remmikkiのブログ

カテゴリ: 海外関係

レバノンへ逃亡したカルロス・ゴーン元日産CEOの父親のことが明らかになってきた。
なんと1960年4月、カルロス・ゴーンが6歳の時、父親のジョージ・ゴーン(当時37)はレバノンの村でボリス・ムスアド神父を銃殺、1961年1月9日に死刑判決を受けていた。

しかし、刑務所では模範囚となり、その後15年の禁固刑に減刑、1970年ごろに出所、だが偽札容疑でまた逮捕、15年の刑に処される。

1975年レバノン内戦の混乱に乗じてベイルートを脱出に成功。ブラジルのリオデジャネイロに逃げてブラジルでビジネスに成功、2006年に死亡した。

こんなストーリーがForbesに掲載された。

父親の犯罪に子供は無関係だが、今回の日本脱出についても父親の血筋を感じてしまう。
先日見た映画「ロング・ショット」主演のシャーリーズ・セロンも彼女が15歳の時に父親に暴力を振るわれ、寝室に逃げると父親が銃を持ってドアに向かって発砲、娘の命の危険を感じた母親が父親を射殺するという事件に見舞われている。母親は正当防衛を認められたがこのことを隠さずに公表しているという。

ゴーンさんのストーリーは松本清張
が描いてきた人間の現世欲や秘めた怨念の世界のグローバル版と言えるのではないだろうか、という言葉で締められているが、ほんとうにそうかも。

ではForbesの記事をどうぞ:


仰天報道 カルロス・ゴーンの父親は神父を銃殺し、死刑判決を受けていた
Forbes Japan 2020/1/12()14:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00031734-forbes-int

 

3173448b17c8f534ffeea5b072988f9a051bd

1月8日記者会見したカルロス・ゴーン(GettyImages

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーンの記者会見は、レバノンをはじめアラブ諸国でも大々的に報じられているが、衝撃的な報道が登場した。それは、ゴーンの実父、ジョージ・ゴーン(アラビア語名はゴスン、2006年に死亡)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていた、というものである。

ドバイのアル・アラビーヤ国際ニュース衛星放送が報じたところによると、フランスのオプセルヴァトゥール(LObs)の東京特派員レジー・アルノー記者が、カルロス・ゴーンの人生にせまる『逃亡者』という本を25日に発売する。その本に、ゴーンが6歳のとき、父親のジョージが犯した殺人事件について触れていることが明らかになった。

ただの脅しのつもりが……

アルノー記者の本を事前に入手したクウェートのアル・カバス紙によると、事件が起きたのは1960年4月17日。レバノンの村の路上で銃殺された死体が発見された。

被害者は、ボリス・ムスアド神父。3日後に5人組の犯人グループが逮捕された。その一人が、当時37歳だったジョージ・ゴーン。ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者であり、ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。

ジョージは事件の20年前にナイジェリアの首都ラゴスでボリス神父と出会っていた。ボリスはレバノンの山岳地帯で羊飼いから神父になった人物。その神父にジョージは密輸を依頼するようになる。儲けたカネを分け合う関係だったが、「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」と、ジョージは供述している。

事件当時、息子のカルロスは6歳。父親は殺人で逮捕されるのだが、その後、さらなる驚きの犯罪が発覚する。

賄賂、偽札、脱出、成功

バアバダー刑務所に送還されたジョージは、「貧しそうだったので憐れんでやった」と看守たちに賄賂を配り、刑務所のドンとなった。昼間は刑務所外で過ごし、夜は刑務所に戻る形で、近くに開いた賭博所で看守や囚人たちをもてなしていたという。

同年の84日、仲間11名が逃亡を計画。ジョージは逃亡に加わらなかったが、脱獄に失敗して逮捕された仲間が衝撃的な供述を行う。それは、ジョージがバアバダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をもちかけていたというのだ。これによって、ジョージ・ゴーンは196119日に死刑判決を言い渡された。

しかし、ジョージは模範囚となり、その後15年の禁固刑に減刑された。出所したのが、1970年。ところが、話はこれで終わらない。刑務所から出所した4か月後にまた逮捕された。34000ドルもの偽札を所持していたのだ。取り調べの結果、100万ドルの偽札をすでに販売していたため、再度15年間の禁固刑に処される。

3
年後、刑務所内で自殺未遂事件を起こしたが、チャンスが到来する。1975年初頭、レバノン内戦の混乱に乗じてベイルート脱出に成功したのだ。ジョージはブラジルのリオデジャネイロに逃げて、ブラジルでビジネスに成功。2006年に死亡した。

なぜ今回明らかになるのか?

これまで敏腕経営者としてのカルロス・ゴーンにまつわる本は数多く出版され、本人も多くのインタビューでも生い立ちについて語っている。ゴーンは祖父母や母親については多くを語っているが、父親についてはあまり話してこなかった。密輸、殺人、判事らの殺害計画、偽札など、その犯罪歴を考えれば、当然といえば当然だろう。

実はこの
ジョージ・ゴーン

の悪行は今回初めて暴露されたわけではない。レバノン歌謡界の大御所で、アラブの歌姫としてアラブ諸国では知らぬ人はいない、サバハ(2014年に死去)が自叙伝に書いているのだ。サバハは日本でいう美空ひばりのような存在。彼女が自ら筆をとった自叙伝でこのことに触れているのは、かつての恋人がジョージに殺された神父だったからだ。

レバノンを見捨てた男?

今回、『逃亡者』を書いたアルノー記者は、1960年代にベイルートで発刊されていたフランス語紙Lorientに掲載されていた殺人事件の記事に着目し、そこから丹念に調査を行ったという。

親の罪は子どもとは無関係なのに、今回アラブ社会で報道された背景には、アラブ諸国でのゴーンへの厳しい見方もある。アラブ社会ではオーナー社長がワンマン経営で公私混同の好き放題をやるケースはある。ただ、ゴーンはオーナー社長ではなく、「雇われ社長のくせに何を勘違いしているんだ」という、成り上がりへのやっかみがある。

もちろん辣腕経営者として尊敬されている面もあるが、低所得者層からは「イスラエルに尻尾をふる億万長者」とか「レバノンを見捨てた男」と見られており、そうした庶民感情に応える形での暴露とも言えるだろう。

隠し続けた過去、成功、カネへの執着、元妻へのDV訴訟、そして今回の逮捕と逃亡。まるで戦後を代表する小説家、松本清張が描いてきた人間の現世欲や秘めた怨念の世界のグローバル版と言えるのではないだろうか。Forbes JAPAN 編集部

カルロス・ゴーン幼少期:
右上が父親か?

12102-300x206


ゴーンさんの家族について調べて見た。
ゴーンさんの元妻との間には1男3女がいる。


夫 カルロス・ゴーン 妻 リタ・ゴーン
リタ・ゴーンさんとはDVが元で離婚したという噂。


ghosn_r-740x350

リタ・ゴーン元妻


1-42

CarolineGhosn_CROP
長女(キャロラインゴーン)
生年月日 1987129(31)


2008年にスタンフォード大学で国際政治経済学と環境経済学の学士号を取得して卒業。

彼女は6ヶ国に住んでいて、4つの言語を話す。


大学卒業後はMcKinsey and Companyに就職。


退職後、Levoの会社を創設。


Richesse-No_16_image_large



次女

(ネイディーン・ゴーン)

三女(マヤ・ゴーン)

長男(アンソニー・ゴーン)

1e555b44274847af75756a0a705e3dfa

左からアンソニー(長男)、マヤ(3女)、カルロス、キャロライン(長女)

2013-GettyImages-188152359_master


次女ナディーン

yjimage4S504XRL

carlos_ghosn_02_jiji

再婚相手、キャロル・ナハス。2016年10月にフランス、パリのベルサイユ宮殿を貸し切り、結婚式を挙げた。
この時の費用も疑惑に入っている。


gallery-1487371832-period-romance-1

カルロス・ゴーン自身は3人兄妹という。

下記ブログより抜粋:
https://torasan1.com/post-4065/

上から姉(クロディーヌ)、ゴーン、妹(シルビアゴーン)、そして両親という5人家族構成。

こちらは姉のクロディーヌさん:

d31e9385f93f249ef1f3f940607423e2

名前は「クロディーヌ(Claudine Bichara)」さん
  • 年齢は不明ですが、弟になるカルロスゴーンの誕生日が195439日ですので、年齢は64歳より上
  • 弟カルロスゴーンが16歳でフランスに移住した時には、既に姉のクロディーヌはフランスに渡っています。
  • クロディーヌはフランスのリヨン大学を卒業し、パリ・デカルト大学(パリV)などの大学院で民族学研究を専攻
  • 1995年に「Netune Ltda」というインターネット決済や電子取引の戦略などに関するコンサルティングサービスを提供する会社を立ち上げ、責任者に就任。
  • 20133月から20173月まで、フランスとブラジルの商工会議所の会長を務める。
  • 現在、ブラジルのリオデジャネイロに住んでおり、日産とのパイプは、リオにあるオフィスの昼食会に参加できる程に親しい。
    この姉も日産から不当な利益を得ていたと提訴された。

yjimage

img_d72f06f0f365df66db366120432aa86073098

カルロス・ゴーンCarlos Ghosn19543月9- )は、ブラジル出身の実業家2004年に藍綬褒章を受章。ルノー日産自動車三菱自動車工業株式相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長最高経営責任者(CEO)を務めていたが、201811月に東京地検特捜部金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。

保釈中の201912月に日本から密出国によりレバノン逃亡し、202012日に国際刑事警察機構により国際手配書(赤手配書)にて国際手配されている逃亡中の刑事被告人。

両親はレバノン人で、ブラジルで誕生。幼少期をブラジルで過ごし、中等教育は父の母国であるレバノンベイルートで受けた。フランスの工学系グランゼコーの一つであるパリ国立高等鉱業学校を卒業した後、フランス大手タイヤメーカー、ミシュランに入社し18年間在籍。

ミシュラン社での業績が評価され、ルノーに上席副社長としてスカウトされ、同社の再建にも貢献した。

19993月、当時経営と財政危機に瀕していた日産がルノーと資本提携を結び、同年6月、ルノーの上席副社長の職にあったゴーンが、ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産自動車の最高執行責任者COO)に就任。後に日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)、ルノーの取締役会長兼CEOPDG)、ルノー・日産アライアンスの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。

「コストキラー」「ミスター調整(FIX IT)」などの異名をとるゴーンは、日産再建に向け社員とともに「日産リバイバルプラン」を作成。短期間で日産の経営立て直しを果たし、2003年にフォーチュン誌は、彼を「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」と称している20136月から20166月には、ロシアの自動車メーカのアフトヴァース会長も務めていた。

レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。


    mixiチェック

ヘンリー王子夫妻が王族から身を引く、と公表し、英国や世間を騒がせているニュース。
こからは英国と北米を行ったり来たりの生活をするという。

英国に詳しいジャーナリストによると、
将来はカナダに拠点を移し、英王室の称号を放棄する可能性もあるという。
クリスマスにはメーガンさんの友人が多いカナダのバンクーバー島で過ごした。
昨年には英女王と4世代の国王後継者の正式ポートレートを公表したばかり。
ヘンリー王子は用済みの「スペア」に過ぎないとも言われている。


またメーガン妃と英国民の関係は完全に冷え切っているという。
ここが日本の本質と違うところ。
日本だって下天皇夫妻と特に下皇后とまともな国民はカルト信者以外は完全に冷え切っているが、マスゴミは下天皇擁護なのでこのことは決して真実を書かない。

カナダに住むと決心しても費用がかなりかかる。豪邸は約15億円、生活費はかなり高い、警備費もかなりかさむ。
実際に夫妻が受け取っている王族としての収入は記事に詳細が書かれているが億単位の金額。これを放棄して生活できるのか、疑問だ。

記事によると、

メーガン妃はアメリカ人で離婚経験者、アフリカ系、キャリアウーマン、フェミニストでアクティビスト。キャリアがないまま英王室に嫁いできたキャサリン妃とは全く違うタイプの女性。英大衆紙はメーガン妃を「奴隷の子孫」と散々叩いてきました。」

また、
ヘンリー王子とウィリアム王子の不仲説もくすぶり、ヘンリー王子はITVのドキュメンタリー番組で「兄弟には良い日もあれば悪い日もある」と2人の間に溝ができていることを初めて認めました。」

さてこれからどうなるのか注目していいきたい。


The Duke and Duchess of Sussex will step back as senior royals

The Duke and Duchess of Sussex announced that they intend to step back as "senior members of the Royal Family." The Duke and Duchess said that they had taken the decision "after many months of reflection and internal discussions." The Duke and Duchess of Sussex shared their plans to split their time between the United Kingdom and North America in an Instagram post.


https://www.newmyroyals.com/2020/01/the-duke-and-duchess-of-sussex-will.html

 


サセックス公爵と公爵夫人、シニア・ロイヤルとして引退


サセックス公爵と公爵夫人は「ロイヤル・ファミリーのシニア・メンバー」として引退するつもりであると発表した。公爵と公爵夫人は「何ヶ月もの熟考と内部協議の末」決断したと語った。サセックス公爵と公爵夫人はインスタグラムで英国と北米で過ごす計画だと語った。

 

meghan-harry

 

However, Buckingham Palace released an officially statementsaying discussions with the royals were "at an early stage.". In thestatement, it is also said "We understand their desire to take a differentapproach, but these are complicated issues that will take time to workthrough.”.

 

しかしながら、バッキンガム宮殿はまだ「最初の段階」であり、王族と論議していると公式に声明を発表した。声明では「我々は異なるアプローチをとることを望んでいるが、時間がかかる複雑な問題であるとも表明している。

 

 

ヘンリー王子夫妻、「高位」王族引退を発表
AFP BBNews 2020/1/9()4:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000004-jij_afp-int

img_3d4067fa392ad6fc44e01835c52f0721132538

英ロンドンのカナダ・ハウスを訪問したヘンリー王子とメーガン妃(2020年1月7日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事】(更新)英国のヘンリー王子Prince Harry)とメーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)は8日、高位王族の地位から退き、北米で過ごす時間を増やすとの電撃発表を行った。

img_281342d4a66fc410d5e84da125bf18bd160798

【写真特集】ヘンリー王子とメーガン・マークルさんのロイヤルウエディング

 ヘンリー王子夫妻はバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)を通じ出した声明で、「『高位』王族としての地位から身を引き、経済的独立に向けて取り組むと同時に、引き続き女王陛下を全面的に支援する」と表明。

 さらに「数か月にわる熟考と内部協議の末、私たちは本年を、この機関における進歩的で新しい役割を切り開いていくための移行期に充てることを決めた」とし、「私たちは英国と北米での時間のバランスを取る予定だ」と述べた。

 王子夫妻の発表は、他の王室メンバーにとって寝耳に水だったようだ。
エリザベス女王QueenElizabeth II)の報道官は短い声明を出し、王子夫妻との協議は「初期段階」にあると説明。「われわれは2人が異なったやり方を望んでいることは理解しているものの、これは時間を要する複雑な問題だ」と表明した。

 高位王族の役割は公式には定められていないが、一般的には王位に近い存在で、王に代わって公務を頻繁に行うものと考えられている。

 昨年は英王室にとって波乱の1年となり、ヘンリー王子夫妻は王族としてのプレッシャーや家族関係に生じた溝といった問題に苦慮してきた。

 王子夫妻は、2018年の挙式と昨年5月の長男アーチー(Archie)ちゃん誕生後、メディア攻勢による圧力に悩んでいると告白。昨年のクリスマス休暇はエリザベス女王ら王室メンバーではなく、カナダでメーガン妃の母
ドリア・ラグランドDoriaRagland)さんと共に過ごすと発表した。【翻訳編集】 AFPBB News


2d5d6539

 


メーガン妃と
ヘンリー王子が英王室を離脱する 年の半分カナダに移住

木村正人  在英国際ジャーナリスト

2020/1/9() 5:55

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200109-00158185/

20200109-00158185-roupeiro-000-8-view


1
7日にロンドンのカナダ・ハウスを訪れたメーガン妃とヘンリー王子(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

「カナダに拠点を移し、英王室の称号を放棄する可能性も」

[ロンドン発]結婚と第一子アーチーちゃんの出産を巡り英メディアとの関係が極度に悪化していた英王位継承順位6位のヘンリー王子(35)と妻の元米人気女優メーガン妃(38)が年の半分ずつをイギリスと北米で過ごすことをインスタグラムで表明しました。

メーガン妃とヘンリー王子はインスタグラムにこう書き込みました。

「何カ月も考えた末、今年、英王室で進歩的な新しい役割を切り開くために新しい一歩を踏み出す選択をしました。王室のシニアメンバーとして退き、財政的に独立するように働きながら、女王陛下を支援していくつもりです。イギリスと北米でバランスを取りながら過ごす計画です」

3人は年間最大6カ月、南アフリカで過ごす計画だと報じられていましたが、メーガン妃が女優時代に拠点を置き、友人も多い英連邦のカナダに移住することにしたようです。このクリスマス、3人は英王室伝統のサンドリンガムではなく、カナダのバンクーバー島で過ごしました。

メーガン妃の友人は英大衆紙サンに「そうはならないことを願っていますが、3人がカナダに拠点を移し、英王室の称号を放棄する可能性もある」と話していました。ヘンリー王子は、家族のプライバシーを第一にするメーガン妃の意向を優先にして英王室から離れる覚悟を決めました。

英王室では、交際した女性は1000人を超えると言われるプレイボーイ、アンドルー英王子(59=英王位継承順8=が昨年11月、勾留中に自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告の未成年性的搾取疑惑に関連して公務から事実上“解任”されたばかり。

エリザベス女王(93)が高齢化し、チャールズ皇太子(71)の王位継承がひたひたと近づいています。新年早々、英王室はエリザベス女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子が4人で写った写真を公開し、王位継承のラインを明確に示しました。

用済みの「スペア」に過ぎないヘンリー王子

物議を醸す米PR会社と協力してサセックス・ロイヤル財団の設立を計画、独自路線を突き進むメーガン妃と英王室は距離を置きたいと考えています。英王室にとって主役はあくまでウィリアム王子とジョージ王子であって、ヘンリー王子は用済みの「スペア」に過ぎません。

これに対して、メーガン妃は昨年、英民放ITVのドキュメンタリー番組で「何かを生き抜くだけでは十分ではないでしょ? それが人生のポイントではありません。成功しなければなりません。幸せを感じなければなりません」と訴えました。

「感情を抑えるというイギリス流の繊細さに適応しようと本当に努力しましたが、私の内面をおそらく傷つけました」と打ち明けました。

メーガン妃と英国民の関係は完全に冷え切っています。ヘンリー王子が英王室を離れるのを寂しく思う人がいても、メーガン妃とアーチーちゃんのカナダ移住については「あッ、そう」「当然だよね」というのが辛辣な英国民の本音のような気がします。

ヘンリー王子とメーガン妃に王族の特典を手放す覚悟は

しかし、3人がカナダで暮らすと言っても費用がかかります。3人がクリスマスと新年の6週間を過ごしたバンクーバー島の豪邸は1410万ドル(約154000万円)相当。バンクーバーはカナダで最も生活費が高い都市です。

英大衆紙デーリー・メールによると、3人には最大6人のボーディーガードがついており、警備費は60万ポンド(約8600万円)とかさみます。

ヘンリー王子の純資産は3000万ポンド(約43億円)にのぼるそうです。チャールズ皇太子からコーンウォール公爵領の収入の一部として490万ポンド(約7億円)を受け取っています。

ウィリアム王子とヘンリー王子はエリザベス女王から王室の活動費として500万ポンドを受け取っています。このうちヘンリー王子とメーガン妃には約200万ポンド(約28600万円)が割り当てられているそうです。

ウィリアム王子とヘンリー王子は年間316万ポンドの非公式支出を請求し、ヘンリー王子はうち126万ポンド(約18000万円)を受け取っているとみられています。

ヘンリー王子とメーガン妃はスタッフの人件費として個人秘書146000ポンド、スーパー乳母104000ポンドなど年間100万ポンド弱(約14300万円)を請求しています。

家族のプライバシーと自由を守るためヘンリー王子とメーガン妃に王族の特典を全て放棄する覚悟なら大したものです。


「子宮の中にいる時しかプライバシーは存在しない」

「子宮の中にいる時にしかプライバシーはない」と言われる英王室。世界の注目度も高く、「タブロイド」と呼ばれる英大衆紙は鵜の目鷹の目で王室のスキャンダルをほじくり出します。

アーチーちゃん出産前にメーガン妃とヘンリー王子がロンドン郊外のウィンザーにあるフロッグモア・コテージを300万ポンド(約42900万円)かけて改装し、転居したことをきっかけに、メーガン妃とキャサリン妃の不仲説は一気に火を吹きます。

英大衆紙サンが、キャサリン妃がメーガン妃に「ケンジントン宮殿の私のスタッフにガミガミ言うのは止めて」と苦情を言ったと報道。

結婚式でもシャーロット王女の着るブライズメイドドレスを巡ってメーガン妃の要求がきつく、キャサリン妃が泣いたという話もまことしやかに伝えられました。

メーガン妃はアメリカ人で離婚経験者、アフリカ系、キャリアウーマン、フェミニストでアクティビスト。キャリアがないまま英王室に嫁いできたキャサリン妃とは全く違うタイプの女性。英大衆紙はメーガン妃を「奴隷の子孫」と散々叩いてきました

セレブぶりが際立っていたメーガン妃

エリザベス女王はストッキングが伝線するとハロッズに繕いに出していました。ハリウッド女優だったメーガン妃は派手で華があり、英国伝統の倹約からはかけ離れています。

米ニューヨーク市にある五つ星ホテルのペントハウスで行われたベビーシャワーには、女子プロ・テニス選手のセリーナ・ウィリアムズさんや米人気俳優ジョージ・クルーニーの妻で人権弁護士アマルさんら著名人が参列。費用は20万ドル(約2200万円)と報じられました。

メーガン妃は友人である米人気女性司会者オプラ・ウィンフリーさんとの共同プロジェクトもスタートさせています。


ジバンシーの詰まった洋服ダンスに787000ポンド(約11300万円)。メーガン妃38歳の誕生日を祝うためスペインのリゾート・イビサ島にプライベートジェットで往復。プライベートジェットのチャーター代は片道2万ポンド(約285万円)。イビサ島6泊のご予算は12万ポンド(約1700万円)。

メーガン妃はこうした報道に対して「私の友人は、英大衆紙があなたの人生を破壊するから結婚するのは止めた方が良いと言いました」と本音をぶちまけました。

ヘンリー王子とウィリアム王子の不仲説もくすぶり、ヘンリー王子はITVのドキュメンタリー番組で「兄弟には良い日もあれば悪い日もある」と2人の間に溝ができていることを初めて認めました。

英国の欧州連合(EU)離脱の原動力は「ホワイト・アンダークラス(白い負け組)」の怨念です。英大衆紙はメーガン妃が英王室を自分のディズニーランドのように勘違いしていると「ホワイト・アンダークラス」の怒りをあおってきました。

ヘンリー王子は「私には守るべき家族がいます」と話していました。2人はメーガン妃の父親への私信を違法に報じられたり、携帯電話の音声メッセージを盗聴されたりしたと大衆紙を訴えましたが、逆に王室の権限を乱用しているという批判にさらされていました。

アメリカで生まれ育ったメーガン妃に英王室に嫁ぐという観念を求めるのは最初から無理だったようです。

 

木村正人 在英国際ジャーナリスト

木村正人
在ロンドン国際ジャーナリスト(元産経新聞ロンドン支局長)。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。

産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。

2002
03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。

著書に『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com




しかしヘンリー王子の経済的自立は大丈夫なのか?

ヘンリー王子
は英陸軍航空隊のヘリコプター操縦士として年収5万〜53000ドル(約550万〜580万円)、ヘンリー王子の保有資産はおよそ4000万ドル(約437000万円)、つまり、王子とメーガン妃が検討中の「自ら働いて収入を得る」ことが実現しなかったとしても、夫妻は十分に暮らしていけるということだ。メーガン妃も結婚前に、ドラマ『スーツ』や映画への出演、企業とのスポンサー契約などで、多額の収入を得ている、とのこと

「経済的に自立する」は大丈夫? 「引退」電撃表明した、ヘンリー王子の懐具合をチェック
BAZAAR 2020/1/9()22:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200109-00010006-bazaar-ent

 

20200109-00010006-bazaar-000-1-view

メーガン妃とヘンリー王子。

18日、英国ロイヤルファミリーのヘンリー王子メーガン妃が王室の“高位”の立場から退き、「経済的に独立したい」意向を電撃表明し、世界中の人たちを驚かせた。

【写真】華麗なる英国ロイヤルファミリーの家系図をおさらい

このニュースを受け、私たちが「高位の立場を退くとはどういうことなのか、夫妻は現在、経済的にどのような状況にあるのか」ということに興味を持ってしまうのは当然のこと。

ヘンリー王子とメーガン妃は自らのウェブサイト上で、どのような形で収入を得ているかなどについて、Q&Aの形で詳しく説明した文章を公開している。そこには、今回の夫妻の決断が現在の立場では認められていない「仕事をして収入を得ること」を実現するためであることも書かれている。

だが、ヘンリー王子は仮にこれから働かなかったとしても、すでに驚くほどの資産家である。王子の具体的な収入源は、以下のとおりとなっている。

 

20200109-00010006-bazaar-001-1-view

1999年、クイーン・マザーと、後ろに写るのがヘンリー王子(当時14歳)。


曽祖母エリザベス皇太后が設立した信託基金

エリザベス女王の母、“クイーン・マザー”は1994年、自身が保有していた資産の3分の2(推定1900万ポンド:約27億円)で信託基金を設立。ウィリアム王子とヘンリー王子をはじめとするひ孫たちに残したそうだ。『ガーディアン』紙によれば、2人の王子は21歳になったときに、この信託基金のうち約600万ポンド(約85800万円)を半額ずつ受け取ったとのこのこと。

ただ、皇太后はその残りの金額の大半をヘンリー王子に受け継がせることにしたそう。それは、ウィリアム王子が君主として所有することになる資産と「君主にならない」ヘンリー王子の資産との間に生じる差を埋め合わせるためだったとされている。王子たちは40歳になると、クイーン・マザーの信託基金に残されている金額のうちの800万ポンドから、それぞれの割り当て分を受け取る予定だ。

また、ほかのひ孫たち(アンドルー王子の娘ベアトリス王女とユージェニー王女など)もそれぞれ、数百万ポンドずつを受け取ることになっているという。

 

20200109-00010006-bazaar-002-1-view

1995年、母ダイアナ元妃とヘンリー王子(当時10歳)。


ダイアナ元妃の遺産

アメリカの経済紙『フォーブス』が2011年に報じたところによると、ダイアナ元妃はウィリアム王子とヘンリー王子それぞれに1000万ドル(税引き後、約10億円)を残したそう。王子たちは25歳になったときから、そこから毎年一定額(推定45万ドル:約4900万円)を受け取っているとされる。

ダイアナ元妃はそのほか、所有していたゴージャスなジュエリーのコレクションを王子たちに残している(もちろん、それらが“プライスレス”であるのは誰もが同意するところだけれど)。

 

英陸軍航空隊のヘリコプター操縦士の給料

『フォーブス』誌は同じ記事のなかで、ヘンリー王子は英陸軍航空隊のヘリコプター操縦士として年収5万〜53000ドル(約550万〜580万円)を稼いでいたと伝えている。王子のその他の収入に比べれば少ない額だけれど、高収入を得ていたことは確か。

著名人の保有資産を調査、公開しているウェブサイト「セレブリティ・ネット・ワース(Celebrity NetWorth)」によると、ヘンリー王子の保有資産はおよそ4000万ドル(約437000万円)!

つまり、王子とメーガン妃が検討中の「自ら働いて収入を得る」ことが実現しなかったとしても、夫妻は十分に暮らしていけるということだ。メーガン妃も結婚前に、ドラマ『スーツ』や映画への出演、企業とのスポンサー契約などで、多額の収入を得ている。

※金額はいずれも、202019日の為替レートで換算
FromCOSMOPOLITAN



    mixiチェック

1月4日は奏事始の儀(そうじはじめのぎ)が行われる日だが、皇室予定表もなく、実際行われたかどうかがわからない。令和になり伝統行事は次から次と消されていく運命か


奏事始の儀

読み方:そうじはじめのぎ
別表記:奏事始めの儀

年頭に、皇室祭祀司る掌典長が、宮中祭祀および伊勢神宮における祭祀について、天皇陛下申し上げ儀式例年14行われている。単に「奏事始」とも呼ばれる

 


報道がないのでヨーロッパ王室ニュースに頼ってしまう。

今度は英国王室ニュース。
英エリザベス女王は親子4代の公式ポートレートを発表した。

日本の皇室は天皇後継者を4人並べて撮影したものを発表したか?
上下天皇と皇嗣殿下と悠仁親王殿下、4人並んでのポートレートを見たことがない。

上天皇は生前退位したなら、このくらいのことをやった上で退位すればいいのに。
自分たち夫婦はお手振りには出て来るが後のことを考えてもいない。

だからいまだに愛子さんを天皇に、などと2670年続く男系皇統が揺らいでいるのではないか?
まったく疑問だらけの皇室だ。

外国王室ははっきりしていて羨ましい。



エリザベス女王、親子4代の公式ポートレートを発表
ELLE 2020/1/4() 8:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00010001-elleonline-ent

 

20200104-00010001-elleonline-000-3-view

Photo:Instagram

現地時間13日(金)にエリザベス女王の公式SNSアカウントは画像を発表。「新たな10年代の幕開けを記念して、エリザベス女王、ウェールズ公チャールズ皇太子、ケンブリッジ公ウィリアム王子、ジョージ王子のポートレートを公開いたします」とコメントしている。撮影はバッキンガム宮殿の王座の間で行われた。発表にはないけれど、昨年末に開催された女王のクリスマスランチの際に撮影されたと見られている。

yjimageSNTC84XN

【写真】次の王冠は誰の手に? 英国王室の王位継承順位をおさらい

 

20200104-00010001-elleonline-001-3-view

photo:Instagram

エリザベス女王といずれ王となる皇太子と王子3人だけのポートレートが発表されるのは、女王の90歳の誕生日を祝して撮影されたものが公開された2016年以来だそう。

昨年、世界中の注目を集めたイギリス王室。1231日にも、環境問題の解決に向け明確なビジョンを持つ個人や団体に贈る環境賞をウィリアム王子とキャサリン妃が創設することを発表し、話題になった。これからの10年は、さらに新しい世代がリードして様々な活動を見せてくれそう。

 

ba0db692-ea9a-4672-b432-49808ef08b18-1578091256

英女王90歳誕生日に撮影された英国王後継者たち:

 

e0114020_18252195

 



下記はNewMyRoyalsに昨年12月クリスマス前に撮影された英国4代揃った王室の微笑ましい写真。

ジョージ王子が英国伝統のクリスマスプディングを作っているところ。

 

 

 

Queen Elizabeth and her three heirs came together to prepare Christmaspudding

Four generations of the Royal Family have come together to support The Royal British Legion's 'Together at Christmas' initiative. Queen Elizabeth II, the Legion's Patron, accompanied by The Prince of Wales, The Duke of Cambridge and Prince George, joined forces to prepare special Royal British Legion Christmas puddings at Buckingham Palace. The puddings will become the centrepieces of next year's 'Together at Christmas' get togethers, hosted by the charity.

 

https://www.newmyroyals.com/2019/12/queen-elizabeth-and-her-three-heirs.html

 


エリザベス女王と彼女の3代英国国王後継者が揃ってクリスマスプディングを用意

 

4世代のロイヤルファミリーが英国軍人会を連携してサポートする「共にクリスマスの手始め」をするために団結した。エリザベス2世女王は軍の守護者に伴われた。ウェールズ大公、ケンブリッジ公とジョージ王子はバッキンガム宮殿で特別なロイヤル英国軍クリスマスプディングを用意するために協力して集まった。プディングはチャリティ主催により来年の「クリスマスの集まり」の目玉となるだろう。

 

 

george-2

george-3

 

The events will start in 2020 and be hosted at high streetlocations, care homes, and other locations across the country. It is hoped thatthey will provide a sense of community and companionship to help combat theloneliness and isolation experienced by some members of the Armed Forcescommunity over festive periods.

 

 

イベントは2020年にスタートし、大通りの場所やケアホーム、英国中の他の場所で主催される。

それはお祭り期間を通して寂しさや孤独と戦う経験のある軍隊社会のメンバーにより連帯感や仲間づきあいを提供することが望まれて行われる。

 

 

george-4

 

The family stirred four puddings together - which traditionallybrings good luck - and each placed commemorative sixpences into the mixture,ready to be found by those attending the get togethers next year. These specialpuddings will form part of 99 puddings distributed across the Legion’s networksin time for Christmas 2020 get togethers, marking the charity’s 99th year.

 

 

ファミリーは4つのプディングをかき混ぜた。それは幸運をもたらすという伝統的なもので、来年一緒に参加する人々により見つけられるよう、それぞれは記念の6ペンスを混合物に入れた。これらの特別プディングは99のプディングの一部を成し、チャリティの99年をマークして、2020年クリスマスを一緒にという軍のネットワークを通して配布される。

 

 

george-5



クリスマスプディング記事はCNNでも掲載された。

 

ジョージ王子も参加、英王室4世代がクリスマス・プディングづくり

CNN 2019.12.24

https://www.cnn.co.jp/world/35147324.html

 

CNN

英王室が家族でクリスマス・プディングをつくる写真が公開された/Handout/Buckingham Palace/Getty」Images


ロンドン(CNN)
 英王室のエリザベス女王をはじめ、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子がそろってクリスマス・プディングづくりを行った様子を撮影した写真がこのほど公開された。


エリザベス女王やジョージ王子がプディングを作ったのはバッキンガム宮殿。慈善団体「ロイヤル・ブリティッシュ・リージョン」が取り組む軍人や退役軍人のコミュニティーの支援の一環。


今回作られたプディングは他のプディングとともにロイヤル・ブリティッシュ・リージョンを通じて来年、英国で配られる。


英王室一家は普通、クリスマス・シーズンをエリザベス女王の私邸、サンドリンガム・ハウスで過ごす。ただ、今年はヘンリー王子一家はサンドリンガムではクリスマスを過ごさないという。

 



読者の皆さま、日本の皇室もこういう光景を見せてほしいと思いませんか?

    mixiチェック

きょうは皇室行事は無し。

ヨーロッパの王室の新年行事を覗いてみたら、デンマーク王室のメアリー皇太子妃の白いドレスが雅子さんのドレスに似ていたので紹介したい。
似ていると言っても、メアリー皇太子妃のスリムな体型、ドレスの優雅さは素晴らしい。
雅子さんの白いドレスはババシャツドレスと言われるほど。

これはニューイヤーレセプションを主催するデンマーク王室のマルグレーテ2世女王とフレデリック皇太子とメアリー皇太子妃。

マルグレーテ女王の紺の光沢ある地紋入りのドレスは雅子さんの黄色いドレスと同じような生地だが、女王の方がずっと品格ある装いだ。


 

Queen Margrethe hosted the traditional New Year receptions

Just like every year, Danish Queen Margrethe hosted the traditional New Year receptions also this year. The first reception was held at Christian VII's Palace in Amalienborg on January 2, 2020 for the Supreme Court Judges, the Royal Life Guards and the Guard House Regiments. Later in the day, a second reception was held for the Diplomatic Corps at Christiansborg Palace. The Crown Prince Couple were also present at both receptions. (Crown Princess Mary had worn the dress on three other occasions before, including the New Year Diplomatic reception in 2016.)

https://www.newmyroyals.com/2020/01/queen-margrethe-hosted-traditional-new.html

 

マルグレーテ女王 伝統的ニューイヤーレセプションを主催

 

デンマークのマルグレーテ女王は毎年行われる伝統的ニューイヤーレセプションを今年も主催した。

最初のレセプションは2010年1月2日に最高裁判所判事たち、王室親衛隊、衛兵連隊のためにアマリエンボーのクリスチャン7世宮殿で行われた。その日の後に2回目のレセプションがクリスチャンボー宮殿で外交隊のために行われた。皇太子両殿下も両方のレセプションに出席した。(メアリー皇太子妃は2016年のニューイヤー外交レセプションを含む他の三回の機会に着たドレスを着用。)

 

danish-royals-1

mary-1

mary-2

mary-3

danish-royals-5 4

danish-royals-6 5

danish-royals-7 6

danish-royals-8 7

danish-royals-9  8

danish-royals-2  9

mary-4  10

mary-5  11

danish-royals-3   12

danish-royals-4  13

mary-6  14



 

こちらは1月1日に行われた最初の新年行事。同じくデンマーク王室。
ベルベットのドレスが優雅で素晴らしい。
日本の皇室も内親王さまや妃殿下もこのようなあでやかなドレスを着ていただきたいもの。
 

Queen Margrethe hosted the first 2020 New Year reception

On January 1, 2020, members of Danish royal family attended the traditional New Year’s Levee and Banquet which is the first reception of the new year held for the government and high-level officers. Queen Margrethe hosted the reception at Christian VII's Palace in Amalienborg. Crown Prince Frederik, Crown Princess Mary, Prince Joachim, Princess Marie and Princess Benedikte were present at the reception.

https://www.newmyroyals.com/2020/01/queen-margrethe-hosted-first-2020-new.html

 

マルグレーテ女王 最初の2020年ニューイヤーレセプションを主催

2020年1月1日、デンマーク王族メンバーは伝統的ニューイヤーの謁見の儀と晩餐会に出席した。これは政府と高官のために行われる最初のニューイヤーレセプションである。マルグレーテ女王はアマリエンボーのクリスチャン7世宮殿でレセプションを主催した。フレデリック皇太子とメアリー皇太子妃、ヨアキム王子、マリー妃とベネディクテ王女がレセプションに出席した。

 

danish-royal-family-1

danish-royal-family-2

danish2

danish1

danish-royal-family-3

danish-royal-family-4

danish-royal-family-5

danish-royal-family-6

Crown-Princess-Mary-in-Birgit-Hallstein-gown



デンマーク王室は3日間続けての新年レセプションがありました。

これは3日目のレセプションです。

  

Queen Margrethe hosted the third traditional New Year reception

On January 3, 2020, Danish Queen Margrethe hosted the third traditional New Year reception at Christiansborg Palace. Officers from the Defence and the Danish Emergency Management Agency and representatives of major national organizations and royal patronages were invited to the reception. Crown Prince Frederik and Crown Princess Mary of Denmark attended the reception too.

 

https://www.newmyroyals.com/2020/01/queen-margrethe-hosted-third.html

 

 

 

マルグレーテ女王 3回目の伝統的ニューイヤーレセプション主催

 

2020年1月3日、デンマーク・マルグレーテ女王はクリスチャンボー宮殿で3回目の伝統的ニューイヤーレセプションを主催した。防衛省の役員やデンマークの緊急事態管理庁、主要な国家機関代表、王室得意客が招待された。デンマークのフレデリック皇太子とメアリー皇太子妃もレセプションに出席した。

 

 

danish-reception-1

danish-reception-3

danish-reception-4

Crown-Princess-Mary-in-Lasse-Spangenberg-gown




 

メアリー皇太子妃は2017年と2018年にも同じドレスを着ていることに対し、コメント欄に最近メアリー皇太子妃は他の王室よりも多くドレスのリサイクルや再利用をされていると書かれている。

 


    mixiチェック

毎年恒例のクリスマス・コンサートご鑑賞のベルギー王室の皆さま。
NewMyRoyalsに掲載された。

愛子さんと同い年のエリザベート王太子の赤い服の見事なこと。
知性も教養も兼ね備え、ベルギーの未来の国王です。

じ様な赤い服を着て映画鑑賞した雅子さんと愛子さん、品格といい、教養といい、えらい違い。

 

 

Belgian Royal Family attended the 2019 Christmas Concert

On December 18, 2019, Belgian Royal Family, that is, King Philippe, Queen Mathilde, Crown Princess Elisabeth, Prince Gabriel, Princess Eleonore, Prince Emmanuel, former King Albert II, former Queen Paola, Prince Laurent, Princess Claire, Princess Louise, Prince Lorenz and Princess Astrid of Belgium attended the Annual Christmas Concert held at the Royal Palace in Brussels, Belgium. (Queen Mathilde wore a new floral-print crepe gown by Dries Van Noten. Crown Princess Elisabeth wore a new velvet-satin jumpsuit by DVF - Diane Von Furstenberg.)

 

https://www.newmyroyals.com/2019/12/belgian-royal-family-attended-2019.html

 


ベルギー王室ロイヤル・ファミリー、クリスマス・コンサートに出席

 

2019年12月19日、フィリップ国王、マティルド王妃、エリザベート王太子、ガブリエル王子、エレオノール王女、エマニュエル王子、アルベール2世前国王、パオラ前国王妃、ロラン王子、クレア王女、ルイーゼ王女、ローレンツ王子とアストリッド王女のベルギー・ロイヤル・ファミリーはベルギー、ブリュッセルにあるロイヤル宮殿で開催された恒例のクリスマス・コンサートに出席した。

(マティルド王妃はドリス・ヴァン・ノッテンデザインの新作、花柄ちりめんドレスを着用、エリザベート王太子はDVF-ダイアン・フォン・ファステンバーグの新作、ベルベットサテンのジャンプスーツを着用)

 

 

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-1

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-2

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-3

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-4

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-5

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-6

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-7

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-8

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-9

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-10

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-11

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-12

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-13

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-14

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-15

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-16

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-17

queen-mathilde-in-dries-van -noten-floral-gown-18


これ衣装被りか?赤が似ているわねえ。

 

1576711566868s

 

ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten):

https://www.fashion-press.net/brands/34

 

 マティルド王妃、来日の時にもこのデザイナーブランドを着用

yjimage17OP286Y



ダイアン フォン ファステンバーグ (DIANE von FURSTENBERG)
https://www.fashion-press.net/brands/270

 

    mixiチェック

このページのトップヘ