英国留学の愛子さん、お友達と一緒にエコノミーで紀子さま、「第65回産経児童出版文化賞」贈賞式ご出席

2018年06月13日

米朝首脳会談は北の大勝利!

6月12日シンガポールの外島、セントーサ島に建つ高級リゾートホテルのカペラホテルで米朝首脳会談が行われた。

5705

在日に乗っ取られた日本の反日メディアは朝鮮寄り、米朝首脳会談を手放しで喜んでいる。、


しかし、なにも引き出せなかった今回の首脳会談は北の大勝利ではないか。

史上初の米朝首脳会談はアメリカの大失態に終わったと見える。

 

北はしたたかだ。この会談前に金正恩は中国習近平とも会い、ロシアの支援も取り付けた上で米朝会談に臨んだ。

 

アメリカが危険な北朝鮮の独裁政権を体制維持すると認めてしまったことは日朝会談は北朝鮮の勝利だったのでは。

北朝鮮はどうせトランプ大統領は任期4年で終わる、それまでのらりくらりと延ばせばいい、と踏んでいる。

 

共同声明には米政府が求める、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)」の文言は盛り込まれなかった。

 

米韓合同演習は中止、米軍の韓国撤退を目論んでいる。

 

拉致問題についても、トランプは「会談で取り上げた」と言ったが、「共同声明」(合意文書)には一切記載されなかった。

 

さらに問題は「日韓両国が北朝鮮への経済支援の用意があり、米国が支援する必要はないだろう」と言った!

トランプは6月1日にも「日本や韓国などが北朝鮮を助けてくれるだろう。アメリカは多くの金は使わない!」と言っていた!

 

拉致被害者を返しもせず、日本から経済支援をさせるなんて冗談でない。

 

 

日韓が北朝鮮への経済支援の用意と米大統領

共同通信 2018/6/12 18:14

【シンガポール共同】トランプ米大統領は12日、日韓両国が北朝鮮への経済支援の用意があり、米国が支援する必要はないだろうと述べた。

 

 

FB6MBLW78

金正恩は自らの身の安全の保障を取り付け、一枚も二枚もアメリカの上手だったということだ。

 

 

下記のブログに詳細が書かれている。

 

正しい歴史認識ブログ

史上初の米朝首脳会談は、歴史的大失態となった!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7112.html

 

20180612-00000048-mai-000-8-view

 

反日メディアは北朝鮮の味方と判明

反日勢力を斬る(2) 2018/6/12
https://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/43031495.html

 

wor1806120112-p1

 

金正恩に負けたトランプ

反日勢力を斬る(2) 2018/6/12
https://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/43031305.html
 

どこまで騙されれば気が済むのか

予想通り、米朝会談はアメリカの敗北に終わった。
トランプは金正恩を頭の良い政治家だと褒め称え、
金正恩体制を保障し、米韓合同軍事演習の中止を示唆した。
それに対し、金正恩は具体的な核廃棄の約束をしなかった。
大山鳴動鼠一匹というが、鼠一匹すら出てこなかった。
完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)などという言葉は何処にも見られなかった。


日本の拉致問題についてトランプは口には出したが、何ら明快な回答は得られなかった。
拉致問題は日本の問題であり、日本みずからが力で取り戻す以外にない。
軍事力を持つアメリカは拉致被害者(米国籍の朝鮮半島人)3名を簡単に取り戻した。


トランプの取り巻きがリビア方式を主張し、斬首作戦も辞さないという態度に出たので、金正恩は命か欲しいばかりに中国やロシアの後ろ盾に泣きついてそれなりの保障を得てシンガポールまでノコノコ出てきた。


「金正恩がトランプ大統領と互角に渡り合って世界中の注目を浴びているのは核兵器のせいだ。
北朝鮮は1100倍のGDPを持つアメリカと対等にやっている」(岡本行夫)


この言葉が全てを物語っている。

民主主義国が独裁政権国に負けた一日だった

トランプ(アメリカ)は当てにならないこともこれで分かった。
金正恩の独裁政権が存続することは、飢えた北朝鮮人民の幸せをトランプ民主主義政権が見殺しにしたことになる。

金正恩に殺された叔父や、腹違いの兄や、その他の公開処刑された多くの北朝鮮人民は浮かばれない。

日本の拉致被害者も歯軋りしながら日本の救出を待っているに違いない。

さて、このようにアメリカが頼りにならないことが分かったからには、日本は日米安保を主軸にしながらも独自に核兵器を含む軍事力を強化する以外に手立ては無い。

しかし、それが平和ボケし、フヤけ切った今の日本に出来るかどうかは実に疑わしい。

南朝鮮の文在寅は金正恩と組んで朝鮮半島を赤化し、中国とロシアを後ろ盾に日本に対峙してくるだろう。

白村江の戦い、日清戦争、日露戦争の歴史を繰り返すことになる。

まさに歴史は繰り返す。
しかし、この長い歴史の中で残念ながら日本人が劣化してしまったことは間違いない。

安倍首相はこの日本丸をどうやって舵取りして行くのか。
まず取り組むべきは移民拡大によらない景気回復と憲法改正のふたつだろう。
それが間に合うかどうかは神のみぞ知る。



mixiチェック
remmikki at 08:05│Comments(12)中韓関係 

この記事へのコメント

12. Posted by remmikki   2018年06月15日 09:38
婉児さん、

金正恩が恐れていることはまさにその暗殺ですね。
自分は何人も親族まで殺しているくせに自分が死ぬのは怖いとは。
日朝会談のきっかけとなればトランプさんとの会談も収穫でしたね。
軍隊も正式に持てない国は主権国家でないです。
へえ、NHK100人も出張させた?受信料で金使って役立たず。

横田さんご家族、政府に言いたいこと山ほどあるでしょうが、我慢してきましたね。
早紀江さんの言葉がいつも胸にぐっときます。

11. Posted by 婉児   2018年06月15日 02:16
何度も出てきて申し訳ございません。

拉致被害者家族会の会見より抜粋です。

横田めぐみさんの弟、横田哲也氏
「日本政府、安倍総理筆頭にご尽力頂いてる中で
反対勢力というか、河野洋平さんのような
(国交正常化後に拉致解決を)と見当違いの発言をする方も
いる訳ですからそういう方に惑わされないように
私達もブレずに政府と協力しながら進めていければと思ってる」

横田めぐみさんの母、横田早紀江氏
「拉致被害者救出は今がチャンス。
日本の国全部が、マスコミの方も含めて
本当に正しい報道をして頂いて、
私の親、私の子供だったら私だって同じようにやるでしょ
という思いになって頂いて、皆一丸となって
救出の為に総理を応援しながら頑張っていきたい」
10. Posted by 婉児   2018年06月15日 01:37
「金正恩はトランブ大統領にものすごく大きい借りを作った」
というのが私の個人的な感想です。
蚊帳の外はチャイナと韓国だったのでは。

金正恩が最も恐れているのは、暗殺または
カダフィ、チャウシェスクのようになることですよね。
表面的にはアメリカと“対等に交渉”し、
米韓演習も中止させた、とは、
命ばかりか面子まで保ってもらえました。

トランプ大統領の口から安倍総理の名と拉致問題のことが
何度も言及されたのは収穫だと思います。
金正恩は安倍総理と拉致問題について、
今後、実のある対話を行う義務が生じました。

北朝鮮に対して日本がお金を出さねばならないのは
実に、実に悔しいばかりですが、
自衛隊の手足が9条に縛られているせいです。
9条信者のバカどもに声を大にして言ってやりましょうよ。
本来ならば軍隊を出して拉致被害者を奪還するのが主権国家。
米朝会談が行われたのは、ひとえにアメリカの軍隊が強力だからである、と。

会談後のトランプ大統領の記者会見は、少し声が枯れていたような。
相当、がんがんと攻めたのかな?www
アメリカは11月に中間選挙があるので、とりあえず
“平和的に”最大の問題を処理した、と
アメリカ国民にアピールできたのではないでしょうか。
「オバマにできなかったことをやった」と自負していますね。
発言の行間に「今や最大の問題は中国」と読める気がします。

みなさんがおっしゃるとおり、朝鮮人は嘘つきなので
今後どうなるかは不透明ですが、
安倍総理の手腕を期待し、日本国民で支えてまいりましょう。

ちゃんとやらないと「やられる」よ、金正恩!(笑)
あっ、NHKは100人も出張したようですが
何を取材できたのかな?全く無能。
9. Posted by remmikki   2018年06月14日 20:51
ねこさん、

北の約束は信用できないです。
約束しながら守らなかったこと過去にもあり、今回もトランプ任期までと踏んでいるかも。
拉致問題も日朝会談にこぎつけて解決してほしいものです。

ケンさん、

その通り!
小笠原の珊瑚を根こそぎ取っていった中国、今でも悔しいです。

8. Posted by ケン   2018年06月14日 11:17
remmikkiさま

>自衛隊出動できるよう憲法改正した方がよい。反日野党が反対しても。

それですよ! 自分の敷地内の収穫物を、こっそり盗みに来る集団に、「敷地に柵を巡らせたり、家人が敷地周辺の警備をしたりするのは、不愉快だから止めろ!」と言われるのと一緒だと思います。
7. Posted by ねこ   2018年06月14日 10:09
今までの事を思うと心配ではありますが、とりあえずの成果はあったのではないでしょうか。

北が約束を守ると思っていないからか、核の放棄が段階的であろうと、最終的に確認するまではアメリカは制裁を続けると言ってますし、一応、この会談で平和的解決を目指したという証拠というか実績というか、それを手にしたので、約束を反故にされたら攻撃できる理由も得たのではないかなと。

日本は、北の核やミサイルの脅威を無くすためならお金は出してもいいと思います。アメリカやヨーロッパとは危険度もちがいますし。安全を確保するためです。
ただ、拉致というテロをされたままなので、完全に解決するまでは、制裁のみの対応でいるべきだと思います。
国際社会が何を言おうと、テロに身代金を払うのかと言えばいいです。

実務者協議はこれからみたいなので、まだどうなるか分かりませんが、米韓の軍事演習中止だけで、アメリカはお金を出すこともない、非核化を確認するまで制裁継続というのは、トランプさん上手いことやったな、と思います。

拉致問題については今までの様に、解決済みだと言わなかったらしいので、進展があることを期待したいです。
6. Posted by remmikki   2018年06月14日 07:37
ケンさん、

う〜ん、なんか納得できない。
さんざん核に資金を費やして使い果たした挙句、日本に資金援助とは納得できない。

レアアースが小笠原諸島の南鳥島周辺の海底にあることがわかったのですね。
珊瑚同様中国が取りに来る前に発掘した方がよいですね。
珊瑚取りに来た時にも日本は手も足も出せなかったからまた来ますよ。
自衛隊出動できるよう憲法改正した方がよい。反日野党が反対しても。

すずねさん、

なんだか北のいいようにされた感じです。
おまけにあの若い黒電話がこれからも延々と政権続け、国民の飢えと生活は向上しないことに協力することになってしまった。
そうです、自分の国は自分達で防衛すべきです。
それをさせないため、反日たちは反対します。

5. Posted by ケン   2018年06月13日 22:44
精密機器の製造に欠かせないレアアースの世界需要の数百年分が、東京・小笠原諸島の南鳥島周辺の海底にあることが、早稲田大や東京大などのチームの調査でわかったそうです。(2018/4/15)

効率よく回収する技術の開発も進めているそうですが、この採掘権を、他国に収奪されないか、若干危機感を抱いています。
4. Posted by すずね   2018年06月13日 22:36
テレビつけるとこの茶番劇が世紀の瞬間的に延々と流されていましたね。
冷めた目で見ていましたが、、、
トランプさんは過去の大統領が出来なかった事を成し遂げた!で得意顔?
それにしても、会談し決め事を決めるだけ決めて、あと日本ヨロシク。もちろんお金ね。
冗談ではないですね。やりたい放題して無くすものもないから最後はミサイル飛ばすぞ!と
脅した者勝ちですか?

突っぱねるべきでしょう、いくら支援したって金体制が続くのなら国の方針だって変わりません
よい国になるとかも有り得ないでしょう。

自分の国は自分達で防衛。これしかないですね。他国に頼ると不利益でも従わなければなりません。
日本も70年数年前は個々の家や町内で自分達で防空壕を造って避難してました。戦中だから
当たり前ですが毎日危機感を持って生活していたんです。もちろん戦争は嫌ですが、正直日本の
周りは敵だらけと言っても良いほど、地理的にジャイアン国に囲まれてます。
いい加減平和ボケはやめましょう。

3. Posted by ケン   2018年06月13日 22:30
朝鮮半島の平和のために、という大儀の下、日本だけが北朝鮮の復興のための資金を出さないというのは、国際世論的に許されない状況に追い込まれる可能性は高いでしょうね・・・

米国は極東地域の軍縮路線を進むので、日本は
下手すれば、何の見返りもないまま、むしろSPの数を減らされながら、出費だけが増えていくという悪夢に向かうのでしょうか。

日本近海に眠るレアアースの採掘権を早急に確保するなど、想定外の出費に備える必要がありますね。

2. Posted by remmikki   2018年06月13日 20:47
ケンさん、

資金援助断れないのですかね。
ミサイル飛んできて初めてお花畑たち覚醒するのでしょうかね。

1. Posted by ケン   2018年06月13日 15:52
困ったことになりましたね・・・

日本が半ば強制的に、北朝鮮に資金援助せざるを得ない図式が出来つつあります。
そして不足すれば、情け容赦なく威嚇のミサイルが飛んできて、下手をすれば、見せしめ的に日本本土に落下して実害を蒙る可能性も出てきました。(実際にこのビジョンが見える予言者もいます。)

覚醒のための痛みは、覚醒が遅れるほどに激しくなる、といいます。

現状と想定し得る近未来を見据えて、対策を講じたり、声を上げたり、といった行動を取るということが、非常に大切になってきますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
英国留学の愛子さん、お友達と一緒にエコノミーで紀子さま、「第65回産経児童出版文化賞」贈賞式ご出席