この人の衣装ストーカーぶりをあらためて見てみるとすごいなあ、よく恥ずかしくないなあ、誰の指示で?デザイナーは誰だった?いろいろと疑問が湧いてくる。

写真は皇室掲示板・ドスこの事件簿から。(クリックすると写真が拡大)

衣装かぶり 1
皇室では衣装が他の妃とかぶらないよう身分の高い方から決めて行く決まりがあるという。よって身分の下の者は当日の全妃の衣装リストがある。ということは、高●宮妃が雅子さんへ衣装情報を流した協力者?

女性の衣装が被ることは非礼とされている。被った場合、格下の者が非礼とされるそうだ。民間だって、同じ服やバッグが同じだと気恥かしい思いをする。

それにしてもすごい嫌がらせだ。自分の方が身分は高いわけだから、衣装かぶりがあった場合、下の妃が非礼ということになると知っての嫌がらせ?紀子妃や信子妃がもっとも被害を受けている。

大胆なことに、ヨーロッパのお妃の衣装までかぶって出てきていることだ。特にダイアナ妃が着ていた服はすべて同じようにデザイナーに作らせている。

アメリカでは、衣装がかぶらないように下記の新しいウェブサイトに助けを求めることができるそうだ。

オバマ氏の大統領就任式、ドレスを確認するサイト登場 (ロイター)
 [ニューヨーク 6日 ロイター] オバマ氏の大統領就任式後のパーティーで誰かと同じドレスを着るかもしれないと心配している社交界の女性や著名人、女性政治家たちは、新しいウェブサイトに助けを求めることができる。

 アンドリュー・ジョーンズ氏は先月、ウェブサイトdressregistry.comを立ち上げた。同サイト上で、女性たちは、バラク・オバマ氏の大統領就任式に関連して開催される数十の夕食会やパーティーの席でどんなドレスを着る予定かを登録できる。

 銀行業務の経験があるジョーンズ氏は、数年前にファッションへの関心が高い妻からこのサイトのアイデアを得た。

 同サイトのコンセプトは、パーティーで着用するドレスをあらかじめ登録しておけば、女性たちが同じようなドレスを着て気まずい思いをしなくて済むというもの。

 「この世の終わりではないが、自分と同じドレスを着ている人がいるのは良い気持ちではない」とジョーンズ氏は語った。

 大統領就任式の後は、ほかのイベントに対象を広げる予定で、アカデミー賞授賞式が次のイベントになるかもしれないという。
[ 2009年1月7日15時50分 ]


このように女性の衣装については細心の気遣いがあるのは当然だ。それを衣装当たりやシリーズというほどいくつもの衣装かぶりを平気でやれる雅子さん。これは異常だ。

ではいくつかの画像をどうぞ。まずはダイアナ妃のマネ:

ダイアナ后 ストライプスーツ

白地にストライプはそっくり。びっくり!

ベルベット

清子さんの結婚披露宴でただひとり洋装で現れた雅子さん、これもダイアナ妃のマネだった。





ダイアナ妃 チェック
そしてこのチェックのジャケット。どれもまったく同じものを作らせていた。


ダイアナ妃紺スーツ

ダイアナ妃パクリ


後からダイアナ妃の当日の服とそっくりの服を作らせていた。


ブラウスグリーン



白いえり






紺のワンピース、真っ白いえり、ダブルボタンがよく似ている。

ダイアナ妃 白いドレス


妹の結婚式でもダイアナ妃と同じ白いロングドレス。



マンデラ大統領晩さん会でまったく同じドレスでパクられた紀子妃殿下。紀子さま、泣きそうな顔をしてらっしゃる。お気の毒。
マンデラ大統領晩餐会

日本赤十字大会式典でも紀子妃と同じシャンパンゴールドの服。

紀子妃 ゴールド


紀子妃 黄色


衣装かぶり 2







紀子妃 白いスーツ

紀子さま、こんなにたくさんの嫌がらせを受けてきた。



信子妃と同じ

そして信子妃も何度か同じ衣装かぶり。


ベルギーパオら妃



そしてベルギーパオラ妃をお出迎えにも同じ色の衣装かぶり。パオラ妃びっくりなさったことだろう。






雅子さん正気の沙汰?