2015年06月23日

香淳皇后の日本画

香淳皇后さまがお描きになった絵をコメントから紹介いただいたので収集してみた。


f2a82b5c

コメントより:
「いつもいつも、西洋文化称賛私的公務も日本の皇后として如何なものか。

香淳皇后がなさっていた、書道、組みひも、華道、日本画、など、日本の伝統文化の継承はどれも拒否されていらっしゃる様にお見受けします。」

と書かれているが、美智子さまは音楽もご鑑賞も西洋文化が多いように見受けられる。

香淳皇后さまの日本の伝統文化、特に書、日本画、詩集、謡(観世流)、薔薇の栽培もなさったそうで、ピアノもなさる。

大変な多趣味でいらっしゃり、どれもプロ級の腕前。特に日本画は素晴らしい。

いくつか紹介する。


4c122c78


170ebd2c


32bc1fec







b0c31e01
20080420_488171


878




2kg_7233

こちらは日本画を習われていた香淳皇后の絵箱。

引き出しの中には日本画用の鉱物系絵の具を砕く道具や筆、お皿などが入っている。

f0152733_18193298


dd7323fe



第43回
香淳皇后の御絵と画伯たち
平成19年3月27日〜6月17日

香淳皇后は,日本画家の高取稚成(1867〜1935),川合玉堂(1873〜1957),前田青邨(1885〜1977)に日本画の指導を受けられ,多くの絵画作品を遺されました。

高取画伯には,皇室に入られる前,久邇宮家にいらした折から指導を受けられ,特に大和絵の基礎的な技法を習得されたようです。

川合画伯からは昭和10年代末頃から指導を受けられ,自然の描写について多くのことを学ばれたようです。さらに昭和34年からご指導に当たった前田画伯の率直な意見に基づいて,絵のバリエーションを広げていかれました。

こうした香淳皇后の御絵について,多くの人が,気品の高さ,大らかさが自然と滲(にじ)み出ていると語っています。また,御自身が絵を創り上げることをとても楽しんでいらしたことは,様々な作品の中に感じられる温かさ,愛らしさからも看取できます。


img_0

香淳皇后(こうじゅんこうごう、1903年明治36年)3月6日 - 2000年平成12年)6月16日)は、昭和天皇皇后。名は良子(ながこ)、久邇宮家出身で、皇后となる以前の身位は女王

家系:

久邇宮邦彦王の第一女子。母は12代薩摩藩公爵島津忠義の七女俔子(ちかこ)。祖父の朝彦親王は男子9人を儲けており、東久邇宮稔彦王は叔父の一人である。また、五女・島津貴子の夫島津久永は母方の従弟に当たる。

  • 特に日本画は玄人はだしで、結婚以前には高取稚成から大和絵を学び、その後、川合玉堂前田青邨に師事、1956年(昭和31年)以降はよく宮内庁職員美術展に出品した。

    号を「桃苑」といい、
    皇居東御苑にある桃華楽堂はこの号に由来する。画集は『桃苑画集』(37点を収む、1967年(昭和42年)、便利堂)、『錦芳集』(54点を収む、1969年(昭和44年)、朝日新聞社)がある。
     
  • バラは皇后自ら鋏を取り、枝の剪定などを行っていた。皇居の庭は天皇の意向により、武蔵野の面影を残し、自然の生育に任せて、雑草の類もむやみに除くことを禁じたが、唯一の例外は皇后のバラ園で、ここだけは天皇も口を挟むことはなかった。
  • 1971年(昭和46年)秋に、郵政省発行の「天皇皇后陛下御訪欧記念切手」で、所縁の図案として、皇后画「海の彼方」が用いられた。


皇居の庭は天皇の意向により、武蔵野の面影を残し、自然の生育に任せて、雑草の類もむやみに除くことを禁じた」、その皇居の庭をつぶし、56億円の御所を建てられたのが今上天皇と美智子さま。

141104537371348611177_miokuri

 昭和の皇后様のお葬式(斂葬の儀)でお見送りをする秋篠宮家の小さな姫様たち。

雅子さんは「夏バテのようなもの」で葬儀には列席せず。

今年の年回忌、6月16日も出席せず、臨時休館させた「ゆったりーの」でどこから集めたのか親子を呼んでアリバイヤッツケ慰問をしていた。


小さな眞子様、佳子様がきちんとお見送りのお辞儀をなさっているのはご立派。

愛子さんには真似できない。




mixiチェック
remmikki at 21:01│Comments(17)TrackBack(0)皇室 

トラックバックURL

この記事へのコメント

17. Posted by 薔薇   2015年06月26日 19:57
remmikki様
保守の怒り 専用資料庫を全部読みました。驚愕のことが色々ありました。以下はその1つです。
江戸時代、士農、までは屋根のある門を作ることを許されたとか。正田家が洋館で門がないのは、商人だったから。だそうです。祖先は群馬の部落出身と書かれています。
秋家を見て子さんが冷遇するのは、紀子妃実家が武家だったことに加えて、紀子妃が語学、心理学、絵、音楽、刺繍、あらゆることで見て子さんを上回る人格だから、劣等感の裏返し?なのでしょうか。
それにしても、陛下が見て子さんに押し切られて何もできなかったとこの資料庫に書かれていて、がっくりです。
サーヤが毎週里帰りをされるのは、陛下のお世話をするためなのかも。


2013/01/25(金) 16:10:43.83 ID:RU1jzoes
164 名前:朝まで名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/10(月) 22:39:11.04 ID:/Vioa5Rp
>>107
ハープはもともと皇室にあったもの。GHQが倉庫に入って調べた。

美智子妃(当時)が宮内庁に
「ピアノは音が煩いから弾いてはいけない」と言われて逆上し、
(香淳皇后陛下はお蔵の中でピアノを弾かれたのだが)
アメリカ側に訴えた際に、
「倉庫にハープがあるからそれを出して貰いなさい」
とアドヴァイスを受けた。

「アメリカ人は本当に親切で」
「探させたら本当あったんですよ。本当に何でも知っているんですよ」
と感激の面持ちだった。

そんなことまでいちいちアメリカに告げ口していたのか、と思ったものだ。
邦楽の方はさっぱりだったらしいから、ピアノが拠り所だったのだろうが。

ソースは皇后陛下御本人。
16. Posted by remmikki   2015年06月25日 20:25
薔薇さん、

「雅子様大好き」ブログは私もよく拝見してます。
過去の写真が盛りだくさんで、かなりいろいろと気づかされますね。

常陸宮さまのお祝いや悠仁さまのお祝いも延期させてましたね。
ご自分のお祝いはしっかりと。

今週金曜日に楽部職員による「皇后陛下傘寿奉祝洋楽演奏会」を桃華楽堂でご鑑賞ですって。え〜、まだ傘寿のお祝いやるの〜?何年やるわけ?
15. Posted by 薔薇   2015年06月25日 14:33
remmikki様

雅子様大好きの写真で、私もようやく美智子夫人がありえないほどおかしいことに深く同意できるようになりました。
以下の保守の怒り にも、ありえない話が載っていました。
見て子さん、常陸宮のお祝いや悠仁親王の着袴の儀も延期させて、ご自分のお祝い事をとりやめたことはないみたいですね。ダブルM妃があまりに似ていることが理解できて愕然です。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1358597761/
14. Posted by remmikki   2015年06月24日 21:59
主婦さん、

韓国に振り回される記事ばかり読んでいると心がすさんできます。
香淳皇后さまの絵は安らぎを与えてくださいますね。

生物への慈しみですね。昭和天皇も雑草にいたるまで大切になさいました。

西洋ブランドもの大好きの雅子さん、美智子さんも洋ものがお好きのようで。

まりりんさん、

体操を習ってらした香淳皇后さま。陛下のお古のワイシャツを着てらした?

ナルちゃん、香淳皇后からたびたび注意を?
美智子さん、そりゃ、面白くなかったかも。

小学校低学年時代、当時の東宮侍医であった緒方安雄氏のポケットに勝手に手を突っ込んで飴を奪い取る、ほとんどサル並みの振る舞いをしていた事件や、

当時の皇太子ご 一家が軽井沢静養で作家・川端康成氏の山荘を訪問、その際5歳半過ぎの浩宮は挨拶 もなしにビスケットを6つ7つ立て続け ・・・」ということを書いています。

まわりはそういう場面をたくさん見てきたのでしょうね。
13. Posted by まりりん   2015年06月24日 20:11
香淳皇后は昭和天皇に寄り添われて、いつも穏やかに微笑んでいらした。

昭和天皇とちょこっと手を繋いでいらっしゃる写真はお可愛らしくて和みます。

竹腰美代子(字、合ってたかしら)さんから体操を習ってらして、その時は陛下のお古のワイシャツをお召しだったとか・・

そうそう、ナルちゃんは度々、香淳皇后から、御振る舞いをご注意されたんですよね。

美智子さん、面白くなかったでしょうね。
12. Posted by 主婦   2015年06月24日 17:42
絵から優しさが伝わりますね。

記事、画像をありがとうございました。

私は、数ヶ月前まで、
意地悪バアさんと思っていましたが、

画像から、植物、生物への慈しみが、伝わってまいりました。


ハープねぇ、、、
はい、はい、わかりました(笑)
西洋かぶれの、お二人のM子様、

二人目は、とんでもない「劣化版」でしたが、、、
11. Posted by remmikki   2015年06月24日 09:41
あららさん、

初コメントにようこそ!
ご愛読ありがとうございます。

数年前に奥多摩の玉堂記念館で香淳皇后さまの日本画をご覧になったのですか。よかったですね、今度展示されることあれば、ぜひ行って見たいものです。

上品で味わい深い、素晴らしい作品ですね。

皇室の方々には日本文化と伝統を大事にしていただきたいものです。
美智子さんはご自分が着る豪華なシルクには関心が高いようで養蚕には熱心ですね。

もんもさん、

初コメントにようこそ。
ご愛読ありがとうございます。

私も長い間、信じてきましたよ。

香淳皇后さまの女官を外された話は聞いたことあります。
あれから認知症が進んでしまった、と。

いじめたのはどちら?

「雅子様大好き」ブログは私も拝見しています。
いろいろなメッキがはがれてきてますね。
10. Posted by remmikki   2015年06月24日 09:35
フルーツBAさん、

はい、おっしゃる通りですが、現交代子を飛ばすことは難しいでしょうが、なんらかのことで天皇にならなければ、秋篠宮殿下が皇統を継ぎ、紀子さまが国母になれば、と願います。そして自然に悠仁さまが継がれる、と。

あさきさん、

香淳皇后さまは日本の伝統を引き継ぎ、芸術家としても素晴らしい才能をお持ちでしたね。

美智子さんへのいじめというよりも平民から上がった皇太子妃に対するお妃教育だったのではないか、と。それをいじめ、と。

いろいろ知ることになり、30年もかかりました。
美智子さんは和風のものにはあまり関心がないようで。
洋ものばかりのよう、つまり西洋かぶれか。

クリスチャンの外交官と結婚なさればよかったのかも。
やはり元華族など、皇室にゆかりのあるところから選ばれていれば平成のグダグダにはならかったのかなあ、と。

厄除さん、

素晴らしい日本画ですね、見惚れてしまいます。
大切に引き継いでいってほしいものですが、さて誰が?
紀子さまの鶏の絵も日本画的です。

色はにほへとさん、

香淳皇后さまはにこやかな品位を感じさせられますね。
美智子さんはどうも表面的に飾るばかりですね。

ダイアナ妃の結婚式に美智子さんの装い、びっくりしました。
白い服にベールまでかぶって、花嫁とかぶるではないですか。
これでは雅子さんを非難できませんね。

やはり今までのいじめ問題は自作自演でしたか。
9. Posted by もんも   2015年06月24日 05:47
初めてコメントをさせていただきます。
毎日、更新されていないかなぁと楽しみにしている読者の一人です。

香淳皇后さまが美智子さまをいじめていたという噂、私もついこの間まで信じ込まされていました。
でも、いろいろなブログでのお写真での表情やしぐさなどから”いじめは嘘”という事に気づくことができました。
本当に優しい穏やかな表情でこちらの気持ちまで優しくなる気がします。
あるブログで香淳皇后さまが昭和天皇崩御後に心から信頼をしていた女官の方との電話で話すことも邪魔をされてできなくなりボケもすすんだと書かれていました。
それが事実なら、
それをもし今の皇后さまがなさったのだとしたら、おそろしいことだと思いました。
一説には秋篠宮家に10年もの間産児制限をしたとも言われています。

事実だとは思いたくありませんが、
写真やいろいろなものから事実では?と思い始めています。

日本がこれ以上壊されませんように。
秋篠宮家への移譲を一日も早くお願いしたいです。

おすすめのブログです。
雅子さま大好き w
http://masakosamalove.blog.fc2.com/
8. Posted by あらら   2015年06月24日 02:35
初めまして。
つい最近秋篠宮ご一家のお忍び旅行の記事でこちらを知り、引き続き拝見するようになっています。
素敵なブログをいつも有難うございます。
香淳皇后様の絵は素敵ですね。
私は日本人画家の中では川合玉堂が好きな画家ベスト3に入っていて、数年前に奥多摩の玉堂記念館を見に行ってき。
静かな渓谷の近くの素晴らしい環境の家で、特に日本間のアトリエが素敵でした。
その記念館で、数々の玉堂の作品と一緒に、玉堂の生徒だった香淳皇后の描いた日本画も数点展示されていて驚きました。素晴らしかったです。
玉堂の作品と一緒に、皇后様の上品な味わいに満ちた絵も見られて、あ〜来て良かった♪と思いました。
また機会があったらぜひ行きたいです。
香淳皇后の絵を見てこんな素敵な絵を描かれるということに、日本国民としてとても嬉しく誇らしい気持ちになりました。
紀子様の日本画、秋篠宮様の書道、どちらも拝見できたらきっと同じ気持ちになることと思います。
日本文化に優れた皇族は、国民にこんな力を与えてくれるのですね。

美智子夫人は全くその気はないし才能自体も無いようですね。ふっ。
7. Posted by 色はにほへと   2015年06月23日 23:03
香淳皇后さんは、にこやかな国母と
言うお顔の印象です。
ミチコさんは、その様な印象を受けません。
表面ばかり飾って、内面が空っぽの
感じがします。
YouTubeでダイアナ妃の結婚式に参列したミチコさんの服装を見てビックリ
小さめのバラを形どった帽子の後に
ベールを付けていました。
洋服も白系、お隣の女性が批判ぽい目で見ていました。内面、、自分が目立てばいい、、なのでしょうね。
香淳皇后さんがイジメて悲劇のコータイシヒを自作自演。 フゥ
6. Posted by 厄除   2015年06月23日 22:46
うわっ!
香淳皇后素敵。人間味がありますね。

絵が好きなので、こんな特技があった
おばあ様(好意をもって)だとは知らなかった。
描いたものに、得手不得手があるのがわかります。

上手く描こうというより
描こうと思ったものを素直に書かれていて。

日本画、難しいと思っていたのですが…
素直な気持ちを大切にしていたら
見る人に伝わるんだと思いました。
5. Posted by あさき   2015年06月23日 22:36
remmikki様、

香淳皇后様の、素晴らしい作品のご紹介をありがとうございます。
皇后さまとして、芸術家としても、本当にプロでいらしたのが伝わってきます。
組み紐を作っていらっしゃるお姿を、子供の頃、ニュースで拝見したのを覚えています。
美智子夫人へのイジメの噂など、信じられないような、お優しい表情でした。

「この、おばばさまが、イジメなんて、そんなひどいことをするの?」と、変な感じでした。

イジメの噂自体が、ウソと言うか、言いがかりだったのだと気づくまでには、たっぷり30年かかりました。

ご趣味も日本の伝統を重んじられ、しかも、プロ級な香淳皇后に比べて、美智子夫人は、和風のもののに関しては、和歌以外は、何とも素人臭いというか、自己満足というか、底が浅く、深みがない。
日本文化の継承者を気取ってみても、パフォーマンスでしかないのが見えて来ます。
「アタクシの評価」を上げるための、やってますアピールだから、大成していないし、円熟味も迫力もない。
紀子さまに伝承しないのではなくて、我流だから伝承できないのではないかと、ふと、思い当たりました。

西洋かぶれなものがお好きなようで、ピアノとテニスは時々話題になりますが、「?」な感じがします。

この方がなさると、何だか、少女趣味というか、夢見る夢子さんに見えてしまうのは何故でしょうか?

やはり、お輿入れする先を間違えたということでしょうか。
西洋の貴族か大使とご結婚なさったら、クリスチャン同士ですし、ヒエラルキーを登り詰めることに生き甲斐を見いだして、旦那さんと二人の世界でよかったんじゃないか。

と、余計なことを思わず書いてしまい、失礼いたしました。
4. Posted by フルーツBA   2015年06月23日 22:01
 ちまたの噂のように
現交代氏が天皇にならず
秋篠宮様は摂政宮で
次の天皇が悠仁さま
 ならば
次の国母は紀子さまですね
 (*^▽^*)
3. Posted by remmikki   2015年06月23日 21:40
諒さん、

香淳皇后さまはかなり悪く報道されてましたね。
嫁をいびる姑のように。
私たちも完全に踊らされてましたが、ここにきて化けの皮がはがれてきました。無念だったことでしょう。

♪さん、

紀子さまの鶏の絵は以前紹介しましたよ。
今回は香淳皇后さまのお話ですから。

秋篠宮家関連のテーマでまた紹介させていただきます。
紀子さまも素晴らしい日本画をお描きになりますね。

美智子さんは西洋かぶればかりのようで。

書は秋篠宮殿下、日本画は紀子さまが受け継がれているようで喜ばしいことです。
2. Posted by ♪   2015年06月23日 21:24
remmikkiさん こんばんは。
どうして紀子妃殿下の鶏の絵画を紹介されないんですか(苦笑。

美智子の西洋楽器も、いい加減に飽きました。
もう美智子さんが何やっても、どうでもいいんですよ。うふふ。

皇太后さまや、紀子様が、皇室の本来の伝統を受け継がれていらっしゃる。
そういう事実を私たちが知ることができて嬉しいです。
1. Posted by 諒   2015年06月23日 21:16
香淳皇后…この方を説明する際に、必ずというか避けて通る事ができないのは美智子皇后との関係。


マスコミの情報操作で悪役にしたてあげられた香淳皇后…正直、彼女は何をしたんでしょう!?


美智子皇后から「八方塞がり」云々を発していた感が強いだけな筈が、幸楽の赤木春恵並の鬼姑に仕立てあげられて…さぞかし無念かと…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字