2017年07月16日

スペイン国王夫妻 ロンドン・ギルドホール晩餐会に出席

英国訪問中のスペイン国王夫妻のレティシア王妃のティアラやドレスが気になってしまう。
これはロンドン市長夫妻主催の晩餐会に出席された国王夫妻。

レティシア王妃が日本の晩餐会で付けてらしたティアラをロンドン市長主催の晩餐会に着用されていた。イヤリングはロンドンの方が豪華。

やっぱり正式晩餐会より格下だったわけか。(あ、別に失礼だ、というわけではないので!)

日本でも濃紺のドレスだったが、この晩餐会での紺のドレスもとっても素敵!

英国王室から出席されたのはエリザベス女王の長女、アン王女。

Guildhall Banquet - KingFelipe and Letizia visit England

In the evening of July 13, King Philippe, Queen Letizia and Princess Anne attended the Guildhall banquet hosted by Andrew Parmley, Lord Mayor of the City of London at Guildhall (The ceremonial and administrative centre of the City of London) in London, on the second day of the Spanish King and Queen's three-day state visit.

http://www.newmyroyals.com/2017/07/guildhall-banquet-king-felipe-and.html

 

 

ギルドホール晩餐会 スペイン・フェリペ国王レティシア王妃英国訪問

 

7月13日夜、英国公式訪問二日目に、フェリペ国王とレティシア王妃、アン王女はロンドンギルドホール〔ロンドン市会議事堂〕でロンドン市長アンドリュー・パームレー主催のギルドホール晩餐会に出席された。

 

 

Letizia-Princess-Anne-1

Letizia-Princess-Anne-2
Letizia-Princess-Anne-3

Letizia-Princess-Anne-4

Letizia-Princess-Anne-5

Queen-Letizia-0

Queen-Letizia-1


Queen-Letizia-3

Letizia-Princess-Anne-6

Letizia-Princess-Anne-7


Letizia-Princess-Anne-8

(写真はNewMyRoyalsより)


こちらが日本の晩餐会でのレティシア王妃:

King-Felipe-Queen-Letizia-Visit-Japan-7
King-Felipe-Queen-Letizia-Visit-Japan-2




mixiチェック
remmikki at 21:36│Comments(6)海外関係 

この記事へのコメント

6. Posted by remmikki   2017年07月17日 20:53
すずねさん、

この記事今あげたところです。
いったい何を画策しようとしているのか、また秋篠宮家の車ですよ。
下着のようなTシャツで車に乗り込んでます。
記事に貼ったサイトをクリックして映像をご覧ください。
5. Posted by remmikki   2017年07月17日 20:51
愛知のババちゃんさん、

綺麗な画像や美しいお妃さまたちのティアラなどは見ていて楽しいですね。
昭和天皇と香淳皇后さまの欧州訪問では威厳のある厳かな受け入れ態勢であったことが伺えます。
立場に相応しい格式を重んじていただきたい。そこに「清貧」を持ってくるべきでないです。
日本の晩餐会お葬式みたいです。

大和っ子さん、

美しい写真を見るのは楽しいですね。
英王室はゆるぎない貫禄と荘厳さがありますね。
レティシア王妃、スリムで何を着ても美しいです。
日本のビヤダルみたいな妃は恥ずかしい。

恵美さん、

二代続けて長男がダメ、次男がいいのに、後継としてなにかといちゃもんつけられてます。
順番が違います!と言いたい!


4. Posted by すずね   2017年07月17日 20:38
記事とは関係なくなってしまいますが。(19時過ぎのニュースで嫌な名前が目に入りました)

キム小室はまだ諦めてない模様。ネットニュースと日テレ24で17日午後に秋篠宮邸訪問。
今後の打ち合わせか?とやっていました。
日テレは皇室日記で毎週毎週、「眞子様のご婚約があった」「眞子様と婚約者の小室圭さん」
と事あるごとに言い続けていましたからね。
きっとまた出てくると思ってました。

今回はスーツでもなくニットという普段着。普通のお家に遊びに行くのとは違うのでは?
打ち合わせってなんのでしょう。豪雨、猛暑、突風雷と異常気象が続いています。
何をそんなに急ぐのでしょうか?いい加減にしろ!と言いたい。
3. Posted by 恵美   2017年07月17日 17:04
きれいな写真をありがとうございます。
今上と次代の長男次男が逆だったらと、思わずにいられません。今上が常陸宮同妃両殿下だったら、聖人君子な天皇と大和撫子の皇后。国民の模範。子供には恵まれなかったが、甥っ子の秋篠宮家(二歳しか年の違わない明仁を飛び越して譲位予定)はみな容姿端麗で祭祀や公務に熱心。何の憂いもなし。
私たち日本人もこのように華やかで威厳のある宮廷文化にリアルタイムで触れられていました。なぜ今上と次代の長男次男の順番がああなのか。口惜しくてなりません!
2. Posted by 大和っ子   2017年07月17日 12:51
美しい写真の数々。
ありがとうございます❗

王室とは、こんなに品格と威厳のあるものなのですね。

イギリスもウィリアム王子&キャサリン妃の世になるとどうなるかわかりませんが、
少なくともあそこはエリザベス女王もチャールズ皇太子がしっかりとされてるので
今は揺るぎない貫禄があります。

しかしスペイン王妃のお美しさ…
節制した生活をされているのが体格からもわかります。

ナイスバディーであれ!とは言いませんが
どこかのブヨブヨ皇太子妃は駄目です。
国民を辱しめています。


1. Posted by 愛知のババちゃん   2017年07月17日 12:26

こんにちは。
毎回楽しく教養になる記事がうれしいです。
ありがとうございます。

ティアラの記事が詳しくて本当によく理解が出来ました。
そしてこの記事も拝見して思ったのは、
昭和天皇と香淳皇后御揃いでの外国御訪問の際の訪問先の対応は、真実真心こもった敬いが感じられたものであったということ。
その理由は記事の王室の皆様を拝見し一目瞭然。

今のナイテイが行っても昭和帝の様にはしてもらえないでしょうね、世界的にロイヤルとは認めていないということです。
『立場』に相応しい格式の高い生活は贅沢ではありません、必要なものであったはずですので。

晩餐会等、本当に泣きたくなるほどの見窄らしい写真ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字