2011年10月28日

iPhone/iPod おすすめの充電スタンド(クレードル)の紹介

iPhone 充電スタンド
(iPod touchを装着)

私がずっと愛用している、iPhone/iPodの充電スタンド(クレードル)を紹介します。

1年程度前にiPod touchを注文したときに、「こんなもんでいいか」と、1,000円程度の充電スタンド(クレードル)も購入しました。
その製品はサンワサプライのスタンドなのですが、Dock端子がすぐに抜けてしまったり、iPod touchをスタンドに入れにくかったりと、使い勝手がよくありませんでした。
それでAmazonでいろいろと検索し、これだ、と思い購入したのが上図の充電スタンドです。

価格は3,000円と少々高めですし、充電ケーブルも付属されていません。
ですが実際にこの充電スタンドを使ってみますと、デザイン、程よい重さ、装着感がとても良く、厚みのあるケースでも取り付けられます。
この製品はおすすめできるものだ、と判断しましたので、記事にて紹介します。

追記
いつの間にやら、この記事で紹介しているクレードルの新しいモデルが出ていました。
新型を画像で見た感じ、若干デザインが変わり、ランプが付加されているみたいです。


(新型)

従って、記事で紹介しているクレードルは旧型です。

USBクレードル for iPhone/iPod

iPhone 充電スタンド

とてもシンプルな半球形のデザインです。
素材はプラスチックでツヤ出し加工されており、他と比較してサイズが多少大きめなので存在感がそこそこあります。
カラーは「白」と「黒」がありますが、私はホコリが目立たない理由で「白」を購入しました。

そして私が最も気に入った点は、メーカーのロゴが入っていないことです。
さほど主張しないこの充電スタンドのシンプルなデザインは、iPhone/iPodというデザイナー製品を「飾る」ことができる、優れたものだと思います。
上品で上質とまではちょっと言い難いですが、言い換えればどんな環境にでも合う汎用的な見た目、でもおしゃれではあるデザインだと思いました。

iPhone 充電スタンド

Dockコネクタは、5段階に小刻みに移動させることができます。
なので、それなりに厚みのあるケースをiPhone/iPodに装着したままでも、Dockコネクタに接続できます。

また、この製品には充電ケーブルが付属されていません。
充電スタンドの背面にDock端子がありますので、そこにiPhone付属のDockケーブルとUSB型AC電源、または別売りのそれを接続することで、充電させることができます。
例えば下図のような。

 

iPhone 充電スタンド

横。
写真はiPod touchで、その保護ケースはそれなりに厚みがあるのですが、接続には問題ありませんでした。

iPhone 充電スタンド

裏側。
5つの丸いゴムが付いており、そして多少の重みがあります。
なのでiPhone/iPodをスタンドに置く際は、スタンドが動きませんから手を添えなくとも装着させることができます。
軽くて接地面積がさほどない充電スタンドだと、iPhone/iPodを抜き差しするたびに指定の位置から必ず動いたり、または倒れたりしますが、この充電スタンドはそのようなことはあまりありません。

 

というわけで、この充電スタンド「USBクレードル for iPhone/iPod」、確かに少々値段が高いですが、それに見合うデザインと機能性があります。
とてもおすすめですよ。

 

ちなみにですが、

私はこの類の充電スタンドをもう1つ購入したのですが、下の製品は上と比べるとあまりよくありませんでした。
手のひらに乗るコンパクトなサイズですが、その分接地面積が狭く、iPhone/iPodを抜き差しする際にはすぐに動いてしまいます。
また、USBの充電ケーブルが付属されているのは嬉しいのですが、いかんせんケーブルは太くて固いので、ケーブルに連動して軽い充電スタンドの片側が宙に浮き、うまく接地してくれません。

iPhone 充電スタンド

iPhone 充電スタンド



投稿日時: 2011年10月28日 19:01 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch
 
 

トラックバックURL

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。