打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

菊花賞の回顧


1日経ってだいぶ気持ちも冷却されたので、レースを見直しました。

ジェネラーレウーノが好ダッシュであっさりハナを取り切った事で先行争いが全く起きず、3ハロン目4ハロン目は不良馬場の昨年より遅い歴史的なスローの序章に。キタサンブラックが勝った年のように序盤は遅くても途中から速くなるパターンにもならず、ずーっと遅いまま、誰も突きに動く事もなく、これぞ直線よーいドンの瞬発力比べ。多少は差がついているので、高いレベルでの瞬発力比べになっている解釈もまあ可能な一方、上がり最速が同タイムで5頭出ている辺りは、余力ある馬がたくさんいたんでしょうと思える、ゴール前の見応えほどは死闘の表現が合うと言えないレースだった。


フィエールマン。アーモンドアイで天栄厩舎の仕上げは常識を覆すレベルなのは重々心得ていたんだけど、キャリア4戦目が菊花賞で力を出せるというのが、ただただ衝撃。重賞こそ1度経験済みとはいえ、この臨戦で気負わずに走れる器の大きさは時計とは別で高く評価しないといけない。いつも溜めをきかせた出遅れを続けていたのに、このタイミングでスタートも改善した。菊花賞勝ちの額面ほどの評価はできないけど、力自体は通用しても不思議なかった馬。ややこしいけど、次がJCや有馬記念でも初戦は印が回る。12番枠から9番のエタリオウ、3番のブラストワンピースより距離少なく回ってくるのだから、さすがのエスコート。

エタリオウ。まったくペースが上がらない事を察してスタンド前でポジションを上げる、さすがのエスコート。結果的に、外を回ってでも直線が向いた時点で前まで来ていたのも正解の展開。回ったコースの差。菊2着の額面通りには受け取らないけど、もともと粗削りな競馬でワグネリアンに抵抗できるポテンシャル馬。どちらかがメッキと発覚するまでは世代最強候補評価は変わらない。序盤後方になるのを取り返すチャンスが多い点で、現時点では長距離向き。今後は古馬との中距離戦でのスピード決着対応が課題候補になる。

ユーキャンスマイル。中位内でスローにも折り合いばっちりで末脚溜めて、1,2着馬と一緒に追い上げられる最高のエスコートで流れに乗れた。スタミナ勝負なら逆転してる可能性もなくはないけど、完璧に出し切ったに近い評価。2200mの阿賀野川特別を3歳で勝って菊花賞に出た馬はほぼ100%で3着以内。繋がる。右回りでもモタれず走った。休みを入れて成長した証拠といえる。その成長分で準OPを勝つには十分かもしれないけど、上位馬の中では菊3着で上がるであろう評価を最も過信禁物かなと思う。次走は適鞍なら1倍台になるかもだけど、頭を嫌う勝負も一考。

ブラストワンピース。結果を踏まえての騎乗への不満は書かない(ここには)。回ったコースの差ぐらいは力でカバーできるぐらいの最有力候補として評価、本命だったので、その部分は下方修正する。抜けた最有力かも評価から世代トップクラスの1頭へ評価は下げるけど、噛み合えばもっと走る余地ある馬として見直し。

エポカドーロ。ダッシュで完敗して逃げられず。控えると内容が落ちると分かった前哨戦を活かせなかった。好位内につけて力まず走れていたと思うけど、結果的には動けない位置で瞬発力勝負に付き合う展開になり伸びきれず。スムーズに走っていても距離適性で止まっていたような気はするけど、それ以上に自分の競馬に持ち込めなかったのも敗因としては大きい。不完全燃焼。改めて好位で溜める形では力出せない感じで、展開に条件がつく馬になってしまったけど、力の評価はこの敗戦では変わらない。適条件で自分の形ならどこまで巻き返せるか注目。有馬記念で同型いなければ確実に印回す。

ジェネラーレウーノ。コメントを見る限り、よーいドンの競馬を狙っていた感じ。当然、もっとも勝ちやすい場所にいたわけだけど伸びきれず。ダービーもそうだけど、絶好のポジションにいるときに走らない不思議な馬。力負け、距離適性負けも視野には入るけど、気分が乗らなかった、ハイペースでバタつかない心臓を活かせなかったのを敗因候補に見直せる。

メイショウテッコン。チャンスある舞台で最高の枠を引けたのにスタート決まらず、自分の競馬に持ち込めず。勝負所で促されても反応乏しく伸びなかった。スローに付き合っては持ち味活きず。神戸新聞杯は出し切ったようでもあり、まだ奥に残ってそうでもあったのがどうなのか、次走改めて見直し。ステイヤーズS出走しないかな。

グロンディオーズ。キャリア浅すぎる馬がこの時期に初G1は力出せなくて普通。勝ち馬が凄すぎる。1000万下でみせた充実が本物か自己条件で見直し。

 


キャリア4戦じゃ力出せないからとグロンディオーズ本命やめて、内枠有利予想でブラストワンピース本命にしたら、キャリア3戦で外枠から内に入って回ってきたフィエールマンに馬券割られる。ダメージ大。見直す事もないから回顧もございません。

10/21 競馬予想【菊花賞】


京都11R

メモ 1枚目
メモ 2枚目

◎3.ブラストワンピース
○6.メイショウテッコン
▲7.ユーキャンスマイル
△4,5,9,10,14,18

3連複3-6,7-4,5,6,7,9,10,14,18

中長距離戦でスタート後すぐにカーブが待ち受けるという点で、菊花賞と有馬記念は条件が似ている。有馬記念といえば、レース前に必ず謳われるのが内枠断然有利。ポジションを取りに行かなくても自然と内側を通れるのは、このコース形態だと得が大きい。

本命はブラストワンピース。2周目には外に出ているかもしれないけど、3番枠スタートで中盤までポジション取りに神経を使わず良いところを走れる。最有力候補評価馬にこの枠を引かれたら、もう本命で。キャリア4戦目で挑んだダービーは物足りなかったけど、その経験と古馬重賞を経た今回は当時と違う走りになる。

本命が1人気なのに相手が絞れてない。1頭軸では馬券は無理なので、オッズ重視で相棒選び。メイショウテッコンの自力ではまだ出し切れていないポテンシャルが残っている可能性、ユーキャンスマイルの3歳で阿賀野川特別を勝った大物系譜に乗っていく可能性に懸けて、2列目抜擢。

10/20の回顧


東京8R
ウラヌスチャーム・・2400m6頭立てで目処と言えるか微妙ではあるけど、課題だった脚質転換に成功。ポジションを取りに行ってもそこで我慢して直線反応できた。流れ向かなくてもローズS5着に来た能力を安定して出せる確率は上がったと思う。ローズS上位馬は秋華賞でも頑張っていたので、準OPでも通用見込んで引き続き。
---

東京9R
クロノジェネシス。スローペースで離し逃げが決まり、ほぼ全馬に余力がある状態で直線を向き、接戦になる条件が揃っていたと思うので、枠は上手く利用できたとはいえ随分と決め脚で差をつけた。良いエンジンだとは新馬でも思ったけど、ここでもこれだけ目立つとは予想以上。タイトな競馬で初戦から結果を残しただけあり早くも安定感。重賞でも引き続き楽しみ。

トーセンカンビーナ。出遅れ。突き放す逃げ馬を外々回って追い上げる進出になってしまい伸びきれず。力で何とかしてしまう器じゃなかったのは残念だけど、次走改めて見直し。キセキの2戦目によく似てたからと前向きに捉えておこう。
---

新潟10R
バイマイサイド・・6着。結果を踏まえるとスタートの遅れは致命的に響いた。2着馬にうまく逃げられたので、外進出の追い上げは厳しかった。コーナーを膨れずに回れないのは馬と人どちらが要因なのかは何とも。次走改めてこのクラスは通過できる馬として見直し。
---

東京11R
ロジクライ。 反応はしたとはいえ、前走は控える競馬でジリっぽくなり伸びきれなかった印象。先行する自分の形に持ち込み、おそらく得意であろう東京替わりも味方に前進。後ろから2つ目が11秒6なので流れは向いていない。差しやすい流れで振り切ったのは高く評価できる。控えてもジリなのに速いペースを先行したら差しの流れで伸び続けるのだから、もう先行ベスト確定で良いと思う。叩き良化型の4,5着馬、毎日王冠組、スワンS組と条件は厳しくなるけど、マイルCSでも逃げ、2番手、3番手外で追走できればチャンスあるかも。

10/20 競馬予想


東京の特別戦がとても楽しみな土曜日。


東京9R
トーセンカンビーナ
クロノジェネシス

今年は札幌2歳S4着実績馬に、新潟、小倉、札幌、阪神で勝ち名乗りを挙げた素質馬が集まった。既走してる牡馬では今のところヴェロックス、サトノウィザード、トーセンカンビーナが好き。なので注目はもちろんトーセン。450キロ無いとは思えないぐらい体を大きく使った走りが印象的。良いエンジンしてるなと思ったのは小倉で勝ち上がったクロノジェネシス。トップスピードに乗ったときは爽快感があった。窮屈なところで折り合いつける競馬で結果を出したので、キャリア1戦でも安定感すらある。
---

新潟10R
◎6.バイマイサイド

単勝6、馬連6-5,11

急激に強くなったレーヴドリーヴ、を追ってきた未勝利2着から注目しているバイマイサイド。それから未勝利脱出するまで3戦を要したものの、運がなさ過ぎる裏目騎乗となぜかカーブを曲がらなかった気性で敗因は明確。どちらもなかった前走で順当に勝ち上がり。順番が回ってきてようやく勝った域の馬じゃない。連勝したレーヴと同じクラスまでは行ける見込みなので、条件悪くないここはいきなり勝機。1人気でなければ単勝。
---

東京10R
前走このクラスでタイム差なしの2着というリーチをかけている馬が3頭もいる。これだけでもレベルが高いと言えるんだけど、この3頭が人気上位にならない恐ろしいメンツ。マジカルスペル、ワイルドカード、ホウショウナウ。リアンヴェリテにディーズプラネットもいる条件戦。ハンデ戦にここまで集まるかね。
---

東京11R
3連複8,14,18-8,14,18-6,8,9,10,14,15,18

菊花賞の観戦メモ 2枚目


グロンディオーズ。前走信濃川特別1着。好位追走から抜け出して伸び続ける理想的な競馬で連勝。連続上がり最速も4に伸ばした。前々走からチェックした馬で、スピード感があまりなくてしばらくは後方追走が続くはずとメモしたんだけど、距離短縮で好位につけて好時計勝ち。センスも力も評価急上昇中。

あのアドマイヤデウスが天皇賞で掛かるぐらいなのでやってみな分からんけど、おっとり気性で折り合いの不安は全くなし。鞍上の意のままに操れるので、乗り替わりとはいえモレイラ鞍上は心強い。トライアルで春の実績組と互角の競馬ができれば、距離適性を信じて本命にするつもりだった。直行してきたのは力関係が計れなかった事より、キャリア4戦で出てくる事が不安。朝日杯や皐月賞ならともかく、この時期にキャリア4戦で初G1は相当な器を見込まないと力を出せない不安が上回る。


ユーキャンスマイル。前走阿賀野川特別1着。美しいほどの勝ちパターンに持ち込んだ2着馬を捉えた決め脚が光り、このレースからチェック。とはいえ存在は未勝利勝ちぐらいから知っていて、なかなか気性がやばくて京都の内埒にぶつかりに行くぐらい切れ込んだレースが印象強い。前走の競馬は優等生に近かったので、そういうところがなくなって軌道に乗った期待がある。3角からペースアップしていって直線平坦という条件が菊花賞と繋がりやすいのか、出世レース的な位置づけになっている阿賀野川特別で力を出せたので、菊花賞の適性も見込めば不気味な1頭。


アフリカンゴールド。前走兵庫特別1着。スローの縦長隊列をポツン2番手のまま直線まで行けるお膳立てに応えて圧勝。楽なレースになり過ぎた点で次走戸惑わないか心配先行も、2400mで古馬相手に圧勝する末脚を使えるのは武器になりうる。春から中長距離実績が豊富で、メルボルンTではスローにならずこの距離でのスタミナ勝負の展開でも反応している長距離砲。本命には絶対しないけど、早め先頭でも集中力が持続するのも出入りある展開では武器になるので印候補。

菊花賞の観戦メモ


ブラストワンピース。前走新潟記念1着。後ろから大外を回って差し切り圧勝。勝つ時は常に瞬発力の性能が違うように映る勝ち方をする馬だけど、古馬重賞で同型のメートルダールがいる状況でも同じ勝ち方になった。写真だけ見てると腹が出てて鈍くさそうぐらいにも思えるのに。スケールが違うという言葉が合う。

ダービーの敗因はキャリア不足、太目残りのほかに、エポカドーロの逃げに瞬発力を削がれて内容が落ちたのではとも分析できたけど、最後の踏ん張りあいでメートルを封じられたなら、また持久力勝負になっても今回は違うぞと期待は持てる。距離延長で内容がさらに良くなるイメージまでは持てないけど、ばったり止まる心配も現時点では特に。最有力候補で本命候補。


ジェネラーレウーノ。前走セントライト記念1着。結果的に沈む逃げ馬の仕掛けについていった。待ったほうが楽に競馬できるんだけど、そこで動くのがこの馬の競馬。溜めての切れ味より、重賞レベルでもハイペースでばたばたにならないしぶとさを武器に戦う個性派が前哨戦を快勝。3000mでも力を出せるなら展開のカギも握るし面白い存在。

複勝率86%の数字ほど安定感信頼度は高くなくて、なんなら最も絶好の流れに嵌っていたダービーで1頭だけ脱落する難しさは抱えている。力を出し切れるかは隊列展開、その時の気分にかなり左右されると思う。人気薄ならビッグウィークを期待して狙うつもりで春から待ってたんだけど、レイエンダを封じ込んでの参戦で主力形成。印は回るけど本命はないかな。


エタリオウ。前走神戸新聞杯2着。前進気勢に乏しく後方にいるのにおっつける不安な追走から直線だけで勝ち負けに持ち込む豪快な追い込み。これだけ派手な事を自己条件でやって、昇級戦で人気になるならカモの典型になんだけど、この派手な事をやった相手が世代トップ候補のワグネリアン。この相手に粗削りな競馬で対抗しているポテンシャル。もっとうまく引き出せるようになったら世代の代表になれる最有力候補。

折り合いに気を付けながら我慢させるわけではなく、のらりくらり走って猛烈に2400m戦で伸びているので、3000mに伸びても距離に苦しんで伸びなくなるイメージからは出走馬のなかでトップクラスに遠い。流れ不向きでも間に合わせる力がある可能性も十分あるので、展開の心配もあまり要らず、とにかく勝負所でスイッチが入るかだけ。いくら堅実に走り続けている馬柱を見ても、あのレース振りはいつ大不発がきても驚けないので本命にはしない。


メイショウテッコン。前走神戸新聞杯3着。マイペースで逃げを打ち動きたいタイミングで仕掛けてスムーズに競馬できた。一見、自分の競馬で有利な展開に持ち込んで力を出し切ったのに勝てなかった3着。ただ、勝ち馬に前へ出られてから二枚腰を発揮してギアを上げた印象があり、まだ自力では出し切れていないポテンシャルを秘めているのではないかと思わせる魅力がある。

NZTでケイアイノーテックがスムーズに回ってきて一旦止まりながら、3着馬が横に来て本気を出し直して奥深さを匂わせ、NHKマイルCでも相手なりに通用したのが半年前。同じパターンが再びあるか注目。アサクサキングスを思い出す大跳び先行馬。それだけで2400mも3000mも大して走りは変わらないイメージ。


エポカドーロ。前走神戸新聞杯4着。スタート後に躓き、仕方なく後ろから瞬発力に懸けるも伸びきれず。派手に脆さを出すような事にならなかったり、現状は控えるより前へ行く形が合っていると確認出来て、収穫のある前哨戦だったと前向きに捉えられる。やる事が決まっていることで強引になるときもあれば、思い切りが勝因になることも。

小倉でチェックした時から小回りの上手さに惹かれた馬。コーナーが2つ増える条件替わりはプラスになりうる。初夏の時点で2400mは十分守備範囲の脚を使えたので、力まずに走れれば勝負どころでも反応すると思うけど、ここまで書いた馬の中では最も距離を敗因に止まりそうなイメージはある。

府中牝馬S、秋華賞の回顧


10/13

東京11R
ディアドラ。ダッシュつかず後ろから。先行馬が勝負所で突き放すような展開にならなかったので流れ自体は向いてるんだけど、同じように流れが向いている54キロのリスグラシューの上がりを、56キロ背負って0秒3上回るとは。力が違った類の評価で良いと思う。萎むリスクのあるドバイ遠征で一回り成長してタフになった。ジャパンカップに出てくれば、アーモンドアイとの現役最強牝馬決定戦になる。流れ次第ではチャンスある1頭まで浮上してきた。はずなんだけど、天皇賞に登録してる。中1週で出るの?

リスグラシュー。レース前にはすっかり忘れていたけど、いつか出遅れをやらかしそうと春から書いていた馬。ここでやった。リズムを崩した面が影響しているかもしれないけど位置取り的には結果オーライでカバーできたと思う。これで勝てなきゃ相手を称えるしか。立て直し成功。次走は過去に良い結果が出ていないエリザベス女王杯。今のところは特に条件で評価を下げるつもりはなくチャンスある最有力候補になると思う。先行馬で強そうなのがいた場合、今回の出遅れを重く見て軸にはしないかもしれない。

フロンテアクイーン。スムーズに競馬はできていたけど、末脚比べになるとまだ分が悪い。でもここ2戦はメンバーが揃う別定戦で地力上位の競馬ができていて、縦比較では力をつけてきている。立ち回りのうまさが噛み合う流れならもっとやれる。コーナー数増えるエリザベス女王杯で内枠が当たれば流れ次第でリスを逆転するチャンスも十分ある。

ジュールポレール。阪神牝馬S→VMの変わり身を半年前に見ているので、負けで評価を下げるレースじゃない。アパパネやメイショウマンボがローズSで負けた時のような、次はもっと走るんだろうなと思うG1馬の休み明け惜敗の部類にしっかり入ってる。ただ、じゃあ次がマイルCSなら牡馬との力関係が未知数で、エリ女ならリス以上に距離実績がないのが怪しかったりして、理想的な前哨戦と捉えても次走で好結果が出るかは何とも。跳びがきれいな割に小脚は利くので、どっちに出ても内枠なら印は回ると思う。

カワキタエンカ。ゆっくり行こうにもハミを取って行ってしまうとのこと。マイペースではあるんだけど、もう少し息を入れないとしぶとさに繋がらない。並ばれてムキになって伸び返すのが真骨頂の生粋先行馬なのに、ここ2戦は交わされても脚色が変わらない。家賃が高いだけの可能性もあるけど心配な点。気性の難しい穴馬化したけど、もう少し注目。

ミスパンテール。調整失敗を強調されているけど、体というより気持ちのコントロールがかなり難しそうに映った。一変するのかスランプに突入するのかちょっと読めないし、一気に狙いづらい馬になった。
---

10/14

京都11R
3冠牝馬誕生。序盤は一応主張する戸崎さんが構わず外から競られて速いペースになる、予想通りの展開。ところが、やけに馬群が固まってておかしいなと思ったんだけど、レース後に確認したら、1角にはハイペースで突入したのに、1角2角は急激にペースを落とすことに成功していた。ここを突っ走って勝負所が緩む予想だったので、ここで緩んで勝負所で後ろに脚を使わせる展開になったのは予想ハズレだし、先行勢に有力馬はいない評価だったので、ミッキーチャームの能力評価も正しくできてなかった。掛かりそうな動きだったのでスローの単騎でも後ろが寄ってこなかったのは上手くやったと思う。

アーモンドアイ。勝負所で前のゴージャスランチの動きが悪く、でもこれ以上外は回りたくないのでしばらく待っていたと鞍上コメント。どう乗っても勝っていた可能性は十分あると思うけど、ミッキーがうまく流して最後踏ん張りあいに持ち込む展開になったので、結果的にあそこで脚を使わなかったのは相手の策に嵌らない形に繋がった。力はもちろん、運も持ち合わせないと達成できない3冠。運も持っていた。予定通りジャパンカップに出走してほしい。勝ち続けているのでベスト条件がどこなのかわからない。各世代の牡牝トップが揃うと2400mはどうなんだろうと思ったりもしますが。やってみないとね。

 

10/14 競馬予想【秋華賞】


京都11R
展開のポイントは、序盤のランドネと勝負所のカンタービレ。

逃げ候補で最も内に入ったランドネが主張してハナに立ってしまえば、先行馬の多さに反してあっさり隊列が決まる可能性がある。主張しなければ、オスカールビーとミッキーチャーム辺りが外から並んできてペース速いまま1角に突入する。予想としては、後者。競っても怒らなそうだから、競られると思う。汗。

今年の先行候補には勝ち切る有力馬はいないと思うので、この辺りの馬達が序盤で脚を使えば、勝負所はペースを緩ませて引き付ける。ここでカンタービレが内にいるままか、外に出して飛び出すか。内にいるままなら、外進出組が一気に押し寄せて3冠カウントダウン。飛び出せば、力量次第でそのまま出し抜く可能性が浮上する。予想としては、前者。大阪杯のキタサンブラックのように飛び出すと期待してみようと少し揺らいだんだけど、ダンビュライトのここ2戦を思い出して、やっぱりじっと待ってる気がしてきました。


◎11.アーモンドアイ
○16.プリモシーン
▲5.サラキア
△7.ラッキーライラック 

馬連11-16、3連複11-5,7,16

外から追い上げて流れ向くアーモンドアイが差し切り、それを追ってくるプリモシーンとで決まる予想。小回りの仕掛けに戸惑わなければラッキーライラックが3枠目に入るけど、モタついたらサラキアが割って入る予想。

10/13 競馬予想【府中牝馬S】


東京11R
エリザベス女王杯はもちろん、マイルCSやジャパンカップにも有力候補として参戦し得る好メンバーが揃った。大注目の一戦。

出馬表を見ただけでわくわくするメンツが集まった時は、まずは超スローから疑うんだけど、内で揉まれたくないクロコスミアを外から単騎で行きたいカワキタエンカのマッチアップがあるので、序盤から超スローは無い予想。序盤で脚を使う分、勝負所は突き放さず引き付けての瞬発力勝負。捌く頭数も少ないので外から追い上げる馬にもチャンスは十分にある流れで予想。

◎10.リスグラシュー
○11.ミスパンテール
▲4.ディアドラ
△2.フロンテアクイーン
×6.ジュールポレール
×8.アドマイヤリード

3連複10,11-2,4,6,8続きを読む

秋華賞の観戦メモ 3枚目


覚醒の予感を感じさせる2勝目を挙げたハーツクライ産駒の先行馬2頭が仲良く抽選突破。

オスカールビー。前走汐留特別1着。格上挑戦して3着になった前走で自信を持ったのか、引き付けずに突っ走ったら独走の逃げ切り圧勝。最後も坂で止まるどころか余力十分とばかりに伸び直して出色好タイム駆け。力をつけたタイミングというか、先行策を試して結果が出始めたので、スピードに乗せていく競馬で潜在能力が引き出された感じ。今回も先行してどこまで。500万下を勝って秋華賞も好走はかなり無謀の域ではあるけど、覚醒したかもしれないハーツクライ産駒という魅力は光る。


ダンサール。前走500万下1着。盤石の取り口でスムーズに運んでいたエクレアスパークルを、おいでおいでしながら突き放してしまった。高いレベルで勝ち上がったうえで余力も十分。成長が伴ったハーツクライ産駒という感じで、ものすごく力をつけている可能性に期待が持てる。末脚の持続力で魅せたので、中盤までスローで流れる展開を先行出来れば、カンタービレと共に外進出組を封じるかのカギを握る1頭。

 
 

秋華賞の観戦メモ 2枚目


ラッキーライラック。前走オークス3着。オークスは大抵の馬がスムーズに運ぶことが出来た綺麗なレース。力を出し切った可能性が高いんだけど、桜花賞より着順だけでなく内容も落ちたような気はする。一旦、距離を敗因候補にして、ローズSでも上位2頭に負けたら成長負けを認めるつもりで待ってたんだけど、誰も出てこなかった。汗。

小回りコースは初経験。前目のポジションからひと脚使って踏ん張る競馬でも重賞を勝っているので力を出せる条件だと思うけど、初めての今回に限っては勝負所でモタつく心配は少し。最初から予定通りではない仕方なくのぶっつけ本番は、最終追い切りで猛時計で帳尻アピールする馬が大抵飛ぶんだけど、この馬は時計こそ良いけどセーブ気味で終えたので、急仕上げはあまり心配いらない。鞍上の交代は、良い意味でも悪い意味でも無難な結果になる確率が高まった感。一発狙いが不発になる心配は減るけど、神騎乗で勝ち切る期待も薄れたみたいな。


カンタービレ。前走ローズS1着。隊列が決まってからスローを押し上げる、外枠の利を活かした好エスコート。好騎乗で勝った印象の方が強く、力負けに映ったオークスからはっきりパワーアップしたとは評価し辛いけれど、後ろの追い上げを待たず、先に動いて封じ込む競馬は秋華賞に繋がるイメージを強く持てる勝ち方だったと思う。

重賞2勝は、差してきた馬に負けて強しの印象が残るレース。この馬が強くないという意味ではなく、強い馬が常に勝つわけではないのが競馬を体現している馬。外進出で追い上げる競馬濃厚の1強候補が崩れる大番狂わせを起こせるのは、勝負所で先に突き放せるカンタービレのような馬の存在がカギ。田辺騎手辺りが手綱なら不気味とメモしていたけど、”辺り“には武豊騎手も該当する。点数を絞るなら割り切って印は回さない候補だったけど、上手い馬に上手い騎手で参戦されると考え直すべきかな。スローペース予想なら、思い切って心中の印まである。

秋華賞の観戦メモ


アーモンドアイ。前走オークス1着。桜花賞で勝った形に拘らず追走にある程度脚を使ってポジションを上げ、末脚も鈍ることなく対応。ジェンティルドンナやヌーヴォレコルトのようにローズSで試してから本番に向かうのではなく、本番で難なく変えちゃうのがフランス育ちの日本人ジョッキー。圧倒したうえで余力も十分ありそうだった。

夏に急成長した馬がクラシック馬を超えていくのは往々にしてある事だけど、この世代は阪神JFの上位が桜花賞の上位、桜花賞の上位がオークスの上位、紫苑SとローズSは春の重賞好走馬と、実績を積んでいるメンバーが新顔の台頭をなかなか許さない。初対戦の上がり馬も数頭いるけど、期待を懸ける気には全くならない高いハードル。最有力候補。ていうか最有力。不安は内枠を引いて抜群のスタートを切っちゃった場合に不利を被る危険があるぐらい。


プリモシーン。前走関屋記念1着。久しぶりにスタートを決めて序盤からスムーズに運ぶ事が出来た。本領発揮。斤量と流れは味方にしたとはいえ、休み明けで古馬重賞に挑む臨戦で勝つ器は大したもの。何度もモタれるのを立て直しながらの差し切りで、まだ上昇余地も望める。

スタートを決めて近2走より前のポジションで追走して末脚を使った事で、春のG1連敗はスタートでリズムを崩して力を出し切ってないかもと見直せる可能性が出てきた。桜花賞で単穴▲評価、NHKマイルCで本命評価をしてモヤモヤした者としては、スタートを決めてリベンジが決まるか注目。

10/9の回顧


東京10R
ルックトゥワイス・・ しゃがんだ時にゲート開き痛恨の出遅れ。挽回して中位後ろ。勝負所で捲られる形で進出。先行馬が余力十分に突き放す流れで最悪の進出だったけどしぶとく最後まで来た。改めて東京ならスムーズに反応するし、改めて力は準OP水準を超えてる。もう自己条件で噛み合う日を待つより53キロになるはずのアルゼンチン共和国杯に登録してほしい。
---

京都11R
シュヴァルグラン・・今回より心配になる負け方の大阪杯からもあっさり巻き返してたし、今年もジャパンカップの本命候補。
---

東京11R
サンライズノヴァ・・ダッシュつかず後手。やはり1400mは忙しそうに追走するんだけど、突き放すような末脚は使ってないとはいえ先行馬が2着に残る所を飲み込んだ決め脚はOPでは流れ不問の域だった。フェブラリーS3着以内に向けて上々の復帰戦。武蔵野Sでも同じように決め脚に頼って凡走しそうな予感はするけど。
---

東京12R
トーホウフライト・・前に突っ込んだ時にゲート開き痛恨の出遅れ。ペースも上がらなかったし直線で外へ出すのも結果的には大きなロスだった。結果出してきた形と違う競馬によく対応出来たと思う。前走の抜け出して止まった面も含めて気難しさはあるけど能力も確か。引き続き注目。出遅れ続いたのでゲート課題。

10/8 競馬予想【京都大賞典、GCC】


東京10R
ルックトゥワイス。特段ペースアップしてないのに3角で急に遅れてゴール前盛り返してきた前走は小回りベタを露呈。慣れれば克服するかもしれないけど現状は東京がベスト。今日は京都大賞典の方に出ていてほしかった仮想レニングラード。勝ってくれるに越したことはないけれど、負けてもアルゼンチン共和国杯のハンデが53キロになるからよし。そしたら仮想レニングから仮想スクリーンヒーローに代えるから。
---

京都11R
◎モンドインテロ

複勝1

久しく勝ち負けの競馬をしていないけど、得意条件の中長距離戦では不利を受けるか後ろにいる間に前で流れが決まるかのいずれかのレースばかり。噛み合えばここでも上位争いになるぐらい巻き返せる。後ろにいても流れは向くかもしれないけど、このメンバーで1番枠なら中団前辺りからチャンス狙ってほしい。無理かな。
---

東京11R
馬単4,14→4,7,10,14,16

来年のフェブラリーS3着以内も狙える現役トップクラスの実力馬サンライズノヴァ出走。根岸S2着の条件だから実績段違いとはいえ、休みの間にスピードがついていない限りこの条件は忙しい。最後は堅実に末脚を使って猛追してくるにしても、馬群を捌く手間もありそうな7番枠で単1倍台なら取りこぼし狙いの馬単。
先生方の書斎
カウンタ(since2006.2.08~)



livedoor プロフィール

Jr.

2代目デビル襲名に向けて着実に実績を積み上げ続けている人。

メールはこちらから
記事検索
ブログの輪


ご来訪どもです
Categories
Archives
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
  • ライブドアブログ