このカーテシーの話もコメントから教えていただいたので紹介したい。


カーテシー

o0310081712177727493

なかなか深〜いカーテシーだ。足を交互に腰を下げる。


2012年のロイヤルアスコットRoyal Ascot 2012。女王様ご到着で、祖母にヨーロッパの伝統的な挨拶であり、女性のみが行うカーテシーをするベアトリス・オブ・ヨーク王女。(女王の次男アンドリュー王子、ヨーク侯爵と元妻のセーラ・ファーガソンの長女)



ヨーロッパでは男性はお辞儀。女性は「カーテシー(跪礼・きれい)」を。片足を斜め後ろの内側に引き、もう片方の足の膝を曲げて、背筋は伸ばしたまま挨拶をします。



女王の息子エドワード王子(ウェセックス伯爵)の妻ソフィー(エドワード王子夫人)
(下)

o0299031712177738895

 



o0316060512177738896



o0374033512177722547



o0316069112177776923

キャサリンさんのカーテシーは浅い。

これでは女王陛下注意されて当たり前。

Kate Middleton Curtsey...  2012年英ノッテインガムで⇒ (左)

o0329037512177724769







実は女王様は結婚式のころから1年以上キャサリンさんに我慢していたとか?

o0321041712177772861

 1960年、女王の実の妹マーガレット王女とスノードン伯爵アンソニー・アームストロング=ジョーンズ結婚式。女王様に...(左)


1981年長男チャールズ皇太子とダイアナ妃、カーテシー(下)

o0309061512177787624


1986年 次男アンドリュー王子とサラ・ファガーソン(ファーギー)(下)

o0284042312177770850


o0316069112177776923


2012年6月13日、ウィリアム王子の妻ケンブリッジ侯爵夫人キャサリンのカーテシー。ぴょこんと屈伸? (左)
2011年 ケイト・ミドルトンさん(下)
やっぱりかなり浅いカーテシー。


o0338049512177789158



2012年6月19日、英王室主催の伝統ある競馬の祭典「ロイヤルアスコット」がイングランド南部バークシャー州のアスコット競馬場で開幕、今年はドレスコードが厳格されたそう。

女性の帽子に関しては、直径約10センチ以上の土台があるものと規定され、髪飾りは禁止。ドレスの長さは、「慎ましやかな長さ」であるべきとされ、わずかに膝上かそれ以上の長さが必要。肩紐の無いドレスやホルターネックのドレスなど、露出の多いドレスは、これまで通り許可されていません。

(やっぱり美智子さんの髪飾りの皿帽子は英国では禁止。)

男性に関しては、黒かグレーのモーニングスーツを着た上、シルクハット、ベスト、ネクタイの着用が義務付けられました。なお、初日に行われたクイーン・アン・ステークス(芝1600メートル、G1)では、フランケル(牡4歳)が11馬身差で優勝。デビューからの連勝記録を11に伸ばしました。

女王の長女で生まれながらのプリンセスであるアン王女は 決してダイアナ元妃にカーテシーをしなかったそうですし、ケイトさんは王位継承権第2位のウィリアム王子の妻ではありますが、王室の血が流れていないため...いろいろあるんですね。


o0316064012177793673
最後に1991年エリザベス女王の到着でカーテシーをするダイアナ妃。

やっぱりかなり深いカーテシー。

こう比べるとキャサリン妃のカーテシーはなってない、女王陛下への敬意も感じられない。女王様お怒りになるのは当たり前。

ところで美智子さんのカーテシーの写真があまりない。今でこそ逆にカーテシーされるお立場だからなくてしようがないが、皇太子時代のカーテシーはもっとあっていいようなものだが。

1237179714388
img20070503113016
着物を着ている美智子さんのカーテシーは浅いが、清子さまのカーテシーは深い。この頃から清子さん、しっかりされている。
愛子さんのこんな姿みたことない
img20080614162003
20141105000136602

紀子さま、着物を着てらしてもこんなに深いお辞儀をされている。


1414629844297



2010111709383070c
では欧州のお妃さまたちの来日された時のカーテシーを。
左はダイアナ妃。

下は最近来日したデンマーク・メアリー王太子妃のカーテシー。

e344febd


d0176186_1351314
こちらは雅子さんのへっぴり腰カーテシー。

下は久子さま。

ec595536


こう見るとカーテシーひとつとってもかなり奥が深いことがわかる。そしてそれはお相手への深い敬意を表す。

雅子さんのへっぴり腰は目を覆いたくなる。
おそらく「このカーテシーをさせて、将来皆が私にひざまずくのだ!」という信念で立后を狙っているのでは。