オリンピックの聖火が被災地の宮城県に到着したが、強風のため、火が点灯しないというハプニング。

五輪を描く自衛隊の飛行機のカラーの輪も雲に隠れて見えない。

やはり令和の五輪はご難続きばかり。

 

五輪聖火到着式は3月20日、宮城、航空自衛隊松島基地で行われた。

 

石巻で聖火皿に点火できないハプニングが発生。

風邪が強すぎて種火が消えた。天下棒に点けて持ってきたらまた消えた。

聖火失敗、天下棒に着火しない。種火が消えたとは。そしてまた着火。二回目失敗、そして3回目チャレンジ。

お笑いのサンドイッチマンがその間ショートコントでつないでいた。

 

やっと点いたら、点火棒でなくて「たいまつ」で点けたというから笑えない。

 

ツイッターに:

りん@Rin01812
石巻の復興の火への点火式 かなりの強風でガス式点火棒の火が何度も消える点火棒に燃料を染み込ませた布をグルグル巻きにして点火成功 原始的でスマートじゃないけど、凄く好きw そしてずーっとトークで場を繋いでたサンドウィッチマンさんお疲れ様でした! pic.twitter.com/OCLfeV32JD

 

ほんとに令和の五輪はなにをやってもダメ。

 
しかし、各局動画では点火トラブルはカットしている。




ANN 「ブルーインパルス」も祝福 聖火が日本に到着
     
(20/03/20) (1:36)



FNN 松島基地で聖火皿に点火

ブルーインパルスで空に
     五輪シンボル

(4:40)



産経ニュース ブルーインパルス「カラー五輪」を描く (5:32)




仙台放送ニュース 聖火が宮城にやって来た!復興五輪希望の光 
   ブルーインパルスは強風で
… (20/03/20 20:03) (5:28)
 




【速報】“強風”の中...聖火皿に点火 宮城・東松島市

FNN 2020320 金曜 午後0:05

https://www.fnn.jp/posts/00434229CX/202003201205_CX_CX

 

FNN聖火


聖火が到着している宮城・東松島市の松島基地ではイベントが行われていて、まもなく点火する予定。

現在、壇上には、公式アンバサダーの方々、そして会長などが立っている。

朝から非常に強い風が吹いている。


宮城・東松島市にある、航空自衛隊松島基地。


今、この時期、暴風警報が出てるほどの強い風だが、セレモニーは予定通り行われている。


公式アンバサダーの方々によるトークショーが行われていて、このあと、オリンピック
3連覇の柔道・野村忠宏さん、レスリングの吉田沙保里さんが、ギリシャから運ばれた聖火を、ステージ中央にある、トーチと同じ桜をモチーフにした聖火皿に点火する。


ステージには、公式アンバサダーの宮城県出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマンの姿や、女優の石原さとみさんの姿も確認できる。


20
日のセレモニーは、地元の小学生や一般の観客も出席して行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響をふまえて、関係者のみ、無観客で行われている。


まもなく、聖火が聖火皿に点火される予定だが、今回は、松島基地所属のブルーインパルスとのコラボレーションがあるということで、ブルーインパルスの準備ができ次第、聖火皿に点火をするという。

聖火はこのあと、東日本大震災で被災した、宮城・岩手・福島の3県で、それぞれ2日ずつ復興の火として展示され、聖火リレーは26日に、福島県でスタートする。


聖火皿への点火が始まる。


オリンピック
3連覇、柔道・野村忠宏さんと、レスリングの吉田沙保里さんが、トーチを手にし、ランタンに格納された聖火から採火をする。


東京
2020オリンピック聖火リレーは、聖火の光が、多くの人々にとって希望の道を照らし出すものとなるよう、オリンピック聖火が全国を回り、喜びや情熱を伝えていく。

20日は強風のため、聖火特別輸送機は予定より1時間半ほど早く到着して、この式典を待っていた形になる。


この風の中、無事に聖火は、日本に到着した。

そして、野村さんと吉田さんの手により、聖火皿に聖火が点火された。

そして空には、松島基地所属のアクロバット飛行チーム・ブルーインパルスが、オリンピックのシンボルマークの5つの輪を大空に描いている。


ブルーインパルスは、東日本大震災後、数々の展示飛行で被災者を勇気づけてきた復興の象徴とも呼ばれている機体。


20
日は風が強く、なかなか、しっかりとした丸を見ることはできないが、それでも力強く、五輪の輪を描いてくれた。

(仙台放送)

 

K10012341631_2003201125_2003201127_01_02

20200320-00000055-mai-000-2-view

ice_screenshot_20200320-152914

点火

K10012341631_2003201225_2003201228_01_02

K10012341631_2003201208_2003201228_01_07

190675

49787

20200320-00000034-mai-000-7-view

0c8


和田アキ子、聖火到着式での点火失敗をチクリ「風で消えるっていうのは無しにしてほしいなあ。もうちょっと威厳のあるもんじゃないの?」

スポーチ報知 2020/3/21() 11:17配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-03210020-sph-ent

20200321-03210020-sph-000-3-view

和田アキ子

 歌手・和田アキ子(69)が21日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)に出演。20日、宮城・東松島市の航空自衛隊松島基地で行われた東京五輪の聖火到着式についてコメントした。

記事強風に流された五輪
【写真】ブルーインパルスで描かれた五輪マークは強風のため流された

 女優の石原さとみ(33)、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が出席して行われた点火式で強風のため、“親火”のランタンの聖火が2度消えるハプニングが発生したことについて、「2回も失敗するしな〜。(強風で火が)消えるんだ。情けないな〜」と嘆いた上で「ああいう風に風で消えるっていうのは無しにしてほしいなあ。もうちょっと威厳のあるもんじゃないの?」と苦言を呈していた。