February 12, 2013

ディーノ・バルス 子羊の解剖学講義

OBLATIONIS

奉納(聖餐式)
2000 ディーノ・バルス


別ブログでもすでに書いたことだが、ディーノ・バルスは医学と外科の学士号を取得しているスペインの画家

だからレンブラントらが描いた「解剖学の講義」なんだと思っていたが、タイトルが「奉納」(意訳)なんで、宗教がらみの主題であることを推測した。

ウルガタ聖書(ヴルガータ)は、405年のヒエロムニスの翻訳。1545年のトリエント公会議で、ラテン語の聖書と公認された。つまり古代訳だ。旧約聖書については七十人訳聖書(ギリシャ語)を参照し、原語のヘブライ語にも遡る。

レビ記によるモーセの律法には、ご存知のように「生贄」による主への捧げ物で、出エジプト記には「進んで喜んで捧げる」とある。

モーセの律法の犠牲と奉納

犠牲に関する法(1章-7章)
燔祭 焼き尽くす捧げ物(1章)
穀物の献げ物(2章)
酬恩祭 和解の捧げ物(3章)
罪祭と愆祭 贖罪の捧げ物(4:1-5:13)
愆祭 賠償の捧げ物(5:14−26)
捧げ物の細則(6:10)
※愆祭 焼き尽くす捧げ物(6:1-6)
※穀物の捧げ物(6:7-11)
※祭司の穀物の捧げ物(6:12-16)
※罪祭 贖罪の捧げ物(6:12-23)
※愆祭 賠償の捧げ物(7:1-10)
和解の捧げ物の細則(7:11-38))

レビ記の8章21節から36節まで語られてるのが祭司の就任。自身を献げることを献身という。

次にモーセは胸の肉を取り、主の御前に奉納物とした。主がモーセに命じられたとおり、これは任職の献げ物の雄羊のうちからモーセが受けるべき分であった。 (8:29)

次に、モーセは聖別の油と祭壇の上にある血を取って、まずアロンとその子らに、次いで彼らの祭服に振りまいて、アロンとその祭服、彼と共にいるその子らとその祭服を聖別した。(8:30)

そのモーセの律法で、未来のキリストは究極の生贄だ。「神の子羊」と呼ばれている。

「解剖学講義」としてみても面白いかも。

 Mary Evans

解剖学講義:クピド教授と若い生徒たち 1918
メアリー・エヴァンス

Anatomy Lesson of Dr. Nicolaes Tulp | Rembrandt

テュルプ博士の解剖学講義 1632
マウリッツハイス  レンブラント

Der Anatom (The Anatomist) | Gabriel von Max

解剖学者 1869
ノイエ・ピナコテーク  ガブリエル・フォン・マックス

Anatomy lesson of Dr Frederik Ruysch | Jan van Neck

フレデリクス・ルイシ博士の解剖学講義 1683
アムステルダム歴史博物館 ヤン・ファン・ネック

Anatomy Lesson of Dr. Frederik Ruysch | Adriaen Backer

フレデリクス・ルイシ博士の解剖学講義 1670
アムステルダム美術館  アドリアン・バッカー

Pieter van Mierevelt

ウィレム・ファン・デル・ミーア博士の解剖学講義 1617
プリンセンホフ美術館  ピーテル・ファン・ミーレフェルト

Anatomische les van dr. Willem Roell

ウィレム・ロール博士の解剖学講義 1728
アムステルダム美術館  コルネリス・トルースト

医学の捧げ物になったのは囚人。どちらにしても「贖罪の捧げ物」なのかもしれない。


removeremove at 19:05│TrackBack(0)

トラックバックURL