家族・友人

2019年12月01日

孫の一歳誕生祝い ホテルオークラ東京ベイ 舞浜 羽衣

昨日は次男の二人目の子の1歳誕生日のお祝いを舞浜ホテルオークラで双方の親も呼ばれてお祝いした。
お祝い終わり、そのまま車で上の子を連れて次男が泊まりに来て、先ほどようやく帰っていった。昨日から今日も一日子守でパソコンの前にも座れず、ブログ更新は愛子さん誕生日だったので急いでやり、コメント返信も一日出来ず、これから急いでグルメとひとつ、と舞浜のことを皇室ブログを書く前に済ませたい。


 

ホテルオークラ東京ベイ 舞浜 羽衣

https://www.okuratokyobay.net/restaurant/hagoromo/

 

 

cover

IMG_20191130_114333

千葉県浦安市舞浜1−8

047−355−3333

 

定休日: 無休

 

IMG_20191130_111319

IMG_20191130_114445


IMG_20191130_123904

お餅をリュックにしょわせてはいはいするIちゃん。

IMG_20191130_115624

IMG_20191130_115750

2歳のお兄ちゃんのYちゃんが見守る。
IMG_20191130_115638

お料理は和食、私たちはお刺身定食だったが、次男とお嫁さんのお父様はステーキ定食。
ステーキ定食の写真を撮り忘れた。


IMG_20191130_121106

IMG_20191130_122126

IMG_20191130_125513

名前のプレートを入れたケーキも注文。後から取り分けていただいた。

IMG_20191130_125439
IMG_20191130_130938




mixiチェック
remmikki at 18:21|PermalinkComments(6)

2019年11月24日

椅子の張り替え

孫がやってくるとパソコン上の仕事がまるで出来ない。
土曜日夕方から来て泊まり、午後やっと帰っていった、ヤレヤレ。

さて、週末の恒例のグルメを先に報告。

先週末、都内に住む友人、N江さん宅へ椅子の張り替えに伺った。
椅子の座布団を直したのは夫。大工道具一式もって一緒に行ってきた。
生地は彼女が用意したもの。

直し前がこれ:


IMG_20191116_120735

直した後:

IMG_20191116_170210

暖かみのあるいい椅子に変身。座り心地もとってもいい。

下記は我が家の息子の学習机の椅子も直して、夫が書斎で使っている。


IMG_20191118_093400

出来上がり、持って行った紅白ワインで乾杯!
彼女は手巻き寿司と美味しい柔らかい牛肉を炒めて用意してくれた。
たくさん食べて美味しかったです!


IMG_20191116_130157




mixiチェック
remmikki at 17:50|PermalinkComments(4)

2019年07月14日

長男のお嫁さんのお母さまが我が家に・葬儀と重なりてんやわんや

先週末は一度にいろいろなことがあって超多忙で大変だった。

お世話になり、3月に死去した伯父の妻が91歳で亡くなったと知らせが入った。
日曜夜が通夜、月曜午前が告別式。

名古屋から親戚も葬儀出席のため東京に来るというので我が家に泊まれるよう準備、結果的には葬儀場に宿泊施設があり、大雨の夜我が家にまで来なくて済むので、お互いに助かった。

ひとつ解決するとまた次。で、月曜日には長男のお嫁さんのお母さまが神戸から歌舞伎を見に彼女のお母さんと一緒に上京、月曜はお嫁さんのお母さまだけ我が家にという予定が1ヶ月も前から入っていた。

で、とりあえず、月曜午前の告別式には出て、出棺の花を入れるところで先に葬儀場を後にしてバスで最寄りの駅へ。駅前のデパートでお母さまと待ち合わせ、時間もないのでデパート7階のレストランで食事をすることに。


日本料理 田や

https://www.nihonryori-taya.jp/

IMG_20190708_120624

ランチは二通りしかなく、刺身・天ぷらが付いているお料理を注文、ひとり1620円。
私は喪服のまま。
積もる話をたくさんしながら、ランチをした。
考えてみると母親同士で食事をするのは初めてだった。

食事を終えて電車に乗り、我が家へ。
家では夫が待っていた。

お土産にお茶などや綺麗な花束をいただいた。
名古屋の親戚が手作りのチーズケーキを持ってきてくれて紅茶と一緒にお出しした。


IMG_20190708_134152

IMG_20190708_200246


お母さまは日曜日から金曜日まで東京に滞在、歌舞伎を堪能したそうだ。
日曜日には長男夫婦と横浜で食事したとのこと。
この日は、夕方早めに地元の居酒屋で夫も一緒に食事をし、滞在先の都内ホテルへ戻られた。

我が家に泊まるようお勧めしたが、彼女のお母さまも一緒に歌舞伎を見るので都内近いところに滞在がよい、とのことで遠慮された。

胡蝶蘭はお帰りになって送ってくださった。


IMG_20190713_113859




mixiチェック
remmikki at 15:59|PermalinkComments(4)

2019年07月07日

鎌倉で元会社の人たちとOB会

今週は元会社のディレクターだった人たちと鎌倉のKさんのご自宅に集まった。元会社はNYに本社を置く外資系企業、外人の元CEOたちや社員たちの話題がのぼった。

参加者はひとりを除いて皆さんリタイアした人達。
会いたかった3人は欠席。
7人集まったが、私とKKさんのみ女性。KKさんは元人事局長だった女性。

ご自宅を提供してくださったKさんは元会社のクリエイティブ・ディレクターだった。
元会社を辞めた後、地方の造形大学学長を数年勤めた後リタイアされた。

Kさんのお宅は小高い山の上で、急な坂を登った先にある緑に囲まれた素敵なお家だ。坂下に小さな小屋があって奥様やKさんの手作り作品を売っている。


IMG_20190701_164300


こちらが小さなお家のお店:
鎌倉市佐助にある雑貨屋「HAND & SOUL
鎌倉市佐助2−15−1
TEL0467−23−0530
OPEN : 金・土・日11:00am→6:00pm



IMG_20190701_114029
IMG_20190701_164601

奥様がサンドイッチ、サラダ、フルーツポンチを用意してくださった。

IMG_20190701_114357
IMG_20190701_115456

IMG_20190701_133032

さすがクリエイティブな方、室内の装飾は海岸で拾った木や石で作ったものなど珍しいもので飾られていた。

IMG_20190701_163822


IMG_20190701_163854


IMG_20190701_163844
IMG_20190701_163829


帰る前に小さなお家の店で買い物した。
店内はとっても可愛い作品がいっぱい。


IMG_20190701_165140

IMG_20190701_165149

IMG_20190701_164221
IMG_20190701_164645

IMG_20190701_164653
IMG_20190701_164641

夜は藤沢で長男夫婦と食事の予定が入ったのでお嫁さんに可愛いピアスをお土産に買った。
奥様が可愛いサクランボのビーズのリングをくださった。

IMG_20190701_173319
IMG_20190701_173145

私はKさんと幹事のFさんに大きな箱入りの千葉の生みたて卵をたくさん、参加者にも小さなパックの新鮮な卵をキャリーバッグに入れてお土産に持って行った。翌日新鮮でおいしいとメールが入った。

午後いっぱい飲んでおしゃべりして、夕方から鎌倉駅近くのお好み焼きさんへ移動。
私は長男夫婦と会うため、鎌倉駅で皆さんの再会を約束して別れた。




mixiチェック
remmikki at 00:37|PermalinkComments(0)

2019年01月20日

人生相談 親の孫への関わりについて

週末の映画、趣味、たまっているグルメなどを皇室記事の前に。

そうそうその前に読売新聞にちょっと気になる人生相談が掲載されたので紹介します。


この人生相談は実家の母親に対する不満だが、姑に対する不満もけっこうあるのでは、と読んでドキッとしてしまった。

姑の立場は難しい、出過ぎれば過干渉となり、まったく関わらなければ、冷たいと思われる。

自分は極力あまり手も口も出さないようにしてきたのだが、もしかしたらもっと手伝ってほしいと不満を持っているかもしれない。

でも12月いっぱいは毎週末上の子を預かり、我が家にお泊りさせてお嫁さんを週末解放してあげた。

下の子の授乳で夜も眠れない日々だから助かったのでは、と勝手に思っていたが、お宮参りで我が家に来た時、ようやく助かったと言ってくれてホッとした。

この相談者は実母に対する願いだが、今時の母親は現役で仕事をしている人もいるし、けっこう忙しいのだ。

なにもすることない親なら、逆に過干渉になり、うるさがられる。実際、手伝いされ過ぎて困るという相談もあった。

やってもやらなくても不満が出る、親子でも義理の親子でも難しいものだ。

 

下記二番目がその相談。回答者は友人の久田恵さん。

 

人生案内]孫育てに無頓着な両親

読売新聞 20191450

 30代主婦。実家の両親について相談します。

 私は現在、1歳児を育てています。実家の両親は2人とも働いていますが、時間や体力にはゆとりがあるはずです。

 しかし2人は、友人との食事、映画のついでなどに1、2時間ほど私の家に立ち寄るだけです。孫を目当てに来るのではなく、いつも何かのついでなのです。

 普段、私は子どもと2人きりです。他者とのかかわりが子どもの健全な成長につながると考えており、両親にはもっと育児にかかわってほしいのです。先日、一緒に水族館に行こうと誘いましたが、「忙しい」と断られてショックでした。

 また、会った時も手伝おうとせず、おむつ替えもしません。見かねた夫が休日に私の自由時間を作ってくれていますが、夫も仕事で疲れています。両親が孫育てを怠けているようで、イライラしてしまいます。

 なぜ両親は育児に無頓着なのでしょう。子育てはみんなでするものではないのでしょうか。(新潟・M子)

    ◆

海原純子(心療内科医)

 なんて自立したすてきなご両親なのかというのが、お手紙を読んで感じた印象です。ご両親はあなた方ご夫婦を尊重し、過剰に干渉しないようにと距離感を持って接していらっしゃるように思いました。

 あなたがもっとご両親にかかわってほしい、手伝ってほしいと希望するのなら、前もっていくつかの選択肢を示し、そのうちのどれかをお願いするようにしてはいかがでしょうか。手助けをしてほしいことと、ご自分でできることを分類し、どうしてもかかわってほしいことの内容とスケジュールを具体的に伝えてみるのです。

 ひとつ気になったことがあります。ご両親の生き方はご両親が決めることで、生活の中の優先順位については娘といえども、口を出すべきではないということです。育児はみんなでするものとお考えなら、ご両親だけでなく、例えば地域の方々など、ほかにも働きかけることが必要ですね。

 ご両親が孫の面倒をみるべきであり、それをしないのは怠けているようにみえるという考えから、まずは脱却することが必要だと思います。

 

 

人生案内]頼んでいない家事する義母

読売新聞 2018122750

 50代女性。家事に過度に干渉する義母のことで悩んでいます。

 普段は別居ですが、夫がことあるごとに娘の世話をするよう頼みます。私は仕事で多忙で、義母が手伝ってくれるのはいいのですが、私がいても先に台所に入って米をといだり、早朝に全員の洗濯物を干したりします。引き出しを整理したり、タンスの後ろのほこりを掃除したりもします。

 娘の世話で来てもらっているのだから、家事の手伝いは不要と伝えたのですが、手が空いているからやる、と言うのです。

 また、義母の家は裕福ですが、一緒に食事や旅行に行っても財布は出そうとせず、私たちが支払います。

 義母は夫の前ではおっとりしていますが、私と2人になると攻撃的になります。以前、家族の前で口論になり、怒った義母が帰ってしまった後、夫の私を見る目が冷たく、嫌になりました。うまく付き合う方法を教えてください。(奈良・C子)

     ◆

 久田恵(作家)

 実母になら「そこまでやらないで」ともっと言えるでしょうにね。でも、お(しゅうとめ)さんも息子から頼まれて頑張っているわけです。「お米をといだりされたくない」とお嫁さんが思っていると知ったら、当惑すると思いますよ。

 お姑さんは、自由にやれる自分の日常を犠牲にし、家族として役に立ちたい一心で頑張っているわけです。無償の家事に、してほしいことだけやってよ、というのはちょっと虫が良すぎるかなあ、と思います。

 でも、どうしても嫌なのなら、頻繁に手伝いを頼まないよう夫にきっちり伝え、大変でも夫婦でなんとかやりくりして乗り切ることです。

 お願いしているのは、こっちですから、「お義母(かあ)さんのやりたいようにやってもらいましょう」というおおらかさがないとうまくいかないでしょう。また、食事や旅行で自分の分を払わないのが不満とのことですが、彼女は手伝いのお礼だと受けとめているのかもしれません。

 相手の気持ちにもなってあれこれと考えてみると、あなたの中に新たな思いも生まれ、「ま、いいか」というようになる気がします。気楽に考えましょうよ。

 

 




mixiチェック
remmikki at 09:38|PermalinkComments(4)