皇室

皇族方のお住まいと年間費用について

先週から外出が続き、週末は土曜に家族と銀座で食事、その夜、次男の嫁さんを自宅に送り、珍しく長男・次男が泊りにきた。普段静かに夫婦とわんこの生活が一変し、日曜夕方には帰っていったが、なんだか疲労困憊してしまい、ブログ更新ができなかった。

銀座の食事もあげたいが、最近個人のことばかり書いているのでちょっと自粛、
皇室掲示板を見ていたら、高円宮邸の立派なお屋敷が載っていて、ついまた秋篠宮邸と比べてしまう。

過去記事でも掲載したことがあるが、もう一度おさらい。

2014年7月26日

「皇族方のお住まいと費用」

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4716186.html



まずはその高円宮邸
http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1042825191.html


5ddd9b53-s


93c44d3a-s

1d3a8193-s

942683e6-s


c9482a64-s

常陸宮邸
http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1042824843.html



047f094e-s
そして小さな旧秋篠宮邸
http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1042824798.html


0ce0e712-s






d60a6a22-s

7127f9b3-s


64ae2032-s

こちらが東宮御所










そして費用については下記のサイトが詳しい。

天皇陛下・皇族の年収・収入状況

天皇陛下・皇太子などの収入状況について

http://www.nenshuu.net/shoku/tennou/tennou.php


皇室の費用を大別すると「宮内庁費」と「皇室費」の2つがあります。

このうち皇室の収入に当たる部分が「皇室費」で更に「内廷費」「宮廷費」「皇族費」の3つの区分があります。

宮内庁費: 106臆8997万円

皇室費: 内廷費: 3奥2400万円(平成26年度)

     宮廷費: 皇室の活動に必要な経費、3奥2400万円

      (対象: 両陛下、皇太子夫妻、愛子さん)

     皇族費: 3050万円(平成26年度)各宮家に支払われる品位保持のための費用


独立して生計を営む親王は3050万円。

その妃は1525万円。
成年に達した親王や内親王は915万円。
未成年の場合は305万円。

1980年の内邸費の使途データが公開:

・人件費(33%)
・衣類など身の回りのもの(18%)
・食費など(13%)
・交際費・災害見舞金など(10%)
・私的な旅行や研究費など(7%)
・皇族の神事関係(7%)
・医療その他(12%)

私的に雇用している人件費がかなりの割合(約1億円強)を占めており、災害見舞金や神事関係の割合も差しくと実質的な年収は1億円未満という予測になりそうとのこと。

いやあ、高円宮邸は末端宮家といえどもすごい。
皇族方の費用についても内邸皇族の費用はすごい。


秋篠宮家の予算は、

2015年の秋篠宮家では、合計6710万円。
・秋篠宮さま(3050万円)
・紀子さま(1525万円)
・眞子さま、佳子さま(915万円)
・悠仁さま(305万円)

皇位継承者がおふたりもいらっしゃる秋篠宮家にはもっと増額されてほしい。

両陛下 ラグビー日本代表戦を観戦


AS20160625002749_commL
両陛下は東京都調布市の味の素スタジアムでラグビー日本代表対スコットランド代表の試合を観戦された。両陛下のラグビー観戦は初めてという。

あれっ。陛下はスポーツ観戦なのにきちんとスーツにネクタイだ。
映像は曇りガラス越しに撮影ているせいで曇っている。



ANN「いい試合でした」両陛下がラグビー日本選手権





JNN 両陛下、ラグビー日本代表を観戦 2016・6・25



m_mainichi-20160626k0000m040053000c
W杯国内開催を楽しみに…両陛下がラグビー観戦

読売新聞 625()2134分配信

 

天皇、皇后両陛下は25日、東京都調布市の味の素スタジアムで、ラグビーの国際試合「リポビタンDチャレンジカップ2016」(読売新聞社後援)の日本代表―スコットランド代表戦を観戦された。

 昨年のワールドカップ(W杯)での日本代表の健闘もあり、ラグビーに関心を持たれているという両陛下。皇后さまは、昨年の誕生日に公表した所感で日本代表の活躍を振り返り、2019年のW杯国内開催を楽しみにしていると明かされた。この日は後半のみの観戦だったが、両チームの迫力あるプレーに、お二人で拍手を送られていた。


m_20160625-567-OYT1T50102
<天皇、皇后両陛下>ラグビー日本代表戦を観戦

毎日新聞 625()2211分配信

天皇、皇后両陛下は25日、東京都調布市の味の素スタジアムでラグビー日本代表対スコットランド代表の試合を観戦された。両陛下は身を乗り出して両チームの好プレーに見入っていた。

 試合後、両チームの選手が一列に並んでスタンドに向かって一礼すると、両陛下は立ち上がって拍手を送り健闘をたたえた。

 2019年に日本でラグビー・ワールドカップ(W杯)が開催されることもあり、日本ラグビー協会が両陛下の観戦を求めたという。【高島博之】


写真: ラグビーの日本代表対スコットランド代表戦をご覧になる天皇、皇后両陛下(25日午後、味の素スタジアムで)=鈴木毅彦撮影

久子さま、日韓国交正常化50周年記念の仏像展をご訪問

1bb9d7d04b25d177deebccbb704a375d

久子さま、また日韓交流の会にお出まし。

6月20()、久子さまは日韓国交正常化50周年を記念する仏像展を訪問されたという。
あれっ、韓国は日本の仏像返してくれたの?


 映像は書きサイトへ:









1466455651
高円宮妃久子さま、日韓国交正常化50周年記念の仏像展をご訪問

フジテレビ系(FNN 620()2332分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160620-00000192-fnn-soci

 

高円宮妃久子さまは、20日、日韓国交正常化50周年を記念する仏像展を訪問された。
久子さまが足を運ばれたのは、東京・上野の国立博物館で、21日から公開される特別展「ほほえみの御仏」で、日韓国交正常化50周年を記念し、日本からは、奈良・中宮寺の「半跏思惟像(はんかしいぞう)」、韓国からは、国立中央博物館所蔵の「半跏思惟像」が展示される。

20
日は、公開を控え、2つの国宝の仏像の前で、裏千家の千玄室大宗匠による献茶式に続き、日韓両国の尼僧により、開眼法要が行われた。

お経が読み上げられる中、久子さまも、立ち上がって拝礼をされていた。

 

1466578002


Cge6XV9UMAAu7g1

国立中央博物館 特別展「日韓国宝半跏思惟像の出会い」http://www.konest.com/contents/spot_event_detail.html?id=10379

20160524() 20160612()

史上初!日韓それぞれの国宝仏像・半跏思惟像が2体同時に展示

ソウル龍山(ヨンサン)に位置する、韓国の国宝を約60点所蔵する国立中央博物館では、5月24()から6月12()までの3週間、特別展「日韓国宝半跏思惟像の出会い」が開催されます。

「日韓国宝半跏思惟像の出会い」は、日韓国交正常化50周年を記念し、韓国の国宝78号・金銅弥勒菩薩半跏像(国立中央博物館所蔵)と日本の国宝・木造菩薩半跏像(中宮寺所蔵)の2体の半跏思惟像を初めて同時に展示します。

1281205IMG1
半跏思惟像(はんかしゆいぞう)は、仏教の母国であるインドで制作されはじめ、中央アジア、中国などを経て韓国と日本に伝わりました。左足を踏み下げ、右足をその膝の上に組んで坐り、右手を頬に添えて思案する格好の半跏思惟像。この坐り方を半跏といい、物思いにふける(思惟)ことがその名の由来です。また、弥勒菩薩の微笑みは「アルカイック・スマイル」として知られています。


韓国と日本には半跏思惟像が多く見られますが、高さが1m前後の大型半跏思惟像は両国にそれぞれ2点しかなく、日本の京都・広隆寺の宝冠弥勒と奈良・中宮寺の木造菩薩半跏像、韓国の金銅弥勒菩薩半跏像(国宝78号、83)が該当します。半跏思惟像という同一形式の仏像が両国の文化中に表現される過程で、造形的な共通点と相違点をその場で感じることのできる貴重な機会です。

146657792352735678179_DSC02832

なお、国立中央博物館での展示のあと、6月21()から7月10()まで東京国立博物館で同展示「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」が開催予定です。

 




"New My Royals"に紹介された皇太子夫妻の岩手訪問写真と2週連続公務をしたと褒めるマスコミ

"New My Royals"に皇太子夫妻の岩手訪問の写真が4枚掲載された。
なんで?

秋篠宮両殿下のイタリア訪問やローマ法王謁見の写真はこのサイトに一枚も掲載されない。
なぜだろう?
おそらく両殿下がヨーロッパの王室の方々と会うことがあれば、紹介されるのだろう。
イタリアには残念ながら、王室はない国だから。
だからといって、ご立派な将来の皇統を継がれる両殿下がご訪問なのに、ほんとうに残念なことだ。

日本では評判悪い次代であると、誰か教えてあげてほしい。


Prince Naruhito and Princess Masako visited Miyako City

Crown Prince Naruhito of Japan and Crown Princess Masako of Japan visit a coastal levee in the northeastern Japan city of Miyako, devastated by the 2011 earthquake and tsunami disaster, on June 21, 2016. Renovation work has continued on the coastal levee for more than five years since the disaster.

http://www.newmyroyals.com/2016/06/prince-naruhito-and-princess-masako.html

皇太子夫妻、宮古市訪問
皇太子夫妻は6月21日、2011年の大地震と津波被害により壊滅的に被害にあった東北の宮古市を訪問した。沿岸の回復工事は大惨事から5年経ったが継続されている。

下記が紹介されている4枚の写真:

Princess-Masako-1

Princess-Masako-2


Princess-Masako-3

Princess-Masako-4


そして女性週刊誌は雅子さんがこれだけできるようになった、と大べた褒め記事だ。

・20日の午後は梅雨の間の快晴。その初夏の青空のように、雅子さまの表情は晴れやかだった。

「私が“父親を津波で亡くしました”と話すと、皇太子さまと雅子さまは“大変でしたね”と優しくお声がけくださいました。おふたりとも大変穏やかで、“がんばって!”というような激励よりも、じーんと心に響くものがありました」

さかのぼること1週間前の12日、ご夫妻は千葉県柏市で開かれた『みどりの愛護』のつどいに出席されており、2週連続での地方公務となった。


終始和やかな笑顔で2つの公務を遂げられた雅子さまのご様子について、“週2公務はご無理”とまでいわれた雅子さまが、2週続けて地方公務に臨まれるまでに快復されるとは本当に喜ばしいことです。結婚記念日の重圧の直後でしたからね…

69日、ご夫妻は23回目の結婚記念日を迎えられた。当日は東宮御所に天皇皇后両陛下や他の皇族方をお迎えし、お祝いの夕食会が催された。

・「両陛下をお招きするわけですから、失礼がないようご夫妻も大変緊張なさいます。雅子さまにかかるプレッシャーもかなりのものだったわけですが、その直後の2つの公務ではお疲れの様子を一切見せられず、しっかりとお務めを果たされました」

「両陛下、両殿下のお出ましのご予定などを記した文書が、東宮大夫の定例会見の際に宮内庁担当記者に配布されます。最近になって、ご夫妻でお出ましになる予定のものには『(両)殿下』と記載されるようになったのです」


・「これまで文書には『皇太子殿下』とだけ書かれ、あくまで雅子さまは“当日、急きょご出席が叶った”という形式が取られてきました。それが事前に記載されるようになったわけです。表情やご様子から感じとれるだけのものだった雅子さまのご快復傾向が、文書として裏打ちされたのです」


だからどうした?
出るか出ないかわからないから日程表に両殿下と書かれない、しかしここにきて事前に記載されるようになった?あったりまえではないの!どこまで甘やかす?まるで幼稚園児童だ。
2週続けて地方公務に臨んだ雅子さんが快復されてとってもえらい、ということか。

紀子さまは日帰り公務、連日公務、一日に2回公務、海外公務の翌日には国内公務、驚くほどの忙しさ、でも誰も褒めない。


ではその記事をどうぞ:

雅子さまのご快復傾向を裏打ちする宮内庁の内部文書

NEWS ポストセブン 623()70分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160623-00000004-pseven-soci


masakosama
雅子さまに「適応障害」の診断がなされたのは12年前のこと。それ以来、宿泊を伴ったものを含めた2週連続の地方公務は一度もなかった。

 だが、その連続地方公務が、この6月に実現した。実に13年ぶりのことだ。皇太子さまと雅子さまは62021日の2日間、東日本大震災の慰問のため岩手県に足を運ばれた。20日の午後は梅雨の間の快晴。その初夏の青空のように、雅子さまの表情は晴れやかだった。

「ご夫妻が降り立たれたJR盛岡駅には約800人が集まり、皇太子さまと雅子さまが姿をお見せになると“雅子さま〜”“岩手県にようこそ!”と歓迎の声があがりました」(皇室記者)

 その後訪問された『小本津波防災センター』では被災者にお声がけをされた。津波で自宅が大きな被害を受けた箱石正純さん(57才)はこう明かす。


「私が“父親を津波で亡くしました”と話すと、皇太子さまと雅子さまは“大変でしたね”と優しくお声がけくださいました。おふたりとも大変穏やかで、“がんばって!”というような激励よりも、じーんと心に響くものがありました」

 翌21日には、津波で壊滅的な被害を受けた田老地区を訪問されたほか、「震災遺構」として保存されているたろう観光ホテルを視察された。

 さかのぼること1週間前の12日、ご夫妻は千葉県柏市で開かれた『みどりの愛護』のつどいに出席されており、2週連続での地方公務となった。

「皇太子さまから“何年生?”と聞かれたので“2年生”と答えました。雅子さまからは“学校は楽しい?”と聞かれたので“楽しいけど、まあまあかな”って。雅子さまは笑いながら“そうなんだ”って優しい声で言ってくれました。ふたりともニコニコしていて、雅子さまはとってもきれいな人だなって思いました」

 柏市の小学生・久布白咲(くぶしろ・さき)さんは、ご夫妻とのほのぼのとしたやりとりを教えてくれた。終始和やかな笑顔で2つの公務を遂げられた雅子さまのご様子について、東宮職関係者は驚きを隠さずにこう話す。

「最近はご体調が上向いていることが感じられましたが、それでも昨年はじめに“週2公務はご無理”とまでいわれた雅子さまが、2週続けて地方公務に臨まれるまでに快復されるとは本当に喜ばしいことです。ましてや、結婚記念日の重圧の直後でしたからね…」

 69日、ご夫妻は23回目の結婚記念日を迎えられた。当日は東宮御所に天皇皇后両陛下や他の皇族方をお迎えし、お祝いの夕食会が催された。

「ご夫妻は、愛子さまと親子3人で小さな音楽会を披露なさったそうです。両陛下をお招きするわけですから、失礼がないようご夫妻も大変緊張なさいます。雅子さまにかかるプレッシャーもかなりのものだったわけですが、その直後の2つの公務ではお疲れの様子を一切見せられず、しっかりとお務めを果たされました」(前出・
東宮職関係者)

 雅子さまのお姿からは、「適応障害」から順調にご快復の一途をたどられていることが伝わってくるが、その陰で、事実、大きな前進が裏付けられていた。宮内庁関係者がそっと耳打ちする。

「両陛下、両殿下のお出ましのご予定などを記した文書が、東宮大夫の定例会見の際に宮内庁担当記者に配布されます。最近になって、ご夫妻でお出ましになる予定のものには『(両)殿下』と記載されるようになったのです」

 療養中の雅子さまは体調が不安定なこともあって、当日のご様子をみて出欠を最終判断されてきた。また、事前にお出ましを発表することが、過度な重圧につながるともいわれてきた。

「そのため、これまで文書には『皇太子殿下』とだけ書かれ、あくまで雅子さまは“当日、急きょご出席が叶った”という形式が取られてきました。それが事前に記載されるようになったわけです。表情やご様子から感じとれるだけのものだった雅子さまのご快復傾向が、文書として裏打ちされたのです」(前出・宮内庁関係者)

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン201677日号

写真: 2週続けて地方公務に臨まれるまでにご快復






皇太子夫妻、岩手県・たろう観光ホテル見学

一泊二日の岩手訪問を終えて皇太子夫妻はきのう新幹線で帰京した。

AS20160621003658_commL

岩手で津波の映像を見た雅子さんは「もう一度見せてくれ」と言われ、「おーおー」と声を出されていたという記事を読んでびっくりした。

テレビでさえ、津波シーンは衝撃が大きいので要注意と注意書きが流されるのに、二度も見たいとはどういうこと?





AS20160621003763_commL
震災遺構となっている、たろう観光ホテルを見学された。
津波でホテルの4階まで浸水したことなどの説明を受けられたほかたろう観光ホテル­の松本勇毅社長が撮影した津波の映像をご覧になった
映像を流したあと、雅子さまがもう度見せてくださいと話し2回にわたって、ご­覧になったという
松本社長は「『おー』と声を出されていたので津波のすごさや勢いを感じられたの­だと思う」と話した






FNN 皇太子夫妻、宮古市訪問 被災者と懇談され



0:48〜 津波映像についてもう一度見たい、と


JNN 皇太子夫妻、岩手・宮古市の防潮堤で犠牲者追悼


o0314045020160621at08_p

FNN 2016/06/21 に公開

皇太子ご夫妻、宮古市ご訪問 被災者と懇談される(岩手16/06/21)https://www.youtube.com/watch?v=vP9PxRP7MVc

20日、岩手県内入りされた皇太子ご夫妻は、21日は、東日本大震災で被災した宮古市­を視察された。田老地区の防潮堤では、黙とうをささげられたほか、被災者に、お言葉を­かけられた。

20
日夜、宮古市内のホテルに宿泊した皇太子ご夫妻は、午前930分ごろ、田老地区­の防潮堤を視察された。
ご夫妻は、津波で亡くなった人たちへの哀悼の意を込め、海に向かって深々と頭を下げ、­犠牲者に、黙とうをささげられた。










maxresdefault

このあとご夫妻は、震災遺構となっている、たろう観光ホテルを見学された。

津波で、ホテルの4階まで浸水したことなどの説明を受けられたほか、たろう観光ホテル­の松本勇毅社長が撮影した津波の映像をご覧になった。

映像を流したあと、雅子さまがもう一度見せてくださいと話し、2にわたって、ごになったという。
­

松本社長「『おー』と声を出されていたので、津波のすごさや勢いを感じられたの­だと思うと話した

sh1504101_2
その後、浄土ヶ浜ビジターセンターに向かい、仮設住宅などで暮らす被災者と懇談された
­

ご夫妻は、腰をかがめて、いすに座る被災者と同じ目の高さで話された。

懇談した人は、「『大変だった』ということで言われましたので、『1歩ずつ1歩ずつ、­前を向いていくしかない』と答えた」、「わざわざ遠いところまでいらしていただいて、­その分も、みんなで復興のために頑張っていこうと、あらためて思う」などと話した。

午後には、防災集団移転事業で高台に整備された三王団地も視察され、住民を慰労された
­

そして、皇太子ご夫妻は21日午後、JR盛岡駅で新幹線に乗り、岩手をあとにされた。


皇室掲示板にも:


被災地に心を寄せてない二人 Name 名無し 16/06/22()06:49 ID:.6m9VvEg No.1667513 

岩手の人は5年前の恐怖が蘇るから、本当は津波の映像など見たくないはず。
それでも皇太子夫妻のために見せてくれた。
そういう岩手の人の気持ちも考えずに「もう一度見たい」。
よくそんな冷徹なことが言えるよね。


無題 Name 名無し 16/06/22()13:43 ID:bQhOO0zU No.1667818  

岩手の皆様、本当にお疲れ様でした。

個人的に、昨年行った岩泉が、
アレラで穢れない事を切に願います。



無題 Name 名無し 16/06/22()14:46 ID:4wd.R9JI No.1667832  

津波の映像が流れる時に、注意書きがあるよね。
「これから津波の映像が流れますので云々」
被災者にはかなりのストレスという証拠。
それをまた見せろとか。



無題 Name 名無し 16/06/22()16:18 ID:h3Y/HkA. No.1667888  

被災者の心を逆撫でする言動だね。
本当に頭が悪いのね。
拡散させた方がよいのでは?



無題 Name 名無し 16/06/22()16:24 ID:IuJ/N49s No.1667892  

ほんま、どクズやわ



無題 Name 名無し 16/06/22()16:37 ID:e0pJpseA No.1667901  

本当に最低だわ。
当時被災地におり、伯父を津波で亡くしました。
こんな無知の方々にはお出で頂かなくて結構です。



無題 Name 名無し 16/06/22()17:17 ID:i.MLZt8I No.1667930  

東北から離れた地だけど、
最初あの津波の映像、その後の自衛隊の救出のドキュメント動画を見たけど
家も車も学校も故郷も一瞬にして無くなったのを見たら涙が出たよ
それぞれが頑張って得たものだもの

それを2度見て、おお〜!だもの
人間じゃないわ



無題 Name 名無し 16/06/22()17:22 ID:xaNDP006 No.1667933  

しかも雅子さん、終始笑顔だったわ。
吹き出すのをこらえているような口角上げ笑顔もありまし
た。私が被災者か遺族なら「なにニタニタしてんのよ!」
って、絶対に叫ぶわ。



無題 Name 名無し 16/06/22()17:39 ID:1jUKG1QU No.1667942  

阪神淡路大震災発生間もない頃、中東行ってバカ笑いできる無神経さだもん。
津波の映像を「もう一度みたい」と平気で言えちゃうんだろうね。
被災地どころか日本国民に心を寄せないのがこの二人。










無題 Name 名無し 16/06/22()17:44 ID:ZRrqFa8c No.1667943  

こんなのを立后のアリバイつくりのために被災地にやるミテコ皇后。



東京駅到着の皇太子夫妻:

1466519386

1466519345

1466519495

1466519435



1466519537

1466519676

1466519588

(写真は皇室画像ご一行さまより)

岩手県の皆さま、お疲れさまでした。





記事検索
最新コメント
タグクラウド
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ