2011年01月13日

アフィリエイトで貼り付ける広告画像ってさ、価格を出したほうが閲覧者にとって便利でいいじゃん?

アフィブログってあるじゃないですか。
あそこって、バナー広告画像に商品の値段が表示されてないじゃないですか。

アフィリエイトプログラムには通常、商品画像と共に価格が表示されるようになってるんですよ。
Amazonとか楽天なんてそうですよ、例えば下のように。

そして、例えばG-toolsってページのシステムを使えば、画像を大きくしたり価格を表示させないようにできます。
下のようにね。

 
PLANEX 4層シールド PET材皮膜 ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル 2m (PS3/Xbox360) PL-HDMI02-QD 

で、アフィブログは何でわざわざ価格を表示させないようにしてあるかというと、また、商品画像のみ表示させてあるかというと、一度クリックさせてAmazonなり楽天なりに飛ばしてしまえば、Amazonだったら24時間、楽天だったら30日、その間に商品を買ってもらえればアフィ紹介料が発生するためです。
商品の価格が割高だったり在庫切れだったりしたら、クリックしてくれないじゃないですか、そのために価格をわざと表示させないんですね。

でさ、わし思うんだけど、商品の価格って閲覧者としてはあったほうがいいじゃないですか。
その製品が一体いくらなのかがひと目でわかるし、在庫があるかないかもわかるしね。

あとね、アフィリエイトって儲けようと思えば思うほど、自分には責任がないって書き方をするもんだと思うんですよ。
わしはこのブログのアフィリエイトでそこそこだけど儲けてる方だと思い込んでるんだけど、儲けようと考えて書くと、なんとか買ってもらえるよう商品の欠点をあまり書かずにいようとするんですね。
こんなん企業のWEBサイトと同じじゃないですか、効率よく儲けようとすると自分がホントに書きたいことが書けないんですよ。
だから、多分だけど儲けはおまけ程度にしておいてユーザの視点に立って商品を紹介していくことが、結果として儲けになるんじゃないかなぁ?わしはそうしてるんだけど。
自分がホントに書きたい、ホントに役立つ記事を書くと、誰かがコメントやらでいろいろ教えて下さることが何度もありましてですね、わしだけではどうしても知識不足で7割な記事を補完し、完成に導いてくださるんですよ。
それがどこかのどなたかの役に立ち、自分も書き上げたってことで満足します。
真摯に書けばアフィ広告あるなし関わらず、協力者が現れることもあるんですよ、まぁこれはアフィに限らないけど。

つまりですね、何かを達成したいって気持ちがあれば、儲けとかどーでもいいんじゃない?って思うんですわ。
金は大事だってのは一切否定しないけどさ。



投稿日時: 2011年01月13日 00:00 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリアフィリエイト講座パソコン・インターネット関係
 

トラックバックURL

コメント

1. By  大森  2013年02月17日 14:21
スマホでアフィリエイトを検索していてたどり着きました。今はPCで書き込んでいます。アフィリエイトを始めるに当たって、以下の部分が私の悩みとも一致しましたのでコメントします。この解決は難しく最終的には、スタンスを決めて割り切る必要があるのではないかと思います。

> 儲けようと考えて書くと、なんとか買ってもらえるよう商品の欠点をあまり書かずにいようとするんですね。

商品の弱点を積極的に伝えるという手法は企業が行う対面営業だと定番のテクニックです。
他社と比べてこことここが劣っています。でも価格は安い、または、この機能で勝っています、とやるわけです。目的は信頼の獲得です。みんなが売り込みに来る中、こいつは中立だ、こっち側の人間だ、と思わせ他社を頭一つ出し抜くために弱点も武器にしてしまう。

結局、ユーザー視点に立つということが、すでに営業の手法なので、そういうスタンスで信頼を得て商品を買ってもらう、と割り切ります。私もステマが騒がれる最近こそテクニックとしてのこのスタンスに賛同します。

もう一つ割り切りが要るのは、ショップの選択でしょう。価格.comで調べると、Amazonや楽天よりも紹介する商品を安く扱い、ラインナップが充実しているケースがあります。でも、アフィ対応ショップに誘導しなければならない。これはもうユーザーのためではないですよね。送料無料や翌日配送対応ショップも増えてきました。だから、Amazonのサービス面(信頼性や対応)を信頼しているというスタンスをとるしかないと思います。


以上、愚見まで。
2. By  まささん  2013年02月17日 15:57
大森さん

ブログ書いてます福原です。

なるほどなぁ、と思いつつ読ませていただきました。

このブログでは「これを実現させるにはこのような商品を使ったらいいよ」といった紹介もしています。
その際に付ける広告をクリックして買ってもらわなくてもいいと思っていますし、もし紹介料が発生したらその紹介料で自分にとって不必要だけれども商品知識を増やすためにいろいろと商品を買ったりしたりしています。
質問のコメントが来たら、その知識で私が答えられる範囲の返答をいつも行なっています。

ユーザの視点に立つ、これの解釈は様々にあるのですが、私なんかはできるだけ安値の製品を紹介したり、実際に商品を購入し、それも複数種類購入・比較した上でのレビューだったり、分かりやすいよう写真を多めにしたり、主観・客観を明確にしたりしています。
これらはひとえに「良い記事を書きたい、閲覧者に役に立つ情報を提供したい」という思いがあるためです。

大森さんはアフィリエイトを始めようとされておられますが、通常、アフィリエイトは儲からないですよ。
私は、私の視点、例えば倫理観や追求力?や分かりやすく解説すること、面白い記事を書くことを自然と行なっていて、それが結果的に信用になったのかある程度の紹介料をいただけるようになりました。
意図して儲けようと思っていません、記事の内容に即した私が購入した商品を広告で貼りつけているだけです。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。