ボクショールームへ ⑶

2018年05月16日

集合体恐怖症


苦手なもの、高所や閉所もそうだけどこういうのは人からもよく聞くし珍しいことじゃない。

子どもの頃から高所や閉所と同じくらい、もしかするとそれ以上苦手なものに「ツブツブ」とか「ボコボコした穴」がある。
たとえばスイカを切ったらタネがものすごく多かったとか、ノートの綴じ目の凹みが並んでいるのとか。
見るとゾワゾワしてくる。
実際に目の前にある時はもちろん、想像しただけでも鳥肌が立ったり身体がかゆくなったり。

あまりそのことを人に言う機会がなかったけれど数年前に黒ゴマを見ると蕁麻疹が出るという人と話すことがあり、その人は水玉模様も苦手と言っていた。(自分はどちらも平気)

最近そういう恐怖症の人は多くいてちゃんと名前があると知った。
『トライポフォビア』という集合体恐怖症。
(この言葉で検索すると画像がいっぱい出てくるからこわい。´д` ;)

人によって嫌な集合体の種類は違うけれど、痒くなったり鳥肌が立ったりという反応は同じで、名前もついていると知るとちょっとだけ安心、というか、生きるってみんな色々大変ですねという気持ちになる。



ランキングに参加しています。
応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


remo3782 at 17:29│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ボクショールームへ ⑶