
今年はつぼみもいくつかついています。
咲いたと思ったらすぐに散ってしまうはかない花。
DSC05490


猛暑の毎日の楽しみになりそうです。

まだこの暑さは続くようです。
皆さまお気をつけてお過ごしください。

(S)


DSC05261

海外の方になぜか人気なのは織部などグリーンの器。

雨の降る中、今日、小皿(写真中央)を選んでくださったアメリカ人の男性は「オシンコ ショウユ ワサビ OK?」とうれしそうにお買い物してくださいました。
この方、日本の食べ物が大好きだそうで、お気に入りは納豆とトロロ入りのおそばだそう。
お好み焼きソースもお買い上げくださいました。
家でお好み焼きを焼くのかしら。アメリカに豚バラスライスはあるのかしらと余計な心配を。

IMG_0746


大雨の木曜日。
おうちカフェも休講しました。
大山崎山荘も休館だったようです。
皆さまの地域は大丈夫でしたでしょうか?
地震のあとのブルーシートの屋根も痛々しく、
どうかこれ以上被害が広がりませんように。

(S)

何人ものお客様から「とてもよかったです!」とおすすめいただいていた
大山崎山荘のウィリアム・モリス展に行ってきました。
IMG_0387

楓の若葉のトンネルを抜けて。
FullSizeRender


IMG_0411

産業革命後のイギリスで大量生産の時代に疑問をもち、暮らしを美しくする「アーツ&クラフト」運動を提唱したウィリアム・モリスたちが残したものが展示されています。
IMG_0449


モリス、といってまず浮かぶ壁紙のほか、椅子や書籍などが
ふるきよき英国の住宅をイメージして建てられたという山荘の調度品と美しくマッチしていました。
(室内は撮影不可)
ロセッティとの三角関係秘話(?)など興味深いエピソードも。

IMG_0401

庭の池には睡蓮が咲き始め、色々な鳥のさえずりが聞こえてきました。

緑にうずもれそうな三角屋根。
FullSizeRender


「ウィリアム・モリス」はいつだったかちょっとしたブームになっていたことがあったので、
アラフォー、アラフィフ以上の方にとっては懐かしく思われた方もいらっしゃったのでは?
実家にグッズが眠ってそう…。

雨の季節の山荘も静かでとても美しいです。
ぜひぜひおでかけください。

(S)





IMG_0310

今年もつばめ夫妻が店内にやってきました。

子育てのための新居を探しているようです。

幸運のしるし、と歓迎したいところなのですが、
そうもいかないのが心苦しいところ。(「落しもの」もしてしまうし)
IMG_0317


毎年、1階の扉の内側に巣を作りたがっているのですが、
その扉は夜間や定休日には閉じてしまうため、
つばめは出入りができなくなってしまうのです。

はやく安全な場所に新居をつくってほしい…。
なにしろ、遠い遠い東南アジアから必死に海を渡って田んぼの国日本へ、
そして山崎に戻ってきてくれたのだから。

軒先のある家が減ったこと、田んぼが減ったことなどで、つばめたちも新居探しに苦労しているようです。
10年くらい前までは、山崎駅のまわりをもっとたくさんのつばめたちが飛び回っていました。

つばめたちが無事子育てをして、南の国に飛び立てることを祈っています。

(S)

追伸
鳥が苦手な方すみません。
つばめが落ち着いたころに手でつかんで外へ放す予定です。
スタッフTが逃がしました。

DSC04085


気がつくと2月もあと数日。

ここ数日は日差しもあって、ようやく春の気配が感じられるようになりました。
オリンピックで盛り上がっている巷とは別世界のような静かーな金曜日。
そんななか、山崎観光の方にお立ち寄りいただきました。

「山崎っていいところですね」と言っていただいたり、
信楽や美濃の器を海外からのお客様に買っていただいたり(器は外国人の方に大人気!)
なんだかうれしい…。

風邪を引いている方、家族が受験という方、あと少しで春ですよ!

いい週末をお過ごしください。

(S)

DSC04070


みぞれが降ったと思ったら、春のような日差しが降り注いだり。
冬と春との間を行ったり来たりの土曜日。
ヒヤシンスは一気に満開になりました。

フィギュアスケートが気になりながら、家に帰ってからのお楽しみにしたいから、
ネットはみないでおこう!と料理教室森かおると話していました。

気になって仕方ないのはお客さまたちも同じようで。
「羽生選手金!」のニュースは男子の料理教室のみなさんの声から飛び込んできました。

演技のすばらしさはもちろん、どんな状況におかれても決して否定的な言葉を口にしない精神の強さに心打たれます。

否定的な言葉を口にしない、ってふだんの生活でも大事なことだなと思うことが多いこのごろです。

先日仕事でお世話になっている方(男性)が、奥様のことを「悪いところが見つからない。僕にはもったいない人です」といった言葉。聞いた私たちも幸せな気持ちになりました。

さあ、早く帰ってダイジェスト見よう!!


スタッフSのひとりごとでした。




このページのトップヘ