昨秋、宮内庁は当時の天皇陛下に靖国神社参拝を要請したそうだが、宮内庁が断ったという。
上天皇在位のうちに靖国神社参拝は悲願だったろうが、お国のために戦った戦士たちを”A級戦犯”と呼ぶ赤い天皇皇后が承諾するとは思えないし、果たして参拝されても英霊たちが喜んだかどうか。



宮内庁が靖国神社の天皇陛下参拝要請断る
共同通信 2019/8/1317:12 (JST)8/13 19:21 (JST)


  
靖国神社が昨秋、当時の天皇陛下に2019年の神社創立150年に合わせた参拝を求める極めて異例の「行幸請願」を宮内庁に行い、断られていたことが13日、分かった。

 



宮内庁、靖国の陛下参拝要請断る 創立150年で昨秋

共同通信 2019/8/13()21:03配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000138-kyodonews-pol



20190813-00000138-kyodonews-000-4-view


靖国神社=13日午後、東京・九段北


 靖国神社が昨秋、当時の天皇陛下(現上皇さま)に2019年の神社創立150年に合わせた参拝を求める極めて異例の「行幸請願」を宮内庁に行い、断られていたことが13日、靖国神社や宮内庁への取材で分かった。靖国側は再要請しない方針で、天皇が参拝した創立50年、100年に続く節目での参拝は行われず、不参拝がさらに続く見通しだ。
 天皇の参拝は創立から50年ごとの節目以外でも行われていたが、1975年の昭和天皇が最後。78年のA級戦犯合祀が「不参拝」の契機となったことが側近のメモなどで明らかになっている。



尾を引く、A級戦犯合祀 上皇さま元側近「靖国参拝できる状況でない」

東京新聞 2019814日 朝刊

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019081402000144.html

PK2019081402100064_size0

 

 創立百五十年に合わせた靖国神社の参拝要請を宮内庁側が断り、平成は神社創立以来、初めて天皇参拝がない時代となった。戦後七十四年。戊辰戦争の官軍側の犠牲者を慰霊するため明治天皇の意向で造られ、「皇軍」の戦没者らも祭る「天皇の社(やしろ)」の危機感は深まり、新たな転機を迎えたともいえる。上皇さまの元側近は「静かな環境で参拝できる状況ではない」と明かす。A級戦犯合祀(ごうし)が尾を引いている。


焦り

 上皇さまの退位が決まって以降、靖国側は「平成の御代(みよ)に何とか天皇陛下の参拝を実現しなければいけない」(幹部)と焦りを募らせていた。

 戦没者らを慰霊、顕彰する中心はあくまで天皇で、宮司らの役割は「代行」にすぎないというのが靖国の立場だ。在位中に国内外で慰霊の旅を続けた上皇さまは、皇太子時代に参拝しているが、即位後は一度も足を運ぶ機会がなかった。

 参拝要請を断られた靖国神社関係者には今、諦めムードが広がっている。「明治以降、初めて天皇参拝を果たせなかった。再開は難しいだろう」

 昭和時代も含め一九七五年を最後に天皇参拝が途絶えているのはなぜか。背景の一つにはA級戦犯十四人の合祀がある。


主導

 主導したのは、七八年七月に宮司に就任した故松平永芳(まつだいらながよし)氏だった。当時の中堅幹部故馬場久夫氏によると、松平氏は就任直後の会議でA級戦犯合祀が「宮司預かり」になっていて宙に浮いているのを知り激怒、合祀手続きを急ぐよう部下に指示し、この年の十月実現にこぎつけた。

 A級戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)について「戦勝国による東京裁判を認めるわけにはいかない」というのが持論だった。十四人は「昭和殉難者(じゅんなんしゃ)」として祭られた。

 松平氏は旧海軍出身で、父は戦後に最後の宮内大臣と初代宮内府長官を務めた松平慶民(よしたみ)氏だ。二〇〇六年に公になった故富田朝彦(とみたともひこ)元宮内庁長官の八八年四月のメモによると、昭和天皇がA級戦犯合祀に触れ「松平は平和に強い考(え)があったと思うのに、親の心子知らずと思っている」と漏らし「あれ以来参拝していない。それが私の心だ」と不快感を示していた。


慎重

 旧厚生省が六六年、A級戦犯を含む「祭神名票」を靖国神社に送り、神社総代会もA級戦犯合祀を了承していた。ただ松平氏の前任宮司の故筑波藤麿(つくばふじまろ)氏は慎重な姿勢を崩さず亡くなった。自身の長男には「戦争責任者を戦没者と一緒に祭ると納得しない犠牲者も多いだろう」と胸中を明かしていた。富田氏のメモにも昭和天皇が「筑波は慎重に対処してくれたと聞いた」とある。

 靖国を支える遺族会の一部には天皇参拝を実現するためA級戦犯の分祀(ぶんし)を求める声があるが、靖国側は神道の在り方を踏まえ「認められない」と主張している。

 上皇さまの元側近はこう話す。「(天皇)参拝は、政治的にも国際的にも多くの反響を呼ぶ。戦没者慰霊の重要さは上皇さまも現在の天皇陛下もよく承知しているが、とても参拝できる状況ではない」

 

PK2019081402100061_size0



靖国神社の天皇利用をどう考えるか

BLOGOS 20190814 06:56

https://blogos.com/article/397631/

 

これで、靖国神社は厄介な問題を抱えることになるのではないだろうか。

寝た子を起こしたようなものである。

安倍総理がいよいよ本格的に憲法改正の発議に取り組もうとしている時に、靖国神社側から宮内庁に対して天皇参拝の要請をしたというのは、どうも軽率だったようである。
平成から令和の時代に転換したのだから何としても天皇に靖国参拝をしていただきたいという願いを靖国神社側が持つのは自然のことではあるが、宮内庁がおいそれとこれを承諾するはずがない。

既に昭和天皇の時代に天皇のご意思で参拝が見送りになったという経緯を知っておられる方であれば、天皇の靖国参拝問題が如何にセンシティブな問題であるかはご存じのはずだが、今の靖国神社の方々はずいぶん軽く考えておられるようだ。

終戦記念日を目前に控えて、またまたA級戦犯問題や東京裁判問題を引き摺り出すことになる。
A
級戦犯の分祀問題や靖国神社の国営化問題が出てきた時に、靖国神社側としてはどう対処するつもりだろうか。

いやはや。

早川忠孝



皇室画像掲示板から:

20190813-00000138-kyodonews-000-4-view


無題 Name 名無し 19/08/13()23:35 ID:JKlLHGF. No.2920206 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000138-kyodonews-pol
共同通信は美智子のお抱えですが、この記事が出るに当たって、美智子の力に陰りが見えてきたと思ってしまいます。
ただ、日本の為に戦った英霊に対して、A級戦犯と書いてしまうところが、外国人らしいライターですね!

無題 Name 名無し 19/08/13()23:49 ID:JKlLHGF. No.2920212  

早く令和が終わり、天皇の靖国参拝を
願います!

 

無題 Name 名無し 19/08/13()23:55 ID:JKlLHGF. No.2920215  

https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16501719/
まさか靖国會事務局長の沼山氏の死は、
美智子の嫌がらせでもあったのだろうか!

 

無題 Name 名無し 19/08/14()13:30 ID:IrH3/gaE No.2921399  

中国人民解放軍から派遣された美智子たちも、
工作資金不足でオワコンか!
偽装乳癌で幕引きなのか!?

 

無題 Name 名無し 19/08/14()13:33 ID:IrH3/gaE No.2921400  

中国、韓国の経済が破綻すれば、
皇室もまともな日本由来に戻るだろう!
頑張って!トランプ大統領!!

 

さて、明日は終戦記念日、下天皇皇后は式典に失敗無く出て来れるのか?