打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

 


宮記念1着 ビッグアーサー ケガで休養
宮記念2着 ミッキーアイル 引退
宮記念3着 アルビアーノ 引退

SS1着 レッドファルクス 海外帰りでぶっつけ本番
SS3着 ソルヴェイグ 前走着外

京阪杯1着 ネロ 前走着外

阪神C1着 シュウジ 前走着外

シルクロードS1着 ダンスディレクター ケガで休養

京都牝馬S1着 レッツゴードンキ 回避予定 


順調なところの最有力はセイウンコウセイと阪急杯上位馬ぐらい?
オーシャンSをメラグラーナ辺りがぶっこ抜いてくれないと、、、。
サトノアラジンとかイスラボニータ参戦してこないかな。

2/26 競馬予想【中山12R】


阪神9R
キセキに賞金を積んでダービー出走に前進してほしいけど、この条件で勝てたらうれし過ぎる誤算。エンジンが掛かり切らないまま終わると思うけど果たして。
---

阪神11R
3連単4,5→4,5,7→4,5,7。
---

中山12R
◎トウカイエントリー
〇エネスク
▲マイネルバサラ
△メイプルレインボー
△パイロキネシスト
×ビークイック
 
10か月ぶりの復帰戦から、叩いて叩いて叩いて着実に良化が伺えるトウカイエントリー。前走は暴走して沈む逃げ馬に流れを乱されながらもしぶとく粘る好内容。〇か▲が淡々流す展開で好位からスムーズに運べれば今回もさらに良い走りになる。軸信頼。馬連◎-〇▲△△、馬単◎→×。 

2/25 競馬予想【合馬特別】


阪神10R
8頭立て。人気薄の馬も近走不振ながら力ある馬ばかりで粒ぞろいの組み合わせ。サンマルティンに注目しながら観戦。デムーロあたりに絡まれる気がして、あんまり流れが向くイメージはできてない。
---

阪神11R
ペルシアンナイトが中心視される組み合わせ。ソルスタに負けたレースと雨が敗因のレースと思えば、高いレベルで底を見せてないとも言えるけど、OPクラスだと上位に来ても勝ちきれないキャラになるような気が今はしてる。うまく立ち回って前で残るディヴァインコードか、後ろで足をためるレッドアンシェルに頭を取られるイメージで観戦。チューリップ賞でも本番まで間隔はあるし皆と同斤で出られるのに、わざわざ新潟勝ちの斤量増を強いられる今週の方にヴが出てくるのは、今年は牝馬豊作の流れってことなのかな。
---

中山11R
G3にしていい組み合わせ。リーゼントロック、センチュリオン、バスタータイプのうちで負けた馬がマーチSで連対すると思って観戦。リーゼントロックの復活とセンチュリオンが馬群から抜け出す競馬が出来て安定し始めてるのは感動の域。
---

小倉12R
◎ライトフェアリー
△シャインレッド
△トシストロング
△コパノチャンス
△フェアラフィネ
△サンライズビーム

エクシードリミッツが直千に行ってくれた今、ネクスト直線ホープ対象のライトフェアリー。逃げられたのに引いて、結果届かなかった前走は力出せてない。さすがに前へ行くように指示が出ていると思うので、実績上位に加えて前進余地もある今回は押し切り期待。馬単◎→△△△△△。

 


クイーンCはハイレベル、春2冠両方ここの出身馬が勝ってもおかしくない!
・・だけど、チューリップ賞が終わったら簡単に惑わされて意見が変わる

・・・ってなる気はしてたんだけど、チューリップ賞を待たずして 
もう翻意せざるを得なくなった感じ?

2/19 競馬予想【斑鳩S】


東京9R
◎コーカス

強かったけど嵌ったぽかった新馬戦から、あらゆる条件が変わっても崩れなかったカトレア賞好走でチェック。2勝級でもやれて不思議ない実力馬。ここ2走大敗続きも、先行馬が突き放す展開を外進出で追い上げたり、直線でモタれて流したもので力負けは保留できる内容。流れ向けば巻き返し余地ある。
---

京都11R
◎ロイヤルストリート

結果的に好位組に流れが向かなかった白秋S4着からの注目馬。飛ばした馬が早めに止まり、抜け出すのを待っている間に強い差し馬が一気に追い上げてくる流れでの粘りは着順以上の内容。高いレベルで突破めどを立てている評価。 前走は1600mに出走してスピードが違う感じのレース振り。慣れればマイルでも持つかもしれないけど、現状は1400m以下がベスト。

今回は皆が直線で外へ持ち出しての決め脚比べイメージ。おそらくもっとも前につけるディープ産駒のこの馬が大チャンスの展開予想で本命。

2/18 競馬予想【京都牝馬S】


小倉11R
エポック

やっっっと、距離短縮。もっと短くてもいいと思うけど。
---

京都11R
◎スナッチマインド
〇アットザシーサイド
▲レッツゴードンキ
△アルビアーノ
△ウインファビラス
△ワンスインナムーン
×ナックビーナス

1年半前の出石特別1着時にチェック入れたスナッチマインド。持ったまま後ろから外を回って先頭まで取りつきながら、追われて内にささって勢いが止まる牝馬版オルフェーヴルなレース振りに惹かれた。昨年の京都牝馬S4着時も、見せ場たっぷりに先頭に立ちながら、追われて止まってしまった。課題がなかなか解消し切らなかったけど、前走の六甲アイランドSでは、積極的に前につけて、結果的にものすごくタイトな場所に嵌りながら折り合いついてひと伸びする優等生な競馬。軌道に乗るきっかけにになり得るレースだったと思う。準OP辛勝から格上げ戦でも、相手なりに対応できるポテンシャルを見込めるので連勝期待。ワンスインナムーンが先行して粘ってくれる予想で、内を立ち回る馬に流れが向くと思う。馬単◎→印。

クイーンCの回顧


チューリップ賞が終わったら簡単に翻意してると思うけど、レース前に割と大きめにかけた期待は裏切られなかった。
 
アドマイヤミヤビ。中位外追走から勝負所大外進出で差し切り3連勝。前の有力馬を意識して今までより速いペースを追走しても末脚鈍らなかった。強い内容。例年水準にはあると思うし、最後も余裕あるので、過去の先輩同様G1でも通用レベルの期待持って引き続き注目。直行の桜花賞も最有力候補だけど、胴が長めなのが反応遅い要因ぽくて、内枠が当たると危険。

アエロリット。スタート合わず後手。掛かり気味に外から進出。今までと違う形の競馬でも崩れず。勝ち馬に交わされてからの食い下がりも秀逸だった。スムーズならもっと良くなる余地ある。マイルも大丈夫。桜花賞でも有力候補で注目。

レーヌミノル。控えると思ったけど、ダッシュ良く同型不在で逃げた。絡まれずに息を入れて逃げられたし、突き放す脚も使えた。状態100%じゃないにしても、これで捉えられたら適性負けか力負け。1400mまでの内容踏まえれば距離のように思える。チューリップ賞よりフィリーズRの方がいいと思うけど果たして。

ハナレイムーン。枠、スタート、ペースを考えると結果的に下げ過ぎてる感はあるけど、キャリア1戦で今日の上位4頭を最後まで追えたら上々の器。東スポ杯のサトノアラジンみたいな感じ。変わり身に十分期待もてる。

2/12 競馬予想【京都記念】


東京10R
◎ディーズプラネット
〇ブラゾンドゥリス
▲ソルティコメント
△スーサンジョイ
×カゼノコ
×ベストマッチョ
×マッチレスヒーロー

ディーズプラネットは外枠引いて大外を回ってくると前が残り、内に潜り込んでうまく立ち回ると前が止まって外に流れが来るパターン続き。前走も絶望レベルの流れ不向きではなかったけど、また裏目を引いた。今振り返ってもGCC4着実績は価値が高そうで、かみ合えばOPは勝てる状況だと思う。今度こそ。
3連複◎-〇▲△-〇▲△×××。
---

京都11R
▲ヤマカツライデン
△ガリバルディ

実績通りに走れば上位人気馬で盤石も、海外帰りだったり、この時期の仕上げの難しさもある。過去の京都記念を振り返っても、盤石風な実績馬が登場して中穴が割り込むパターンは結構あるので、そんなイメージと願望を込めて中穴連対狙い。

ヤマカツライデンは前走しっかり流したのに、結果的に大差負けする馬に息つく間もなく突かれる可哀想な展開。頭打ち評価はまだ。人気薄のハイペース逃げでも通用しない現実に当たるまでは見限らない魅力の個性派。前走で突いてきた人がまたいるのは気になるけど、同型不在の離し逃げで少しでも舐められれば。

ガリバルディは好エスコートで中京記念を鮮やかに制したのでマイル路線をしばらく使われていたけど、折り合いがつくと前提があればマイルは短いと思えるレース振りをしていた馬。久しぶりに距離延長の今回は一気にキャリアハイを更新する可能性に警戒。

馬単2→3,6,9,10、馬連10-2,3,6,9。 

共同通信杯の展望


自己条件で先着された馬
新馬3着(勝ち馬ソウルスターリング→阪神JF制覇、2着馬以降出走なし)
ベゴニア賞2着(勝ち馬サトノアレス→朝日杯制覇)
ひいらぎ賞4着(勝ち馬以降出走なし、2着ウインブライト→若竹賞圧勝(重賞級)、3着ナイトバナレット→ジュニアC制覇)
セントポーリア賞2着(勝ち馬以降出走なし) 


・・まあそれでも、人気どころが強いような気がする。
今回は自己条件じゃないし。汗 

2/11 競馬予想 2枚目


東京6R
◎ロジベスト

トリリオネアが勝ち上がった未勝利戦は秋の東京開催最終週。しばらく関東圏の1400mの番組がなくなるからか、異様に馬柱の良い馬が揃っていた。レースは前が止まって、後ろから進めた3頭が抜けていき、その中のトリリオネアが差し切ったわけだけど、この時にトリリオネアより前で進めて粘っていたのがロジベスト。片やOPで経験値を積み自己条件戻り、片やダートで勝ち上がっての芝戻りということで人気差が大きくなったけど、力は互角以上見込める素質馬。課題の折り合いは前走でだいぶましになっていたので、今回に繋がっていれば勝ち負けできる。

2/11 競馬予想【クイーンC】


東京11R
◎アエロリット
〇フローレスマジック
▲レーヌミノル
△ディヴァインハイツ
△ハナレイムーン
△スズカゼ
×アドマイヤミヤビ
×トーホウアイレス

リスグラシューの2着、カデナに勝って連勝中、マイルG1で3着の実績馬に比べれば、重賞2着臨戦でも人気が落ち着くはずのアエロリット。連敗中でも頭打ってるわけじゃなく、絡まれたりハイペースでバテる馬を待ったりと流れが良くない中で崩れない好内容続き。スムーズに走れれば実績以上に上積む余地がある強い先行馬。

先行馬は中山替わりより東京替わりで狙うパターンも増えてきた。スムーズさを欠き続けている同馬も、淡々と流れる期待が大きくなる東京替わりが後押しになる。距離適性は正直、少し長いかなと心配してるけど、鞍上マジックで誤魔化して。

アドマイヤミヤビは7番手評価というわけではなく、未勝利戦では差せたとはいえ、このクラスで戦っている先行馬が鋭く抜ける展開で外から差すのは至難の業とみて、馬単で妙味狙い。アエロリットが突き放したうえで差し切ったらオークス本命。

馬連◎-〇▲△△△、馬単◎→××。 
オッズが辛かったらフローレスも馬単の相手で割り切る。かも。 

クイーンCの展望


実績で一歩リードのソウルスターリング、リスグラシューが先頭を走る3歳牝馬路線だけど、春の2冠馬は共に今週のクイーンCに出ていた、となる可能性を感じるぐらい、今年はチューリップ賞と同等以上に楽しみな組み合わせ。


アドマイヤミヤビ。良い流れから突き放す脚を使った先行馬を差し切った未勝利戦からの注目馬。一気の相手強化になった前走も連勝して器の大きさを示す。2000mで牡馬を撃破してクイーンCに挑むのは厩舎の先輩ヴィルシーナと同じパターン。牝馬のマイル重賞ならそんなに気にする必要はないとは思うけど、今年は前に行ける有力馬がいるので、速いラップを追走したときに脚が使えるかが課題候補になる。


レーヌミノル。前へ行ける有力候補その1。G1で初距離を試されて3着。小倉2歳S圧勝、京王杯でモンドキャンノと後続をちぎる2着のポテンシャルがある馬。マイルでも好位からひと伸びする競馬に対応できたのは大きい。適性は1400m以下だと思うけど、マイルに慣れての前進は見込める。先行しての一変も期待できるけど、オークスを視野に入れてるらしいので、今回も馬群での折り合い最優先かな。叩き3戦目で桜花賞に挑むらしいので、3月にもう1戦するんだね。仮に叩き台仕上げでも初戦から走っちゃいそうなタイプ。


アエロリット。前へ行ける有力候補その2。(たぶん)6月の東京1400m新馬戦史上初、レース上がり33秒台のレースを上がり最速で制した馬。流れは悪くなくてスムーズに走れたので、ほかの条件に即対応できるかカギだったけど、マイルも昇級戦も格上げ戦でも崩れなかった。序盤で絡まれたり、バテる馬を待つ間に後ろから一気に来られたりと、スムーズさを欠きながらの連続2着。東京で淡々と流れれば上積み余地十分でチャンスある。距離適性が課題候補。新馬戦を見た感じ、距離を変えるなら1200mと思えたし、中山だからマイルは持っていた疑惑が少しある。東京マイルで最後まで伸びるか。


ハナレイムーン。伸びる前の集団を楽々交わした決め脚目立った新馬戦からの注目馬。当時の3,4着馬も次走で勝ち上がり。1勝級はもちろん、ここの交っても見劣らない末脚の期待は懸けられる。一気の相手強化への対応、アドマイヤ同様に速いペースを追走しても力を出せるかがカギ。それ以上に、あまり食べないので強く追えない状態のまま今週まできちゃった方が心配かな。


ディヴァインハイツ、ビルズトレジャーもチェック馬。

東京新聞杯の展望


京都金杯勝ちのエアスピネル。通過点的な勝ちっぷりを期待していたので、正直、物足りなさはあった。ただ、神戸新聞杯→菊花賞で一変した事もある馬なので、休み明けの物足りなさはとりあえず大目にみるのと、軽斤量でうまく立ち回った馬を抑え込んだ完勝の内容ともいえるちゃいえる。世代2番手集団のトップにいる馬。今回はもっと楽に勝てるか注目。マイルに戻っても変わらなかった気性の幼さが課題候補でもあり伸びしろ。


その軽斤量でうまく立ち回った馬ブラックスピネル。再現やこれ以上の結果を求めるのは、さらにパワーアップしないと厳しい評価。ところが、そのパワーアップを強く感じる状態の良さ。上昇曲線に入っている可能性に警戒注目。タニノギムレット産駒といえば東京マイル。富士Sでは凡走したけど、今はそのイメージは捨てなきゃかもしれない。


大敗した菊花賞以来のプロディガルサン。2200mのセントライト記念でも、もう少し短い距離が合う印象だったので、単純に適性低い条件で脚が上がった評価。実績ある条件のG3でどこに食い込めるのか注目。


大敗したマイルCS以来のヤングマンパワー。新潟東京で重賞を勝って、速い上がりのレースに対応できるのは示していたけど、上がり4位以下で重賞を3勝している馬。京都で後ろから行って切れる脚は使えないのかなと。前走敗因候補筆頭は位置取り。前々走までの充実ぶりを見直し注目。10頭立てとはいえ大外枠なので、どの位置につけられるか。テキさんも後ろから行った前走にチクりと言ってたし、先行指示は出てる気がするんだけど。


準OP勝ちの余勢で挑むロイカバード。前走は外を回って仕掛けを待ちながら前にとりつき、いざ促せば即反応して後続より脚色優勢のまま入線。格上げ戦でも通用級の力は期待できる好内容。昨年冬から、折り合い次第レースが続いており、力関係はもちろん落ち着くかもカギ。〇×の傾向で行くと今回は×の番だけど、さらにベテランの後任に乗り替わってどう操縦されるか。


OP勝ちの余勢で挑むマイネルアウラート。昨年の東京新聞杯3着は最高に上手く流れて運べてのギリギリ3着という感じで、もうこれ以上はないと見限ってたんだけど、秋以降は成績が安定し始めて、前走は58キロでOP勝ち。特別秀逸な時計とは思わないので、ほったらかされた面が大きい気はするけど、これはパワーアップして戻ってきたと考えるべきなのかもしれない。

2/4 競馬予想【稲荷特別】

 
京都9R
◎ヒルノドンカルロ
〇サトノケンシロウ
▲リセエンヌ

ヒルノドンカルロは暴走ハイペースで突っ走り、息を入れたタイミングで皆に追い上げられる最悪の展開で2着に粘った3走前が好内容。スムーズに走ればこのクラスは突破できるを上積み見込む馬。前走はそこそこ流したのに勝負所でびっしり並ばれる可哀想な展開で、またしてもスムーズに走れず。今回こそ。
 
サトノケンシロウは500万下でもエンジン差が目立ったので、通用の力は持っていると思う。ただ、気性の激しさがとにかくネックな馬。小倉で連勝しただけに、他場でも落ち着いて走れるかカギになる。

デビュー2戦目3戦目で負けん気の強さが目を惹いたリセエンヌ。そこからさっぱり勝負根性を見せてくれなかったけど、前走で最内に突っ込んで抜け出し勝利。スランプ脱出のサインであれば面白い存在。 
---

京都10R
近年は出世レース度が若干落ちてる感じはするものの、桜花賞2か月前の関西外回りマイル戦ということで、素質馬が使われやすい条件。チェック馬はラーナアズーラとアドマイヤローザの2頭出走。

ラーナは馬群で追走して力出せるかの課題に前走で躓いた。慣れて一変するのか、極策に戻すしかないのか。

アドマイヤは前が止まる流れは向いたものの、同型もちぎって爽快感残した前走のエンジンは魅力。クラス慣れすれば上でも戦えると見込むオークス候補。格上げ戦の今回はもたつくイメージで見てるけど、あっさり対応する器なら樫に大きく近づく。 アドマイヤテンバの仔なんだ。
---

東京12R
◎エレクトロポップ
〇ダイワインパルス
▲サクラルコール
△シークザフューチャ
△マイネルバサラ
×トーセンラムセス
×ラテラス
 
平均速めのペースを好位後ろで立ち回り、直線でさらにペースを上げて粘り込んだ2走前が好内容のエレクトロポップ。降級馬に差されたものの後ろを離し、高い能力を示した。昇級の壁はないと見込んでいるし、安定して力を出せている感じなのでいきなり勝ち負け期待。

1/29 競馬予想【根岸S】

 
東京9R
キセキ

昇級戦、左回り初めて、スタートに課題あり。力出せない敗因候補は割とたくさんあるけど、軽々突破を期待したい逸材候補。性別も体格もフットワークも違うんだけど、新馬戦の直線レースラップ10秒9区間を楽々抜けていく様は、アパパネを彷彿とする衝撃だった。搭載エンジンはG1級ぐらいに評価してる。先週は15分の14の抽選を落ちてたんだね。。

強すぎた前走の勝ち馬が抜けて相手替わりの前進狙うジュンヴァリアスが強敵。
---

東京10R
◎チャンピオンルパン

オッズ通りグレーターロンドンが抜けた能力保持馬の可能性高い組み合わせ。ポカも今のところないし勝鞍ある条件で順当に走りそうだけど、どの馬が流れ作るか読みづらいハンデ戦の妙もある。単1倍台なら他馬で勝負したい。

ハンデ恵まれたチャンピオンルパンが本命。新潟適性疑惑はあるものの、1000万下勝ちは着差以上の完勝で準OP通用の力はもうついてる評価。前走は序盤で同型と被り、下げたら1列じゃ止まらずどんどん下がってしまい、それが最後まで取り戻せなかった不完全燃焼競馬。スムーズなら大逆襲狙える。単勝。
---

東京11R
◎ベストウォーリア
〇ブルミラコロ
▲キングズガード
△エイシンバッケン
×タールタン
×カフジテイク
×ニシケンモノノフ

3連複◎−〇▲−〇▲△×××。
馬単〇▲→◎〇▲△。
先生方の書斎
カウンタ(since2006.2.08~)



livedoor プロフィール
メールはこちらから
記事検索
応援しています。
ケイバライフ
ブログの輪


ご来訪どもです
Categories
Archives
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
  • ライブドアブログ