打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

菊花賞の注目馬まとめ


SS、秋華賞とルメール頼みで大穴が狙えず、天皇賞も本命は上位3頭の誰かでほぼ確。今週だけは捻る前提で、本命は絶対に4人気以下から選びます。


阪神11R
アリーヴォ

残り200mで前へ出られたのにゴール前まで食い下がり続け抵抗したひめさゆり賞2着からのチェック馬。新潟以外でも、先行以外でも力を発揮できるかの課題に3走前に当たりましたが、近2戦で着実に克服し芝レース複勝率100%。今回の条件は、対戦相手、距離実績、血統とどの切り口も強調材料にはならん感じですが、相手なり食い下がり力が通用しないか淡く期待。ドゥラメンテ産駒にデムーロ騎手起用。


オーソクレース

クラシック最終戦に間に合った大物候補。結果的に仕掛け遅れになった状況から、切れ味で間に合わせた新馬勝ちからのチェック馬。骨折休養明けの前走を無難にまとめ、こちらも複勝率100%キープ。前走と同程度の走りでは足りないと思いますが、仕上がり途上感のあった状態面、初年度から菊2着馬を輩出した血統、促さないと走らないおっとりした気性と、上がり目と舞台適性に期待が持てる材料が複数あるので、一変するか注目。


グラティアス

展開不利でも末脚を使った皐月賞6着からの注目馬。続く日本ダービーでは3角でサトノレイナスに煽られてリズムを崩し、前走のセントライト記念では4角でソーヴァリアントに煽られ伸びきれず。先行馬は比較的不利を受けにくいと思うのですが、化け物候補達に尽くリズムを狂わされている悲運の馬。

サトノもソーもいない今回は改めて見直しの鞍。同馬の不運さを踏まえると、今回はスムーズに運べたけど3000mは適性外でしたみたいなオチが待っていそうですが…京都の菊花賞では期待外れ感の大きい成績が残るハーツクライ産駒ですが、今年は産駒がよく走る阪神大賞典と同じ条件。これが不運続きの同馬に吹く追い風になるか注目。


ステラヴェローチェ

皐月賞馬、ダービー馬を輩出した2021共同通信杯組。異なる馬でのクラシック3冠コンプが懸かる?同組の大将。前走の神戸新聞杯はスタートに失敗しましたが、勝負所の進路選択に成功して挽回。競り合いを制しました。

最高馬体重で休み明け初戦の重賞を勝つという、休養中とひと叩した次走の上昇カーブを想像しやすい理想的な始動戦。前走は雨で走らなかった馬との力関係自体は不透明評価ですが、前走を度外視しても良のダービー3着馬。上位2頭は不出走ですし、1人気だと思いますが力を出せれば最有力候補なのは当然。力を出せるかのポイントはスタート。16頭立てで道中10番手以下の追走だと、スムーズに競馬できるかは他力本願。前哨戦で春2冠より前の位置での追走を試せなかったのが不安点。


タイトルホルダー

前走のセントライト記念は直線でスムーズに走らせられず不完全燃焼。敗因は不利を受ける隊列に繋がった枠順の並び。自身より外の枠に前走先行している馬が3〜4頭入ってしまい、案の定レースでは外の先行馬に前へ入られて自身は馬群の中に下がる位置取りに繋がりました。

先行馬の数と枠順が替わって見直すべき1頭。2戦連続同じような負け方をしてしまったので、さすがに今回は皐月賞以前の好走パターンの形に拘ると思われ、確実に先行を狙う予想。実際にはあまり関係ないでしょうけど、メロディーレーンの弟という血統は長距離でパフォーマンスが落ちにくそうな想像がし易くて買いたくなるポイント。自分の形に持ち込んで巻き返せるか注目。


ディヴァインラヴ

エピファネイア産駒の牝馬の中長距離砲として楽しみな若手が出てきたと前走でチェックしましたが、追加登録料を払ってまさかの菊花賞へ参戦。前走はスローペースから早目にレースが動き、最後少しグダつくのが普通のところを上位2頭が力の違いで突き放した結果。この2着馬が同条件の京都新聞杯3着馬というのが、実力で突き放した信ぴょう性が増した大きなポイント。内へモタれながら押し切った内容も成長の余地。シャフリヤールの回避で福永騎手に乗ってもらえるのも強み。ローズS当日の中京2200m2勝クラスを勝ち上がったエピファネイア産駒が、2年連続で菊花賞好走なるか注目。


レッドジェネシス

ステラと同様に、神戸新聞杯の好走は馬場嵌りがまず第一に疑われるので信頼度は低いですが、ステラと併せてから反応して3着以下を突き放していったレース振りには見どころを感じました。前走を抜きにしても、ルペルカーリアがしっかり流してタフな決着になった京都新聞杯の覇者で、今年の組み合わせなら実績上位組。叩き合いのバテ比べで重賞実績を積んでいる点で、3000mでも急失速せずしぶといイメージがしやすく、力を出し切れれば上位候補。

富士Sの注目馬まとめ


東京11R
サトノウィザード

全5勝を最速上がりで勝利、5勝中もっとも遅かった上がり3Fが33秒2という屈指の切れ味勝負馬。末脚の爆発力に体が追い付いていない感じで、度々真っすぐ走れないシーンを見ましたが、前走は新潟の直線目一杯使って真っすぐ走り続けてのごぼう抜き。これが転厩初戦の勝利なのもあり、軌道に乗ったのではと期待を持ちたくなりました。新潟の外差しで力を出した点に嵌った要素がチラつくので、東京でも連続好走できるかカギ。


ソングライン

前走の関屋記念は、終始外から圧を掛けられ続けたのが厳しかったのか伸びきれず3着。NHKマイルCの時とそんなに変わらない競馬で結果が出なかった、と当時は思ってしまいましたが、道中で外に被せられている状況は全く違いました。カラテとの並びが敗因候補の一つで、カラテ不在の今回は見直し。もう一つ、ハイペースに強い持久力タイプ説というのも推したいところで、スローを差す形になったのが物足りない出力になった要因候補。ペースが変わって巻き返せるかも注目。


ソーグリッタリング

実績的には上位を争える馬ですが、近走は大敗続き。前々走は調教で併走3馬身遅れ連発から、レースでも追い出され無反応。立て直されたと思った前走も中間は遅れていて、レースでは不利も大きかったとはいえ近くにいた3着馬も追えず。7歳馬なので衰えの可能性もありますが、不調にも敗因を求めたい段階。まだ中間の追切りはチェックしていませんが、併走で遅れていなければ復調の兆しかもしれないので注目。


タイムトゥヘヴン

不利を受けたNHKマイルC以来のマイル戦出走。本命だったので今でも見直したくはないんですけど、内に行けば真っすぐ走れたのにわざわざ狭い外に移動して案の定挟まれた内容。スムーズだったら最後まで伸び続けていた可能性もあった不完全燃焼。例年は、後から振り返るとそこまでレベル高くなかったとなってしまいがちなNHKマイルCですが、今年は混合OPで3着以内になった馬が既に5頭+3勝クラスを勝ったアナザーリリックとなかなかのその後。6頭目になれるか注目。


ダノンザキッド

前走の皐月賞は、3角で外から被されてリズムを崩し走る気を失ったのが大敗要因。厳しい競馬とはいえ負けて強し程度には踏みとどまってほしかった物足りなさはありましたが、敗因自体ははっきりしていて力を出せていないので組み合わせ替わって見直し。サンプルは少ないですけど、G1の大敗をきっかけにスランプへ突入するジャスタウェイ産駒をちょこちょこ見ているので(Aジャスタ、Vックス、Rマイウェイ)、メンタル面が立ち直っているかが注目ポイント。


バスラットレオン

前走の京成杯は、2走振り2度目のスタート後躓きで出遅れ。全3勝を逃げ切りで収め、今のところ力を出し切るには逃げの形が重要な傾向のある馬。致命的に響いた可能性の高い敗因候補。短期間で2度も躓かれると3度目がある不安も感じてしまいますが、躓く癖というものが存在するのか疑問ですし(あるのかな?)、ゲート自体は出ているので今回は狙い通りの位置が取れる想定。どこを狙っているのかが注目ポイントで、今回は逃げると明言してくれれば買いたいですけど、前走の直前は差し競馬を覚えさせたい旨のコメントや、実際に差す形での併せ馬で調教していたので、逃げ馬がいなくても逃げない可能性が割と。


ラウダシオン

G1以外で0秒3以上負けたのは前走が初めて。スタートダッシュも久々に良くなく、ちょっと買いにくい存在になったと思ったんですけど、今回はリアルインパクト産駒の大得意条件の東京1600m替わり。巻き返せるか注目。


ロータスランド

前々走の中京記念ではモタつきと外ヨレで力を出し切れませんでしたが、前走の関屋記念はどちらも顔を出すことなく押し切り勝ち。重賞の水に慣れたから、小倉→新潟替わりが良かった、どちらかだと思いますが、どちらなのかはまだ。スタートダッシュで前に行けたうえで瞬発力が使える馬。意外にも東京は初出走ですが、ベストの可能性すらある合いそうな条件。


ワグネリアン

もうどのタイミングだったか忘れましたが、鞍上から将来はマイラーと言われ続けていたダービー馬。友道マジックで中長距離砲に作られてきましたが、ついにマイル初参戦。主戦に戻るようですし、進言したんでしょうか。マカヒキに続いてダービー馬が復活なるか。

秋華賞の回顧


阪神11R
アカイトリノムスメ。道中は好位後ろ追走。ソダシマーク自体は前走と同じですが、相手を当てにして外れた前走と違い、自分のタイミングで外から脚を伸ばせたのが良かったと思います。レコード決着と初右回りでモタついた桜花賞では4着でしたが、タフな決着で2度目の右回りの今回はモタつきの原因が解消されて巻き返した結果。お母さんがマイルのスピード決着ベスト印象でしたが、娘さんはそっちにも対応出来るけど主戦場は叩き合いのスタミナ勝負でしょうか。エリザベス女王杯でもそう変わらないパフォーマンスが期待できそうですし、斤量で3歳牝馬が強いジャパンカップや、タフなグランプリという選択肢も。これで、オークスからの直行組が4連覇かな。


ファインルージュ。道中は中位外目追走。向こう正面で促されていたのを見てヒヤッとしましたが、走る気は失っておらず直線しぶとく伸びて2着。与えられた条件で目一杯走った結果だと思います。たらればを言えば、枠が内目なら勝ち馬の真後ろ辺りにいられたと思うので、その隊列ならどうだったかなというところ。再戦を楽しみにします。改めて、この世代のトップランナーは桜花賞トップ4だと思います。一連の成績、首脳陣コメントを見る限り、オークスを距離適性で負けている可能性が高そうなので、エリザベス女王杯出走なら距離でパフォーマンスを落とさないかがカギ。


アンドヴァラナウト。スタートダッシュで前の位置を取る相変わらずの競馬巧者ぶりから、中盤過ぎまではスムーズでした。4角で前と外に壁が出来てしまい、動きたそうだけど動けないように映りました。タフな競馬になったので、動けなくてラッキーだった面もありそうで、この辺りは評価保留。確実に言えるのは、このクラスのメンバーと戦ってもダッシュ速い、外に出さずとも抜け出せる競馬巧者ぶりが健在ということ。引き続きG1出走なら評価は上がらないと思いますが、力を出し切る計算がしやすく、相手弱化できっちり勝てるタイプだと思うので、タイトルは複数積めそう。


エイシンヒテン。単騎の形を作れました。1000m通過を見たときは、またペースにも恵まれたのかと驚きましたが、馬場というより風の影響でかなりタフな競馬になり、スローというわけでもなかった様子。形さえ作れればペースに恵まれなくてもこれだけやれる実力馬。どこかのタイミングでまた心中勝負をする機会がありそうです。


ソダシ。1角で被せられるどころかのびのび走れるポジションを確保した時点で、連の1枠は埋まったと思ったわけですが。当然走った結果ではないわけですけど、条件も体調も申し分なかったし、目に見えてこれかもというのは強風に嫌気をさした説ですけど。牝馬はいつ気分を損ねるか、本当に謎ですからね。ミッキークイーンとヌーヴォレコルトがヴィクトリアマイルCで謎の凡走をした頃から、牝馬はこういう事があるで済ますことにしてます。府中牝馬Sでも、プリモシーンとかマジックキャッスルとか、意味不明な凡走やるじゃないですか。ここから不振突入のパターンがあるのが嫌ですが、次走であっさりパターンもあるので、そちらに期待して。ブエナビスタをもっと再評価しましょう。
 

 


直線の強風に怯まないのもポイントになりそう。かな。
楽勝態勢のディヴィーナがあんなに止まるとは。

【西宮S】10/17 競馬予想【秋華賞】



阪神10R
◎イズジョーノキセキ

イズジョーノキセキ。2勝目を挙げた1800m戦が物凄く強くて、次走2000mに出走したら前走より物足りなくて、その次に1800mへ出走して3勝目を挙げた印象がある馬。今のクラスに上がって2000mでも連対実績を残しましたが、2000mは得意距離よりも長い評価。昇級してから初めて1800mに出走する今回の方が出力が上がる予想。1番枠を活かして立ち回り、直線で前にいそうなラヴユーライヴ、テーオーラフィットもどちらかは止まらないと思うので、スムーズに内から出てくるとみて本命。

4708


阪神11R



×アンドヴァラナウト

良馬場なら、力を出し切れる確率が最も高い群の1頭。時計勝負に強い実績なので、雨ニモマケナイタイプなのか心配なのと、熟練の鞍上がファインルージュではなくこちらを選んだとはいえ、今年のメンバーのローズS快勝で最有力候補に数えて良いのか、ちょっと乗り切れない気持ちで優先順位を下げてこの位置。


×スルーセブンシーズ

1番枠が当たり、前走と全く同じ競馬で勝負する腹積もりでしょう。直線向いた時点でまだ中団内のまま、爆発力を溜めた状態から捌きに懸ける競馬。鞍上の勝負勘で進路が開く場所をすぐに嗅ぎ分けられれば、正攻法では苦しい相手にも1発お見舞いの可能性。


△エイシンヒテン

前走のように形にもペースにも連続して恵まれることは期待極薄ですが、単騎の形が作れればペースには恵まれなくてもしぶとい実力馬。単騎の形だけなら序盤の主張とペース配分で再度作ることも可能なメンバーだと思うので、刻一刻と変わるかもしれない馬場状態が行き切ることで嵌る可能性も警戒して。


△ステラリア

スタートが悪い時があるのであれですが、五分で出られればスルーよりも1列前で同じ1発狙い競馬をやってきそう。昨年の秋華賞は同じ勝負服のアーモンドアイのスパー相手が大穴を開けましたが、今年はクロノジェネシスのスパー相手が隠れ急上昇馬の可能性に期待。


▲ソダシ

自身より外に先行馬が複数いる並びになった今回は、札幌記念よりは桜花賞に近い競馬が求められそう。当然、その形でも力を出せるのは証明済みですが、桜花賞とは回りと馬場状態、1枠2頭とは鞍上の気楽さが違う点で、果たしてスムーズに出てこられるだろうかというのが気になり始めました。包まれたままを嫌い、1〜2角の時点で好位外に出せていたらもう勝負ありかもしれませんが、不完全燃焼パターンも想定して3番手。


○アカイトリノムスメ

今のところ、桜花賞の上位4頭が世代のトップランナー評価。当時は勝負所でモタついたのが響いて4番手でしたが、モタついた要因候補は大体潰してきたと思うので、桜花賞よりスムーズに加速して何番手に上がれるか楽しみ。


◎ファインルージュ

早目に外へ出て追い上げる競馬が求められそうな枠に入りましたが、そうなっても力を出せるのは前哨戦で試走済。条件変わりでも前走と大差のない条件。ハイレベル桜花賞の上位馬で、2000mでもハイレベルな力を出せると示せているソダシとファインルージュ。スムーズに回ってくるイメージがしやすいファインの方を本命。

3809 93834 3855 3918

 
記事検索
先生方の書斎
 
 
ブログの輪


ご来訪どもです
メールはこちらから
Archives
Categories
カウンタ(since2006.2.08~)



  • ライブドアブログ