宮内庁 週刊新潮記事に抗議

宮内庁が週刊新潮12月14日号の陛下の意向についての記事について同誌編集部に抗議した。

cover


陛下が退位の際、一般参賀やパレードをして
「華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っていらっしゃる」などと報じた新潮の記事について、「そのようなことをなさるお考えはない」と断言。

パレードをしたい、ということを聞いたとき、即位ならいざ知らず、退位にパレード?と違和感を持った。
この記事の出処は事実なのか、実際美智子さんあたりが言って、即位パレードに対して非難ごうごうとなり、あわてて宮内庁に抗議させたのか、事実はわからない。


天皇陛下、退位儀式「簡素に」=週刊新潮に抗議―宮内庁

時事ドットコム 2017/12/14() 16:36配信

 

 宮内庁の山本信一郎長官は14日の定例会見で、天皇陛下が退位の儀式について「できるだけ簡素になさりたいとのお考えをお持ちだ」と述べた。
 退位の儀式に関する陛下の意向を、宮内庁が明らかにするのは初めて。これに反する内容の「週刊新潮」の今月14日号の記事は事実と異なるとして、同誌編集部に抗議した。
 山本長官は陛下が退位の際、一般参賀やパレードをして「華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っていらっしゃる」などと報じた新潮の記事について、「そのようなことをなさるお考えはない」と断言。退位の数カ月後に行われる「即位の礼」に外国賓客が招かれる可能性があるため、退位の儀式は外国賓客を招かず、皇居・宮殿内で粛々と静かに行いたいとの陛下の意向を、内閣官房にも伝えていると述べた。 


欧州の王室も天皇陛下の退位については出席の意向だと思うのだが、招待しないという。



天皇退位式「外国客招待なし」

一般参賀も陛下の意向


共同通信
2017/12/14 18:14


宮内庁の山本信一郎長官は14日の定例記者会見で、政府が検討している天皇陛下の退位の儀式について「陛下はできるだけ簡素になさりたいとのお考えを持っている」と明らかにした。外国賓客を招待せず、一般参賀やパレードを行う意向もないという。

 政府は、陛下が2019430日に退位する際、退位の儀式を行うことを検討。実施されれば、江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶりとなる。山本長官は会見で「内閣官房には、宮殿内で粛々と静かに行いたいとの陛下の気持ちを伝えている」と述べた。



宮内庁抗議文は下記

宮内庁

平成291214

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h29-1214.html


宮内庁は,「週刊新潮」1214日号33ページに掲載された記事について,週刊新潮編集部に下記の内容を伝え,抗議をしました。

「週刊新潮」1214日号33ページにおいて,ある官邸関係者の打ち明け話として,

「最近耳にしたのが,陛下が華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っていらっしゃるということ。具体的には,一般参賀のような形で国民に対してメッセージを発し,そのうえでパレードをしたいと考えておられるようです。その一方で官邸は,粛々と外国の賓客も招かずに静かにやりたいという考えがあって,そこで宮内庁とせめぎ合いをしていると聞いています」

と掲載されています。

平成の即位のときは,お代替わりと即位の礼の間に喪の一年間があり,即位の礼が執り行われるまでに110ヶ月の長い期間がありました。今次御譲位に当たっては,御譲位のある年の内,しかも数ヶ月の後という短い期間の後に,新天皇の即位の礼が執り行われます。

そのようなことから,陛下は,法案が通った非常に早い時期から,譲位の儀式の方はできるだけ簡素になさりたいとのお考えをお持ちであり,とりわけ,外国賓客の招待については,新天皇の即位の礼にお招きすることの可能性を考えられ,御譲位の儀式にお招きするお気持ちはお持ちでない,また,一般参賀については,最近のヨーロッパ王室におけるお代替わりの行事において,例外なく王宮のバルコニーで新旧の国王による国民に対する挨拶が行われていたが,陛下におかれては,そのようなことをなさるお考えのないことを度々,我々に留意するようご注意を頂いていたところであります。パレードについての言及はこれまでありませんでしたが,以上のようなことから,華やかなものをお考えとはとても考えられないことです。

宮内庁としては,このような陛下のお気持ちについては,早くより,十分に承知しており,内閣官房に対しても,御譲位の行事については,外国賓客を招いたりすることなく,宮殿内において粛々と静かに行われたい旨を伝えていたところであります。


冒頭引用した記事に掲載されている陛下のお気持ちやお考えは,事実に全く反するものであり,これを陛下のお気持ちであるかのように報ずることは,国民に大きな誤解を与えるもので,極めて遺憾です。

ここに,正しい事実関係を明らかにし,誤解を正すとともに,抗議いたします。

 

さて真相はいかに?


宮内庁職員組合文化祭美術展

 宮内庁で職員らによる文化祭が始まり、天皇皇后両陛下の歌や皇太子ご夫妻が撮影した写真などが展示された。
AS20171214001165_comm

宮内庁で14日開催された「宮内庁職員組合文化祭美術展」は、一般は非公開、天皇、皇后両陛下の歌や皇族方の作品が特別出品された。16日まで。

JNN 宮内庁文化祭、愛子さま・悠仁さまの作品も(0:49)
 



ANN 両陛下自筆の歌も展示 宮内庁で職員らによる文化祭 (0:55)
 

両陛下や皇族もご出品 宮内庁職員美術展 (0:42)

FNN News 2017/12/14() 13:44配信

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171214-00000293-fnn-soci

  宮内庁職員による美術展が始まり、天皇皇后両陛下は、2017年の歌会始で詠んだ和歌を書にして出品されたほか、皇族方の作品も展示されている。
   皇太子ご夫妻の長女・愛子さまは、静岡県にある須崎御用邸の海岸で拾った貝殻などを瓶に詰めた置物を出品された。
また、秋篠宮家の長男・悠仁さまは、昔の暮らしへの関心から、2016年に出品した日本家屋の模型に、ご家族や職員の協力のもと、建物の周りに畑や鶏小屋などを加え、細部までこだわった庭を制作された。

 

 

愛子さまが「ハーバリウム」出品 皇族方の作品展始まる

朝日新聞 2017/12/14()12:53配信

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20171214001145.html

AS20171214001666_commL

第60回宮内庁職員組合文化祭美術展に出品された愛子さまの作品「須崎の夏、元赤坂の秋」=14日午前、宮内庁、関田航撮影

 宮内庁で14日、「宮内庁職員組合文化祭美術展」(一般は非公開)が始まり、天皇、皇后両陛下の歌や皇族方の作品が特別出品された。16日まで。

20171214-00000022-jijp-000-2-view
【写真】第60回宮内庁職員組合文化祭美術展に出品された悠仁さまの作品「昔の暮らし」=14日午前、宮内庁、関田航撮影

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(16)は、須崎御用邸(静岡県下田市)の海岸で拾った貝殻と東宮御所の庭で摘んだ植物を瓶に詰め、透明のオイルを注いだ「ハーバリウム」を出品。「須崎の夏、元赤坂の秋」という題を付けた。

 秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さま(11)は、「昔の暮らし」と題した日本家屋のミニチュアを出品した。昨年の作品の続編で、家屋の周りに新たに水田や畑、鶏小屋、柿の木などを加え、細部にこだわった作品になった。秋篠宮ご夫
妻や長女眞子さま(26)、次女佳子さま(22)も協力し、制作したという。(緒方雄大)

写真は朝日新聞から:

写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版



  • 秋篠宮さま 京都市動物園ご訪問

    12月12日(火)〜13日(水)
    秋篠宮殿下 京都お成り(12〜13日)

    公益財団法人日本動物園水族館協会「第65回動物園技術者研究会」



    12月13日(水)
    紀子妃殿下 公益社団法人結核予防会複十字病院・結核研究所

    公益社団法人結核予防会複十字病院など 御訪問


    下記は京都市動物園を訪問された秋篠宮殿下。
    紀子様の結核予防会の報道はなし。


    秋篠宮さま「ゴリラのおうち」やゾウ視察 京都市動物園訪問

    京都新聞 2017/12/13()23:04配信

    151317582925251739180

    職員から動物園の取り組みなどの説明を受ける秋篠宮さま(京都市左京区・京都市動物園)

     秋篠宮さまは13日、京都市左京区の市動物園を視察された。ゾウの繁殖事業など動物園の取り組みについて説明を受けた。
     この日は、「ゾウの森」の前で、ラオス政府から寄贈を受けたアジアゾウの繁殖プロジェクトについて、市動物園の飼育員から説明を受けた。ほかに、ツシマヤマネコ繁殖施設や「ゴリラのおうち」といった施設を視察された。
     秋篠宮さまは、総裁を務める日本動物園水族館協会主催の「第65回動物園技術者研究会」に出席するため、京都を訪れた。

     

    秋篠宮さま 京都市動物園へ

    KBS京都 20171213 12:00


      京都市内で開かれている動物園技術者研究会ご臨席のため入洛中の秋篠宮さまはきょう、京都市動物園を視察されました。秋篠宮さまはきょう午前、左京区岡崎の京都市動物園に到着され、園内を見学されました。
      全国の動物園の飼育員などが集う動物園技術者研究会は、日本動物園水族館協会が飼育技術の向上などを目的に飼育や繁殖の研究成果の発表や意見交換を行っているもので、毎年開かれています。
       園内を巡られた秋篠宮さまは、ゾウの森で飼育員の米田弘樹さんから、おととし4頭のゾウを東南アジアのラオスから譲り受け京都市動物園が取り組む繁殖プロジェクトについて説明を受けられますと、時折頷かれながら熱心に聞かれていました。
      また、九州以外では初めて、今年繁殖に成功し、現在人工保育が行われている、国の天然記念物で絶滅危惧種のツシマヤマネコやゴリラなども見学されたということです。

     

    京都市動物園

    http://www5.city.kyoto.jp/zoo/


    動物園5030

    京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)は、京都府京都市左京区岡崎にある京都市立の動物園である。正式名称ではないが「岡崎動物園」と呼ばれることもある。周囲には平安神宮南禅寺ームシアター京都京都市美術館がある。繁殖に力を入れており、日本初の繁殖成功が多くある。

    _京都市動物園:東出入口



    スェーデン王室、2017年ノーベル賞受賞者招待者晩餐会

    先日はノーベル賞受賞者の式典と晩餐会を紹介した。
    これは12月11日に開かれたノーベル賞受賞者のための晩餐会。

    NewMyRoyalsに掲載された素晴らしいドレスとティアラをお楽しみください。

     

    ノーベル文学賞受賞者のイシグロカズオさんが真ん中に!

     

     

    Swedish Royals attended 2017Nobel Laureates Dinner

    On December 11, Monday, King Gustaf hosted a traditional dinner at Stockholm Royal Palace, held for 2017 Nobel Laureates. The guests were welcomed by Swedish Royal family members, that is, King Gustaf, Queen Silvia, Crown Princess Victoria, Prince Daniel, Prince Carl Philip, Princess Sofia, Princess Madeleine and Christopher O'Neill at Vita Havet Assembly Rooms. The dinner was held at Karl XI's Gallery.

     

    http://www.newmyroyals.com/2017/12/swedish-royals-attended-2017-nobel_11.html


    スェーデン王室、2017年ノーベル賞受賞者招待晩餐会に出席

     

    12月11日月曜日、グスタフ国王は2017年ノーベル賞受賞者をストックホルム宮殿で伝統的晩餐会に招待した。招待客はスェーデンロイヤルファミリー:  グスタフ国王、シルビア王妃、ヴィクトリア王太子、ダニエル王子、カール・フィリップ王子、ソフィア王女、マデレーン王女とクリストファー・オニールらに、ヴィータ・ハヴェットイ・アッセンブリ―ルームで歓迎された。晩餐会はカール11世 ギャラリーで開催された。

     

     

    Swedish-Royals (2)

    Swedish-royals-1 (3)

    Swedish-royals-2 (4)

    Swedish-royals-3 (3)

     
    Swedish-royals-4 (3)


    Swedish-royals-5 (3)

    Swedish-royals-6 (2)

    Swedish-royals-7

    Swedish-royals-8

    Princess-Madeleine-wore-ELIE-SAAB-Embellished-belted-silk-gown

     マデレーン王女のお召し物はエリーサーブブランドドレス。

     

    Elie Saab エリーサーブ ブランド

    レースと刺繍の美しい 『Elie Saabエリーサーブ)』のドレス

    ウェディングドレスが多い。

    https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&p=elie+saab+%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9&rs=1&spro=0

    Elie Saab 1





    elie saab 2




    エリー・サーブ (1964474日生)はレバノンのファッションデザイナー


    主なアトリエはレバノンであるが、ミラノパリにもアトリエを持っている。
    1980年代初期の彼の最初のアトリエは、高価な生地、レース 、詳細な刺繍、 パール 、結晶とシルクの糸を使用して、ブライダルクチュールに特化。
    1997年、サーブは、イタリアのカメラナツィオナーレデッラモーダのメンバーの最初の非イタリア人デザイナーとなった。 

    2016年にプロジェクト・ランウェイの中東の審査員として登場。
    20173月の時点で、彼のクチュールコレクションは、パリ、ロンドン、ベイルートの160軒の小売店や自身が経営するブティックで入手できる。




    日本の晩餐会もこのくらい華やかなドレスとティアラを身に付けた皇族方を見てみたい。

    サンフランシスコ市長、エドウィン・リー市長 急死

     
    今朝起きて驚いたニュース。

    サンフランシスコ市長、エドウィン・リー市長が12日、市内の病院で死去した。心臓発作という。
    これ、かの国の法則、Kの法則発動?

    94bc8332-s

    リー市長はサンフランシスコの慰安婦像寄贈を受け入れた人、
    大阪市の吉村洋文市長が姉妹都市関係を解消することを表明した。

    20170925-000110344

    慰安婦像の受け入れ署名したサンフランシスコ市長急死(3:21)
     


    【超速報】サンフランシスコ市長のエドウィン・リー市長急死(11:19)
     

    4:01〜 日本人の意見

    日本の八百万の神を怒らせたという書き込み、なら皇族にも発動するかも?

     

    米サンフランシスコ市長が急死=慰安婦像受け入れ署名

    時事ドットコム 2017/12/13-00:13)

     

    【シリコンバレー時事】米カリフォルニア州サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が12日、市内の病院で死去した。65歳。米メディアが報じた。リー氏は11月、中国系米国人の団体による旧日本軍の慰安婦像寄贈を受け入れる文書に署名。これに反発した大阪市の吉村洋文市長が姉妹都市関係を解消する方針を示していた。

     リー氏は、2011年にアジア系として初めてサンフランシスコ市長に就任。地元紙サンフランシスコ・クロニクル(電子版)によると、心臓発作に見舞われたという。 


    サンフランシスコ市長が急死 慰安婦像受け入れに署名

    ニューヨーク=宮地ゆう

    朝日新聞 201712122258

    米サンフランシスコ・クロニクル紙によると、サンフランシスコ市長のエドウィン・リーさん(65)が12日、心臓発作で死亡した。

     人権派の弁護士として活躍したのち、2011年、同市初のアジア系の市長に。市内のホームレス問題などに熱心に取り組んだ。

     今年11月、民間団体が市内に建てた慰安婦像の寄贈を受け入れる決議案に署名。これに対し、大阪市吉村洋文市長が、両市の姉妹都市関係を解消する方針を表明した。(ニューヨーク=宮地ゆう

     

    yjimage

    yjimage (2)


    AS20171212005403_comm





    関連記事:


    2017年11月27日

    大阪市長「サンフランシスコとの姉妹都市解消へ」

    http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5298616.html


    記事検索
    最新コメント
    タグクラウド
    livedoor プロフィール
    タグクラウド
    livedoor × FLO:Q
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ