9月20日金曜日午前、眞子さまは日本橋三越で開催されている第66回日本伝統工芸展の会場を訪問された。眞子さまは日本伝統工芸会の総裁をお努め。




FNN 眞子さま 工芸展へ 陶芸や人形 ご鑑賞 (0:26)




眞子さま 工芸展へ 陶芸や人形 ご鑑賞

FNN 2019/9/20() 19:40配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00010019-houdoukvq-peo

 

AAHybjK

秋篠宮家の長女・眞子さまは、20日午前、東京都内で開催された「日本伝統工芸展」の会場を訪問された。

この展覧会を主催する日本伝統工芸会の総裁を務める眞子さまは、およそ1時間にわたって作品を見て回られた。

 

 

AS20190920000914_commL



眞子さま
、日本伝統工芸展を鑑賞

中田絢子

朝日新聞 20199201037

https://www.asahi.com/articles/ASM9M52G6M9MUTIL048.html

 

 

AS20190920000916_commL


日本伝統工芸展で、日本工芸会総裁賞の「花文大鉢『椿』」を見る秋篠宮家の長女眞子さま=2019年9月20日午前8時57分、東京都中央区の日本橋三越本店、嶋田達也撮影

 

 秋篠宮家の長女眞子さまは20日午前、東京・日本橋三越本店で開催中の公募展「第66回日本伝統工芸展」(朝日新聞社など主催)を鑑賞した。会場には、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門の入選作576点と、日本工芸会員の遺作2点が展示されている。日本工芸会の総裁を務めている眞子さまは、約50分間かけて会場を巡り、一つ一つの作品に熱心に見入った。総裁賞に選ばれた「花文(かもん)大鉢『椿(つばき)』」の前では、地色が、外側は黒灰色、内側は淡い土の色をしている点に着目し、「色が違うのが非常に効果的」と感心した様子だった。同展は30日まで。入場無料。(中田絢子

 

 

2019honten


img

*           *          *            *


日本で開催され、今夜開幕しているラグビーW杯日本大会にご出席の秋篠宮皇嗣両殿下の報道がひとつしか入ってこない。紀子さまの画像は皆無。


yjimageDNKW9WCZ

「いよいよ」朝から試合会場前で高まる期待 ラグビーW杯、日本・ロシア戦で開幕

毎日新聞 2019/9/20()10:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000026-mai-spo

 

20190920-00000026-mai-000-3-view

今夜開幕するラグビーW杯日本大会を前に、盛り上がるファンら=東京都新宿区で2019年9月20日午前10時32分、玉城達郎撮影

 アジア初開催となるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は20日午後745分、東京・味の素スタジアム(東京都調布市)で日本とロシアが対戦し、開幕する。試合会場周辺では朝から、初の8強入りを目指す日本の活躍を期待するファンの声が聞かれた。

【日本代表の写真名鑑】勇者たちの出身校・サイズ・プレースタイルなど詳しく

 午前9時前にスタジアムの様子を見に来た東京都府中市の会社員、山口友洋さん(46)は「いてもたってもいられないので来た。いよいよだと気持ちが高まる」。新宿駅前にあるW杯公式ショップでは夜行バスで観戦に来た松山市の高校2年、寒川和哉さん(17)が「私もラグビーをしている。目に焼き付けたい」と語った。

 W杯日本大会は史上初の3連覇がかかるニュージーランド、前回大会で日本代表ヘッドコーチを務めたエディー・ジョーンズ氏が率いるイングランドなど、世界各国・地域から20チームが参加。112日の決勝まで全国12会場で48試合が行われる。【大島祥平】

worldcup2019

acf6530105e610db62684d507aac0e82
 

 

 

秋篠宮さまとビル・ボーモント会長

時事通信  2019/9/20()19:43配信 開会式に出席された秋篠宮さま。左はあいさつするワールドラグビーのビル・ボーモント会長=20日、東京スタジアム

0032613147