打ち上げ花火

打ち上げては散ってゆく馬券たち・・どうどうめぐり

3/26 競馬予想【高松宮記念】


中京11R
暫定チャンプが休み明けぶっつけで、1人気にはなりそうだけど7人気まで支持は分散気味。レースの中心核になるのか微妙。また、昨年のように分かりやすくマークされるレベルの実績ある先行馬も不在で、この2点から展開が予想しづらい。このレースが強かったから買い!と思えるような馬も少なく、消去法で有力候補を絞った。

基本的に大本命のビッグアーサー、シュウジが沈んでレース中に大混戦になったスプリンターズS、阪急杯の着順はあまり信頼しておらず、この2レースで名を挙げた馬はまだ実績未満の評価。なのでレッドファルクスとソルヴェイグは、中京成績群抜、3歳で函館SS勝ちの伸びしろを踏まえれば消せないけど、下げ。

メモの時点で高評価だった阪神カップ。イスラボニータと一緒に上位入線の1,3着馬は、ここなら最有力候補に値する、と思ってたんだけど、考え直した結果、ソラを使ったように止まったイスラに追いついたような気がしてきたので、シュウジとフィエロもこの実績は見ないことにした。また、メラグラーナは準OP勝ち内容から上を目指せる片鱗は見せているものの、如何せん、現状は今回11人気のナックビーナスに完勝した状況。2人気なら順乗りに抵抗強い。


◎レッツゴードンキ
〇セイウンコウセイ
▲ソルヴェイグ
△レッドファルクス
△メラグラーナ
×シュウジ
×フィエロ


展開は読みづらいけど、好位からセイウンコウセイが先頭に立つシーンはある予想。昨秋からの充実ぶりが目覚ましく、重賞初挑戦のシルクロードSは、ハンデは55キロとはいえ、格上のような盤石な取り口で勝ちパターンに持ち込んだ。最終追切も文句なく、この2か月の更なる成長を見込むべき1頭。足りない実績を十分に補ってくる。雨の影響がどれだけ強くなるか分からないけど、土曜日終わった時点では典型的なローカル最終週馬場感はなく、平均ペースで進めば内有利。

レッツゴードンキはスプリンターズSで馬群をスムーズに捌けなかったのが布石になって、今回は多少追走に脚を使ってでも数列前で立ち回る作戦をとる予想。スロー追走の勝ち鞍が多いだけに適性がカギになるけど、脚質転換中に当たったハイペースの函館SSでも上位にきており、適性は大丈夫だと思う。充実してきた今ならもっと末脚が使えるはずだし、セイウンコウセイを射程圏に入れて進めやすいので流れが向く予想。 大チャンスとみて本命。

馬連◎-○、馬単◎○→▲、3連複◎○−▲△△××。 

3/25


中京10R
京都新聞杯or青葉賞の好走馬が毎年出続けるプチ出世レース。最後方にいても流れが向くことがある中京なのが何ともだけど、もう最後方から様子見しなくてもやれそうな手応えは前走の競馬であると思うので、追走に脚を使って勝負してほしい。
---

阪神11R
新馬戦から注目しているキセキ。今となっては、2着馬も勝ち上がれていないし相対的に強く見えただけなのかなとトーンダウンし始めているのだけれど・・、前目につけて粘り込む形で変わってくれないか。速そうな馬はいるし、スタートも上手くないので期待薄だけど、積極騎乗が嵌れば。この人は海外組でも積極的なイメージはあまりないけど。 
---

中山11R
ゴールドアクターが前をかわいがる展開になれば、厳しい流れでも善戦続きのミライヘノツバサの粘りがもっと増す。逆にゴールドが動いてきたり、動かされてきてラストがハイペースの持久力勝負になったら、距離短縮臨戦魅力のマイネルサージュ。

高松宮記念のメモ


レッツゴードンキ。前走京都牝馬S1着。外差し馬場が意識されたスローペース。なだめるのに苦しみながらも折り合って、末脚切れた。次走報は阪神牝馬Sだったと思うけど、急きょ?変更しての参戦。

デビューから成績こそ安定していたものの、レースを使う毎にテンションが上がり、チューリップ賞の途中から控える競馬を捨てて逃げの手に。これが奏功して桜花賞のタイトルを獲れたものの、禁断の果実の代償に以降は苦しんだ。大抵はこのまま引退に至るけど、スプリント路線での再教育に応えて進化。逃げて桜花賞圧勝のポテンシャルを、安定して発揮する下地を整い終わって再度のG1挑戦。最有力候補。勝ち鞍に限って言えばスローペース追走が勝ちパターン。高速馬場で前が残るような流れになったときに対応できるか適性がカギ。教育期間中でまさにそういう流れだった函館SSで3着。当時と相手関係もさほど変わらないし、大チャンスだと思う。


メラグラーナ。前走オーシャンS1着。スムーズに内を立ち回ってきれいに抜け出てきた2着馬を、直線での切れ味で封じる完勝。相手が強かった、時計が優秀だったとは評せないレースではあったけど、休み明けで前哨戦を完勝という、これ以上のない形で本番に駒を進めてきた1頭。

昨年のスプリンターズS前日に準OP勝ち。あまりに鮮やかな末脚に、1年後はG1の出走枠に入っていると鞍上に断言された馬。1年待たず、半年で有力候補としてG1初挑戦。直線勝負で重賞タイトルを獲っただけに、直線の長い条件に替わる今回は望むところか。適性の心配より、単純に力関係がカギ。ぶっつけ参戦と前哨戦着外の実績馬が多く、この馬柱の綺麗さは過剰人気に繋がりそうだけど果たして。


セイウンコウセイ。前走シルクロードS2着。前を行く人気馬を好位で見ながら直線で楽々と交わして粘り込んだ。最後は勝ち馬に差されたものの、重賞初挑戦とは思えない1人気のような盤石な競馬振り。

大逃げで2着に粘った昨春からの注目馬。辛勝の1000万勝ち→スムーズ先行の昇級戦失速の一連で、頭打ちかなと思ったんだけど、ここから再び上昇。重賞実績はハンデ55キロで粘り込んだ前走2着だけで見劣りするけど、ここ3走の上昇度が目覚ましく充実している。この2か月でさらに成長している可能性に警戒すべき1頭。


ソルヴェイグ。前走シルクロードS6着。逃げて粘り切れず。数字だけを見ていると、これで粘れないのか、、と早熟疑って評価下げになるけど、序盤からびっしりネロについて回られるプレッシャーは数字以上にストレスの掛かるレースだったと思う。これを敗因に、着順度外視で実績を見直す手も一考。函館SSで大外枠から前へ行って押し切った馬。常にどの組み合わせでもダッシュが速く、前での競馬が計算できる。流れ向けば一変まで警戒の穴候補。


シュウジ。前走阪急杯8着。直線で坂に差し掛かってバッタリ止まった。レース前の消耗が大きく、早々に息切れしたのが大きな敗因候補。力を出せていないので、着順度外視で実績を見直す。阪神カップで中位で折り合って差し脚伸ばし、落ち着いて走れるようになったと思った矢先にイレ込みからのガス欠。阪神カップでイスラボニータをさせる馬がこの中にいるかを考えれば最有力候補だけど、走るかアテにならない穴馬。今回も気性次第。


一級品の調教が実践に繋がり始めて充実度で食い込み狙うワンスインナムーンとヒルノデイバロー。順調度は疑問も実績上位のレッドファルクスとフィエロ。掴みどころの難しい組み合わせ。 

 


1回表
 1番、追い込まれてボテボテ内野安打
→2番、デッドボール、無死1,2塁
→3番、初球モリーナ牽制で挟殺、ランナーアウト、1死2塁
→仕切り直し3番ヒット、1死1,3塁、と思いきや、ベースから離れてはしゃいでたところ(日本戦でもめっちゃはしゃいでた人)にモリーナから送球されてアウト、2死3塁
→4番、バレンティンの特大ホームラン、オランダ2点先制  

1回裏
 3番、同点ツーラン


もうお腹いっぱい 

 


重賞級の牡馬と対戦して勝利したアドマイヤミヤビ
持ったままレースレコードで重賞制覇ファンディーナ
阪神1600m実績完璧で順調度高い2歳女王ソウルスターリング


やっぱリスグラシューは年末にG1タイトルを取れなかったのが痛すぎる...
アエロリットは何番人気かな。 

3/19 競馬予想【スプリングS】


中山11R
メモ

◎アウトライアーズ
〇ウインブライト
×サトノアレス

皐月賞に繋がるような競馬をしてほしい◎〇だけど、たぶん後ろから外を回って力を測る競馬をするだけだと思う。先行馬で手強そうな馬もいない気がするので、素直に外差しが決まる予想。サトノアレスはディープが得意な阪神1600mで評価を一気に上げた馬なので、そこから外れる初戦は実績ほど走れない予想で様子見、3連単で。

3連複8,10-1,5,6,7,11、3連単8,10→8,9,10→8,9,10。


 


マンハッタンカフェも、オルフェーヴルも、ゴールドシップも、4歳は連勝スタートを切れなかった。ハイペースでも前が残った若葉Sからしても、馬場読みと流れを完ぺきに把握するのはかなり難しそうで、勝ち切れるのか見もの。掛かるかもしれない感触がルメールもあるみたいだし、テンション高いのかも。待ったもの勝ちの流れになる可能性もあるけど、シュヴァルグランには是非とも先に仕掛けてほしい。 

スプリングSのメモ


ウインブライト。前走若竹賞1着。どう乗っても勝てる余裕が溢れ出ているレース振りだった。2番手の馬が粘り続けていて、絶望ではないにせよ楽にひと捲りできるような流れではなかったと思う。2勝馬同士でも上位で不思議ないぐらい力つけてる評価。後ろから外を回る競馬で結果を出し続けているので、一気の相手強化でこれが通用するのか、戦法を変えても対応できるかカギ。


アウトライアーズ。前走ひいらぎ賞1着。ダッシュつかず後方追走から、勝負所で大外をぶん回す荒い競馬で楽勝の差し切り。前があまり伸びなかったので勝ちっぷりは減点必要も、流れが向いただけじゃない末脚は使っている。流れが向けば2勝馬同士でも上位の力量馬。

相手に合わせた追走から別格の末脚を使った未勝利勝ちからの注目馬。百日草特別では掛かって伸びきれなかったものの上位に食い込み、争った相手は共に重賞勝ち。反応過敏な面を抑えて追走できるかカギ。休み明けはいい感じにガスが抜けて〇、使って本番でテンションアップパターンのような気が今はしてる。


関西からの刺客トリコロールブルー。前走フリージア賞1着。休み明けの反応を見せつつ、好位後ろ追走から外を捲られても怯まず折り合い、ゴール前脚色優勢で伸び続けた。

相手がどれだけ強かったのかはこれから判明していくけど、とりあえず素質馬が揃いやすい条件で安定期待できそうな競馬で伸びしろありそうな強い内容を示した馬。チャンスある1頭として注目。2000mの切れ味で勝った馬だけど、血統を見る限りではむしろ今回の方が適性のある条件になるかもしれない。デムーロ。


モンドキャンノ。前走朝日杯2着。函館2歳Sほどじゃないけど力み目立つ追走。臨戦的にも止まっちゃうコースかと思いきや、折り合いついていたようで伸びてきた。

函館1200mでも阪神1600mでも崩れず力出せる安定株。さらに200m延長も、距離敗因でばったり止まることはなさそう。2戦続けて出遅れているのでスタート改善カギ。阪神1600mで外々回って伸びてくるなら、ここで遅れて外を回されても伸びる気はするけど。短距離馬を作るイメージ強い厩舎だけど、この馬に関しては胴がまだ長い状態。


G1馬サトノアレス、共同通信杯2着馬エトルディーニュ、ダートで余裕綽綽の2勝目だったサンライズノヴァ、キャリア浅すぎるけど着差以上の内容で新馬戦勝ち上がりナイルストーリー。皐月賞上位3頭中、1頭はこのレースに出ているんじゃないかなと思って観戦予定。

金鯱賞の回顧


3/11
阪神10R
コスモカナディアン・・2着。勝ち馬に外から仕掛けて勝負を挑むも相手が上だった。相手も重賞確勝級だと思うので、突き放されず食らいついただけで立派。こちらも重賞級の底力確認できたし、相手替わりで立ち回り活かせばマーチSアンタレスSでチャンスある。
---

中山10R
シュペルミエール・・1着。前を相手に定めて早めに外から動き、最後までしっかり伸びきった。4か月半ぶりの出走で長く脚を使った。菊花賞は負けたけど中長距離適性高い。力ついて、再度OP重賞でどこまでやれるか楽しみ。
---

中京11R
スズカデヴィアス。逃げて京都記念2着のポテンシャルを安定して出せるようになってきた。ハンデ戦のような流れになって着順は参考外ぽい結果だけど、G2レベルなら相手なりに戦えるはず。引き続き注目。

ナスノセイカン。内枠とはいえあの位置を取れて終いも伸びるとは思わなかった。ハンデ戦のような流れになって着順は参考外ぽい結果だけど、着実に力つけてる。充実の最中として引き続き注目。新潟大賞典辺りで。

ステファノス。直線だけで間に合わせる計算が届かなかった感じ。休み明けで思ったように反応しなかった分かなと思える。ひと叩きで変わるとみて見直し。適距離大阪杯でもチャンスある1頭。

プロディガルサン。目の前の逃げ馬すら交わせないのは不満。力を出してないと思うけど、気性なのか適性なのか。次走改めて重賞勝利めど立てている馬として見直し。マイラーのような気がするんだけど。

ルージュバック。ルージュじゃなくても突けない狭さだったかもしれないけど、やはり内のスペースに入り込めなかった。伸び伸び走るのがベストで、外を回れば変わるとみて毎日王冠勝ち、天皇賞7着以上狙える評価を変えず見直し。

サトノアラジン。直線でスムーズに追い出せない位置に入り込んでしまった。瞬時に反応して切れるタイプでもないし大きな敗因だと思う。G2の安定株としてスムーズなら巻き返せるとみて見直し
---

3/12
阪神9R
ダノンアローダ。絶対に引き付けるイメージだったけど、勝負所からちゃんと流して瞬発力勝負にせず押し切った。改めてスタミナ豊富な逃げ馬。ハンデも生かせたし上でも即通用級かは何ともだけど、OPまで行ってほしい個性派。

阪神11R
ラーナアズーラ。直線ぐっちゃぐちゃ。極策じゃなくても脚が使えるめど立って、モタれる面が解消されれば前走よりさらに良くなる、上がり掛かるのも前進要素イメージで見直し。

中山11R
フロンテアクイーン・・8着。外枠なりにいいところに嵌ったと思ったんだけど伸びなかった。物足りない結果だけど、連続好走できないだけかもしれないのでまだ見限らず、OPでも通用期待できる力量馬として見直し。

3/12 競馬予想【フィリーズR、中山牝馬S】


阪神11R
1列目
15
2列目
10 12
3列目 
2 6 8 10 11 12 13 14 16 18 

叩き2戦目で上げてきた高実績安定馬レーヌミノルに先着できる馬が何頭いるかを見るレース。3頭以上はいなさそうで3連複の軸。

穴候補1頭目はラーナアズーラ。極策で力を出していたのを、前々走から馬群追走競馬を教えている段階。 徐々に慣れてきて今回はさらに前進する余地がある。前走は直線でモタれたので、そこで真っすぐ走れればもっと上狙える。地方騎手の剛腕で強引に矯正して伸びてくるシーンに期待。

もう1頭はシグルーン。アルテミスSは上位馬に完敗の3着も、超スローの好位抜け出しキャリア1戦でアピールバイオに競り勝った素質の高さを評価。巻き返す余地がある。前走はリスグラシューの進出にびびって止めたので参考外。リスのいない組み合わせで外目をスムーズに運んでどこまで来れるか楽しみ。初距離だけど、マイルより適性あるんじゃないかと思うのでそこも前進要素。
---

中山11R
◎フロンテアクイーン
〇マジックタイム
▲シャルール
△ビッシュ
△ヒルノマテーラ
△トーセンビクトリー
×パールコード

流れに乗って抜け出した2着馬を差した決め脚が素晴らしかった前走のフロンテアクイーン。気分次第の馬で安定しないのか、復調して力つけたのか、もう1戦様子見したいのが正直なところだけど、中山でも力出せる馬だし、両隣に人気馬がいるいい枠も当たって自身の人気も高くはないので、後者予想で本命。開幕週から外差しが決まるイメージが定着してきて、スローの決め脚勝負が増えてきた気がする中山重賞。東京で差し切り臨戦がむしろ直結するんじゃないかな。
 

 


森公美子 + 荒川良々 = 100歳

3/11 競馬予想【金鯱賞】


中京11R
◎ルミナスウォリアー
〇サトノノブレス
▲ヤマカツエース
△プロディガルサン
△ステファノス
△スズカデヴィアス
△ナスノセイカン


AJCC4着のルミナスウォリアー本命。前走はゼーヴィントに勝負を仕掛けて負けた形の4着。最後垂れさせられ力以上に負けているし、個人的に高く評価しているゼーヴィントに勝負を挑んで0秒5差なら踏みとどまった方。今回は4番枠からじっくり乗られる予想で、前走より伸びが変わってくるはず。反応も良い方のイメージ。内枠を活かした立ち回りを見込む。スローの混雑をスムーズに捌いて上位進出期待。

ロードヴァンドールがハナに立って前半62秒、中盤で突かれて早めにペースが上がり、スローで進むけど上り3つの競馬にはならないイメージ。有力候補だけど距離延長のプロディガルサンは今回は伸びあぐねるかもしれない。

金鯱賞のメモ


ルージュバック。前走ジャパンカップ9着。力負けの可能性もあるけど、ヴィクトリアマイル然り、どうもスムーズに立ち回ると結果が良くない。伸び伸び走ってねじ伏せる形の方が安定する傾向が続く。毎日王冠まではこの形で結果を出せているし、外目の枠が当たればチャンス。大阪杯を見据えるなら、うまく立ち回っての競馬も身につけたいところなんだけど。G2勝ちで増える斤量と、今のところ0勝の直線急坂コースでも力を出せるかカギ。


プロディガルサン。前走東京新聞杯2着。直線勝負に懸け、インベタで回ってきた馬よりも速い上がりを使って追い上げた。古馬に混じっても通用したし、位置取り不利を詰めた内容も良くタイトルも射程圏。追走中に力む課題がマイルで克服されたのかなとは思ったので、2000mでもスムーズに折り合えるか注目。マイルといっても超スローだったし、大丈夫かな。


スズカデヴィアス。前走白富士S1着。馬の間から伸びるのに躊躇している感じがしたけど、最後に反応して伸びてきた。年末の金鯱賞で出遅れたのを契機に追い込み競馬を2戦続けて、前走で馬群追走競馬で勝負して一発回答。逃げて京都記念2着のポテンシャルを安定して出せる下地が整ってきた。多くの重賞勝ち馬に混ざっても見劣りなし。


ナスノセイカン。前走AJCC6着。まず調教が怪しかったし、4着馬の進出に付き合う形で長く脚を使わされる厳しい展開でも最後まで反応見せた。昇級初戦で上々の内容。クラス慣れ、状態面、スムーズに運べての前進が見込める。さらに相手強化の1戦ぽい感じだけど、伸びしろ次第で。


サトノノブレス。ディープ産駒だけど、重賞勝ち時の上がりの通り、切れ味じゃなくしぶとい方のディープ。差しに回って伸びが目立たなかった年末の金鯱賞3着より、流れ次第で上を目指す余地がある。開幕週だし、飛ばしていく可能性のあったリアファルも回避。期待薄ではある。 

チューリップ賞、弥生賞の回顧


3/4

阪神6R
デュパルクカズマ・・4着。差して流れ向かない分には仕方ないと思うつもりだったんだけど・・。あのスタートで最後方に下げるとは。昇級初戦は様子見決め打ちだったのかな。勝負してほしかった。 力通用のめどは立つ内容だったと思う。次は攻めて前進見込んで見直し。小回りなら対応カギ。
---

阪神11R
ソウルスターリング。前走より下げても楽々切れ味発揮した。ペース速くて前も止まって2〜4着に比べ流れ悪いのに。盤石度アップ。超スローになったときに掛かりそうな感じはしたけど、桜花賞で超スロー予想もしづらいし、最有力かつ軸信頼で仕方ないと思うしかない今年初戦。クイーンCを見て気が変わり、つばき賞を見て気が変わり、チューリップ賞を見てやっぱり気が変わる。

リスグラシュー。スタートは改善。ほぼほぼスムーズだったので、力を出し切っているなら勝ち馬とは差が開いた形。使われた上積みで逆転するとも思えず、戦略でどうカバーするか。

ミリッサ。折り合い改善するも最後まで追い詰めることはできず。限りなく力負け。相手替わりでどこまで巻き返せるか注目。

レッドリボン。芝戻りでまたちょっと出遅れ。追われて反応よく伸びたけど続かなかった。力負けだと思う。格上挑戦の経験を経て、自己条件でどこに入れるか注目。
---

3/5

中山6R
アイアムキャツアイ・・5着。ハイペース予想が大外れ。スローの決め脚比べ。それでも位置取りは有利だったので結果オーライ期待するも切れずに甘くなった。改めてスピードに乗る感じが気持ちよい馬だなと思うので、同じ条件でもペースが速くなって変わるかに注目したいのと、芝でスピードが活きないか気になる。
---

中山11R
典さんのマイペースを好位でがっちり固めて守る関東騎手の図。

カデナ
。スローペースで進出後手に回りコースロスが大きかったけどねじ伏せた。力が上だった。皐月賞でも順当に有力候補。小回り重賞連勝しても、やっぱり東京の方が向いてると思う。皐月賞は追走忙しくなって差し届かずのような気がする。

ダンビュライト。好位追走からじわじわ伸びて3着。長距離輸送+初距離で超スローでも折り合った。課題克服かな。競馬のうまさで何とか3着死守という感じなので、かなり成長しないとこれ以上は。マイルは忙しい判断らしいけど、マイルの方が良いような、、。

グローブシアター。中位追走からじわじわ追い上げるも8着。多少物足りなさはあるけど、超スローで負けた分には力負け評価は保留。次走改めて前走3着から伸びしろあるのか見直し。 

3/5 競馬予想【中山6R】


中山6R
◎アイアムキャツアイ 
○ゴールドヴィグラス 

先行しそうな馬が新人騎手の乗る馬も含めて多数揃った組み合わせ。最後に止まって外から追い上げる馬にもチャンス十分な流れになる予想。 

アイアムキャツアイは先行馬がバテていない事をまったく感じさせないスピード感が目立った前走からの注目馬。スタート一息を挽回したロスも大きかったし、スムーズに走れればかなり伸びしろある。

ゴールドヴィグラスは2着馬が軽快に飛ばして追い上げるポイントがない流れを差し切った前走からの注目馬。こちらも流れ覆した着差以上の内容で、昇級即通用の余力はあると思う。◎-○ワイド1点。 
---

中山11R
メモ

カデナ、コマノインパルスが前走と同じような競馬で勝っても他頭数相手強化の次にはつながらないので、何か試してくるのか注目。グローブシアターが勝ったら自身の成長力も加味しつつ、相手替わりの前進ということでレイデオロの株がまた上がる。 ダンビュライトはどこかのタイミングで行きたがると思うけど、折り合えるようなら。この馬が勝つと、やっぱりブレスジャーニーの株が上がる。ダイワキャグニーは初中山相手強化のここでもセンスを示せば、本当に2年前のキタサンブラック的存在に浮上してくる。対応できるか注目。

先生方の書斎
カウンタ(since2006.2.08~)



livedoor プロフィール
メールはこちらから
記事検索
応援しています。
ケイバライフ
ブログの輪


ご来訪どもです
Categories
Archives
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
  • ライブドアブログ