福島11R ラジオNIKKEI杯予想

 

 

展開のポイント馬・ショウワモダン

 

スタートしてすぐにコーナーを迎える福島1800メートルほど、流れが落ち着きやすく荒れにくいコースも珍しい。ところがラジオNIKKEI杯だけは荒れる。ペースが乱れる。暴れたい盛り、若気の至り、若さゆえの過ち。そんな要素が相まって速いペースが起こりやすい。具体的に言えば3ハロン目が速い。1コーナーから2コーナーに差しかかる部分であり、先行馬がコーヒーブレイクするところ。茶の一杯も飲ませてもらえない先行馬が直線待たずに脱落していく、そんな光景をよく目にするラジオNIKKEI杯。

 

 

馬柱欄で逃げた戦績がある馬を拾うと、イクスキューズ、スクリーンヒーロー、ショウワモダン辺りで、この馬たちがペースの鍵になりそう。ポイントはこの中で1番外の枠を引いたショウワモダンが行くか行かないか。行けば前半で脚を使うことになって例年通りの傾向に嵌る、行かなければイクスキューズあたりが先手を奪って中盤を締め上げるか。

 

また、開催5日目に入り、騎手の方々が如実に内側を避けるようになっていて、実際内を通って上位に進出してきた馬も今のところ特に見当たらず、額面どおり外目の枠を引いた馬が少し有利。自然と馬場の内から4〜5頭分外を走ることが出来る枠はさらに有利になりそうだ。

 

“ショウワモダンが行く”前提で予想する。

 

 

 

◎ガルヴァニック

○バブルウイズアラン

▲ハイソサエティー

 

本命はガルヴァニック。この馬の前走、ゴール版の前で観戦していて、手元には◎ケイアイケイマン→○イセノオーの馬単。不良馬場で流れが落ち着き、上手く外に出した先行馬◎○できれいに決まるところを、大外からとんでもない伸びで目の前を駆け抜け、当たれば2万円相当の馬券を一瞬にして紙くずに変えやがったこの憎っくきガルヴァニック。ただ、悔しさというよりもう笑うしかない末脚。休み明けで走った反動があるかどうかはわからないけど、余裕の突き抜けっぷりは上のクラスでも通用を思わせる。札幌2歳S5着にしても道中から気合をつけられながらの追走で最後まで止まっておらず、上がりの掛かる展開でも浮上できるタイプ。スーパージーン、フォルテベリーニを動かす追える男・中舘に手の合う馬。好枠もゲットし、まさかの53キロ。連勝で初重賞制覇を決める。

 

バブルウイズアランバブルウイズアランも白百合Sは生観戦。腕を火傷するほど(お前が悪い)暑かった日の出走で、パドックでは前を歩くオースミダイドウにつられるように終始イライラしていた。レースでも出遅れてリズムに乗れなかった。追ってさっぱりだったのが距離なのか、距離2戦目で落ち着きが戻れば変わってくるのか、この人気で外枠なら後者に張ってみたい。馬体は見栄えのするいい馬体だった。

 

ラップからはハイソサエティーを推したい。前半に脚を使っても後半またもうひと伸びできるレース振りはここでは安定勢力。古馬から3勝目を上げたクランエンブレムと同斤は納得がいかないし、内枠を引いて外に出せるかどうか。本命にはできなかった。

 

ロックドゥカンブもう1頭の中京組み・ロックドゥカンブ。安藤さんを師匠と仰ぐ柴山騎手に乗り替わるいかにもな代打騎乗。前走は一旦置かれ気味になってから圧巻の差しきりだったけど、前が完全に止まっていたのも事実。今回も上がりは掛かってくるとはいえ、前半から脚を使う展開で先行できるか微妙で、溜め込んでの勝負になりそう。テン乗りが響きそうだ。

 

 

馬券はガルヴァ流し、◎○2頭軸などを検討中。