デザイナー

July 07, 2009

Collection Yves Saint Laurent et Pierre Berge

ysl6
Peter Macdiarmid / Getty


グラン・パレのネフ(La nef du Grand Palaisラ・ネフ・デュ・グラン・パレ)にて公開展示があったのが、2009年2月21日、22日9:00〜24:00、23日9:00〜13:00。オークションは 2009年2月23日〜25日に行われた。

写真は二人のコレクション。18世紀の彫刻とオランダのフランス・ハルス(Frans Hals 1582-1666)の肖像画。

このコレクションはイヴ・サン=ローランとピエール・ベルジュのコレクション。ピーエル・ベルジェ・イヴ・サン・ローラン財団を管理している。

ディオールを解雇されたあと、1962年、ピエール・ベルジュ、マック・ロビンソンとイヴ・サンローランがオートクチュールのメゾン「イヴ・サンローラン」を設立した。1993年イヴ・サンローラン社はサノフィ・ボーテ社に買収、99年、ピノー・プランタン・ルドゥート(現PPR)社にサノフィが買収された。2002年にサン・ローランは引退。

引退から2008年6月1日に死去した。

「ピエール・ベルジュ以外の誰とも接触せず、マラケシュでお気に入りのものに囲まれて暮らした。(略) 死因は、脳腫瘍だった。」

ピエール・ベルジェはイヴ・サン=ローランの生涯のパートナーだった。

JPG_2
Peter Macdiarmid / Getty


2003年、サン・ローランの後継者だったトム・フォード辞任についてベルジュは、「トム・フォードが素晴らしい才能を持っているのは間違いない。しかし彼は、サン=ローランのエッセンスを引き出すことは出来なかった。」とコメントを残した。

ベルジュが「天才デザイナーの肖像 イヴ・サンローラン」(2009年6月)で語っている。「蜜蜂の巣と同じで、女王蜂を中心にして、みんながそれを取り囲むようにして協力する。」と。

イヴ・サンローラン、そしてシャネルより先のデザイナー ヴィオネはこういっている。

「ミツバチのような私のアトリエ。優秀なはたらきバチが巣う、そんなアトリエです。」ヴィオネは女王蜂であって女王蜂ではなかったようだ。

ピエール・ベルジェ&イブ・サンローラン財団は2004年3月10日に開館し、1986年にピエールベルジェが設立したファッションの学校IFM、文化と教育の活動の援助、美術、文学、音楽や演劇を庇護し、さらにSOS Racisme (人種差別に反対する団体)、SOS Homophobie (ホモフォビアに反対する団体)、Sidaction (エイズ撲滅キャンキャンペーン)を援助している。文化、芸術、そしてマイノリティの味方というわけだ。

「遺骨は、マラケシュのバラ園にまかれた。サンローランは、彼が生まれたアフリカの地に眠っている。」

removeremove at 17:15|この記事のURLTrackBack(6)

June 18, 2009

エンポリオ アルマーニ アンダーウェアとデビッド・ベッカム

英ロンドンのセルフリッジで。
なんだか、気になる広告だな。

デビット・ベッカムじゃなくて、この↓の!

さて、ベッカムとアルマーニ。
何年かまえに46億円契約で話題になった。

ビクトリア・ベッカムはファッションフォトグラファーのマート・アラス氏とマーカス・ピジョット氏だった。

今回も同じ?


Mert Alas and Marcus Piggott(マート・アラス&マーカス・ピゴット)

visionaire世界で限定2500部数のマート・アラス&マーカス・ピゴット写真集『VISIONAIRE 52 PRIVATE』は、2007年に発売されたもの。

マート・アラス&マーカス・ピゴットのはファッションフォトグラファーチームで二人で活動している。


ルイ・ヴィトンとも仕事をしているためか、ケースはゴールドのモノグラム。アーティスティック・ディレクターであるマーク・ジェイコブスが特別編集。もう完売しているはず。あとはオークションでネ。ヴィジョネアはコレクターがほしがるプレミアム雑誌。これは販売当時は¥70,000くらい。青山ブックセンターで。


removeremove at 23:09|この記事のURLTrackBack(0)