2017年11月16日

昔取った杵柄が折れる


修行がたりないので世の中わからないことばかりです。
人は一度身につけたもの、たとえば自転車に乗るとか、スキップができるとか、コマが回せるとか、
そういうのって身体が忘れないというか、
久しぶりだとうまくいかなくてもだんだん勘が戻って来て、あゝやっぱり出来るよね、
となるものだと思ってるんです。


楽器の演奏も、趣味でも上手な方はたくさんおられるけど、
音楽学校を出てその後もまったく音楽と疎遠というわけでなく過ごしているのに
別人なの?どうしたの?なにがあったの?
と思うくらいおぼつかない演奏になってしまうことがあると、最近知りました。
ものすごく身近で。


そうなるにはそれなりの理由があったと
言えなくないのですが、
大きな苦悩でそれ以前のその人の核や芯を失いかねないのだなと。
自分の想像の範囲だけで判断してはいけないなと。



それにしても、今回は演奏を依頼した自分に責任があるので
コンサートを主催する者として、またソリストとして
なんとしても事前に危機回避はしなければなりません。
また縁を辿って辿って助けを求め、それに応えてくれる人が何とか現れつつあります。


神は試練を与えたもう。
がんばれ、自分。



ランキングに参加しています。
応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


remo3782 at 11:25│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字