今夜は雅叙園でデンマーク皇太子夫妻主催の晩さん会が開かれているが、まだ映像などは入ってこない。時事通信が一枚掲載していたが、報道されたら紹介することにする。

で、きょう一日のおふたりの活動。毎日とっても活動的に動いてらっしゃる。
まずはNewMyRoyalsから:


Crown Princess Mary's andCrown Prince Frederik's visit to Japan 5th Day

On the 5th day of Japan visit, Crown Princess Mary and Crown Prince Frederik of Denmark attended the Danish lifestyle and food exhibition held at the Embassy of Denmark in Tokyo. Then, Crown Prince Couple visited the public Funabashi primary school and received information about LEGO’s programme "We Do" as learning tool.

 

http://www.newmyroyals.com/2017/10/crown-princess-marys-and-crown-prince.html

 

メアリー皇太子妃とフレデリク皇太子日本訪問 5日目

 

日本訪問5日目、デンマークのメアリー皇太子妃とフレデリク皇太子は東京デンマーク大使館で開催された「デンマークのライフスタイルと食品展」に出席した。それから皇太子夫妻は世田谷区立舟橋小学校を訪問し、学習ツールとして“やります”という“LEGO”プログラムについて情報を得た。

  

Princess-Mary-1

Princess-Mary-3

Princess-Mary-5

Princess-Mary-7

Crown-Princess-Mary-wore-Massimo-Dutti-PantSuit

雅子さんのベージュのパンツスーツとは違うなあ。
着こなしも違うし、スタイルも違う、品格も違う、なにもかも違う。
雅子さん、まねても無理。

メアリー妃はTPOをよくわきまえた装いだ。

 

メアリー妃が着ているパンツスーツのブランドは、
Massimo Dutti
 マッシモドゥッティ


https://www.buyma.com/brand/MASSIMO-DUTTI-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3.html

dresses-massimo-dutti

マッシモドゥッティ(Massimo Dutti)ブランドプロフィール

ワンランク上の大人エレガントが楽しめる、『ZARA(ザラ)』のお姉さんブランド!

ZARA(ザラ)を展開するスペイン・インディテックス社のブランド。ZARA(ザラ)のアッパーブランドとして、世界29ヶ国にショップがある人気ショップです。ZARA(ザラ)に比べ、ワンランク上の上質な生地を使い、品のある繊細なデザインが魅力的。通勤に、プライベートにとオールマイティに活躍できる大人エレガンスなアイテムを取り揃えています。ZARA(ザラ)同様、メンズ、キッズラインも充実し幅広い展開で愛用される日本未上陸のブランドです。

 



レゴデンマーク語:LEGO)は、デンマークの玩具会社、およびプラスチック製の組み立てブロック玩具ブランドである。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語Leg Godt」から社名をLEGOとした。創業当初は木製玩具を製造していたが、1949年からプラスチック製玩具の製造を開始した。


10月10日(火)にはフレデリク皇太子は、東日本大震災で被災した宮城県東松島市を訪れた。
6年4ヶ月ぶりの再訪で、復興へと歩む市民と交流を深めた。



<震災6年7カ月>デンマーク皇太子、東松島再訪 復興に感激

河北新報 2017/10/12(木) 12:52配信
20171012_182002jc

震災復興伝承館を見学するフレデリック皇太子

 

  デンマークのフレデリック皇太子が10日、東日本大震災で被災した宮城県東松島市を訪れた。20116月に慰問して以来、64カ月ぶりの再訪で、復興へと歩む市民と交流を深めた。

 皇太子は渥美巌市長と共に、同市野蒜地区の復興祈念公園と震災復興伝承館を訪問。犠牲になった市民ら約1250人の名前が刻まれたモニュメントに献花し、冥福を祈った。

 鳴瀬桜華小では、児童とサッカーを楽しんだり、給食を味わったりした。

 皇太子は「皆さんに温かく迎えてもらい感謝している。震災は非常に悲しいことだが、復興に向けて力強く進んでいることに感激している」と述べた。

 同市野蒜ケ丘1丁目の無職尾形勝さん(75)は皇太子と再会し、「『元気でよかったですね』と気に掛けてくださった。本当にありがたい。思い出の宝物が増えた」と喜んだ。

 初対面は116月、津波で流失した自宅跡地でだった。長身の皇太子が膝を曲げ、語り掛けてくれた記憶が忘れられないという。

 同市大曲の農業佐藤祥さん(63)はササニシキの新米を皇太子へ贈った。田んぼは津波で被災し、12年にコメ作りを再開。佐藤さんは「皇太子が東松島に思いを寄せてくださり、うれしい。感謝の気持ちを返したい」と話した。


フレデリク皇太子、暖かい訪問ではないか。
子供たちとサッカーをし、給食も一緒に食べたという。

AS20170614002426_commL
 

2011年6月にも訪問された。

日本の皇太子夫妻のやっつけ公務とは大違い。

被災者を椅子に座らせ、ワッペンつけて話をするスタイルとは大違い。

雅子さん、津波のお代わり映像を見たのが記憶にある。