2017年11月26日

さかむけは親不孝


職場でフランス人の牧師と話していたら
指に絆創膏を貼り出した。
どうしたの、と見てみると爪の下の皮膚が細くめくれている。
「さかむけですね。」と言うと隣にいた人が
「さかむけ?ささくれじゃなくて?」
またひとつ、実は方言だった言葉を知った。
さかむけは関西圏の言葉のようだ。


こういう話題の時ついでによく聞かれることは
「関西ではマクドナルドのことマックって言わないんですよね。」
「うん、マクドナルドはマクド。」というと今日は
「フランスでもマクドなんだよ。マックじゃ通じない。」
へぇ〜 それは同郷の友に報告だな。
でもなんでフランスと一緒だとちょっと嬉しくエッヘンとなるんだろう。
それもなんだかなぁ。


牧師にはさらに「さかむけは親不孝のしるしって言われるんですよ。」と言い伝えを。
幼い時それを教えられて、冬にたくさんさかむけが出来た手が恥ずかしく、
「このさかむけはあのことか、こっちはあれか」と
親についた小さな嘘なんかを思い出して
神さまは見てるんだーと思ったのは10歳くらいのことだったか。



ランキングに参加しています。
応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


remo3782 at 01:50│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字