皇后さま「傘寿」の誕生日 皇居で祝賀行事

写真拡大


 皇后さまは20日、80歳(=傘寿)の誕生日を迎えられ、皇居で祝賀行事が行われている。

 皇后さまの傘寿の誕生日の20日は、朝から祝賀行事が行われ、お祝いの昼食会に皇太子ご夫妻をはじめとした皇族方などが出席された。

 誕生日に先駆け、皇后さまは文書で感想を寄せ、来年、戦後70年を迎えることについて戦争体験者や遺族らの苦労に思いをはせられた。その上で「私たち皆が絶えず平和を志向し、国内外を問わず、争いや苦しみの芽となるものを摘み続ける努力を積み重ねていくことが大切ではないか」と訴えられている。

 また、天皇陛下に対しては「常に謙虚な方でいらっしゃり、また子どもたちや私を時に厳しく、しかしどのような時にも寛容に導いて下さり、私が今日まで来られたのはこのおかげであったと思います」と感謝の思いを述べられている。

 一方、宮内庁は傘寿を記念し、皇后さまの日々の生活の貴重な映像を公開した。映像にはこの春、群馬県・栃木県を私的ご旅行で訪れた際に乗ったトロッコ列車の車内で両陛下がくつろがれる姿や、御所の庭で宮内庁職員と毎年秋に行っている「ぎんなん拾い」の様子など、初公開のものも数多く含まれている。