立皇嗣の礼が国事行為として行われると政府が発表した。


まずは儀式はきちんとされることができ、ほっとするが、まだ油断はできない。
コロナウイルスもこれからどうなるやら、不安は続く。


 

秋篠宮さま「立皇嗣の礼」国事行為として行うことを閣議決定
NHK 2020324 1009
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012346571000.html

K10012346571_2003240945_2003241009_01_02
 

政府は24日の閣議で秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」になられたことを内外に広く伝える、来月の「立皇嗣(りっこうし)の礼」の2つの儀式を憲法で定める国事行為として行うことを決定しました。

国事行為として行うことが決まったのは、「立皇嗣の礼」の2つの儀式である「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」と「朝見(ちょうけん)の儀」です。

このうち、秋篠宮さまが「皇嗣」になられたことを宣言する「立皇嗣宣明の儀」は来月19日午前11時から15分程度、皇居 宮殿「松の間」で行われます。

続いて午後4時半からおよそ30分間、同じく「松の間」で「朝見の儀」が行われ、「立皇嗣宣明の儀」のあと天皇皇后両陛下が秋篠宮さまと初めて会い、「謝恩の辞」を受けられます。

「立皇嗣の礼」をめぐって政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、祝宴にあたる「宮中饗宴の儀」を取りやめ、「立皇嗣宣明の儀」の招待者を当初のおよそ350人から50人程度に絞り込んだほか、儀式が行われている間「松の間」の障子やガラス戸を開けて換気を行うなどとしています。

 

hqdefaultCY2WKTJF

 


立皇嗣の礼、国事行為と決定 政府
時事ドットコム 2020/3/24(火) 8:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000035-jij-soci

 政府は24日の閣議で、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを国内外に示す「立皇嗣の礼」を、憲法上の国事行為として実施することを決定した。
 中心儀式の「
立皇嗣宣明の儀」と、その後の「朝見の儀」を4月19日に皇居・宮殿で行う。当初は賓客を招いての祝宴「宮中饗宴の儀」も同21日に国事行為として行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取りやめが決まっている。 

 

 

 

立皇嗣の礼、国事行為の実施を決定

産経新聞 2020.3.24 10:10

https://www.sankei.com/life/news/200324/lif2003240011-n1.html

 

PR

 政府は24日午前の閣議で、天皇陛下のご即位に伴い秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となられたことを示す4月の「立皇嗣の礼」について、憲法上の国事行為として行うことを正式に決めた。

 立皇嗣の礼は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中心儀式となる19日の「立皇嗣宣明の儀」の招待者を当初の約350人から約50人に縮減するほか、祝宴の「宮中饗宴(きょうえん)の儀」の中止が決まっている。

 

 

4月19日に予定されていた皇居での記帳受付は取りやめることになった。

 

 

「立皇嗣の礼」記帳を取りやめ 宮内庁
産経新聞 2020/3/24(火) 1758配信
https://www.sankei.com/life/news/200324/lif2003240060-n1.html

  宮内庁は24日、代替わりに伴う儀式などの細部を詰める「大礼委員会」の第10回会合を開催し、秋篠宮さまが皇位継承順位1位となられたことを示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」の中心儀式「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」が行われる4月19日に予定されていた皇居などでの記帳受け付けを取りやめることを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもので、高齢者をはじめ多数の記帳者が近接して並び、筆記用具に触れることなどを考慮したという。