remmikkiのブログ

2015年09月

昨日イギリス留学から帰国された眞子さまは、きょう午前両陛下にあいさつをするため皇居へ入られた。



dly1509300018-f1


天皇、皇后両陛下へ英国留学帰国のあいさつをするため、皇居に入られる秋篠宮家の長女眞子さま=30日午前、皇居・半蔵門



news2601654_6



JNN 眞子さま、両陛下に帰国の挨拶



映像はFNN(フジテレビ)もテレ朝もほぼ同じ映像(下記サイト)。

眞子さま、イギリス留学を終え天皇皇后両陛下に帰国のごあいさつ

フジテレビ系(FNN) 9月30日(水)15時26分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150930-00000451-fnn-soci


イギリスでの留学を終え 眞子さまが両陛下にご挨拶

テレビ朝日系(ANN) 9月30日(水)16時12分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150930-00000034-ann-soci



144359433569326353177

産経ニュース

2015/09/30

眞子さま、両陛下に帰国をご報告 英国留学終え


英国レスター大大学院での1年間の留学を終え、帰国した秋篠宮家の長女眞子さま(23)は30日、天皇、皇后両陛下にあいさつするため、皇居・御所を訪問された。


 昨年9月末から英国で博物館学を学んだ眞子さまは、29日に帰国した。留学中に英語で執筆した修士論文は大学院が審査中で、合格した場合は来年1月に行われる学位授与式への出席を検討している。


 宮内庁は、今後の眞子さまの活動について未定としているが、幅広い分野の公務に臨んでもらう方向で調整している。



1443586994683s
そしてご両親の秋篠宮両殿下はきょうは愛知県豊明市へ。
日の丸を持った市民の大歓迎を受けられている。



23-thumbnail2


1443586012

2015年9月30日 名古屋駅から出発される車中の秋篠宮同妃両殿下2画像

1443585742


2015年9月30日 全国都市緑化あいちフェアでの記念植樹等のため愛知県お成り、名古屋駅前を移動される秋篠宮同妃両殿下

(写真はドス子Wikiyより)







こちらは豊明市議会議員 富永秀一議員のブログから:


24-thumbnail2


秋篠宮殿下、妃殿下が、明日の全国都市緑化あいちフェアでの記念植樹等等のため、愛知県をご訪問中で、今日は、豊明花き地方卸売市場をご視察になりました。




1443602095992s

秋篠妃殿下は集まった人達の声に応え、会釈をして下さいました。

この全国都市緑化あいちフェアでは、豊明市でも、11月1日(日)に、勅使水辺公園でサテライト会場を開きます。


今日明日と愛知県での秋篠宮両殿下のご公務を拝見できるのは嬉しいこと。

残念ながら映像はまだ出てこない。映像出てきたら紹介する。

    mixiチェック

眞子様の留学について一般庶民が勉学費用に苦悩し、進学できない苦しみを持つのに皇族は税金で留学もでき、いい待遇というようなコメントを以前いただいた。皇族だからこそ品格と教養が求められ、税金で勉強していただくことは厭わない。でもこれは秋篠宮家だからこそそういう考えを持っているが、これが東宮一家だと反対の意見を持ってしまうのは日ごろの行いを見ているからか。

ところで皇族の留学費用を問題としたくないが、こちらは大いに問題とすべきであり、こんな工作員に援助するような留学生待遇は即座に廃止してほしいし、その分日本の学生を支援してもらいたいもの。

これは2011年に掲載した当ブログ。

2011年10月13日
「優遇される留学生」


優遇される留学生 1/2


優遇される留学生 2/3



なぜ日本人学生より留学生、それも中国人と韓国人留学生にこんなに税金がつぎ込まれているのか、驚愕の実態を下記サイトに寄せられたコメントを紹介する。

おまけに外国人観光客1万人を無料招待ですって。

「税金は、健全な日本人を育成するために使って欲しいです」という言葉に賛成だ。
民主党は日本のための政党ではない、と断言できる。


「日本よ何処へ」サイトに寄せられたコメントから。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52783254.html


【日本政府の教育奨学金の使い道】

日本人の海外留学支援予算25億円
外国人(9割が中国人と韓国人)の日本留学支援予算434億円


どれだけ国民の血税が中国人・韓国人留学生につぎ込まれているか?
おそらく、大多数の日本人は知らないのです。知れば呆然!

日本の大学に中国・韓国から留学する場合です。

1)生活費/お小遣い 月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/往復航空券支給 東京-北京 (片道111,100円×2)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144,000円)
7)医療費補助/実費の80%

上記 1) +2)+3)+5)=262万円!年に262万円ですよ。全て血税です。しかも支援・支給額です。返さなくていい。

貸与の奨学金すらもらえない日本人が多いのに。中国人韓国人留学生は当たり前の支給と思って感謝すらしてない。

1年に262万円です! 4年間で1051万円ですよ! 納税者の国民の血税を外国人の教育にばら撒く国は日本だけ!

経済的事情で大学や大学院への進学・欧米への留学を断念する日本人が多くいる中で、「留学受け入れ10万人計画」とやらで年予算434億円も外国人にばら撒く日本政府。

欧米とは違ってアルバイトまで許可して、不法滞在、犯罪し放題。

日本国民の税金から奨学金をもらっていながら、それを母国に送金するのも無制限に自由なのです。

マスコミが隠す日本人奴隷制度 ホロコースト
広めてください

Posted by コピペですが・・・ at 2011年10月13日 17:39
この民主党市議は、ブローカーでしょうかね。本来公人として、不法就労している事実を問題視しなければならない立場だと思うのですが。朝鮮韓国、中国の為に働く民主党!

Posted by 日本人の視点 at 2011年10月13日 18:21
>  中尾容疑者は石川島播磨重工業(現IHI)の労組横浜支部執行委員や連合神奈川青年委員会委員長などを経てIHIという防衛産業に絡んでいることをもっと重視すべきでしょう。

業務上で手に入れたか情報を支那に流しているかや、知り合いを支那の諜報網に引きこんでいないか、そちらを調査すべきじゃないんですか?本人が婚姻しようとしなかったのも黙秘しているのも、すごく怪しいですね。

Posted by こちらのほうが at 2011年10月13日 19:03
外国人1万人に無料航空券、観光庁11億円予算

何んでこんなバカなことをするのかと思ったら、なんと観光庁の顧問にソフトバンクの損・不正義や、フジテレビの卑枝がいた、しかも、観光庁長官は韓国の国歌を4節まで暗唱できるという悪い奴だ。 ひめのブログ

http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-472.html
Posted by シナ・朝鮮人に11億円の大失策 at 2011年10月13日 19:08

民主党=犯罪組織と言いたくなる。
無礼者だ。反省もせず自浄作用もないし、今まで自民党議員に求めてきたモラル・発言を忘れたのか?呆れます。

【日本政府の教育奨学金の使い道】
    ↑
この記事に関して。日本人大学生やその保護者は、声を大にして訴えてデモをすればよいと思います。日本人の権利です。税金は、健全な日本人を育成するために使って欲しいです。

ここから私のコメント。
まったく同意。なんで韓国・中国留学生のために税金を使うわけ?ここは日本だ。日本の政治はまったくお隣の国のためにやっているようなもの。こんなこと許されない!

    mixiチェック

次のテーマに行く前に、急いで趣味のアップさせてください。

SANY0056
9月も終わりになってようやく七夕飾りが出来上がった。

人形はできていたが、七夕飾りがまだだった。
小さい布の切り貼り作業だった。
SANY0062

SANY0058


SANY0064


隣りのIさんは吊るし雛が着々と完成している。

ぼんぼりと人形をつなげて吊るす作業は次回。

私はまだまだまったくできてない。





SANY0065



SANY0700

こういう人形を吊るして出来上がり。
人形はほぼ全部出来上がっている。
3年がかりの製作だ。



SANY0287


    mixiチェック


001

英国レスター大学に留学なさっていた眞子さまがきょう午後羽田空港着の民間機で帰国された。

宮内庁を通じ、「得ることの多い1年となりました。今後生かしていくことができればと考えております」と感想を述べられた。



20150929-192510-1-0002




ANN 眞子さま イギリス留学を終え帰国


 眞子さま 英留学を終え帰国へ



r
「良い環境での学びに感謝」 眞子さま、留学先の英国からご帰国

産経新聞 9月29日(火)18時59分配信


英国での1年間の留学生活を終えた秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは29日午後、羽田空港着の民間機で帰国された。ワンピースにジャケット姿の眞子さまは、報道陣から「お帰りなさい」と声をかけられ、笑顔で会釈して応えられた。

 眞子さまは昨年9月から英レスター大大学院の博物館学研究科で学び、修士論文を提出されている。この日、宮内庁を通じて公表した感想の文書では「これまで興味のありました分野について、非常に良い環境で学ぶことが出来ましたことに大変感謝しております」などとつづられた。



イギリス留学を終え帰国された秋篠宮家の長女眞子さま=29日午後、羽田空港(代表撮影)(写真:産経新聞)



眞子さまは、今後は再び皇族としての活動に励み、ことし12月には10日間余りの日程で、中米のホンジュラスとエルサルバドルを公式訪問される方向で調整が進められているとのこと、これからのご活躍が期待される。



眞子様一段と成長され、美しくなられて帰国された。今夜はご家族水入らずで夕食を囲んでいらっしゃるのでは。
これで最強のご家族がお揃い。



    mixiチェック

 
book

郵便不正事件で逮捕され、164日間も勾留された厚生労働省の村木厚子さんが無罪を勝ち取り、事務次官に抜擢されたことは同じ女性としてお気の毒に思ったり、次官就任には喜んだりしていた。

でも最近皇太子夫妻と一緒に施設を臨時休館させて集めた親子と一緒の映像を見て、あれ〜っ、と疑問が沸いた。この方パラオにも両陛下と同行したという。

そしてようやく次官解任ということになって、裏情報がたくさん出てきたではないか。


村木厚子厚労次官:退任を発表 後任は二川一男局長

毎日新聞 2015年09月25日 11時27分


 塩崎恭久厚生労働相は25日、村木厚子事務次官(59)が退任し、後任に二川一男医政局長(58)が昇格するなどの幹部人事を正式に発表した。発令は10月1日付。

村木氏は安倍晋三首相が掲げた女性活躍の象徴として、2013年7月に事務次官に就任。旧労働省出身の次官が2代続いており、3年ぶりに旧厚生省出身に戻る。


次官級の原勝則厚生労働審議官(60)も退任し、後任には岡崎淳一労働基準局長(58)を充てる。


 医政局長には神田裕二医薬食品局長(57)が就任する。香取照幸年金局長(58)は雇用均等・児童家庭局長に移り、後任には鈴木俊彦社会・援護局長(55)が就く。(共同)



muraki-main

村木 厚子(むらき あつこ、1955年 - )は、日本労働官僚旧姓西村(にしむら)。厚生労働省4人目の女性局長として、2008年に雇用均等・児童家
庭局長
を務めた後、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)、厚生労働省社会・援護局長を歴任し、2013年7月に厚生労働事務次官に就任した。

高知県出身。夫は労働省入省同期の村木太郎。2女の母でもある。


(中略)

2013年7月2日付で、金子順一の後任として厚生労働事務次官に就任した。女性が事務次官の地位につくのは、松原亘子労働事務次官(当時)以来、16年ぶり2人目である。

2014年6月18日、国会提出した法案等の文書ミスで、訓告処分を受ける。

2015年4月8日からの天皇皇后パラオ訪問に同行。


悲劇のヒロイン村木厚子・事務次官を喜んではいけない
(日刊ゲンダイ2013/6/15)

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-9066.html

実は危険なオンナ…


政府はきのう(14日)、厚労省の金子順一次官を退任させ、後任に村木厚子社会・援護局長を充てる人事を固めた。
女性の事務次官就任は、97年の松原亘子・旧労働事務次官以来2人目。

村木氏といえば、09年の郵便不正事件で大阪地検特捜部に逮捕、起訴されたものの、後に証拠品が改ざんされていたことが発覚。裁判で無罪が確定した。

新聞テレビは、村木次官誕生について「女性の登用」を掲げる安倍政権の象徴のように報じているが、だまされちゃダメだ。村木氏は、冤罪事件の被害者ということで、霞が関でも“アンタッチャブル”の存在だが、そこは“したたかな”高級官僚だ。これまでも財政難を錦の御旗に数々の「弱者イジメ」の政策に携わってきた猛女である。

「05年に成立した悪名高き『障害者自立支援法』はその代表例です。社会保障費を抑えるために導入された法律で、障害者に応益負担の原則を求める内容です。中心になって関わったのが、当時、社会・援護局障害保健福祉部企画課長だった村木氏。この法律の問題は、障害者に提供されるサービスを社会保障ではなく、保険と考えていること。つまり、サービスを利用するなら相応のカネを払え――ということです。しかし、生まれつきや不慮の事故、病気などで障害者になった人の多くは働くことができず、無収入です。『応益負担』などムリな話で、本来、そういう社会弱者に対する社会保障制度を充実させるのが国の役目。それなのに村木氏は正反対の法律を作ったのです」(障害者団体関係者)

◆裏にシタタカな政府の深謀

障害者自立支援法は08年から09年にかけて全国で違憲訴訟が続出。10年に原告と政府・与党の間で「和解」となったものの、結局、法律の「一部改正」でウヤムヤに。そのころ、村木氏は逮捕→無罪で「時の人」になったが、職場復帰すると社会・援護局長に就き、これまた「改悪」と批判噴出の「生活保護法改正」に走り回っている。

「今国会で審議された法案の中でも、改正生活保護法は侃(かん)々(かん)諤(がく)々(がく)となった。露骨な弱者切りだからです。ま、この法案は村木さんが作ったのではなく、たまたま国会審議中に局長になって、答弁の役回りになっただけのこと。とはいえ、“アンタッチャブル”な存在の村木氏を登用し、野党や国民からの反発をかわそうという下心は見えます。今回の事務次官起用人事も、今後の焦点となる社会保障費抑制の世論からの批判を避けたい狙いがあるのではないか」(野党国会議員)

いつまでも悲劇のヒロイン扱いしていると、国民は痛い目に遭うかもしれない。



129a8701
この村木事務次官今年6月に子供の日慰問の皇太子夫妻に同行していた。
これ秋篠宮殿下、常陸宮妃殿下、三笠宮家、高円宮家、宮家総出で香淳皇后山陵例祭の儀のため武蔵野東陵を参拝なさっている日だった。

臨時休館させて一般人締め出し、どこから集めたのかこの親子たち。

福島でも同じことをしていた。


マスゴミは大事な宮家によるご参拝は報道せず、この夫婦のトンガアリバイ公務を報道していた。
そしてそのすべてを取り仕切っていたのがこの事務次官だったのでは?と疑惑がわく。

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4891501.html

こちらも興味深い記事:

2015年9月27日 (日)
厚労省次官村木厚子姐さんやっとご解任

http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-7d0d.html


9134
 我慢に我慢を重ねてきた官邸が、漸く、厚子姐さんの馘切りを決断しました。

 女の涙だけでお仕事をなさっていらっしゃった厚子姐さん。

 冤罪の当たり屋疑惑もあったらしい厚子姐さん。

 郵政不正事件で、国に37億5千万円も損害金を与えた厚子姐さん。

 それでも当のご本人は、冤罪被害者のプロとして、国から3,770万円の賠償金を強請り取った厚子姐さん。

 事務次官在任中は、本業のお仕事は一切なさらず、ひたすら管轄外の取り調べの可視化に勤しんでおられた厚子姐さん。

 厚労省のウルトラ超大物厄介者だった厚子姐さん。

 一番ホッとしているのは、厚労省職員、取り分け、旧厚生省出身のキャリア官僚の皆様方ではないでしょうか。

 馘切り直前の厚子姐さん、年金機構の情報漏洩に関わり大々的に最後の懲罰を喰らってるんですが、就任当初から最後の最後まで、全てに渡ってご自身が全面的に矢面に立って責任を被ることは一度もございませんでした。

 実にお見事と申しましょうか、これぞ、お躰が完全に左に傾き切った口だけ人道主義者を装った典型的な嫌日官僚のお一人と言えましょう。

詳細は上記サイトへ。

最近の事件が下記。こういうことでついに次官解任となったのか。

 < 2015.09.18 時事通信
 
厚労相、給与を全額返納=年金局長ら14人処分−情報流出問題

塩崎恭久厚生労働相は18日、日本年金機構の個人情報流出問題の責任を取り、就任時から今月までの大臣給与(13カ月分)と賞与(2回分)の全額を自主返納するとともに、事務次官や年金局長ら14人を同日付で訓告などの処分としたと発表した。塩崎氏は記者会見で「年金制度に対する国民の信頼を損なうもので、深くおわびする」と改めて陳謝した。

 副大臣2人も塩崎氏と同様に返納するほか、政務官2人は今月までの給与全額を返納する。返納額は、塩崎氏の場合で約230万円となる。

 処分の内訳は、訓告が事務次官や官房長、年金局長ら9人。このうち官房長や年金局長ら4人は給与の一部を2カ月分、自主返納する。

 この他、年金機構へのサイバー攻撃に関し、省内での必要な連絡を怠ったとして、担当の年金局課長や係長ら5人を戒告などとした。(2015/09/18-19:05)2015/09/18-19:05



村木さん、女の涙だけでお仕事をなさっていらっしゃった厚子姐さん、国から3770万円強請りとった冤罪被害者のプロ、事務次官在任中は、本業のお仕事は一切なさらず、ひたすら管轄外の取り調べの可視化に勤しんでおられた厚子姐さん、と書かれている。

やっぱりあまり有能ではなかったのか?
疑惑だらけだ。

    mixiチェック

このページのトップヘ