皇室

秋篠宮両殿下、グアテマラとメキシコへご出発

1412080384095s
きょう秋篠宮両殿下はグアテマラとメキシコを公式訪問のため、成田空港を民間機でご出発された。
10月10日に帰国される予定。

相変わらずご出発の映像はなく、この写真一枚だけ。
中米での報道もアフリカ同様ないのだろう。
御嶽山噴火の自衛隊の活躍の報道も日本ではあまりなく、海外の報道で知る始末だ。
こんなマスゴミはどれもいらない!


NHKニュース
9月30日 14時26分
秋篠宮ご夫妻 メキシコなどへ出発

秋篠宮ご夫妻は、グアテマラとメキシコを公式訪問するため30日、成田空港を出発されました。
秋篠宮ご夫妻は、成田空港で宮内庁の幹部らとあいさつを交わして飛行機に乗り込み、午前11時すぎに出発されました。

ご夫妻は、国際親善のためグアテマラとメキシコを公式訪問し、このうちグアテマラでは北部のジャングルでマヤ文明最大級の遺跡を視察されます。

そして、日本の公式使節団派遣から400周年を迎え、去年からことしにかけて交流年が続いているメキシコでは、中南米最大の国際芸術祭の開会式に出席されます。

また、それぞれの国で大統領を表敬訪問するとともに歓迎の食事会に臨まれ、秋篠宮さまが日本との友好関係の発展を願うスピーチをされます。
秋篠宮ご夫妻は来月10日に帰国される予定です。


ところで6月にアフリカ・ザンビアへ出かけられた時、宮内庁がご夫妻のスーツケースの鍵を忘れ、別の飛行機で届けるという失態があった。

よもや、今回はそんなことがないように。

秋篠宮ご夫妻のスーツケースの鍵忘れた


ご無事で公式訪問を終えて、お帰り願いたい。
画像などは、また、現地の報道に頼らねばならないかも。

愛子さん学習院運動会で自分の子以外は撮影禁止

9月27日に愛子さんの通う学習院中等科で運動会があったそうだ。
今年は運動会の映像が出てこない。

TKY201310180298
こちらは過去の運動会の愛子さん


20091208111920411

ところが、この運動会で保護者の撮影は自分の子以外撮影はだめ、という通達があったという。

運動会のように大勢と競争や競技をするのにどうやって自分の子だけ撮影できるのか、中等科も愛子さんが入学した途端、こういうバカな通達を出している。これだから、学習院から逃げ出す人が多くなるのでは。

それに皇太子はいくつカメラを持っているのか、これも税金で買っている毎回立派なカメラをかまえ、運動会で撮りまくっているではないか。それも愛子さんが出ていない競技でも撮影しているという。

皇太子は撮影自由で保護者はだめ、とはもうめちゃくちゃではないか。


1411948207402s
NEWS ポストセブン
9月29日(月)7時6分配信
愛子さま通う学習院 運動会で「自分の子以外撮影ダメ」通達

 2学期開始直後の9月初旬、愛子内親王が通う学習院女子中等科では保護者向けに「9月27日の運動会について」というペーパーが配布された。

「写真撮影について『ご自分のお子さん以外の写真は撮らないでください』との文言が書かれていました」(学習院関係者)

 愛子内親王が中等科に進学してから初の運動会とはいえ、過去、秋篠宮家の眞子内親王、佳子内親王の中等科在学中にこうした指示がなされることはなかった。ある保護者はこんな困惑の声を漏らした。

「大勢が競技をするのに、どうやって自分の子供だけ撮ればいいのでしょうか」

 中等科の運動会では、学年ごとにダンス授業の発表が行なわれる。生徒全員参加の伝統行事だ。一度に百数十人の生徒が複雑な動きを織りなす踊りのなかから我が子だけをズームアップするのはプロのカメラマンでも至難の業。そもそも群舞の美しさを見せるダンスでのワンショットでは、せっかく練習してきた生徒たちもがっかりだろう。皇室記者が語る。

「中等科の運動会は『在校生の保護者以外は入場禁止』とされているが、初等科より見学者は少なく、それほど厳しいチェックはない。それなのにこうしたペーパーが配られた理由は、やはり雅子さまのご出席を想定してのことでしょう。東宮職の要請か学習院の配慮かはわかりませんが、これまでの経緯があるので双方が気を遣うイベントであることは間違いありません」

 東宮職と学習院行事の写真撮影をめぐっては過去に物議を醸す出来事があった。愛子内親王が4年生だった2011年の初等科運動会で「自分の子供以外を撮影するには許可を取らなければならない」という注意事項が配られた。

「愛子さまが周囲の目を気にする年頃だという理由でしたが、むしろ雅子さまへの配慮の意味合いが強かったようです。療養中で公務の出席が難しいなか、プライベートでは笑顔を見せることに批判が出るのを避けるためだったといわれました」(前出の皇室記者)

 ところがその運動会では、多くの保護者が撮影を控えるなか、皇太子が写真を撮影する姿があり、そのことに戸惑いを口にする保護者も少なからずいた。
※週刊ポスト2014年10月10日


2chの書き込みにも:
皇太子だけ撮りまくりw
愛子が出場していなくても撮っていそうだなw

>多くの保護者が撮影を控えるなか、皇太子が写真を撮影する姿があり、
ジワジワ来る文章だな

>ところがその運動会では、多くの保護者が撮影を控えるなか、皇太子が写真を撮影する姿があり、そのことに戸惑いを口にする保護者も少なからずいた。

> 療養中で公務の出席が難しいなか、プライベートでは笑顔を見せることに批判が出るのを避けるためだったといわれました」(前出の皇室記者)

こちらは皇室画像掲示板の書き込み:
…無題 Name 名無し 14/09/29(月)11:54 ID:OfpWx.dA No.1127362
小学館は、反日系らしいね。
国民の意識と乖離した雅子さんの擁護を続けるつもりだろうか?

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)12:40 ID:lFHd7iBw No.1127370
ヨダ愛子がアレレだからとは口が裂けても言わないね
親離れできない雅徳のせいにしてる

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)12:46 ID:OfpWx.dA No.1127371
公務復帰がまったく進んでいないから問題なのに、
国民を欺く見出しです。
国民を騙そうとする記事だろうか?

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)14:52 ID:FIDHb3xM No.1127416
いつもこのパターンで、結局復帰しないんだよね。
しなくていいけど。今更だよ。

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)15:49 ID:9huG2LkY No.1127439
中学生になってもまだ運動会の取材ですか?
中学生なら両親の公務にちょっと出席したり
するものですよ。

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)19:07 ID:mP/c4PMI No.1127503
人としても親としても失格のマサコサン。
そんな人が皇后になどになったら、日本の未来は絶望。

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)19:14 ID:OfpWx.dA No.1127511
人として本当にできの悪い人ですね。
こんな皇族を頂けると思えない。

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)19:53 ID:8K2euG5A No.1127531
>公務復帰が進むなか
えっ?
公務しないで静養ばっかでしょ( ´△`)

…無題 Name 名無し 14/09/29(月)20:03 ID:AmPS0i8k No.1127534
公務って雅子が来て嬉しい人なんている?
創価学会会員が揃って心にもない声援するだけでしょ?


東宮一家はまたこんなバカらしい通達出して自爆している。
やればやるほど、学習院保護者やOB、国民から呆れられ、こんな皇族いらない、と思われる。
こんなことすれば、ますます国民の反感を買う。
まともな助言ができるスタッフはいないのか。

常陸宮両殿下、金婚式を迎えられる

l_66e2b88b8c60decf441d17060eee59f045332206
常陸宮両殿下はきょう結婚50周年にあたる金婚式を迎えられる。

両殿下は皇室の中で目立たないお立場でも懸命に公務に励まれ、皇室を支えていらっしゃったことを国民として感謝申し上げたい。

心からおめでとうございます。
ご健康に気を付けてお幸せに



常陸宮両殿下、結婚から50年の金婚式を迎えられる


こちらの記事でも映像が見られる。

TBSニュース
TBS系(JNN) 9月30日(火)6時2分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140930-00000023-jnn-soci

常陸宮ご夫妻が金婚式、文書で感想寄せられる

 天皇陛下の弟の常陸宮さまが、結婚50周年を迎えられました。

 常陸宮ご夫妻が結婚50周年を迎え、文書で感想を寄せられました。常陸宮さまは、手足が不自由になってきたことをあげて、「華子が側にいてくれるので、つい頼ってしまうところがあります」と妻・華子さまの支えがあることを明かしたうえで、「二人揃って金婚式を迎えることが出来て嬉しく思います」と感想を綴られました。

 一方、華子さまは、結婚生活について「長くもあり短くもあり無我夢中の日々を過ごして参りました」と振り返られました。

また、結婚当初、常陸宮さまから「『昨日は寝言で御所に上がった時のご挨拶を言っていたよ』」と言われていたことなど、皇室に嫁がれた際の状況についても触れ、「記念日をお元気な宮様と共に揃って迎えられます事を深く感謝いたします」と感想を述べられました。(30日05:02)
最終更新:9月30日(火)6時39分


華子さまのファッションはとても素敵、なかなか報道されないが、大好きだ。

l_83cc68d7bd583063a5a318db5c4ca6882cd4fbb6


20090316_573183



c15f34528538a9e9c4a17a4dfa9eb9af

img78921502zikczj

両陛下の公務は働き盛りのサラリーマン並み

o0500039811969407045

両陛下の「私的旅行」のどこが「私的」?

これはまったくの公務ではないか、と前の記事に書いたところ、その疑問にこたえてくれる記事を紹介していただいた。

ネットで紹介された「女性セブン」2014年10月9日号より:

NEWS ポストセブン
9月25日(木)16時6分配信

働き盛りサラリーマンと同レベルで公務続ける天皇皇后両陛下
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140925-00000018-pseven-soci

 9月24日から1泊2日で青森を訪問される天皇皇后両陛下。これは天皇陛下が80才を迎えられた昨年から始まった私的旅行で、今年の秋、その旅行先に選ばれたのが青森だった。

 この私的旅行は、いわゆる“公式”ではなく、“休暇”の意味合いが強いご旅行であるにもかかわらず、ゆっくりと好日を楽しまれることよりも、地元の人々との交流を持たれようとされている。そこには、こんな思いが込められているという。

「今回の青森訪問は両陛下のたっての希望だったということです。被害が大きかった岩手、宮城、福島には何度も足を運ばれていましたが、青森にはなかなか機会がありませんでした。そのため、私的旅行を利用して被災者を励まそうと考えられているのです。ですから、現地での訪問先も震災の影響を受けた場所を中心に選ばれたわけです」(皇室記者)

 私的な旅行でさえ、国民のために時間を費やされる両陛下。今年に入ってからも、おふたりはお休みをあまり取られていない。

「元日の新年祝賀の儀を皮切りに全国戦没者追悼式、全国植樹祭、国民体育大会などへのご出席、また国事行為に関連したものなど、さまざまな公務がおありです。宮内庁の発表によれば、1月は、陛下は8日、美智子さまは10日しかお休みになられていません。2月も陛下は8日、美智子さまは9日のお休みしかなく、今年は月平均9日の休日しか取られていないのが両陛下の現状なのです」(前出・皇室記者)

 厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によれば、年間休日総数の平均は112.6日。つまり月平均で約9日。ご高齢にもかかわらず、両陛下は日本の平均就労者、いわば働き盛りの一般サラリーマンレベルで公務を続けられているのだ。さらに、ご公務がない日でも、両陛下はお休みというわけではない。

「公の予定がない日、両陛下は近々の公務の内容を確認され、じっくり時間をかけて、多くの資料をお読みになって勉強されています。また、地方への行幸啓の際は、事前に訪問先の関係者を皇居に呼ばれ、詳しく話をお聞きになるのです。今回の青森訪問の場合も、担当者から県政や災害復興状況のレクチャーを受けられたはずです」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 そして、今回の私的旅行では、夜も眠れない状況になる可能性もあるという。

「両陛下は、先日、宮内庁が四半世紀を懸けて完成させた『昭和天皇実録』に、目を通さなくてはなりません。全60巻、1万2000ページもありますから、今回の私的旅行でも、『実録』の一部をご持参なさって、お読みになられると、うかがっております」(宮内庁関係者)

 10月20日には、美智子さまも80才、傘寿をお迎えになる。一般の人なら、すでにリタイアしてのんびりとした生活を送る年齢だが、両陛下は今も“国民のために”と命を懸けて、その責務を全うされているのだ。
※女性セブン2014年10月9日号

両陛下 24年ぶりに青森へ

両陛下は24日に青森県に入り、きょう帰京される。青森へは24年ぶりのご訪問とのこと。

しかし二日間にわたって八戸港の復興の様子を視察されたり、魚の荷さばき施設も視察、ほとんどが公務ではないか。

なぜ「私的旅行」というのか不思議?

長男一家の静養こそ「私的静養」なのに、決して「私的」とは言わないマスゴミだ。

こちらが青森での映像。


両陛下、青森県ご訪問へ 復興状況を視察


NHK 両陛下 復興の八戸港などを視察



読売新聞
2014年09月24日 21時36分
両陛下、青森県を震災後初訪問…八戸港を視察

 天皇、皇后両陛下は24日、私的旅行のため青森県入りし、東日本大震災で被災した八戸港の復興の様子を視察された。

 八戸港には震災で高さ6・2sメートルの津波が押し寄せ、防波堤が倒壊したり岸壁に漁船が打ち上げられたりした。両陛下は、港を一望できるビルの屋上から復旧工事を終えた港を見学し、魚の荷さばき施設も視察された。また景勝地・種差(たねさし)海岸で、天皇陛下は「ハマギクが満開ですね」と話し、周りの草花について説明を受けながらゆっくりと散策された。

 両陛下が震災後、青森県を訪問されたのは初めて。両陛下は被災した八戸などの様子を気にかけており、今回、同県を24年ぶりに訪ねられた。


記事検索
最新コメント
タグクラウド
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ