2013年06月08日

恋山形駅(鳥取県智頭町)がピンク色に染められていると聞いて行ってみました

恋山形駅

このブログのとある記事のコメントにて「たけし」さんという方から、

社長!関係ないのですが、これをみて!
そしてここに行って!幸せはアマゾンだけじゃない!

http://www.asahi.com/national/update/0606/OSK201306050159.html

というタレコミをいただきました。
(ちなみにわしは日本指折りのAmazonマニアですよ)

一体なんだろ?と思いつつ、URLをアドレス欄にコピペしてEnterキーをぱしっと叩き目の当たりにしたものは、なんとピンク色に塗装された駅舎だったのだ。
これにはさすがにわしでもドン引きですよとてもファンシーな駅ですね。
しかも我が県である鳥取にあるというではないか。

椅子の背もたれに深く腰を落としディスプレイをしばし眺めると、自然と悩みや苦しみに似た連想が浮かんでくる。
「えっと・・・、これは、・・・プリキュアの世界?」というあまりにも貧弱な見識に何を考えられるでもなく、ただただ溜め息をつきつつ天上を見上げるしかなかった。
朝日新聞の記事のタイトルは「乗降客1日2人…鳥取の無人駅は恋愛スポットになれるか」とあるのだが、俺には執筆者の意図と気持ちがよーく分かる。
きっと「鳥取の無人駅は恋愛スポットになれるか(反語)」と付けたくて仕方がなかったんだろうなぁ。

・・・とまあそんなわけで、そのコメントを読んだその日その時より20分後、デジカメ片手に「恋山形駅」を目指して車で出発しました。
閲覧者さんから「ここに行って!」と言われたし、以前に「ニコニコ町会議 in 鳥取県・八頭町」のレポートを行ったこともあるし、なによりわしは鳥取在住者なのだ。
わしん家からこの駅まで車で40分程度かかるんだけど、ネットで何かとバカにされる鳥取をそうじゃないと一石を投じようとする立場として、これはなんとしてでも現地に赴き現実のライブ感を皆様に伝えねばならぬのだ。

恋山形駅(鳥取県智頭町)の駅舎

恋山形駅

車が1台通れる道を抜け、駅の坂の手前にあった車1台分のスペースに駐車し歩いて坂を登って行くと、見えた。

恋山形駅

これが「恋山形駅」か・・・。
なんというか、周りの景色がとても良いから不思議と調和しているように見えなくもないような。

恋山形駅

大きなハートの下側に小さなハートが2つある。
この上に立ち両手を合わせ念じると幸せが訪れる、的なアレかな?
いや、わしはやらなかったですよ。

恋山形駅

「日本に4つ 恋の駅」とある。
どうやら日本に「恋」と名の付く駅は4つあるみたい。

恋山形駅

落ち葉一つないきれいな駅だとの印象を受けた。ピンクだけど。
階段を登りすぐ左手に社がある。

恋山形駅

ハートっぽい形をした何かが毛布に包まれていた。
その隣のフックは、イベント時に恋に関わる絵馬を吊るすためのものだと予想。

恋山形駅

1番線側の看板がハート型。

その奥は風光明媚な景色が広がっています。
ところでですね、恋山形駅のある鳥取県智頭町は杉の産地なんですよ。
智頭町のいたるところに木工工場があり、日々杉材を出荷されている。
ただ、あまり商売が上手ではないために秋田県やらの業者に買い取られて「智頭杉」というブランドがおろそかになっている、だとか知り合いの杉材販売の方がおっしゃってた。

恋山形駅

1番線側から2番線側を見ると、なにやら右側にキャラクターが見えるではないか。
あれはもしかして・・・。

恋山形駅 智頭急行車掌 宮本えりお

萌えキャラだ。

恋山形駅 智頭急行車掌 宮本えりお

分からない・・・。
俺にはこの駅を一体どのターゲット層に向けて意図してピンク色にしたのかが分からない・・・。
なんというか、オタクの聖地にしたいのであろうか、はたまた萌え文化?が一般層に浸透して抵抗感がないのであろうか。

恋山形駅

それはともかく、この子は「智頭急行車掌」の「宮本えりお」という名前らしい。
鉄道制服コレクションってあるから、智頭急行の女車掌さんは実際にこの制服を着ているのだろう。

恋山形駅

2番線側から1番線側をパシャ。

恋山形駅

2番線側。
景色が綺麗。

恋山形駅

ベンチもくず入れもピンク一色。

恋山形駅

無人駅ですからね、当然1時間に1本なんです。

恋山形駅

そろそろ帰ろうかと坂を下ろうとしたときにアナウンスが流れた。
よく聞くと列車が通過するとのことなので、Uターンしました。

恋山形駅

智頭急行の列車。

恋山形駅周辺

駅手前の坂を下りたところの風景。

恋山形駅周辺

車1台通れる道です。
ココを車で登ってきた。

恋山形駅周辺

高架線の下に「小股 BL」とある。
ううむ・・・、なんとなくだが、というかよくわからないのだが、腐女子的なアレな感じがする。

恋山形駅周辺

恋山形駅から最寄りの郵便局。
ちょっと変わった形をしてる。
おそらくは智頭杉を建材に使っているのだろう。

恋山形駅周辺

その隣にある、駅最寄りのおそらく唯一の小売店。
確かに古びた建物だが、とても清潔にされており杉山の景観を濁さず、むしろ調和している。
お店の前に洗濯物が干されていることに驚いたが、これも田舎ならではの風景なので逆に好感が持てた。

芦津渓(あしずけい)

恋山形駅周辺

駅から15km程度離れたところなんだけど、「芦津渓(あしずけい)」というところがあります。
この渓谷は秋に天然杉が織り交ざった綺麗な紅葉が見られる、わりと有名な場所なんですよ。
そこにある三滝ダムに、5年前の秋に友人と写真を撮りに行ったことを思い出しました。

で、そういえばと写真フォルダを探してたら芦津渓の写真が見つかりましたので、とりあえずペタペタと。
(追記:その他の写真) 

芦津渓谷

芦津渓谷

芦津渓谷

芦津渓谷

芦津渓谷

芦津渓谷

芦津渓谷

芦津渓谷

その後

恋山形駅がピンク色に染まったのは、おそらくは地域振興のためだろうと考え、それに乗っかってちょっとくらいはお金を落としてやろうとお土産屋さんを探したんだけど、駅周辺にはどうも見当たらない。

ショートケーキ

しょうがないので来た道を戻っていると、智頭町のメインロードあたりにケーキ屋さんがありました。
お土産代わりに買って帰りましたよ、美味しかった。

それから、いつもの如く君たちはバカだのアレで喫茶店にてコーヒーを一杯飲んでから帰ろうとお店を探したんだけど、なかなか見つからず気づいたら智頭町の隣、用瀬(もちがせ)町まで来ていました。
用瀬駅近くにある「TOSK(トスク)」というスーパーの2階に「レストラン喫茶 どーり」というお店があったので、とりあえず入ってみました。
このお店は外装や内装が古めかしく、一見これといって特徴が無いように思ったのだが、店員のお姉さん2人の容姿が目を見開いて確認を要する程にハイスペックだったことに驚きを隠せなかった。わしの半分くらい頭がちっちゃい。     
これはきっと恋山形駅のご加護なんじゃのう、とか思いつつ、注文したコーヒーとトンカツ定食を完食し帰路に付きましたとさ。



投稿日時: 2013年06月08日 17:39 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリMSY四季図鑑(写真)これだから君たちはダメなんだ
 
 

トラックバックURL

コメント

1. By  すふぃねる  2013年06月09日 01:08
初めまして。いつもこっそり拝見しております、すふぃねるです。

恋山形の記事を読んだ時、社長さん行ってくれないかな〜と思ったら、なんとまあ。ライブ感、とっても伝わりました!

駅にいた女の子は、「鉄道むすめ」の1人ではないでしょうか。私は富山ライトレールの岩瀬ゆうこちゃんが一番好きですが、この子もかわいいですね。
2. By  たけし  2013年06月09日 22:36

社長の行動力に最敬礼致します!

しかし社長!肝心のピンクの駅よりも以前に撮影したという景色の写真の奇麗さに心奪われてしまいましたよ。

もっと景色の写真が見たいです!笑
3. By  まささん  2013年06月09日 23:53
すふぃねるさん

ブログ書いてます、福原です。

おっしゃるとおり、その子は鉄道むすめとやらの1人みたいですね。
©2005ってあるから、え、そんな昔からあるの?って思っとりました。


たけしさん

>>もっと景色の写真が見たいです!笑

わかった!
4. By  さすらい  2013年06月10日 02:10
わお!
まっピンク!!
意味不明な萌えキャラとマッチしてるんですかね(^-^;

AmazonとGoogleの中の人に影響力を持つ社長!!ついに行政にもの申す時ですか?(笑)
5. By  まささん  2013年06月10日 11:36
さすらいさん

AmazonとGoogleにただならぬ影響を与える大社長の更なる目的は、えっと、まず鳥取を牛耳ることですけんね!(テキトー
6. By  はやさすら  2013年06月11日 00:26
まぁ、綺麗なトコですわね
7. By  まささん  2013年06月11日 00:45
はやちゃん

はやちゃんの方が綺麗だよとかなんとか。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。
(質問後に返答をもらっても、お礼すら言わない人はコメントしないでね)