打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

1/22 競馬予想【東海S】


中京11R
アスカノロマンとグレンツェントが強く、体調も悪くはなく力は出せる状態。どちらか、ないし両方が後続を離して直線伸びる予想。力的に3,4,5番手評価の馬に流すより、ロードカナロアエーシンダックマンの時のケンブリッジエルや、ミッドサマーフェアアイスフォーリスの時のダイワデッセ〜的存在で大穴を狙ってみたいレース。 

◎アスカノロマン
〇グレンツェント
△モルトベーネ
△カゼノコ
△マイネルクロップ
△メイショウウタゲ

特に期待はモルトベーネ。だいぶクラス慣れしてきたし、そろそろ重賞でも上位に顔を出せるぐらいにはきたと思う。体調も絶好調の様子。勝ちに行くというより、そつなく立ち回ってどこまで的な騎乗をやってくれそうで、それがはまれば。ぶん回しそうではあるけど、直線に懸けてくれればカゼノコ、メイショウウタゲ。冬馬マイネルクロップの復活が超大穴。

3連複◎〇-△△△△。 

先週はミッキーロケット、今週はアスカノロマン、来週はブランボヌール。
永遠の28歳、この流れ掴めるか。 
---

中山11R

ゼーヴィントは4歳トップクラス候補、リアファルは5歳トップクラス候補評価。注目のカード。こちらもリアファルがもしかしたら今まで以上に掛かるかも?ぐらいで、大番狂わせは望み薄の予想。

復活か相手弱化の前進か微妙なところだけど、中山金杯で結果的にオーバーペースを好位で立ち回って抜け出す見せ場作ったクラリティスカイにも上積み余地あり。菊花賞で絡まれる可哀想な展開でも突き放す脚を使って驚かされたミライヘノツバサがどれぐらい強くなっているのかも注目。

充実度でナスノセイカンに淡く期待してたけど、どうも調子が怪しげ。走るたびに、この馬は晩成だからと言われ続けるタンタアレグリアがどれぐらい強くなっているのかも見どころ。リアファルが案外に終わった場合に、前走はため過ぎ裏目で見直せる、一人旅完遂チャンスのクリールカイザーが大穴候補。

◎ゼーヴィント
〇リアファル
▲クリールカイザー
△クラリティスカイ
△ミライヘノツバサ
△ナスノセイカン
△タンタアレグリア 

1/14 競馬予想【ジャニュアリーS】


中山11R
◎ディーズプラネット
○ゴーイングパワー
▲マキャヴィティ
△ペイシャモンシェリ
△ナンチンノン
△ワイドエクセレント

ディーズプラネットは秀逸な2勝目から注目している馬。OPで連敗中だけど、前が残るときに外進出の差しに回っていたり、うまく立ち回れた時に勝ち馬が外から抜けていく流れだったりと噛み合わないレース続き。GCC4着より上を目指せる評価は変わらず、2勝目を挙げた条件に戻ってきてチャンス大きいとみて本命。 

馬単◎→○、3連複◎-○▲-○▲△△△。 

1/8 競馬予想【フェアリーS】


京都10R
ハナズレジェンド

未勝利勝ち、札幌1000万下2着の内容が素晴らしく、今年はどこかで重賞勝ちを期待する1頭。追い込み一手の脚質から脱却図り、攻めの追走で挑んだ前走も結果が出て安定度アップ。ここか次で決められれば、ぜひ中日新聞杯へ。ジョルジュサンクが強敵候補。
---

中山11R

◎アマノガワ
○ヒストリア
▲アエロリット
△コーラルプリンセス
△メローブリーズ
×キャスパリーグ

アマノガワ
はハウメアに負けた未勝利2着からの注目馬。次走の昇級戦でも3着に入る勝ち馬に流れが向いたレースで、ハイペース好位追走から抜け出して粘ったしぶとさは相応に評価。ここに入っても力上位の可能性は十分ある。

父親の血統イメージから、立ち回りやスピードの持続力の適性が強めだと思っているので、東京で差しに回って切れなかった前走は力出せてない判断でノーカン。内枠を引けず、調教も加点要素ほぼゼロで状態が怪しいけど、3か月半前からフェアリーS出走を心待ちにしていた馬。流れ向けばやれるとみて本命。

前で立ち回れるアエロリットに主導権を取られたら、外枠のアマノガワには絶望的なので、内で立ち回れそうな軸をもう1頭。ヒストリアのアルテミスS7着は、掛かるシーンと揉まれ込むシーンが目立つ厳しい競馬ながら、直線は反応を見せていた。今回もあれぐらい掛かると大変だけど、落ち着いて挑めれば一変期待したい。

馬連◎−○▲△△×、○−▲△△。

1/7 競馬予想【羅生門S】


夢中で頑張る君にクールボー。
---

中山9R
ホウオウパフューム

ゲートを出て誰もいない外へ逃げ、2角大外、中盤は前に壁なし、3〜4角も外、結果的に2,3着は内を回ってきた馬。東京2000m大外枠で受けられる不利を全て受けながら余力十分に、ふらつきながら伸びしろ十分に圧勝した新馬戦からの注目馬。

関東の皐月賞隠し玉としてチェックするも、牝馬ですと指摘頂き、セールで5000万で取引された有名良血馬だとも知りました。。右回りは初めてだし、ここ2戦とはかなり違う適性面を問われる条件かなと思うので、対応できるかカギ。モタついて伸びなくても評価は落とさない。
---

京都9R
エアウィンザー

器を確かめるようにねじ伏せに行った結果、次走で東スポ杯を勝ち負けするような馬が潜んでいたものの崩れなかった新馬戦からの注目馬。かなり高いレベルでの底力を示し、順当にクラシック路線の主役候補まで進む予想。今回もルメールの馬が不気味だけど、勝ちきってほしいところ。
---

京都10R
◎エイシンバランサー

エイシンバランサーの前走8着は、スローペースに苦しんで位置取りを下げて後手に回ったのが敗因のすべてだと思う。夏休みを挟んで成長し、前々走2着からまだ伸びる余地のある評価をしている馬なので、前走逃げた馬に内枠の外人逃げ馬が加わって、ペースが上がりそうな今回は一変するとみて本命。 ◎単勝、複勝。

1/5 競馬予想【招福S】


新年あけましておめでとうございます。

パソコンを新調しました。
以前とは比べ物にならない程に動きがスムーズになったので
昨年よりは更新する回数が増える、かも、しれません。

今年もご贔屓に。よろしくお願いします。
---

京都3R
夏までにはOPで走ってる候補に名前を挙げたタガノディグオが早速登場。

ゲートを歩いて出る癖が、たぶんまだ直っていないので、今回も大味な競馬が濃厚。相手強化の一戦でその戦法が通用するかは・・何とも。現級好走馬とかエルディクラージュとか、強そう。たぶん無理だけど10倍つくなら単勝で勝負してみたい。
---

中山10R
◎コスモカナディアン
○ベルウッドケルン

ディグオが10倍ついていなければ、新年初勝負はこのレース。コスモカナディアンの前走は限りなく力負け評価も、勝ち馬はOPでも好勝負になりそうなほど強かったし、相手替わりで順番が来て不思議ない力量馬。砂を被りながら立ち回れるのも武器で、前走との枠の違いは3着以上の前進材料。

ベルウッドケルンはこのクラスで勝ち負けしたことはないけど、連勝時の内容から通用する力自体はある評価はまだ変えていない。前走は36秒台で上がっても届かない異質な流れ。マイルを使った時の忙しさや持ち時計からも、時計が掛かれば浮上する可能性十分だと思う。良馬場替わりで上がり掛かって前進見込み。

◎○ワイド1点。
---

京都11R
クラシック勝ち馬を頂点とする4歳勢力の、2番手集団トップにつけるエアスピネルの古馬初戦に大注目の一戦。菊花賞は1500mを過ぎても口を割った追走。勝ち馬が外から一気に抜けたので、せっかく好エスコートで外枠を捌いたのに流れが外、、という不運が重なりながら抵抗を見せた。地味にとんでもなく強い内容。

弥生賞⇒皐月賞、神戸新聞杯⇒菊花賞で明らかに良くなった印象があるので、休み明けで力全開出来るかはポイントになるけど、ハンデは56.5キロで”止まった”ぐらいの感覚。休み明け以外は好条件揃いなので、人気でも逆張りする気より、通過点的な勝ち方が見たいレース。

来年活躍期待の2歳馬


2勝以上してる馬、すでに重賞で連対してる馬を除いた来年飛躍期待の注目馬。

キセキ

性別も見た目も走り方も違うと思うんだけど
直線で上がってくるのを見てアパパネが重なった。
2勝馬含めても素質はクラシック上位レベルだと思う。

インウィスパーズ 
エアウィンザー
ムーヴザワールド

この辺りは順当に。

パルフェクォーツ
ナムラマル
サトノクロニクル

未勝利組ではこの3頭。
---

ハナレイムーン

桜花賞候補。

アドマイヤローザ
ホウオウパフューム

オークス候補。

レッドリボン

未勝利組では2戦続けて負けて強しのレッドリボン。
---

ローズストリート
タガノディグオ
バニーテール 

ダート路線では勝ち上がってないバニーテールも含めて
3頭とも夏までにOPで走ってると思う。

12/25 競馬予想【有馬記念】


中山9R
◎ベストリゾート

ハイペースで引っ張り垂れる馬を追いかけて粘った新馬戦2着からの注目馬ベストリゾート。東京替わりの前走は出遅れて大敗仕方なしと思って見ていたら、差しに回って伸びて来て勝ち上がり。競馬センスに驚いた。新馬で見せた能力がここでも通用するかは半信半疑だけど、色々と異なっても動じなかった前走の内容なら格上げ戦でも力を出してくれると期待したくなるし、6人気なら通用の力はついてる方で勝負。
---

中山10R
◎サウンズオブアース
○ゴールドアクター
▲キタサンブラック
△サトノダイヤモンド
△ミッキークイーン
△ヤマカツエース
×サトノノブレス

中盤過ぎまでは淡々と流れる予想。余力十分のキタサンブラックが1番枠なりに立ち回ってくると考えると、枠の有利不利が顕著に出てしまうんじゃないかな。

昨年2着時より内枠を引けたサウンズオブアースの悲願達成に◎。サッと反応するイメージが無いので差しに回るとスムーズさ欠いて厳しくなると思うけど、キタサンの動きに合わせられる位置取りをしてくると予想。 

馬単◎→○▲△△△。 ワイド◎-×。
---

阪神11R
◎エイシンエルヴィン
△3 12 15 16

フランスに行くまで延々と1人気だったエイシンエルヴィンを10人気で買える。前走は休み明けの息切れの範疇だと思うし、海外遠征で精神面が枯れている心配はしなくてよさそう。絶対にOPでも通用すると思わせた下鴨Sの底力をそろそろ出すと期待。

3連複◎-△△△△。
有馬で負けた分を5倍にして取り戻したい。
 

有馬記念のメモ 3枚目


アルバート

前走ステイヤーズS1着。先に動いた2着馬についていく好判断で競り勝ち。圧勝の昨年より辛勝で目立たない勝ちっぷりだけど、流れ待ちの脚質から脱却した内容。むしろ充実と捉える見方も一考。

ステイヤーズSが終わった段階では、キタサンが次は玉砕覚悟の攻めを受ける流れになると思っていたので、スタミナ勝負でサトノダイヤモンド→アルバートの馬単で勝負したくてたまらなかったんだけど、レースが近付くとキタサンにお手上げしてる陣営の方が多い気がしてきていて、今となっては淡々とした流れ予想に傾き、序盤差し戦法で外枠引いたら厳し過ぎるな〜と。
---

サウンズオブアース

前走ジャパンカップ2着。厳しい競馬を強いられた昨年よりはスムーズに運べて前進。天皇賞春だけさっぱり走らないけど、それ以外のレースでは堅実に走ってる。キタサンブラックの2着を拾った感じはあるので、昨年より着順が上がったから力が上がったとは評価しないけど、昨年の2着馬が大きな力落ちなく駒を進めてきたのは間違いないので当然の有力候補。

反応の鈍さで2度ほど不利を受けたことがあり、差しに回ると危険度が増すけど、好位につけても競馬出来る馬で、6番枠は武器にし得るので、前へ行ってくれれば昨年並の結果を期待。鞍上のスタートを信頼するかはあなた次第。5人気以上になればJCに続いて神ってるデムーロパターンになるけど、ちょっと無理かな。
---

シュヴァルグラン

前走ジャパンカップ3着。サウンズ同様にキタサンが抜けた後の着を拾った感じはあるけど、この馬は日経新春杯のイマイチ2着→阪神大賞典楽勝の経緯から長距離適性を疑っていたので、中距離でも春と同じ結果が出せている点で、充実度の高さの方を強調したい1頭。やはりサウンズと同じくスッと反応するタイプではないので、差しに回って中山で今まで通り走れるかが大きなカギ。14番枠から前へ行く戦法をとってくれるか。
---

ミッキークイーン

前年ジャパンカップでは古馬との壁を感じたものの、ヴィクトリアマイルCで前走上がり最速馬として史上初連対。放牧先での捻挫から立て直したぶっつけエリザベス女王杯でも崩れず3着。タイトルこそ積み上げていないけど、かなり力がついている可能性まで警戒される1頭。
---

サトノノブレス

切れ味ではなくしぶとさ勝負になった方が持ち味活きるタイプのディープ産駒。ここ2戦は切れ味勝負で後ろから競馬しているのでノーカン。オールカマー2着を見直すべきで、ゴールドアクターにほぼ遊ばれた様なレースではあったけど、G2大将イメージから休みを挟んでちょっと強くなっていたようにも思った。勝つイメージはさすがに出来ないけど、紛れの2,3着はあって不思議ないイメージ。サトノエトワールの時のような露骨な事にはならないでほしい。
---

ゴールドアクター

キタサンのペースに嵌りたくないと事前に振っておいて、がっつり嵌ってみせたジャパンカップ4着。乗ってる側からすれば、あのペースで引っ張り突き放すキタサンが強過ぎると考えるのが当然の様だけど、早めに近づいていく強気な進出ならどうだったか。

前走は前走として、今回はそつなく立ち回っても、しぶとさがより活きやすい条件。1度目の有馬で金星→中山実績積み上げ巧者ぶり見せつけ→JCでも4着で中山替わりで連覇射程圏→…のマツリダゴッホにとても被っているような気がするけど、当然の好勝負有力候補。

有馬記念のメモ 2枚目


サトノダイヤモンド

前走菊花賞1着。一騎打ちを仕掛けられ、返り討ちにする完勝。3歳最強候補がいよいよ古馬と初対戦。同世代のクラシック路線組が古馬との対決でどうもイマイチな結果が続いている。現役最強候補キタサンブラックという申し分のない相手に挑む真打サトノの構図は最大の目玉カード。2強オッズなのは分かってるだろうし、キタサン目標に脚を使い切る計算をしている可能性が高い。

勝って不思議ない力評価をしている馬だけど、同期のJC成績が振るわなかったので、一気に相手が強化されている可能性がそれなりに高く、すんなり反応できるかカギ。偶々レベルとはいえ、中山は不利を受けたことのあるコース。徐々に加速していくタイプにベストなコース設定とはいえないので、スムーズに回ってこられるかも重要。その点、この馬に関しては外目の枠で良かったと思う。

有馬記念のメモ


キタサンブラック

前走ジャパンカップ1着。感覚的にはスローペースなのに離し逃げをさせてもらえた感じで、こんなに楽な競馬しちゃったら、次は玉砕覚悟の攻めを受ける流れになっちゃうんじゃないかと心配したんだけど、乗ってる側の人達からすると、内が残りにくい馬場状態で捲くれない絶妙な平均ペースで逃げた上に突き放した勝ち馬、という認識らしい。あら。

というわけで、今回も早めに力勝負を仕掛けられる可能性は少なそう。ムラなく堅実に走り続けている気性からも、今回も上位入線予想は仕方なく、ハナ濃厚の福島記念馬の引っ張り方、残り方で1〜3の着順が微妙に変わるイメージ。超スローになってヒルノダムール天皇賞ばりに出入りが起きまくるか、唯一、力勝負を仕掛けてもおかしくないサトノダイヤモンドが早めに並んできて、抵抗したら突き放されるほど強かった場合に4着以下の可能性。どっちもないね、たぶん。

 


プレゼンター田中将大の誕生日11月→1日の馬番に
サトノダイヤモンドとキタサンブラックが入ってしまいました。 
もう絶対これですやん。 

 


馬単3→5。

キヨの背番号ね。 

 


サトノダイヤモンド、ミッキークイーン、ヤマカツエースでトランプ馬券。 

12/18 競馬予想【朝日杯FS】


阪神7R
チェック馬はイリスファルコン、モザイク、オールポッシブルの3頭。イリスは割と揉まれ込む道中からマイペース逃げ馬を捉えた前走内容で、力の壁に当たるまではスプリント条件で安定する期待大きい馬。 モザイクはハイペースで引っ張る先行馬を目標に乗られて後ろを封じた前走内容で、1勝級でスピード負けはしないと思う。揉まれずスムーズな競馬だったので、2番枠競馬に対応できるかがカギ。オールは超外差し馬場の新馬戦で内から出てきた内容を評価してチェックしたんだけど、前走が物足りなかったので、今回もイマイチなら見限る。
---

中山9R
◎インザバブル
○トウカイエントリー

1人気じゃなければ馬連1点勝負。
---

阪神11R
重賞レベルでマイル実績があって、異なる条件を連続好走してて、相手に合わせて末脚を使う競馬が出来る。勝率100%馬が4頭いても、敗戦歴あるダンビュライトの信頼度が抜けてる組み合わせ。勝つかとなると、何故か勝つイメージがあんまり出来ないし、妙に4着ぽい気がして仕方ないんだけど。JC本命のキタサンブラックの時もレース前はそんな気がしていたので、今回も杞憂に終わってくれれば。

相手候補は7頭いるんだけど全部上位人気馬。クリアザトラック、サトノアレスは人気過剰でそこまで強くないと思ってるけど、父親の名前を見たら、この条件で一気に上げて来る計算で予想せざるをえない。よね。タガノアシュラ、トラストはどうせ折り合えないと思ってるけど、中距離の出世レースをスピードで押し切ってるポテンシャルがあるから、マイルに対応されたら上位に来る計算はやっぱりしちゃう。もんね。

◎ダンビュライト
○モンドキャンノ
▲トラスト
△ミスエルテ
△レッドアンシェル
△クリアザトラック
△サトノアレス
△タガノアシュラ

3連複◎-○▲-○▲△△△△△。

 


アサクサキングス、サンツェッペリンの2007年以来に
今年は百日草特別がハイレベル候補。

・・と、書きましたが、正しくは2006年以来に、でした。

・・・さらに、2014年もそういえばハイレベルでした。Wで訂正します。

・・・・というか、他の年も後の活躍馬が上位にわんさかでした。
先生方の書斎
カウンタ(since2006.2.08~)



livedoor プロフィール
メールはこちらから
記事検索
応援しています。
ケイバライフ
ブログの輪


ご来訪どもです
Categories
Archives
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
  • ライブドアブログ