August 21, 2011

世界遺産(文化遺産) サン・ジミニャーノ歴史地区 参事会教会 Historic Centre of San Gimignano

saiの記事から火がついて、僕は二つの別ブログで、ベノッツォ・ゴッツォリ( Benozzo Gozzoli)の作品記事を書いた。「受胎告知」と「祭壇画他」だ。

ゴッツォリは、ご存知のようにリッカルディ宮殿の礼拝堂にある「東方三博士のベツレヘムの旅」の連作で有名な画家でもある。


彼の作品がサン・ジミニャーノ市立美術館(Museo Civico, San Gimignano)、サン・ジミニャーノにあるサンタゴスティーノ教会(Chiesa di S.Agostino)にあるように、バルトロ・ディ・フレーディ (Bartolo di Fredi 1330-1410)の作品も、そのどちらかにあったと思い、数年の記憶をさかのぼる。

そのどちらでもなかった。参事会教会だった。


ドゥオーモ広場の西側の参事会教会(コッレジャータ教会 Chiesa Collegiata)にあるのがフレスコ画。ドゥオーモはご存知のようにこのコッレジャータを意味する。

1148年に建設されたこの参事会教会は、シエナ学派による多数の美術品が存在する。


参事会教会の内部の左側にバルトロ・ディ・フレーディが描いた旧約聖書のフレスコ画(1367)、右側に、バルナ・ダ・シエナ(Barna da Siena)による新約聖書のフレスコ画が描かれている。

Historic Centre of San Gimignano

ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)
バルトロ・ディ・フレーディ(Bartolo di Fredi) バルナ・ダ・シエナ(Barna da Siena


追記:アップ忘れた僕がもっとも関心があったフレスコ画。リッポ・メンミによるもの。

lippo-3

ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)
右側 新約聖書 リッポ・メンミ(Lippo  memmi)


このフレスコ画は長く続いており、この作品画像の主題は、一部にすぎない。

タッデーオ・ディ・バルトーロ(Taddeo di Bartolo)の「最後の審判」は入り口の上部にあり、下にはベノッツォ・ゴッツォリの「聖セバスティアーノの殉教」ある。WIKIに「天井画」とあったのは、どこのことだったのだろう・・・。


Taddeo di Bartolo

「最後の審判」(1393) ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)
タッデーオ・ディ・バルトーロ(Taddeo di Bartolo)


おわかりのように、ダンテの「神曲」地獄編からの構図である。ベノッツォ・ゴッツォリの「聖セバスティアーノの殉教」は僕にとってはいまひとつ。

Loggia del Battistero-5


 ↑ 追記:この受胎告知を別ブログでアップした。記事 サン・ジミニャーノ 参事会教会 から

↓ ベノッツォ・ゴッツォリ、なんかどうかなってカンジ。イマイチなので小さい画像で。それよりも両脇の「受胎告知」の方が魅力あり。

Benozzo Gozzoli

「聖セバスティアーノの殉教」(1465) ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)
ベノッツォ・ゴッツォリ(
Benozzo Gozzoli


この作品の左右にあるのが、ヤコポ・デッラ・クエルチャ(ヤーコポ・デッラ・クエルチャ、Jacopo della Quercia, 1374−1438年10月20日)による二体の木製彫刻の作品「受胎告知」になる。

Jacopo della Quercia-2

「受胎告知」(1421) ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)
ヤーコポ・デッラ・クエルチャ(Jacopo della Quercia)


この受胎告知の背景にある壁画は、たぶんユダ。大天使の頭にかかる作品は「ユダの接吻」だったはず。

こうした芸術品を含めた建造物が世界遺産(文化遺産)に登録されたのは、1990年。

この参事会教会は1468年に、サンタ・フィーナの礼拝堂(Capella di Santa Fina)がつくられた。サンタ・マリア・ノベッラにあるトルブオーニ礼拝堂と同じく、ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio)のフレスコ画で装飾された。

fina

サンタ・フィーナの礼拝堂


連作は「聖フィーナに死の告知をする聖グレゴリウス」、「聖フィーナの葬儀」だが、右手に告知、左手に葬儀が配置されているが、「聖フィーナの昇天」と三連作としている記事を発見。「聖フィーナの昇天」はどこに。

Death to St Fina

「聖女フィーナに死の告知をする聖グレゴリウス」(1473-75) 
ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)

ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio)


1870年にはベネデット・ダ・マイアーノ(Benedetto da maiano)によるフィーナの祭壇がつくられる。フィーナとはサン・ジミニャーノの守護聖女サンタ・フィーナのことで、15歳で亡くなるまで床から離れることができなかった病弱な少女が、貧者への奉仕を続けたという。

Obsequies of St Fina

聖フィーナの葬儀」(1473-75) 
ドゥオーモ / 参事会教会(Chiesa Collegiata)
ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio)


バルトロ・ディ・フレーディ (Bartolo di Fredi)だけど、 今回はこの壁画だけで、また今度にする。



removeremove at 21:00│TrackBack(3)世界遺産(文化遺産) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ベノッツォ・ゴッツォリ Benozzo Gozzoli  [ RE+nessance ]   August 21, 2011 21:15
トマス・アクィナスの勝利(聖トマス・アクィナスの栄光)ベノッツォ・ゴッツォリ 1471年 ルーヴル美術館キリストがトマス・アクィナスの著作を承認している図、中央に聖トマス・アクィナスと左右にアリストテレス(左)、プラトン(右)。その足下に教会分離派(東方賢者
メディチ・リカルディ宮マギ礼拝堂の「ベツレヘムに向かう三賢王(東方三博士)」(東方三博士のベツレヘムへの旅 1459 - 1461)の依頼主はピエロ・ディ・メディチだという。1月6日のエピファニア 救世主の公現祭(Epifania)は、幼子イエスへの東方の三博士の訪問と礼拝を記
 祭壇画のプレデッラやフラスコ画など、いくつかベノッツォ・ゴッツォリの「受胎告知」があるけれど、エロニ宮殿だったナルニ市立絵画館(Pinacoteca Comunale, Narni)にある「受胎告知」(1494)が一番馴染みがある。ベノッツォ・ゴッツォリ関連記事記事 ベノッツォ・