ルーラーシップ

 

馬名の意味:支配者の位、統治者の支配権

ベストレース:プリンシパルS

特記したい事項:内枠▲、MT

ベスト更新の期待:♂

近年のダービー好走馬イメージ:スペシャルウィーク

枠順発表前の買い評価:買わないと思う

その他:サン○ポ本紙が◎にしなかったら失笑

 

 

本命にする責任はあると思うよ

 

横を走っていた馬が落馬をしてひるんだという風にも見えなくはなかったけど(むしろ騎手が反応している気が?)、毎日杯はほとんど何の不利もなかったのに凡戦。直線が長ければどこまでも伸びていきそうな期待感をずっと持たせてきた馬なのでだいぶガッカリした。

 

プリンシパルSでまた期待を復活させる走りを見せた。4馬身差は相手関係が影響していそうだけど、タイムと内容は優秀。毎日杯と条件的にはさして変わり映えがなさそうなのに劇的に競馬振りが変わったのはなぜか。横山騎手はレース後に「跳びがムダに大きい」という面白い表現を使っていたが、その証言を中心に考えるとリズムの問題に落ち着きそう。

 

同じ内枠でも直線までじっと内に入っていた毎日杯と、3~4角から外に出て自分のペースで走ったプリンシパルS。この違いかもしれない。細かい部分まであてはめようとすると矛盾がでるけど、マニュアル車だと思えばいい。毎日杯だったら同馬主のリルダヴァルをAT車だと思ってみればスピードの乗り方の違いも分かりやすいのではないか。

 

リズムということでは前走はベスト。これ以上良くなりようがないので有力馬の逆転は厳しい。中団の外目を通れて差しに流れが向くようなら少し前進するかもしれない。スタートが出なくなりだしているのは少し気になる。