打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

12/4 競馬予想【栄特別】


中京9R
◎イマジンザット

ピースマインドがしぶとく残る可能性が高く内枠有利、離して逃げる可能性も十分あるので同型よりは差し競馬が出来る馬にチャンス大きい予想。

イマジンザット
はこのクラスに上がって1秒以上負けの3連敗といいところなし。ただ、昇級後2戦は馬場や相手を見れば仕方ないし、休み明けの前走はモタれて流したのが大敗になった要因。重賞級の馬がすべて抜けて、自身もひと叩きされて挑む今回は、ねじ伏せた未勝利勝ちを見直せる。

◎単勝、◎複勝。
---

中山10R
藤田菜七子が持ったままの手応えで4角を外から進出してくるかもしれないレース。
そうなったら盛り上がる。
---

中京11R
◎コパノリッキー
○ゴールドドリーム
▲アスカノロマン
△2 7 8 9 14 15

3連複◎-○▲-○▲△。

本気出すデムーロ鞍上ゴールドドリームは、砂スタートだとなぜかダッシュつかないのがこれまでの傾向。3歳最強候補の1頭だし、神ってる男が何とかすると思って2列目からは外せないけど、軸は敬遠。

アスカノロマンは1秒以上負け3連敗で精神的に参ってないか心配だけど、前走の大きな敗因候補は調教から不穏だった状態面。今回は戻ってるからこの敗因は消えるはずなので、スムーズに流れて58キロで重賞圧勝の力を出せたら通用する。

アウォーディーは2番枠が最悪の方向に働く気がして仕方ないので3列目に下げた。力が足りてないと思ってるわけじゃない、とだけ一応。

神ってる


(1.3.2.4)

他称:空気を読まないイタリア人さんがエアスピネルを捉えた朝日杯から、武豊騎手がレースの中心にいるときのデムーロっていつも本気出してる気がしていたので、今年の重賞で武豊騎手が2人気以内で同レースにデムーロも騎乗していた時の成績を調べてみた。

・・イメージ先行だったかな?とも思うし、複勝率6割は高いなとも思う。このなかには、サージェントバッジ5人気3着、シグルーン5人気3着、リアルスティール7人気2着、サウンズオブアース5人気2着の複穴がある。

そもそも、デムーロが今年重賞で5人気以下で3着以内に来たのが6回しかなく、サトノクラウンの京都記念とオークスのビッシュで穴を開けた時に武豊騎手は乗ってない。 

つまり、今年重賞で武豊騎手が2人気以内、かつデムーロ騎手が5人気以上の時、デムーロの複勝率は100%。やっぱ本気出しとるわ。汗

ただ問題がひとつ。

ゴールドドリーム、5人気以上になるのか?(現在2人気...)

ちなみに、今日の新聞に、デムーロは西京漬けが大好きって載ってた(ちなんでない)。 

 


久々に中山出走のチェリーヒロインに藤田菜七子。ちょっと楽しみ。

 


10年遅けりゃホリエモンは当選してたし、さいたま市はミレニアム市だった。
2016年は、そんな年。 

 


東京10R
◎→○→福→▲
東京11R
◎→○→福→▲

全然、福の神じゃない ...

キタサンブラックが同型を突き放して圧勝してしまい、外枠切りが仇。 

仲良しの武さんにはどうせ競り掛けられんとは思ってたけど、
有馬記念ではちょっと期待してるよ。

11/27 競馬予想【ジャパンカップ】


東京10R
◎ナスノセイカン
○キャンベルジュニア
▲トーセンデューク

前走は力出してないナスノセイカンの巻き返し予想。流れも向いてなかったけど、前走の敗因は走る気出してくれなかった精神的な部分が大きいように思うので、この手替わりが嵌る期待。今回もダメなら、もう丸山適性の馬ってことにして、さらなる乗り替わりを待つ。馬連◎-○▲、3連複◎○▲。
---

東京11R
ハイペースで逃げて最後苦しくなった宝塚記念以外のレースを踏まえると、キタサンブラックが不利なく進めれば前と内が有利。予想以上に馬場が悪くて午後に芝レース乗らない鞍上がスタミナ配分を間違えるか、ゴールドアクターや外人騎手が早い段階からスタミナ勝負を仕掛けて来ると外差しにもチャンス。

オッズ的には後者で予想したいところだし、ゴールド鞍上はキタサンのペースに嵌りたくない宣言してるけど、今年は無茶絡みはないとみて、軸はキタサンブラック

3連複の相手軸は、武豊が有力馬に乗ると本気出す男デムーロonサウンズオブアース。キタサンが勝ち負けになれば、これを目標に神騎乗で振り絞ってくるデムーロも来る。はず。

キタサンとの叩き合いに持ち込める脚質、地力のあるゴールドアクターもチャンス。序盤から中盤は前に優しめペースで流れる予想なので、叩き合いに持ち込めたら東京でも後ろにはやられないイメージで3連単。

◎キタサンブラック
○サウンズオブアース
▲ゴールドアクター
△リアルスティール
△ディーマジェスティ
△イラプト
△ビッシュ

3連複◎○-▲△△△△、3連単◎▲→◎▲→△△△△。
---

京都12R
◎ブラヴィッシモ

ネロかエイシンスパルタンが余力を持って直線に向いたらエイシンとセカンドテーブルにチャンス、2頭が崩れたらメラグラーナが連勝、重馬場適性で考えるならブラヴィッシモの予想。

ブラヴィッシモは良馬場で挙げた2勝目が強くてチェックした馬。当時の阪神は凄く時計が掛かる馬場で、そういう芝に適性があるイメージでチェック。次走で高速京都OPで連対して、単純に力があるだけかと思い始めたんだけど、以降の勝ち鞍を整理してみると、やっぱり時計掛かる芝に適性あるよねと思える馬柱。重賞で渋った馬場は初参戦。不完全燃焼の前走から一気に巻き返し期待。複勝。

 

フィーチャ〜をフューチャ〜と間違えてる案件には何度も立ち会った事があったけど、バックトゥザフィーチャ〜と言ってる人を今日初めて見た。

ジャパンカップのメモ 3枚目


ディーマジェスティ

前走、菊花賞4着。内枠を捨ててサトノダイヤモンドに一騎打ちを仕掛けるも、結果的に振り払われる。力を出し切ったのか、初条件への戸惑いや不適性があったのか。前者っぽいけどまだ何とも。3歳最強候補の1頭。ダービーで走って適性のある舞台で巻き返せるか。
---

サウンズオブアース

前走、京都大賞典4着。勝負どころの手応えから天皇賞同様に沈むのかなと思ったけど直線は盛り返してきた。休み明けが影響したっぽい。立て直し成功で一安心。

昨年のジャパンカップはもっとも厳しい進出を強いられながら僅差の5着。ネオユニ産駒は東京が合わないイメージだけど、この馬に関しては東京2400mの適性はあるし、この1年で力をさらにつけた印象は特にないけど、スムーズなら昨年以上の期待もある。複穴候補。
---

ルージュバック

前走、天皇賞秋7着。後方で動けない位置に入り、直線で進路確保するまで時間掛かった。スムーズならだいぶ違ったと思う。馬群を捌こうとした時と外を回って伸び伸び走った時で内容がだいぶ違う。このメンバーに外を回ってねじ伏せる競馬で通用するかは疑問だけど、天皇賞7着よりは上に来る力がある馬、と考えればなくはないかも。
4番枠。厳しいかな。

ジャパンカップのメモ 2枚目


シュヴァルグラン

前走、アルゼンチン共和国杯1着。直線での追い出しにモタついてる感じだったけど、半ばでエンジン掛かって脚色優勢になり差し切り。コメントに出てなかったので違うかもしれないけど、最後はソラっぽい止まり方で余裕もあったように思う。実績で増えたハンデを休み明けで克服。力ついてることを分かりやすく証明して再びG1挑戦。

日経新春杯→阪神大賞典の一変振りに高い長距離適性を少し疑ってたけど、前走の好走で力をつけたタイミングと被っただけだった事にする。モタついた感じは休み明けの影響ぽくもあったけど、ハーツクライぽくもあった。意識し合う前方の有力馬、差して構える福永ハーツクライ。2013年天皇賞秋の再現があるかも。
---

リアルスティール

前走、天皇賞秋2着。外枠のコースロスを消せないまま直線まで来たけど、内が止まってモーリスが抜けたことで外進出組にチャンスがきた。この2着で評価を上げる事はないけど、元々4歳トップクラス候補評価。安田記念から立て直せた事が大きい。キタサンブラックとの1年ぶりの対戦が楽しみ。

ダービー4着や首脳陣からの2000mベストコメントから、距離適性で力を出せるかが課題候補。個人的には、ダービーはレース中に骨折してた疑惑があるし、古馬になって天皇賞を勝つキタサンと菊花賞で勝ち負け争ったぐらいなので、折り合いがつくなら2000mと同じぐらい伸びるイメージ。 
---

レインボーライン

前走、菊花賞2着。2強を見ながら進められる絶好の位置取りから力を出し切れた。これ以上を望むのは酷だと思うけど、勝ち馬が現役最強かもしれないレベルの馬なので、流れが向けばサトノダイヤモンドに数馬身差は威張れる実績の可能性があり、不気味な存在。

ジャパンカップのメモ


キタサンブラック

前走、京都大賞典1着。久しぶりに序盤は他馬にペース作りを譲る競馬。残り800mから動いて前を突いていき、押し切り。100%で挑む立場じゃないので、有利な位置取りから辛勝等は全然気にならない。

逃げスタイルが定着してきた今でも2番手に控える引き出しが使えると確認できただけで完璧な前哨戦消化。ハイペースで流して捉えられた宝塚記念からの上昇を狙う準備になった。この秋で一番怪しいのは直線勝負に付き合うor外人に絡まれやすいJCだと思っていたけど、大崩れの可能性は減ったかな。
---

ゴールドアクター

前走、オールカマー1着。前走で課題になった折り合いスムーズ。マリアライトの早仕掛けに呼応する形の外進出で押し切り。58キロでG2タイトル2つ目。G1勝ちにふさわしい地力はついてるし、2勝目のチャンス十分。

長距離輸送とレース間隔の負担が天皇賞時と違う点で不安要素は減る。G1の空気でイレ込むようになってしまったのなら厳しいけど。天皇賞が力負けじゃない事をガチンコ勝負で示す意思表示ともとれる、キタサンのペースに嵌りたくないので自分から動きたい旨の発言も出しており、展開のカギを握る可能性がもっとも高いと思われる馬。

 


前走G1出走馬が近年は圧倒的な実績を誇る重賞で、
前走G2勝ち馬が1〜3番人気を占める前代未聞の事態になりそう。
・・シュヴァルグランよりはディマジェやリアステの方が人気かな?

東スポ杯2歳Sの回顧


11/19

東京11R
ブレスジャーニー。初の1800mで折り合い重視の追走。折り合って末脚も今まで通り使えたし、流れも向いた。マイル路線でも、今日の内容なら中距離路線でも現時点では最有力候補。似通った条件に出続けたので、他場で適性差が出ないかが次の課題候補。

スワーヴリチャード。出遅れ。自在性出たと評価したんだけど、前走は勝ちに行って甘くなった認識で、溜める競馬決め打ちだったとのこと。先頭を捉える際の瞬発力は素晴らしかった。最後ふらつきながらも勝ち馬に食らいついた。見込み通り良い馬だと思うし、まだ伸びシロある。引き続き注目。

ムーヴザワールド。今回も出脚鈍め。前走もそうだったけど、悪い意味で前向きさにやや欠け、良く捉えれば操縦性高くて重厚感ある。タッチングスピーチの弟なのは納得。直線半ばで完全に抜き切られてから3着争いに持って行けたのは並じゃない。キャリア1戦でこの競馬は奥深そう。初戦内容からセンスも感じるし、大跳び影響で不利受ける事が無ければ安定して活躍期待できそう。

オーバースペック。直線ガス欠で失速。まさかの好スタートで、今まで以上に前についていく追走で競馬した。溜めなきゃダメなのか、折り合いを付けられなかったのか、レース振りから判断しづらく保留。力は出してないので、差し損ね新潟2歳Sより上目指せる馬として見直し。
---

11/20

京都7R
ワントゥワン・・2着。 勝ち馬には内を捌かれ、自身は外を回ったのに進路確保に少し手間取り。差し損ね3連敗でうまくいかない。上でも勝てるぐらい力はついてる評価変えず見直し。
---

東京10R
コスモカナディアン・・8着。積極的に前づけ作戦も、スローだったのか思い切り噛むチグハグ追走。直線も内へモタれて追い辛そうだった。最後まで来ていてクラス慣れの前進はありそうだし、スムーズなら前進見込んで引き続き注目。怪しんだ人気馬2頭でワンツー。大ハズレ。
---

京都10R
キンショーユキヒメ・・4着。こちらも序盤掛かり気味。直線で前が開いて突っ込むも、最悪のタイミングで閉まり大ブレーキ。立て直して伸びてきたので精神面はやられてなさそう。次こそ3着以上。消した人気馬2頭でワンツー。大ハズレ。
---

京都11R
ミッキーアイル。逃げ切り。捲くらせない程度に流して、最後まで踏ん張った感じ、かな。右ムチに誘導され後ろに迷惑は掛けたけど、力でねじ伏せる競馬で押し切った強い内容。3着馬と最後まで併せられたのも良かった。先を見据えた控える競馬に対応できず、再び個性派の道で復活の勝利。1200m,1600m両方で強かった馬はポツポツいたけど、どっちでも逃げてG1連対レベルってのは最近ではいないんじゃないかな。先行まで広げてようやくアドマイヤコジーンがいるぐらいだろうか。

イスラボニータ。好位後ろ追走から追い上げ2着。惜しくも届かなかった結果だけど、仕掛けを早くしていれば甘くなっていたと思えるタイプだし、この仕掛けでベストのはず。前2頭が抜けてしまう展開で、よく外から食い込んだ。過去のマイルG1よりスムーズに運べて実績更新。今後は力の維持がカギになってくる。

11/20 競馬予想【マイルCS】


京都7R
ワントゥワン

デビューから4戦を終えた時点では、やっぱりワンカラットの仔で1600mは長いよね〜感が濃かったけど、近3戦も加味すると、白菊賞はたまたま走らなかっただけで、マイルでも十分に力を出せる様子。流れが向かなかった前走も末脚際立っていたし、噛み合えば上でも勝てる。前で残りそうな目ぼしい馬はいないと思う...ので、同型との決め脚比べの流れで勝ち上がり期待。
---

東京9R
赤松賞勝ち馬は6回連続で後に世代重賞連対ジンクスが継続中ってことで、昨年はクロコスミアに注目して、フローラSの敗戦で見限ったんだけど、まさかのローズS連対でジンクスを7年に伸ばした。汗。それぐらい、この時期の1勝級東京マイル特別戦には良い馬が出てきやすいので、今年の勝ち馬にも要注目。

チェック馬はアマノガワとラーナアズーラの2頭が出走予定だけど、狙っている条件ではないので様子見。ラーナは適性出して勝ち負けか大敗イメージ、アマノガワは切れ負けして中山に戻ってまた走るイメージ。
---

東京10R
◎コスモカナディアン
○ダノンフェイス
▲イーグルフェザー
△ディアデルレイ
△クインズサターン
△ベルウッドケルン
△アルタイル
△クラシックメタル

前走現級勝ち負け馬が2頭しかいなくて、その2頭もハンデ戦の好走で共に今回2キロ増での競馬。余勢でどこまでの昇級組を狙いたい組み合わせ。

能力全開じゃなかったとはいえアルーアキャロルに勝って昇級のコスモカナディアンが本命。前走の様に砂を被りながら追走して追い出しにも反応できる気性が武器。内枠巧者の資質高いはずで、4番枠を活かして勝ち負け期待。

3連複◎-○▲-○▲△△△△△。
---

京都10R
◎キンショーユキヒメ
○パーシーズベスト
▲アンドリエッテ
△パープルセイル
△ヤマニンバステト
×ルアンジュ
×ハツガツオ

キンショーユキヒメは2勝目の内容に奥がありそうで、オークスでも期待していた馬。前々走もスムーズさを欠いて3着で、改めて勝ち負け可能な力は持ってる評価。
京都4戦4着外の馬柱が敬遠されてるのかな、と思えるパーシーズベストとの人気差だけど、4敗の敗因に京都の不適性はまったく関係ない、はず。
前々走の3着より上を見込んで本命。

馬連◎-○▲△△、馬単◎→××。
---

京都11R
昨年のマイルCS2,3,4着馬が今年の安田記念で3,4,5着。

顔ぶれが変わっていないだけとも言えるけど、フィエロは京都専門色濃かったのが7歳にして安田記念の最高着順を更新、イスラボニータは出遅れたマイルCSに外を回って勝負した安田記念と着順を見直せる内容続き、サトノアラジンは重賞タイトルを積み上げた。秋緒戦で崩れたフィエロには少し怪しい雰囲気が出てしまったけど、意外と、この3頭の実績馬の牙城は高い。

展開面では、出遅れが無ければ他馬がハナを狙っていてもダッシュの差でミッキーアイル主導が濃厚。ミッキーがどれぐらい抑えが利いて、どこまで粘るかで内外の有利不利が顕著に出る可能性もある。

本命は◎イスラボニータ。昨年の出遅れは突発的なもの、8番枠+力抜けてる認識ない馬とコンビのルメールなら安田記念の様に外を回ることはない見立てで、過去マイルG1より良い結果が狙える期待。2歳からトップレベルで活躍していたので力の持続が少し不安点ではあるけど、G3を58キロで2着と前走で健在ぶりを示したので、昨年3着、安田記念5着当時の力を維持している評価。単は全てが噛み合わないと難しいと思うけど、複軸で信頼。

ついてきた馬を潰すほど力が抜けていない評価のミッキーアイルが最後まで粘る場合、ダッシュ良く前につけられる○ヤングマンパワーがチャンス。関屋記念勝ちでついた57キロの斤量を問題にせず富士Sを連勝して充実してる。掛かるんじゃないかなと少し心配してるんだけど、ミッキーを目標に近くで競馬しそうな馬では一番チャンスある評価。

この展開なら当然△ミッキーアイル自身の逃げ残りにも警戒だし、マイルで前付けしても脚が使えた△ディサイファ、近走は消極策ばかりの△クラレントも前へ行ってくれれば残り目ある実力馬。特にディサイファは、ミッキーが中盤までスローで流したらラスト浮上の目が大きいと思う。

逆にミッキーが崩れての浮上候補は▲サトノアラジン、×フィエロ、ロードクエスト。アラジンは前に出入りがあった前走の豪快な追い込みが決まったことで人気が加速したのが嫌なんだけど、春の時点で昨年4着以上が期待できる成長はしてる感じあったので差し勢では一番チャンスある評価。

◎イスラボニータ
○ヤングマンパワー
▲サトノアラジン
△ミッキーアイル
△ディサイファ
△クラレント
×フィエロ
×ロードクエスト
 
3連複◎○▲、◎○-△△△、◎▲-××、昨年2,3,4着馬の組み合わせ。計7点。

11/19 競馬予想【東スポ杯2歳S】


東京11R
◎スワーヴリチャード
○ブレスジャーニー
▲オーバースペック
△ジュンヴァリアス
×ムーヴザワールド
×エルディクラージュ

OP実績馬に、関西で勝ち上がった素質馬が挑む構図。スワーヴリチャードの即通用に期待して本命。勝利二の次で教育重視だったデビュー戦、強引に間に合わせて来た末脚は凄み抜群。前走は一転して、ある程度行く気に任せた追走から差し切り。前有利な流れにも乗って競馬出来る自在性示す好内容。センスのあるところを見せてくれたので、初の左回りにも対応可能、キャリア1戦の馬に対しては一日の長がある予想。

1800mでも力が発揮できるなら当然ブレスジャーニーも最有力候補。オーバースペックは追い込み脚質からまだ脱却できないと思うけど、今の東京なら不利にならないかも。未勝利の決め脚レベル秀逸なジュンヴァリアスも侮れない。
馬連◎-○▲△、馬単◎→×。

 


病院の待合室にあるテレビで占いが始まる。1位と12位は1月か7月。

7月生まれの人が心臓の検査結果待ってるのに、12位は縁起が悪いから勘弁してほしいんですが...と思ってみていたら、1位は7月。

「願い事を声に出すと叶うかも!」
うーん...(´-`).。oO(良い結果でありますように...って、声出せない場所なんだって... )

でも、占い当たってたから良かったよ。
先生方の書斎
カウンタ(since2006.2.08~)



livedoor プロフィール
メールはこちらから
記事検索
応援しています。
ケイバライフ
ブログの輪


ご来訪どもです
Categories
Archives
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
  • ライブドアブログ