若葉S
ヴェロックス。前走若駒S1着。そこまでのペースが遅かったとはいえ仕掛けが早いように映ったけど、全く問題なく最後まで伸び続ける強い内容。超OP級。東スポ杯の4着が力負けではなく、ぶつけられてバランスを崩したか未完成で緩い部分に敗因があった可能性がだいぶ復活する快勝。2勝が共に外から動いてねじ伏せる形なので、今のところ小頭数の外枠がベストという事になる。フルゲート確実の皐月賞を意識した競馬をするのか、したとして対応できるか注目。今年は弥生賞を3頭の1勝馬で権利独占したため皐月賞の出走ボーダーが高い。もし2着以内に入れなかった場合、スプリングSと毎日杯の結果動向次第で除外。

フラワーC
レオンドーロ。前走未勝利戦1着。実績的に順当勝ちも、思い通りに乗れたのが嬉しかったそうで未勝利勝ちゴールとは思えないガッツポーズ。2勝馬が3頭ほど集う組み合わせで格上挑戦。かなりの伸びシロを求められる事になるけど、流れが向かないなかで後続が来てから反応してしぶとく食らいついた東京の3着でチェックした馬。勝ち上がりは辛勝でも、強い馬によって引き出されるものを秘めている可能性に期待して格上げ戦のタイミングを待っていた。重賞に格上挑戦とは思わなかったのでトーンダウンは少しするんだけど、舞台は絶好だし人気薄になりそうなので出走なら本命予定。