2012年04月01日

歌声・楽曲制作ソフト「VOCALOID」の種類を分かりやすく解説

今日はエイプリルフールなので、「VOCALOID」をAmazonで注文してみましたよてへ。
VOCALOIDと言っても、実際に歌声と楽曲を制作する方のヤツですよ。

 VOCALOID VY1V3

いろいろ悩んで、コレ注文しました。
パッケージの中にはDVDの他、アルミのちっちゃな名刺入れと、アロマの香り付き名刺サイズのカードが入ってました。

VOCALOID3 名刺入れVOCALOID3 アロマ付きカード

いやさ、VOCALOIDを買うってことはつまり初音ミクが好きで影響されただとか、ニコニコ動画の歌わせてみた(?)に投稿して目立ってみたいだとかじゃないんだけど、何て言うのかな、わしの新境地を開拓したい?とか?
わしゃDTMなんてやったことないから、「どんなもんかのう?」って興味を持ちましてですね。
さらに今日はエイプリルフールじゃないですか、冗談半分な感じでやってみようかのう、とか思ったわけです。

わしは作曲なんてできないしさ、今度あの記事でも朗読させてみようかのう。
・・・あ、思い出した。小学生のころにスーパーファミコンでデザエモンってゲームで音楽を作ったことはあるぞ?

 

「VOCALOID」の種類を分かり易く解説

初音ミク 1/8 髪1
(初音ミク)

初めてVOCALOIDを購入するにあたり、「なんかいろいろあるんだけど、一体どれ買えば良いん?」って思ったので調べてみましたよ。

「VOCALOID」とは

「VOCALOIDとは初音ミクの音声合成ソフトじゃないの?」とか、「何でお前は初音ミクを買わなかったんだ?」とか思われてる方もおられると思います。
わしは大体そんな感じだった。

「VOCALOID」とは、パソコンに歌詞とメロディーを入力するだけで歌声を合成する、ヤマハが開発した技術・ソフトのことです。
「初音ミク」、「鏡音リン・レン」、「巡音ルカ」はVOCALOIDの有名どころの歌主であり、その他の歌主はいろいろといます。

「VOCALOID1・2」と「VOCALOID3」の違い
調べるまで知らなかったんだけど、どうやらVOCALOIDにはバージョンがあり、現在「VOCALOID1」、「VOCALOID2」、そして最新バージョンである「VOCALOID3」が発売されています。
バージョンが上がる度に、使いやすくなったり多言語に対応したりしています。

「VOCALOID1」・「VOCALOID2」は、「楽曲制作ソフトウェア」と「歌声ライブラリ」が1つのソフトに組み込まれています。

最新バージョンの「VOCALOID3」は、「楽曲制作ソフトウェア」と「歌声ライブラリ」が別々のソフトになりました。

  • VOCALOID3 Editor」 = 楽曲制作ソフトウェア
  • 歌声ライブラリ」 = 初音ミク、巡音ルカ等の声

「VOCALOID3 Editor」が1つあれば、そこに初音ミクや巡音ルカ等の「歌声ライブラリ」を追加できるわけです。
「VOCALOID1」・「VOCALOID2」のソフトは、エディタと歌声ライブラリがパッケージになっているため、ライブラリだけを購入することはできなかったんです。

  
(左:VOCALOID3 Editor|中:歌声ライブラリ 「蒼姫ラピス」|右:歌声ライブラリ「SeeU」 )

歌声ライブラリは、その他いろいろあります。

また、「VOCALOID2」の初音ミク等の歌声ライブラリは、「VOCALOID3 Editor」に組み込むことができます。

「スターターパック」とは

そしてその2つ、「VOCALOID3 Editor」と「歌声ライブラリ」が同梱されたパッケージが、「スターターパック」と言う名前で販売されています。
2つを別々に買うより安いので、わしはスターターパックを買いました。

 
VOCALOID3 スターターパック (左:兎眠りおん|中:ARIA|右:VY1V3)

もちろん、この他のスターターパックはいろいろありました。

初音ミクや巡音ルカは「VOCALOID2」

で、初音ミクは「VOCALOID2」なんですよ。
当初わし、「初音ミクでも買おうかのう」って思ってたんだけど、当然「2」より「3」の方が良いじゃないですか。
初音ミク等の「VOCALOID2」の歌声ライブラリは「VOCALOID3 Editor」に組み込めるんだけど、その2つを買うとちょっと価格が高くなりますよね。
その理由でやむなく初音ミクを諦めました。そこまで本気じゃないですし。

  
VOCALOID2 (初音ミク / 鏡音リン・レン / 巡音ルカ)

ちなみにですが、初音ミクの「VOCALOID3」版の歌声ライブラリは、いつごろになるのかは知らないけど発売されるみたいですよ。

 

てなわけで、解説終わり。
調べて解釈できるようになるまでは、ホントよく分からんかったよ。



投稿日時: 2012年04月01日 23:30 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリVOCALOID・フィギュア・アニメ
 
 

トラックバックURL

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。
(質問後に返答をもらっても、お礼すら言わない人はコメントしないでね)