打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

セントライト記念の注目馬まとめ


JRAアニバーサリーキャンペーンに参加するのが今から楽しみなのですが、何も更新が無かったら、副反応が出たんだなと察してください。


中山11R
アサマノイタズラ

前走のラジオNIKKEI賞は、早目に内枠を捨てて動ける態勢を作ろうと何度も試みたものの、外の馬にブロックされ続けて動けず。好走パターンに持ち込めなかったのが敗因。大敗続きながら、目に見えた敗因候補があるので引き続き見直しの鞍。実績のない条件で力を出せるかがカギ。


オーソクレース

前走のホープフルSは、逸走馬に物見をしてしまい最終コーナーで大きく膨れるロスがあり2着。前を横切られた馬たちと同等以上の不利がありました。課題のスタートを決めて好位追走から力を出せましたし、暫定横綱を射程圏の位置で皐月賞を迎えられるはずでしたが、骨折で戦線離脱して今回が復帰戦。色々な面がリセットされていないかが確認事項。初年度からアリストテレスを輩出したエピファネイア産駒。骨折のマイナス影響なく復帰戦を終えられれば、最後の1冠候補に急浮上。


グラティアス

前走の日本ダービーは、中盤過ぎまでスローの2番手という絶好のポジションで進められましたが、自分が仕掛けるより先に後続が早めに動き始めてしまい、3角から被せられて一転厳しい展開。それが要因で力は出し切れていない評価。皐月賞も枠の不利で勝負に参加し損ねていますし、まだ現在地が掴めない1頭。


ソーヴァリアント

展開が向いたはずの1,2着馬が春のG1で大活躍し、間接評価が一気に上がった弥生賞最速上がり計測馬。前々走の1勝クラス戦は、終盤で滅多に見られない強烈なラップを刻み、重賞も含めて今年行われたレースの中でも屈指の衝撃を感じたレースでした。少なくとも小回りの巧さは現役トップクラス。弥生賞から強かったので北海道競馬が嵌った説も弱いでしょうし、中山に戻っても力出せる想定。近2戦より速い馬が増える確率が上がるので、馬群に揉まれずマイペースで走れるかがカギ。


タイトルホルダー

前走のダービーは、先行を狙ったもののハナを叩かれ番手、スローになって後続が上がってきてさらに位置が後ろに下がっていき、結果を出していない形で直線を向き伸びきれず。番手をキープしようとしたらしたで競り合って暴走のリスクもありますし、下げたのは仕方ないとは思いますが、1番の大舞台で力を出しきれてなさそうなのは残念でした。メンバー替わって見直しの鞍。先行脚質で瞬発力があるので、スローペースに持ち込み自分から仕掛けられれば早々は止まらない馬。


レッドヴェロシティ

前走の2勝クラス戦は、2周目の2角で早々に捲ってこられる展開。スルー出来ず反応してしまい、3角で先頭に立たされる進出に繋がったりとスムーズさを欠きました。捲られた際に前にいた6頭中5頭は1秒以上大敗したので、まったく流れが向かない中で1頭で踏ん張り続けた強い内容。菊花賞の出走枠に入れば、予想を悩ませ得る個性を見せてくれました。勝ち鞍のある条件に替わり、スムーズな競馬で出走権利を獲れるか注目。


ルペルカーリア

前走の京都新聞杯は、番手で収まろうとして制御できずにハナへ。3角から一気にペースアップして後続を慌てさせながら、直線で急激にヨレて止まったところを差されて2着。3歳春にして、なかなかの粗削りな内容。父母の血統イメージ通りの凄まじいポテンシャルは見せてくれたので、次はコントロール。先行馬として育てていくのか、馬の後ろで溜めを作る走りを覚えさせていくのか。今年は先行馬が多めの組み合わせになりそうなので、後者を選ぶのかなと予想しますが、戦法選択が注目ポイント。

ローズSの注目馬まとめ


中京11R
アールドヴィーヴル

3歳牝馬クラシック路線に毎年必ず1頭出現する、能力は高いのだけど体を維持出来るか心配枠。昨年度は同馬。前走のオークスは、好走パターンでスムーズに運べましたが伸びきれず。クイーンCや桜花賞ほどは走れておらず、距離か体力が敗因候補。距離が短くなり、立て直し期間を挟めた今回は伸びが変わってくるか注目。


アンドヴァラナウト

晩成傾向のあるダイナカール一族の上がり馬候補。近3走はスピード上位で前へ行き、先行馬が少なければ自分で軽快に飛ばして競馬を作り、行く馬がいれば合わせて直線で反応良く交わす、展開に左右されにくそうな安定感のある好内容続き。好時計決着の前走でもスピードが溢れかけており、時計勝負は望むところと思われるタイプ。逆に力の要る馬場の経験が無く、台風の影響があった時に対応できるかが課題候補。


イリマ

4馬身差をつける競馬を続けているスカーレットカラーの妹。前走の1勝クラス戦は、小倉らしく上りが掛かって叩き合いになってからグングン差を広げていく競馬で、スタミナに見どころがある馬なのかなという印象。ただ、着外2度はどちらも重馬場なので、力の要る馬場がプラスなのかはまだ掴めない段階。圧勝はいずれも小倉2000mと同じ条件だったので、条件が替わっても力を出せるかが1番のポイント。ペースが流れる予想なら穴候補。スタートも改善余地。


エイシンヒテン

前走は逃げて上手くペース配分し、早めに突き放しに掛かる理想的な競馬になりそうだったところ、
外から軽々と並びかけもっとペースアップを要求してくる化け物にさっさと交わされてしまい最後まで持たず。敗因はソーヴァリアントの存在。勝ち馬がいなくなる今回は見直し。春の忘れな草賞の時点では、直線で突き放す脚を使えていて2000mも力を出せるであろう好条件。中京なので、雨が降ったら馬場がどうなるか分かりませんが、スムーズに逃げられれば一変期待の大穴候補。


クールキャット

2歳時から迫力満点の調教と、実績に乖離のあった馬が今までより距離を伸ばして重賞制覇。しかも外枠スタートで制するとG1で活躍する傾向のあるフローラSという事で、オークスでの好走が期待された前走でしたが、直線早々に止まり始めて失速。前走ほど走っておらず、初物だったG1と距離と戦法に対応できなかったのが敗因候補。また逃げるかもしれませんが、おそらく3つとも今回は解消されるので巻き返せるか注目。


タガノディアーナ

4着だったシャーレイポピーが先週の紫苑Sで4着だった糸魚川特別組の2着馬。掛かり気味の追走から、全く止まらない勝ち馬を最後まで追い続けた力上位を示す内容でした。高レベルの新潟2勝クラスで上位なら、ローズSでも上位相当なのが例年の成績を見た目安。力を出せれば上位候補。春は差してくる勢いが急坂で止まるレースを続けていて、小倉新潟と最後まで伸びる競馬の近2走。では、中京だと勢いがどうなるのかが注目ポイント。


マリアエレーナ

スローペースを味方に先行して速い上がりでまとめた2着馬、に差し届いてしまった1勝クラス勝利戦からの注目馬。超スロー追走、序盤後方、軽斤量等の嵌った要素も多かったので、安定するかに注目していた前走でしたが、好位追走から前を差して連勝。昇級戦、条件変更、戦法変更、時計を求められるペースでもモタつきながら盛り返して力を出す充実した内容でした。体が小さいので、52キロの影響力が大き過ぎないのかはまだ懸念材料としてありますが、上昇具合がいかほどか楽しみな上がり馬。

京成杯AHの回顧


中山11R
カテドラル。内枠を捨てず、直線を向くまで内枠を活かした立ち回り。逃げた2着馬が、道中緩ませず後続の追い上げポイントを作らないスピード持続力勝負に持ち込んだので、他馬が追い上げに必要以上に脚を使わされているなかで追い出せなかったのは奏功。展開が向いても上位に来られなかった安田記念より大幅にパワーアップしているのかは、まだよく分からず。


コントラチェック。マイルでも逃げ馬を行かせて折り合えるかが試されるレースだと思っていましたが、逃げ固執馬が出遅れたためハナへ。前段の通り、道中に11秒5以上のラップがひとつもないペース配分で後続が追い上げるポイントを潰し、スピードの持続力で勝負して2着。同馬の斤量でこの戦法だと、普通はもっと早く脚が上がりますが、同馬のポテンシャルは普通ではないので。コントロールに試行錯誤していますが、このレベルで能力が高いなら個性を活した方が良さそうです。控えると今回より出力はやはり下がると思います。


グレナディアガーズ。馬群の中で折り合う競馬を選択。どうなっても知らんぞと不安に思いながら見ていましたが、夏を越して大人びました。直線入り口までカラテの後ろで脚を溜めながら運び、直線猛追するも3着まで。人気を裏切る結果でしたが、長引く可能性のあった課題克服が出来そうな好内容。溜めを利かせた競馬が出来なかったからNHKマイルCを強引に攻めて負けたわけなので、進化を見せてくれたと思います。スローペースに合わせられるかはまだ分からんですが、もしアメリカに行かず国内続戦なら、マイルCSでのチャンスが大きくなった3着。


スマートリアン。好位追走からジリジリ伸びて4着。力の要る馬場で全く崩れていない馬ですが、あくまでベストは良馬場。着差を踏まえると、マイスタイルをパスする手間がなければ際どく惜しかった。


カラテ。勝負所で外から押し上げていく自分の競馬を試みましたが、ペースが緩まず脚を使っても差が詰まらないしんどい展開。長く脚を使えるので、同じような展開だった新潟なら2着まで間に合いましたが、中山だと5着まで。叩き3走目で着順は落ちたものの、富士Sで同じスタイルで立ち回れば4走目はまた上がりそう。


ステルヴィオ。自分からハミを取っていかなかった休養前と比べれば前進。序盤の追走から前向きさが戻り、直線で並んだ4着馬に抵抗したようにも映りました。4字で言うなら復調気配。3歳時の実績まで戻るかは微妙かもですが、次走は4歳の好調期ぐらいまで戻るか注目。富士SかスワンS辺りで。


マルターズディオサ。ゲート内で我慢できず出遅れ。仕方なく後方でリズム作り、勝負所も外は回らず直線に懸ける競馬。これ、同馬の力を出し切れていれば割と展開的にズドンと嵌ってもおかしくなかったと思います。やはりこの形で力を出し切れる馬ではなく、自分のペースで道中走るのがベスト。そのためにも、まずはゲート内の落ち着きが急務。


スマイルカナ。乗り込んでも体重が増える理想的な成長曲線に入っているはずなのですが、メンタルの方がまだ噛み合っておらず。1年前後低迷してからキャリアハイを更新するぐらい復調するパターンはいくつもあるので、同馬もそこに向けて今はもがいている段階でしょうか。


グランデマーレ。前走で見せた序盤のモタれは解消されて好位追走。展開的にはもっとも流れが向いているポジションでしたがなだれ込みが精いっぱい。走ってないと思うのですが、ペースも外に出せないポジションも敗因にはあまり思えず。敗因が分からないので、ここで狙いたいという条件で網を張れないのですが、どこかで巻き返すんじゃないかなと。


カレンシュトラウス。鼻出血発症。お大事に。癖にならぬよう。しばらくはこの辺りの距離を使われていくと思いますが、今回に関してはちょっと忙しそうでしたし、意外とカレンミロティックと同じような距離適性だったりしないかなと少し思ってます。


バスラットレオン。前を差す調教をメインにし、差す競馬を覚えさせたいとコメントを出したり。逃げないつもりなんだなとは思いましたが、躓いたことでだいぶ後ろから差しを狙う形。まずは不発。逃げと逃げ以外で内容くっきりの現状。次は先行に戻すのか、控えるにしても好位辺りからを試すのか。
 

紫苑Sの回顧



中山11R

ファインルージュ。道中は好位外追走。4角から大外に出て直線鋭く抜け出して快勝。もう少し溜めていけるのに4角から外に出る、いわゆる勝ちに行く進出をしていて、直線は前が止まったタイミングで仕掛けたわけでもないのに反応が際立ちました。非常に強い内容。近年はタフな時計の秋華賞が続いていますが、高速決着になりそうな条件が揃えばリンクするので、最後の1冠を獲るチャンスはありそう。


スルーセブンシーズ。道中は中位内。勝負所も直線の進路も内。末脚は溜まっていたものの進路は開かず、追い出せたのは残り1ハロン。それが奏功するような前が止まる展開ではなかったので、末脚は余した2着。


ホウオウラスカーズ。痛恨の出遅れ。4角で外を回って追い上げる進出に繋がってしまいました。直線は勝ち馬の反応にも負けない素晴らしい脚の回転を披露するも長続きせず。本質的には距離が長かったんだろうなとは思いましたが、好位からあのひと脚を使えていれば今回に関しては、とも思ってしまう悔しい内容。


ホウオウイクセル。天栄で立て直して、しっかり乗り込み量もこなして24キロ増。成長分の割合が大きい期待が持てるカードが揃い、本命にしかけて最後に止めたことを少し後悔しましたが…。ゲート内の落ち着きが桜花賞時よりさらに悪くなりました。父の受け継いではいけない部分が顔を出し始め、改善急務。1800m以上出走で改めて。


エイシンチラー。今日もスタート失敗で後手。前走と同じく、ゆったり運んで強烈な末脚を引き出す作戦だったと思いますが、4角から外を進出したものの直線入り口から追わずに流して入線。コントロール不能になったのか、鞍上が諦めたのかはまだ不明。2勝クラスを能力上位の競馬で勝った馬で見直し必要も、新潟の追い込みで引き出された能力を他場で引き出すのは難しいのかな。まずはスタートを五分に。


スライリー。2番手追走から直線伸びず。何の出入りもなくノンプレッシャーで運べましたが、直線は反応なし。時計が速くなると厳しいのか、ただやる気が出ない日だったのか。開幕週ベストのタイプになっていく予想だったので後者かなと思いつつ、単純に時計が足りなかっただけのような気も…。
 

セントウルSの回顧


中京11R
人気上位の5頭がそれぞれ直線で見せ場を作る白熱のレース展開。

レシステンシア。好ダッシュで2番手追走。自分のリズムで行くと思いきや、3角で逃げ馬の後ろにつけて息を入れました。負けるとしたらこの形にうまく対応できなかった時という想定負けパターンに自ら持ち込んでくれたので、これはと思って熱くなりましたが…抜け出して粘り込み押し切り。

良馬場の競馬で、馬の後ろで一息入れて運ぶ戦法はおそらく初めて。この形でも力を出せると、さらに速い馬が増える組み合わせでも崩れない期待が大きくなりました。改めて、いまは1600mよりも短い距離の馬になったというところでしょうか。期せずして、スプリンターズSより速いかもしれないペースで流れてスピードの持続力勝負になり、中山より長い直線の条件で凌いだというのは、ちょっと本番の予想では隙が無いという感じの前哨戦を消化しました。


ピクシーナイト。注目のスタートダッシュは、転向2戦目で確実に良化。隊列が縦長くなったので外枠も不利にならずスムーズ。与えられた条件で力を出し切れた結果だと思います。前走で学んだことを学習して安定感がまた上がりました。中山で今日と全く同じ競馬になったら、単純にもう少し差が開いての入線になると思うので、次走はレシスの近くの枠を引いて、レシスをマークして運んで真っ向勝負したいといったところでしょうか。いい枠順になれば楽しみ。


クリノガウディー。14番スタートながら3角でラチ沿いにつけられました。課題の直線も内へ大きくヨレる事はありませんでした。スピードの持続力勝負についていく競馬では、とりあえず完敗の結果。相手強化でも大崩れせず、一連の成績安定はメンタル強化が大きな要因だろうと改めて。速いペース、レシスが前にいるという展開自体は本番も変わらないでしょうし、レシスが止まるのに懸けて直線一気に作戦を変更するのも選択肢になるかもしれません。


ジャンダルム。残念ながら、ゲート練習の成果は出ず、前走と同じくいわゆるトモを落としているときにスタートを切られて出遅れ。後方追走から猛追して前を捉え切れないという、前走と全く同じ競馬を繰り返してしまいました。

春雷Sの評価は落ちないですし、力任せの競馬で上位に食い込んでいるように、やっぱりスプリント能力は相当高いと確信できるのですが、力があって競馬もうまい馬と太刀打つにはスタートを直さないと。一応、引き続き本番も大穴候補。福永騎手でダメ、ゲート練習でダメ。根気つめて練習を続けるしかないんでしょうか。

カレンモエ。スタートダッシュで敗れ4番手。直線で反応を見せたときは、やはり左回りだと伸びるのかと熱かったのですが…。もうひと伸びはなりませんでした。しばらくやっていない形で運んだので力を出し切れていない可能性もありますし、こちらもスピードの持続力でレシスに潰されたという評価も致し方ないところ。本番に出走するなら、クリノとは逆で極端に前へつけての一発を狙ってくるかもしれません。モズスーパーフレアと一緒のレースでみたいですが、どうかな。
 
記事検索
先生方の書斎
 
 
ブログの輪


ご来訪どもです
メールはこちらから
Archives
Categories
カウンタ(since2006.2.08~)



  • ライブドアブログ