秋田の大雨災害がひどい。

多くの家が雄物川の氾濫で17市町村で住宅計485棟が床上・床下浸水に見舞われ、土砂崩れで1棟が半壊など被害が出ている。


1500878377218s
県によると、被害は北部の大館市から南部の由利本荘市までほぼ全県に及ぶ。住宅への浸水は大仙市178棟、仙北市109棟、由利本荘市76棟、秋田市22棟など。土砂崩れや道路の通行止めで、大仙市で1千人以上が孤立している。
朝日新聞 2017/7/24() 12:26配信


写真:

田んぼや道路が冠水し、湖のようになった刈和野地区秋田県大仙市

lif17072408120002-p1

それなのにあきれたニュースがふたつ。

一つ目は、秋田県知事が大雨災害の予報が出ていたのにゴルフをしていた。

「判断甘かった」と佐竹敬久知事が謝罪 飲酒で戻れず 宮城でゴルフ、会議欠席
産経ニュース 2017/2017.7.24 13:12更新
afr1707240025-n1

    記録的な大雨の被害が出た秋田県の佐竹敬久知事は、県外へゴルフに出掛け飲酒していたため、23日昼に秋田市で開かれた関係機関と被害情報を共有する連絡会議に間に合わなかったと24日明らかにした。「出掛けたことは判断が甘く、私のミス」と謝罪した。

 佐竹知事によると、雨が降り始めた22日に友人と宮城県大崎市までゴルフに出掛け、夕方から飲酒した。夜には大雨の状況を把握したが、酒を飲んでおり車が運転できないためとどまった。

 23日早朝に会議のため車で秋田市に向かったが、秋田県大仙市周辺で交通渋滞に巻き込まれ、県庁到着は会議終了後の午後1時ごろになった。


映像は下記サイト:

大雨対策会議をゴルフで…秋田県知事が欠席

テレ朝ニュース 2017/7/24() 18:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170724-00000045-ann-soci

     ゴルフに出掛けていた秋田県知事は、自ら開催を指示した大雨対策会議に間に合わず、欠席しました。
くわしくは動画で…


そして二つ目は、両陛下静養のため那須御用邸にきょう入られた。

普段から鑑賞ばかりだが、横浜へ船を見に行ったし、公務しているから、と福岡・大分、そして秋田の大雨災害で泥と流木と戦っている自衛隊や現地の住民、ボランティアがたくさんいる中、呑気にご静養、よろしいのですかね。ますます国民から顰蹙を買い、反感を持たれますよ。もう開き直っているのですかね。この分じゃ、長男一家も続いて静養ですね。大好きな那須へ天皇皇后と入れ替わりに来週から行くことでしょう。

<両陛下>那須御用邸で静養へ

毎日新聞 2017/7/24()12:10配信

  天皇、皇后両陛下は24日、栃木県那須町の那須御用邸での静養のため、JR東京駅から新幹線で出発された。同日午後には、同県那須塩原市で花の栽培農家を視察する。28日に帰京する予定。両陛下は例年、この時期に同御用邸で静養している。【高島博之】

到着してすぐに那須塩原にある園芸農家を訪問した。

いつもは那須へ出発する東京駅や那須到着の写真が出るのだが、今回は画像がまったくない。
災害をおもんばかってか?なら行かなきゃいい。


そんな折、気になるニュースが飛び込んできた。
陛下御発言報道について、毎日新聞と宮内庁職員が刑事告訴されたという。

陛下ご発言報道、毎日新聞と宮内庁職員が刑事告発される…毎日「十分な取材」と反論

弁護士ドットコム 2017/7/24() 17:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00006403-bengocom-soci

1500885816

記者会見した告発人たち

   天皇陛下の退位をめぐり、「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」などとする陛下の「ご発言」を大きく取り上げた毎日新聞。この記事について、チャンネル桜の水島総社長ら11人が724日、宮内庁職員(氏名を特定せず)と毎日新聞社長、記者を国家公務員法違反(守秘義務違反)の共同正犯として、東京地検特捜部に刑事告発した。宮内庁職員から毎日新聞に対し、職務上知り得た秘密の漏えいがあったとしている。

●毎日新聞「記事は十分な取材に基づいている」
   告発されたことに対し、毎日新聞社社長室は弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「記事は十分な取材にもとづいております。今後も皇室と国民の望ましいあり方を考えながら真摯に皇室報道を続けてまいります」とコメントしている。
   問題の記事は、521日付の毎日新聞朝刊に「陛下公務否定に衝撃」「『一代限り』に不満」などとして掲載された。
   退位の問題をめぐり、陛下が(1)有識者から「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」と発言されたこと、(2)退位の議論について、「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」、(3)「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」と述べられたことが記されている。
   告発人たちは、天皇陛下に近しい職員から毎日新聞へのリークがあったと断定。発言の内容は、天皇の権能について「国事行為のみ」と定めた憲法41項に違反する恐れがあるため、「天皇陛下の権威にかかわる重大な秘密として外部に伝わらないよう厳重に秘匿すべき法律上の義務」があったなどとして、告発した。

弁護士ドットコムニュース編集部

そもそも憲法発言された天皇が悪いのでは。
リークしてしまう側近からマスコミへ、徹底的に調べてもらう必要あり、
お騒がせな天皇と裏でそそのかす女帝さん?