2017年06月18日

私おすすめ カーアクセサリ(車の便利グッズ、収納、掃除、常備品など)をまとめて紹介

車内

これまでにカーアクセサリを中心として、車載収納グッズやお掃除グッズなど様々な製品を購入しました。
少なくとも40万円以上は費やしたのですが、それだけ買っても使えるものは1割程度でした。
良さそうなモノを買い、使用してみたらイマイチで、仕方がなく別のモノを買い、それもイマイチだったのでまた買って・・・、これを延々と繰り返しました。まさに悪循環ですね。
そうこうしているうちに、ようやく分かったんですよ。
車グッズは数あれど、そのほとんどは使いものにならない、と。

そんなわけで、その中で生き残った、私が「これは使える」と思った車載グッズを紹介したいと思います。
車グッズは価格が結構高く、しかし機能に長けたものは少ないです。無駄な出費を抑えるようご参考くださいまし。

最新の更新日:2017年06月18日
当初の投稿日:2013年06月22日

 

スマートフォンの音楽を車のオーディオで聞く
おすすめ度 ★★★★★

カーオーディオ

iPhoneやAndroidスマートフォン、またはiPodやWalkmanなどの携帯端末の音楽を車のオーディオで聞かれたい方は、下記のリンク先をご参照ください。
端末から出力される音楽や音声は、すべて車のスピーカーに出力されます。

  1. 車のオーディオで音楽を聞くための手順とケーブルの紹介
  2. Bluetoothを経由して車のオーディオで音楽を聞くための機器と手順の紹介
  3. 「FMトランスミッター」の紹介
  4. 「Bluetooth FMトランスミッター」の紹介 

(音質は上から順に良い)

スマートフォンを接続できないオーディオデッキでも
「FMトランスミッター」を使用すれば音楽が出力される

FMトランスミッター

古いオーディオデッキやカーナビには、AUX(外部入力端子)が無いものがあります。
スマートフォンを接続するための端子が無いのですから、通常は車のスピーカーから音楽を出力させることができません。

そこで「FMトランスミッター」を使用すれば、古いオーディオデッキでもスマートフォンからの音楽を出力することができます。
シガーソケットが備わっている車に利用できます。

FMトランスミッター

FMトランスミッター

iPhoneやAndroidスマートフォンの音楽を、ラジオの電波に変換する機器(一部有線)です。
ミニプラグケーブルを直接スマートフォンに接続する分、「Bluetooth FM トランスミッター」より音質がやや良いです。

なお、「iPhone 7」にはミニプラグの差込口が無いため「FMトランスミッター」は使えません。
下で紹介します「Bluetooth FM トランスミッター」を用いてください。

FMトランスミッター

 

Bluetooth FMトランスミッター

Bluetooth FMトランスミッター

Bluetoothで発信されたiPhoneやAndroidスマートフォンの音楽を、ラジオの電波に変換する機器(無線)です。
携帯端末とトランスミッターのBluetoothをペアリング設定したのちに使用できます。Bluetoothの無線通信でデータのやり取りが行われますので、かばんの中にスマートフォンを入れていても、音楽が車のスピーカーへ出力されます。

また、ミニプラグの差込口が無い「iPhone 7」でも使用できます。

 

両者とも、車のオーディオデッキに備わっているラジオがFMトランスミッターからの電波を受信することで、車のスピーカーに音楽を流すことができます。
両者の音質は、ふつうのFMトランスミッターの方が良いのですが、高価なスピーカーを装備していないのでしたら差はあまり感じられないと思います。

また、音楽の再生と同時にスマートフォンの充電をおこなうには、別のUSBケーブルが要ります。用意しておくことをおすすめします。

 
(左:Lightning|右:USB micro B(Android))

 

シートフック(バッグや買い物袋を落下させない)
おすすめ度 ★★★★☆

シートフック

買い物袋やバッグを、運転時に座席の下へ落とさないようにするためのものです。

シートフック

私はこのシートフックをいたく気に入りましてですね、助手席に1つ、後部座席に2つ、合わせて3つ購入しました。
というのも、車は収納箇所が少ないため、ちょっと大きなものはトランクルームに置かないとなりません。すると車外に出なければならなくなります。
だから座席の空いたところに物が置いてあって欲しいんです。吊るせるものはすべて吊るして後部座席に置くようにしました。

シートフックシートフック

助手席に物を置くと、ブレーキを踏んだりカーブを曲がったりするときにどうしても下に落ちてしまうことがあります。そうならないように手を添えたりと、何かと気を遣います。
フックに吊るせばその心配が無くなって、安心して運転できるようになりました。

ヘッドレストの金具にフックを引っ掛ける構造なのですぐに脱着ができ、後部座席に人が乗ったときにも邪魔になりません。
助手席に人が乗るときは、席の後ろ側にシートフックを回せば背中に当たりません。

この他に、運転席や助手席の背面にポケットを作る製品も使ってみたのですが、シートを倒すと入れたものが落ちたり潰れたりしましたので使わなくなりました。

 

携帯電話ホルダー(磁気で固定するタイプ)
おすすめ度 ★★★★☆

マグネット式の携帯電話ホルダー

磁力で携帯電話を車に据え付けるホルダーです。
磁石が付いているホルダーをダッシュボード上の平面に置き、薄い金属板を携帯電話に貼り付けて使用します。
両者とも底面・裏面に強力接着テープが付いています。

  

この類の製品はいろいろとあり、いくつか購入してみましたところ、どれも磁力や形状に大きな違いはありませんでした。デザインで選んでも問題ないと思います。

やや難点なのは、金属板の高さが0.5mm程度ある点です。
机の上にスマートフォンを置いて指で操作すると、スマートフォンが動いてしまいがちになります(大抵は手に持って操作するものですが)。

マグネット式の携帯電話ホルダー

マグネットの携帯電話ホルダーの良い点は、

  • ホルダーと携帯電話の脱着が容易
  • 携帯電話の向きを自由に、簡単に変えられる
  • サイズがコンパクトであるため、車内の邪魔になりにくい

ことです。

マグネット式の携帯電話ホルダー携帯電話ホルダー

かざすように携帯電話をホルダーに当てると磁力でくっつき、ディスプレイを指でタップ・スワイプしても動かない程度に固定してくれます。
ホルダーは金属玉の付いた台に吸盤のような磁石をくっつけて使用します。玉と磁石は強力に引っ付き合います。玉は丸いですから、吸盤に付けた携帯電話の向きをかなり自由に、そして容易に変えることができます。
マグネット式の携帯電話ホルダーは、携帯電話をがしっと挟み込むホルダーと比べてだいぶんコンパクトです。ダッシュボード上を煩雑にしません。

磁石で固定する携帯電話ホルダー磁石で固定する携帯電話ホルダー

私の車のダッシュボード上は、平面である箇所の奥にディスプレイがあります。
そこにホルダーと携帯電話を置くと見えなくなってしまいますので、カーナビの横枠の平面に貼り付けました。

樹脂やシリコン製のカバーに金属板を挟んでも、ホルダーから落下せずに使用できます。
また、iPad miniをホルダーにくっつけても落下しない磁力があります。

マグネット式の携帯電話ホルダー

また、磁気が携帯電話に不具合を引き起こす懸念があるのかもしれませんが、私が1年以上使用しても何ら異常は起こりませんでした。おそらくは大丈夫でしょう。

 

ごみ箱(多用途収納箱・小物入れ)
おすすめ度 ★★★★★

ゴミ箱

車載ゴミ箱は、快適なカーライフを送るための必需品だと思います。

どう工夫したとしても、ゴミは必ず出てしまうものです。
車内でパンやおにぎりを食べたらこまごまとした包装が出ますし、ジュースの空き缶・ペットボトルや、新しく買ったタバコの箱のビニール、ガムの包み紙、使用済みのティッシュなど、出てくるゴミは枚挙にいとまがありません。
これを一箇所に収容し、車内を散らかさないようにするためのゴミ箱は、必ずあるべきものだと思います。

ゴミ箱

 
(左:こちらを購入|右:助手席の下サイズ、底にマジックテープ付き)

これまでに購入したゴミ箱のうち、見た目も含めて最も良かったものがこれです。
この少々大きめサイズのゴミ箱を、後部座席下の中央の盛り上がったところに置いています。
ゴミ箱の底にはおもりが入っており、急カーブ時に倒れたり移動したりすることはほとんどありませんでした。良い点です。
フタが無いため、ゴミ箱の用途以外にも使えます。文庫本やペットボトルや小物などをざっくばらんに入れておくことができます。

車用 ゴミ箱

ゴミ箱の中にアイスクリームの包み紙や砂糖などの粉物が付いたゴミを入れると、染みが付いて洗うはめになります。
そこで、このゴミ箱のサイズに合うビニール袋を探しました。


(30枚入り)

この袋で、ゴミ箱の縁をなんとかギリギリ覆えました。底面は長方形です。
袋の色が半透明や白色だとゴミ箱の素材感が損なわれ、いかにもゴミ箱だなと首をひねってしまうのですが、缶コーヒーが倒れても液がゴミ箱に付着したりしません。

 

ほかに私がいろいろと調べたところ、ヘッドレストの後ろに取り付けられる、このゴミ箱・小物入れなんて良いんじゃないかな、と思いました(買ってはいませんが)。

 

腰のクッション(運転中の腰の痛みを和らげる)
おすすめ度 ★★★★★

ボディドクター バックアップ

長時間の運転をしていると、腰が疲労して痛くなってしまうことがあります。
その痛みを和らげ、快適な座り心地をサポートするクッションです。

 

商品名は「ボディドクター バックアップ」です。

この類の製品を5つくらいは購入したのですが、どれも腰に当たるクッションが厚すぎたり薄すぎたり、固かったり柔らかすぎたり、すぐにヘタって使い物にならなくなったりと、猫背になりがちなシートの構造に快適さをプラスしてくれるものではありませんでした。
また、軽自動車に厚いクッションの背もたれを置くと、座席のスペースが狭くなり運転しにくくなります。

ボディドクター バックアップ

代わってこの製品は、私が試した中で最も良かったですよ。
初めてこれを使用したとき、「ああ、こりゃいいわ、すっごい楽だわ」と感想を漏らしました。
これがあるとないとでは、腰への負担がだいぶん違うんです。座り心地が良くなって運転が楽になりました。

ボディドクター バックアップ 中身

カバーの中にはゴムでできたスポンジが入っています。
柔らかさと弾力を併せ持っており、腰とお尻を強くサポートしてくれます。

ランバーサポートランバーサポート

車のシートに座るとき、通常は腰とお尻の間に空間ができるものですが、この製品はそのスペースを埋めてくれます。
腰とお尻を支える面積が増えたのだから、かかる負担が減るんですね。
柔らかいけれどもしっかりとした弾力と厚さがあるため、同じくしっかりと腰を支えてくれます。
価格の安い低反発クッションのようにすぐにヘタってしまうことはありません。3年保証が付けられていることから、高い耐久力が見込めます。

詳細は、別記事車のシートによる腰痛を和らげるクッション「ボディドクター バックアップ」の紹介をご参照ください。

 

車載用の灰皿
おすすめ度 ★★★★★

車載用 灰皿

現時点で私が最もおすすめする「車用の灰皿」です。
ちょっと自信を持ってご紹介したいと思います。

  

当記事を書き始めたきっかけは、良い灰皿がなかなか見つからないことにあります。
初投稿から更新し続けて以来、買い集めた灰皿の数は20個以上。3年が経過したのちにようやく他人におすすめできるものを見つけられました。

製品名は、カーメイト「ソーラーアッシュトレイ セレクト」です。

車載用 灰皿

良い点
  • 開閉口が大きく、灰を入れやすく飛び散りにくい工夫がある
  • ずっしりとした重量と、一般的なドリンクホルダーの幅いっぱいにはまる大きさがあり、フタの開閉時に位置ズレや傾きが起きにくく、安定感がある
  • 吸い終わったタバコを擦る面が広く、使いやすい
  • フタを閉めるとタバコの煙がほぼ漏れない
  • LEDライトが明るく、光が周りに拡散する
マイナス点
  • フタが開いた状態の角度が約70度であるため、肘より下に置くとやや不便
    エアコンの羽にドリンクホルダーを取り付けて使用することを推奨
    (タバコを吸う方の多くは、そこに灰皿を置いていると思いますが)
  • 吸い殻を捨てるときに取り外したフタが締めにくい

車載用 灰皿車載用 灰皿

車載用 灰皿車載用 灰皿

この灰皿に私が厳しめに点数をつけると「80点」。
満点には届かないものの、これまでに購入してきた中で最も出来が良く、使用してとても満足のいく灰皿でした。
詳細は別記事、車載用「灰皿」一番おすすめできる物をついに見つけましたよ!をご参照ください。

また、「本当に20個以上買ったのか?」と問われますと、良いとは思わなかった灰皿は知り合いにほとんどあげたので証拠を示す物は無いのですが、当ブログはある製品の同種のものをたくさん買って、どれが1番良いのかを決めようとする記事をいろいろ書いています。
下記にいくつかチョイスしました。少しばかりは信じてもらいたいかな、と思います。

 

USBカーチャージャー(スマフォやUSB機器を充電する)
おすすめ度 ★★★★★

USBシガーソケット

  

USBカーチャージャー使用用途は「充電」です。
主にiPhoneやスマートフォンなどの携帯電話を、車で充電する際に使用します。
シガーソケットからあまり出っ張らない小型サイズのものが、個人的にはおすすめです。

USBシガーソケット

USBの差込口が2つあるものは、カーチャージャー1つに流せる最大電流が「2.4A」か「4.8A」であることが多いです(iPhoneは0.7A程度)。
小型の機器なら2台同時に充電できます。例えば、スマートフォンの充電と同時にUSB充電対応デジカメやモバイルバッテリーなども同時に充電できます。

USBカーチャージャーiPad

このごろはシガーソケットに直接差し込んで充電するアダプタに代わって、USBで給電する製品がとても多くなってきました。
USBカーチャージャーは、1つは持っておくべきアイテムだと思います。

ちなみにですが、USBカーチャージャーにUSBケーブルを接続して携帯電話(特にガラケー)を充電しようとしても、充電されない場合があります。
原因はUSBケーブルにあると思います。
USBケーブルが「データ転送」と「充電」を兼ねていると、携帯電話の機種によっては充電されないこともあります。
「充電専用」(データ転送と書かれていないもの)のUSBケーブルを使用すると充電できるようになるはずです。私が使用している携帯電話がそうでした。

 

スマフォを充電する「USBケーブル」
おすすめ度 ★★★★★

Lightningケーブル

 
(長さ:90cm|左:Lightning|右:Micro USB)

携帯電話・スマートフォンを充電する「USBケーブル」です。
上で紹介しました「USBカーチャージャー」とセットで使えます。

ほかに、ケーブルを巻いてコンパクトにまとめる「巻き取り式」のものもありますが、あまりおすすめはしません。
しばらく使っていると巻き取るところが壊れてしまったり、ケーブルは平らで細いため断線してしまわないよう気を遣ったりと、耐久性に乏しいものばかりだった経験があります。
通常のまっすぐに伸びたケーブルは耐久性があります。

Lightningケーブル

私は携帯電話やiPodなど、機種ごとの充電ケーブルを必ず1本車の中に置いています。
そうすることでバッテリー切れの心配が無くなり、とっても安心できます。

また、iPhoneやiPodに使用するLightningケーブルを購入する際は、必ず「Apple認証」または「Made for iPhone(MFi)」と書かれてあるものを選んでください。
そうではない格安のものは、あるときを境に充電もデータ転送もできなくなります。

 

サンシェード(夏の直射日光を遮る)
おすすめ度 ★★★☆☆

サンシェード

「サンシェード」という名前を知らなくても、皆さんの多くはこれを見たことがあり、どういった物なのかはご存知のことと思います。
用途は、車内へ差し込む直射日光を遮り気温を下げることです。

サンシェード

 

私ですね、このごろ、サンシェードは夏の必需品じゃないかな、と思い始めたんです。

iPod 高温注意

というのも、3時間程度の駐車時に、車の中に置いていた携帯電話は夏の直射日光が当たってしばらく持てないほど熱く、また、グローブボックス内に置いたデジカメですら熱くて持てず、しばらくは撮影できなかったためです。
他に、助手席に置いたバッグの金属部分はかなりの高熱を帯び、皮が焦げなかったかと心配にもなりました。

サンシェード

だいぶん前にサンシェードを買いはしたもののほとんど使ったことがなく、むしろ要らないものだとすら思っていましたが、この度その考えをあらためました。

食品の買い物くらいでしたら取り付けは不要だと思いますが、会社やアパートの駐車場や、家に車庫が無い場合は、面倒でも夏の間は車に載せておいた方が良いように思います。
付けると付けないとでは、温度にかなりの差がありましたよ。

 

携帯音楽プレイヤー(スマートフォンを持っていない方に)
おすすめ度 ★★★★★

iPod touch ミュージック

スマートフォンの代用品はたくさんあるからと、未だにフィーチャーフォン(ガラケー)を使用している私は、車で音楽を聞くために携帯型の音楽プレイヤーを常に車の中に置いています。
PCを用いて、AmazonやiTunesからデジタルミュージックを購入したり、CDを.aacや.mp3の圧縮音源に変換したりして、音楽プレイヤーへ転送し、カーオーディオに接続して再生しています。

 

私が使用している音楽プレイヤーは「iPod touch」です。

iPod touch

 

というのも、iPod touchは電話機能を除いたiPhoneのようなものなので、Wi-Fiを使える環境ならiPod touchだけで音楽を購入できますし、辞書や電子書籍などのアプリも使えるためです。
Bluetoothを経由してワイヤレスで音楽を聞くこともできますし、屋内外でも活用できます。

iPod touch 辞書iPod touch パズドラ

アプリは音楽のみならず、とりわけオフラインでも使える広辞苑や英和・和英辞書が便利でした。たびたび活用しています。
ほかに、スマフォゲーのサブアカウント機としても使えます。

ちなみにですが、スマートフォンやiPod touchのディスプレイに貼る保護フィルムは、私は「アンチグレア フィルム」を特におすすめします(フィルムは以前に何10枚も買って試したことがあります)。
アンチグレアのフィルムを貼ると画面の発色が少し暗くなりますが、どのメーカーのフィルムも指の滑りが滑らかで指紋がほとんど痛くなくなります。

 

インバーター(車で家庭用コンセントが使える)
おすすめ度 ★★☆☆☆

インバーター

 
(左:30Wまで|右:150Wまで)

シガーソケットに差し込むことで、車で家庭用コンセントを使えるようにするためのものです。最近のものはUSB端子まで付いています。
ノート型PCやタブレット端末、スマートフォン、ヒゲ剃り、デジカメ、携帯ゲーム機などの充電に使えます。

これを使う機会が私にはあまりありませんでしたので、星を2つにしました。
このごろはUSBで充電する製品が多いです。

 

ホコリ取りモップ
おすすめ度 ★★★★☆

ハンディモップ

車用品メーカーのホコリ取りモップをいくつか購入しましたところ、どれもダメでした。
その類の製品のはサイズが小さく車載向きではあるのですが、肝心のホコリはあまり取り払えていないんです。
車用品メーカーのものがダメならば家庭用メーカーのモップが良いかもしれないと思い、上の製品を購入したところ、これがまた思いのほか良かったんですよ。

ハンディモップハンディモップ

多数の繊維が大きく広がるため、広範囲のホコリをごっそりと運んでくれます。
膨らんでいますのである程度の凸凹でも平気です。
柄は内側に折れますので、収納場所をあまり圧迫しません。
3段階に柄の角度を曲げられ、それぞれの角度に固定できます。

 

ウェットティッシュ
おすすめ度 ★★★★★

ウェットティッシュ

  

ウェットティッシュは車の必需品と言っていいくらい、すっごい便利ですよ。
車の中で軽食を取り口や指に汚れが付いたときや、シートやダッシュボード上に軽い汚れが付いたときに速やかに拭き取れます。

ウェットティッシュ

乾いたティッシュで汚れを拭いても油まで拭えませんが、ウェットティッシュは破れにくく少し濡れていますので、しっかりと拭き取ることができます。
私なんかは車内のほか、PCデスクに必ずウェットティッシュを置いており、切れたときに備えて詰替え用をいくつも用意しています

ウェットティッシュ スリムボトルウェットティッシュ スリムボトル

車載用のウェットティッシュは、ドリンクホルダーに収まる大きさの「スリムボトル」か、グローブボックス内に入れておける「開け口が付いたビニール包装」のものが良いでしょう。
普通サイズのドリンクホルダーに入らない少し大きめのスリムボトルは、ドアの下側にあるポケットに入れています。

 

メガネ拭き
おすすめ度 ★★★★☆

メガネ拭き

メガネやサングラスのレンズに、手や顔の脂、フケなどが付いて、目の前がぼんやりと曇ってしまったときに役立ちます。
洗えば何度でも使用することができます。

 
(サイズ:縦横21cm)

大きさは縦横20cmあたりのものが良いですよ。
小さなメガネ拭きは、拭いているときに指がレンズに当たりがちになり、当たってしまったらその脂をまた拭き取らざるを得なくなります。これを何度か経験しました。
20cmほどあれば、メガネに布を被せても十分な余分があります。そのため2つの指でレンズの両面を1度にお掃除できたり、フレームの長い面も一気に拭えたりと、お掃除が楽になります。
また、やや厚みのある布は扱いやすく、シワも付きにくいです。
メガネ拭きにトレシーという商品があるのですが、ペラペラしていて扱いにくかったです。

メガネ拭き

レンズはコーティングされていますので、強く擦りすぎないことを留意しておいてくださいまし。

 

水あとが残らないウェットティッシュ
おすすめ度 ★★★★☆

メガネクリーナー

手脂がよく取れて、水あとが残らないウェットティッシュです。
これで拭いたメガネのレンズは新品同様に周りの景色をはっきりと映してくれました。
製品名はメガネクリーナーですが、メガネの他にも活躍してくれる用途があります。

水あと

普通のウェットティッシュや濡れたタオルでモノを拭くと、上図のように水あとが残ります。
水あとが残ってしまうと、とりわけ鏡や光沢のあるものはきれいに見えません。

カーオーディオ パネルルームミラー

このウェットティッシュは水量が少なく、すぐに乾くため、水あとが残りません。
デコボコとした形をしており、皮脂などの汚れが布に絡みやすく綺麗に拭い去ってくれます。
メガネはもちろんのこと、ルームミラー、カーナビの液晶、タコメーターの前にあるガラスなど、水あとが残るとみすぼらしくなる光沢のあるものに有効です。

スマートフォン

スマートフォンの手脂やホコリもきれいに拭き取れます。

 

ドリンクホルダー(シンプルなデザインのもの)
おすすめ度 ★★★★☆

ドリンクホルダー

上図のドリンクホルダーはデザインがシンプルです。
だけに車の内装からひときわ目立つ浮いたような主張をせず、どんな車にも合います。
そういったシンプルなものが、個人的にはおすすめです。 

 

現在私が使用しているドリンクホルダー

ドリンクホルダー

現在私は、このドリンクホルダーを使用しています。
コンビニの500ml入り牛乳パックは置けませんが、

ドリンクホルダードリンクホルダー

使用しないときは折り畳められ、いかにもドリンクホルダーである印象が拭えられます。

 

滑り止めパッド(ダッシュボードの上)
おすすめ度 ★★★★☆

滑り止めシート

ダッシュボードの上に、例えばスマートフォンやタバコ・ライターや小銭などの小物を置きますと運転中に滑り落ちてしまいがちです。
滑り止めシートを用いると落下を防ぐことができます。

 
(サイズ:13×15cm)

この類の製品は数多くあります。
私が5つくらい購入し使用した中で最も「バランスが良い」と感じ、現在でも使い続けている製品が「ELECOM 滑り止めパッド」です。

滑り止めシート

他の製品は、シリコンの粘着力が強すぎて指が滑らず小銭をつまみにくかったり、小物を押し付けて吸着させるものは押し付ける一手間がかかったりしました。
何より付着したホコリがよく目立ち、容易には取り除けません。私はこれが嫌ですぐに使わなくなりました。

代わってこのパッドは、摩擦力がやや弱めです。
その分、他の製品より指を滑らせやすく、平たい小物を指で浮かせて容易に取ることができます。
摩擦力は弱めですが、物が落ちない程度の必要十分な滑り止め効果があります。
ただし、底面の粘着力も弱いです。角をつまんで持ち上げるとすぐにめくれてしまうことが玉にキズです(位置はズレません)。

滑り止めパッド滑り止めパッド

少し湾曲したダッシュボードの上にタバコとライターを置いて急カーブを走っても、動いている様子はありませんでした(接地面積が少ないためか、砂利道だと僅かにずれている感がありました)。

縁は丸く盛り上がっており、もし小銭がずれたとしても落下を防いでくれるほか、横から見て不格好には見えません。他の製品は側面が未加工のものもあります。
厚さは2mm程度と薄く、いかにもシートを敷いたような感がありません。
パッドの表面はざらざらとした加工がなされているため、ホコリが他の製品よりだいぶん目立ちにくいです。といえども、ホコリは必ず付着します。ウェットティッシュで拭きましたらきれいに取り除けました。
そして、使用期間は1年程度です。1年を過ぎるころにはぬめりが出てきます(私が試したシリコン製品のすべてがそうでした)。
どういうわけか、日光に当てるとぬめりがしなくなり、またぬめったりするんです。

 

トランクルーム 収納ボックス
おすすめ度 ★★★★★

収納ボックス

 

トランクにたくさん物を積むと煩雑になりやすくなります。
ココに収納ボックスを置きましたら、すっきりと整理・整頓できました。

収納ボックス

私が新車を購入する前に7年間ずーっと乗り続けた軽自動車です。
これでも整理して並べたんですよ。

収納ボックス

とってもすっきりしました。

 

折りたたみ傘
おすすめ度 ★★★★★

折り畳み傘

晴れた日でも、運転中に突然雨が降ってくることがあります。
それに備えて傘を車に常備してけば濡れずに済みます。
長傘を常備すると車内の邪魔になりますから、折りたたみ式のコンパクトなものが良いでしょう。

折り畳み傘

 

私は少々価格が高くデザインの良い傘を車内に置いていますが、簡易な雨よけの用途でしたら1,000円程度のもので十分でしょう。
傘は価格が高いものから安いもの、幅の長いもの短いもの、軽いもの重いもの、自動開閉の可否など、ピンきりにあります。

 

使い捨て洗車シート
おすすめ度 ★★★☆☆

フクピカ

車を所有する方の多くが1度は購入したことがあると思われる、使い捨ての洗車シートです。

  

車に常備しておけば、黒く垂れた水垢のほか、付着した塵、鳥のフンや羽虫の死骸などの汚れをすぐに拭き取ることができます。

車の水垢

車のボディーに汚れが付いたら、通常は布巾に水と洗剤を付けて洗い流し、最後に布巾を洗濯するものですが、この類のシートは使い捨てかつ、あらかじめ濡れており、さっと拭いて捨てるだけいいので手間がかかりません。

 

油種の入れ間違いを予防するリング
おすすめ度 ★★★☆☆

給油間違い防止リング

  
(赤:レギュラー|黄:ハイオク|緑:軽油)

色のついたリングを車の給油口に取り付けることで、油種の入れ間違いを未然に防ぎます。
とりわけ、ハイオク車や軽油車に乗っている方におすすめできるモノかもしれません。

ノズル 給油

リングの色は、「レギュラー」「ハイオク」「軽油」の3色それぞれに合わせられています。

油種 間違い防止リング

セルフガソリンスタンドでハイオク車にレギュラーガソリンを間違って入れようとしたとしても、給油直前に給油ノズルとリングの色が合わないことに気付けます。
星3つの理由は、価格が300円程度と、思っていたよりちょっと高かったからです。

詳細は、別記事車の給油時に油種を間違えないための、給油口に付けるリングの紹介をご参照ください。
1度でも入れ間違いをしたことがある方は付けてみてはいかがでしょうか。
ちなみに車のディーラーさんは「ご老人より若者や女性の方が、うっかり間違えることが多い」と言っていましたよ。

 

車用コロコロ(細かなゴミやペットの毛のお掃除)
おすすめ度 ★★★★☆

コロコロ

 
(左:通常版|中:柄が少し長く伸縮する|右:スペア2巻)

シートやマットに付いたゴミを粘着テープで取るためのものです。
黒いシートに付いて目立ちがちなホコリがよーく取れますよ。
とりわけペットを車に載せられる方におすすめです。

コロコロコロコロ

クッキーの食べかす、ホコリ、砂粒、髪、ペットの毛、靴についた草など、ローラーをころころと回していれば取れます。

コロコロ

私はこれをシートの下に置いておき、特にシートに付いたのホコリが目立つようになったときに使用しています。

車用コロコロ車用コロコロ

靴底に挟まる大きさの小石はちょっとくっつきにくかったですが、何度かころころと回していたら髪や塵とともによく取れてきれいになりました。
お掃除が終わったら、粘着テープをはがして捨てられます。
テープはすぐに無くなることはありません。1ロールでも長い間使用できます。

コロコロの形状上、隙間や段差があるところのゴミは取り除けませんが、すぐに目に付くところは大まかにきれいにすることができます。
手軽にお掃除できる点では、おそらくこれ以上のものは無いんじゃないかな、と思うんです。

 

小型ほうき・ちりとり(子どもが落とす食べかすのお掃除)
おすすめ度 ★★★☆☆

ほうき・ちりとり

「小さい子どもが食べかすをシートに落とすから、妻が小さなほうき・ちりとりセットを車の中に置いてる」と、喫茶店のマスターから聞きました。

 

使ってみましたところ、あ、いいねコレ、と思いましたのでチョイスしました。

ほうき・ちりとり

車のシートには浅い溝があり、そこに入り込んだクッキーの破片や砂糖粒はなかなか拾えません。
また、溝はダッシュボードに向かって伸びているので、ドアを開けて外へ手で払っても残ってしまいます。
そこで小型のほうき・ちりとりの出番です。きれいに取れますよ。

価格の安い車用ハンディクリーナーは、
吸引力が弱く使いものにならない

車用掃除機 

シガーソケットの電源から駆動させる「車用ハンディクリーナー」を使用しましたところ、その吸引力の弱さにがっかりしました。
ゴミを吸い込むには何度もゆっくりと往復させなければならず、掃除機の先にホースのアタッチメントを取り付けるとゴミはほぼ取れません。
家電コンセントを用いる家庭用掃除機と同じような吸塵力を期待してはいけません。

車用ハンディクリーナー車用ハンディクリーナー

ただし、定価が10,000円あたりのものは吸引力がそこそこ強いと聞きます。
1,000円〜3,000円程度の安物には手を出さないほうが賢明でしょう。

 
(吸引力があるとあった製品をチョイス)

車用の掃除機は、車に積んでおくには少々大きめのサイズであったり、エンジンをかける手間がかかったりします。
足元によく砂利や小石がたまっていたりして、こまめにお掃除をされたい方に限るのならば、掃除機の購入を検討されても良いんじゃないかな、と思います。

 

シートカバー(汚れをシートに付けない)
おすすめ度 ★★★☆☆

車 シートカバー

車内の色彩が統一しなくなる、という理由があって、私はシートカバーの着用を好みません。
ですが、防汚のためならば話は別です。
とりわけ軽自動車のシートの素材は、普通車よりシミが付きやすい傾向にあります。
そういった車に乗られていたり、ペットやお子さんを乗せていたりするのであれば、インテリアのデザインを無視してでもカバーを取り付けるべきだと思います。

 
(運転席・助手席用)

車 シートカバー

カバーにシミが付こうがちょっと破れようが、シートにはダメージがありません。
カバーは替えが利きますが、シート自体はなかなか変えられません。

 
(後部座席用)

ちなみにですが、私なんかは車を売るときのことを考えてしまうんです。
そのため、できるだけ汚れを付けないようにと、以前に乗っていた軽自動車にはシートカバーを運転席と後部座席に取り付けていました。

 

トレイ(助手席に置いた物がシート下に落ちない)
おすすめ度 ★★★★☆

トレイ

 

以前に別記事、車のシート(助手席)に置いた物を落とさないトレイで紹介したトレイです。
車のシートというものはとても滑りやすいもので、助手席に書類や小物を置くと、カーブ時やブレーキ時にシートの下へ落ちてしまいます。
これを防ぐ適切なものは何かないかと頭をひねりながら探したときに、A4の紙がすっぽりと収まるこのトレイを見つけました。
助手席に置くだけで物が落ちなくなり、とても助かっています。

トレイの底

トレイの底一面は不織布が貼り付けられており、これが摩擦となってシート上でも滑りません。
普通車・軽自動車とも、助手席に収まるサイズでしたよ。

滑り止めマット
(おすすめ度 ★★★★☆)

・・・えっと、上で紹介したトレイが現在はどうも販売されていない様子でしたので、他に何か良い物はないかといろいろ考えました。

滑り止めマット

現在はもっぱら、トレイより滑り止めマットを使用しています。

滑り止めマット

ジャケットやデジカメ、紙、お弁当などを置いて急カーブを曲がっても、置いたものはまず動きません。
マットを敷いたまま座っても破れない点が使いやすいです。

滑り止めマット滑り止めマット

滑り止めマットをはさみで切って、座席のサイズに合わせます。
使用しないときは、折り畳んでコンパクトに収納することができます。

このマットを直射日光が当たる野ざらしの車に1年中ずっと敷いていても、何か変わったところは見つかりませんでした。シートへの色移りも無かったです。

 

シート横の隙間埋め(シート横の隙間に物が落ちない)
おすすめ度 ★★★★☆

シートパッドスペーサー

シートとレバーの間には隙間があります。
ポケットから小銭を取り出すときに鍵や携帯電話が手に当たって、その隙間からシート下に落としてしまった経験のある方はたくさんいらっしゃると思います。
そうなると、目では確認できないシート下を身をよじらせながら腰を折って腕を伸ばし、ワイパーのように手を左右に振ってようやく探し当てて拾うことになるでしょう。

シートパッドスペーサー

  

シート下に落ちた物を拾うのは思いのほか苦労するものです。
それを未然に防ぐためのスペーサーを見つけ、これは良さそうだと買ってみました。
しばらく経ったある日、座席に座ってポケットをまさぐっていたらうっかりカギを落としてしまい、でも隙間に入り込まなかったため難なく拾えました。
その頻度は多くはないものの、うっかりがあった都度「役立っているんだな」と実感しています。

車 スペーサー車 スペーサー

私がシート横の隙間に落とした小物をランキングすると、3位はライター、2位は車の鍵、そして1位は携帯電話です。
たまに落としてしまうことがありますよね。

ほかに、シート下の塵やホコリ(線状に積もる)、ドライブスルーで買ったフライドポテト、食べ物を包む紙やビニールの切れ端を落とさないようにする役目も果たせます。
お掃除の頻度が減ります。

シートパッドスペーサー

当初はこの製品を星3つで紹介していたのですが、使用から年月が経つに連れて「これ、意外と使えるぞ」と実感して、星4つにしました。
案外役立つんですよコレ。

 

エコバッグ(買い物袋のほか、大容量バッグとしても使える)
おすすめ度 ★★★★☆

エコバッグ

エコバッグは、有料化されたレジ袋(1枚5円)の代替として使われています。
スーパーで買物をする都度、必ず車に持ち込まれている女性は多いと思います。

 
(容量:30L)

上図のような底の縦横サイズが広いものは、お店で買い物をするときにレジを通したあとのカゴへ広げて入れると、レジ員さんがその中に商品を詰めてくれますので、会計後に自分で袋詰めする手間が省けます。

エコバッグ

エコバッグは底のサイズがレジのカゴの広さに合わせて作られています。
この広さがとても良い点です。トートバッグやふつうのカバンには入りきらない大きさのものがすっぽりと入ります。

私はエコバッグをその用途に限らず、いろんなものをたくさん入れられるバッグとして使用しておりましてですね、これがまたすっごく便利なんですよ。
常に車の中へ畳んで置いておき、事あるごとに活用しているお気に入りの1品です。

エコバッグエコバッグ

私が正月やお盆に帰省する際、ノートPCやタブレット、シャツ、パンツ、下着、タオルなど、まとめてエコバッグに入れています。
他に、ヘルメットや釣り道具、アウトドア用の食器、ランタンや寝袋などを入れたりと、幅広い活用の仕方ができます。
ネットが付いているエコバッグは、バッグの容量や高さをある程度超えるほど物を詰めても落とさずに持ち運びできたり、他人には中身がわからないようにしたりすることができます。

底が広いために大きい物やたくさんの物が入り、かつ折り畳めてコンパクトに収容できる入れ物は存外少ないものです。
いろんなものがたくさん入るエコバッグは、買い物用に限らずあらゆる用途に活用できますよ。

 

小型はさみ
おすすめ度 ★★★★☆

ミドリ CL コンパクトハサミ

 

小型・携帯ハサミを8点購入し、比較しつつ使用しました。この製品を最もおすすめします。
詳細は、別記事おすすめの小型・携帯用はさみの紹介と比較レビューをご参照ください。

小型ハサミしょうゆ

はさみを車の中に置いておけば、思いのほか役立つことがあります。
衣服や小さな家電やおもちゃなどを買ったとき、車で家に帰る途中につい袋を開けてしまうことがありますよね。そのときにタグのプラスチック紐が商品に付いていたら、はさみで簡単に取ることができます。手で引きちぎろうものならば穴が広がってしまいます。
その他、引っ張る方向をうっかり間違えた醤油の袋、ちぎろうとしても破れないビニールや包装、糸のほつれに気づいたときなどにも使えます。

ミドリ CL コンパクトハサミ

この製品にはキャップがありません。
キャップのあるハサミだと、それを外したらどこかに置いておかなければならず、そのときにいつの間にか紛失してしまうことが往々にしてあります。
キャップの無いハサミだと、その心配はありません。

 

名刺入れ
おすすめ度 ★★★☆☆

名刺入れ

車の中にいつも名刺を置いておけば、車での外出時に渡すべき相手に切らしてしまって渡せないことが無くなります。

 

以前、知り合いと飲食店で食事をしていたとき、その知り合いのお客さんが来られたんです。話がはずみ、のちに名刺を渡そうとするも、財布に入れていたはずの名刺が切れていました。
そして車に駆けって取ってきました。ちょっとほっとしましたよ。



芳香剤
おすすめ度 ★★★☆☆

クルマの消臭力

車用の芳香剤は、始めのうちは良い香りがするものの、1週間も経てばほとんど香りが立たなくなります。
買い替えようとするも、芳香剤はだいたい600円〜1,000円くらいでしょうか、継続して使うには価格が高く、しかも気づいたら香りがしなくなるコストパフォーマンスの悪さに、2度は買わない経験をされた方はたくさんいらっしゃると思います。

クルマの消臭力

   

代わって、この「クルマの消臭力」はコストパフォーマンスが高いですよ。
低価格ですが、香りが1ヶ月継続しました(「約45日長持ち」とありますが、実際は30日)。
ケースのデザインはシンプルで、車内のインテリアを濁しません。
価格が安い芳香剤は、香りがトイレ用のそれのように下品であることが多かったのですが、こちらは甘い香りをベースに強く香り、下品な香りではありませんでした。
私が低価格帯の芳香剤を5種類くらいと試したところ、この製品が最も良かったです。

芳香剤 クルマの消臭力芳香剤 クルマの消臭力

エアコンのルーバー(羽)に取り付けられ、香りの強さはつまみで調節できます。

全種類を試してみましたところ、香りは「オレンジ色:シトラスっぽい香り」「青色:アクアブルーの香りと言われれば、そんな気がしなくもない香り」「ピンク色:甘いイチゴの香り」「タバコ用:他より香りが強く、青りんごっぽい?香り」でした。
どれも甘い香りという点が共通しています。

 

チケットクリップ
おすすめ度 ★★☆☆☆

チケットクリップ

 

駐車券や高速道路利用券、名刺などをはさむクリップです。

チケットクリップ

料金の支払いにチケットを入れたり渡したりするとき、肝心のチケットをどこに置いたのか忘れてしまい、後続車を少々待たせたことがあります。
目に付きやすく、いつもここに置く場所を決めておけば、その心配はなくなります。
私はその役割をチケットクリップに託すことにしました。

 

エアゲージ(タイヤ空気圧のチェック)
おすすめ度 ★★☆☆☆

エアゲージ

エアゲージは、タイヤの空気圧を計るための測定器です。
タイヤの空気が減りますと、たわみが増えて燃費が悪化したり、パンクやバーストしやすくなったりします。適正空気圧を維持するよう、月に1度のチェックが好ましいそうですよ。

 

エアゲージは大抵のガソリンスタンドに置いてあり、空気圧を計るとともにコンプレッサーで空気を注入することができるのですが、空気圧はガソリンスタンドに到着するまでに通常より高くなってしまいがちです。
車の走行後はタイヤ内の温度が上昇することで空気が膨張し、空気圧が高くなるため、正確な値を測定するに適していません。
とりわけ頻繁に高速道路や長距離を運転をされる方は、簡易的に空気圧をチェックできるエアゲージを持っておかれてはいかがでしょう。

エアゲージ

タイヤの空気圧値は、エアゲージをタイヤの空気注入穴に差し込むだけで計れます。
詳しい使い方やタイヤごとの適正空気圧値は、別記事車タイヤ 空気圧の計り方・適正空気圧値の調べ方(エアゲージの紹介)をご参照ください。

 

カード入れ(ほとんど使わないカードをまとめて収納)
おすすめ度 ★★★★☆

カードホルダー

ほとんど使用しないカードをまとめて収納するために、カードホルダーを用意しました。
これを車の中に置いておくと、年に1度使うか使わないかのカードを家に忘れてしまうことがなくなります。

私はメンバーズカード等を使うお店に行くとき、車で移動する他ない場所に住んでいるため 、車の中に置いておく方が都合が良いんですね。

 
(20枚のカードが入る)

カードには多くの種類があり、たとえばクレジットカードやメンバーズカード、ポイントカード、診察券などがあります。
私はたくさんのカードを財布に詰め、常に携帯していたのですが、よくよく考えるとその8割はほとんど使っていないことに気づきました。
よく使うカードのみ財布に入れて、残りは別のカード入れにしまいましたところ、財布の厚みが減りとてもすっきりしました。
使用頻度の低いカードはただただ邪魔だったんだな、と気づかされましたよ。

財布カードホルダー

しかしながら、紳士服のメンバーズカードなどのあまり使わないカードでも、突然必要になるときが年に数回はあります。
本来もらえるはずのポイントがもらえなくなったりしますので、そのカード入れは車の中にしまっておくことにしました。
広めのカードケースだと車のグローブボックス内の邪魔になり、加えて普段はあまり使わないカードですから、小さめのサイズのカードケースを選びました。

これまではめったに使わないカードでもいつかは使うかもしれない不安があって、たくさんのカードを財布に入れて常に携帯していたのですが、車に置いておくことで解消できました。

 

箱ティッシュ(鼻炎・花粉症の方に)
おすすめ度 ★★★☆☆

ティッシュ

「鼻炎や花粉症持ちは箱ティッシュが無いと困る」と聞きましたので、いろいろと検討しました。

車内でも場所をあまり取らず、ダッシュボード上でも窓の視界を狭めない、小型の箱ティッシュです。
ティッシュ本体は横長の箱ティッシュと同じサイズです。半分に折り畳まれています。

ティッシュケース

 

ヘッドレストの後ろに取り付られるティッシュカバーは、運転席からの視界や車内インテリアを遮りません。
ただし、手が後ろ回らなかったりとティッシュを引き抜きにくいと感じました。たまに使うのであればこのような製品で良いと思います。

  

横長の箱ティッシュをダッシュボードの上に置かれる方は、そのまま置くと見栄えがとても悪くなりますので、別途カバーを用意されてはどうかと思います。

ティッシュティッシュ

サンバイザーに取り付けられるカバーもあります。
背の高い車に乗られているのであれば、ティッシュの高さ分、遮られる視界は気にならないと思います。が、個人的には見栄えが悪くなる理由であまりおすすめしない、かな。

 

 

サングラス
おすすめ度 ★★★☆☆

夕焼け

価格が安いサングラスでも、直射日光や夕暮れの日差しが傾いたときに結構役立つときがあります(サンバイザーを下ろしてサングラスを付けても、眩しいときもありますが)。車に常備しておいて損はないでしょう。
女性の場合、化粧をしていないときにかける使い方もありやもしれません。

サングラス

 

1,000円未満のサングラスは作りが甘いです。安いものでも名のあるメーカーの2,000円前後のものがおすすめです。
価格によってUVカット◯◯%、色の濃さ、デザインなどの違いがあり、どのサングラスが良いのかは各々の好みによりますので、私には決めかねないところがあります。

 

オーバーグラス(メガネの上から装着するサングラス)
おすすめ度 ★★★★★

オーバーグラス

 

日差しが強かったり、日が傾いた夕暮れ時だったりするときにサングラスをかけようとも、私はメガネをかけているためにサングラスを使えません。
そこでオーバーグラスという、メガネの上にかけられるサングラスを購入しました。

私がクルマに乗るときは常にコレを使用しており、個人的な思い入れが強いため星を5つにしました。

オーバーグラス

上側の幅が広く作られているために、メガネのフレームの上に置けるんですね。

オーバーグラス

オーバーグラスのサイズは、メガネを覆い隠す大きさです。
長時間使用しますと、オーバーグラスの重み(30gくらい)でメガネの鼻パッドが鼻に強く当たり、少し痛くなったりします。
私なんかはずっと使用しているため、痛みを感じなくなりました。

詳細は別記事メガネの上から掛けられるサングラス(オーバーグラス)の紹介をご参照ください。
ちなみに現在私が使っているオーバーグラスはSWANS社製のものです。メガネの上から落ちにくくてなかなか良かったですよ。

 

サングラスクリップ
おすすめ度 ★★☆☆☆

サングラスクリップ

サンバイザーにサングラスを取り付けるためのクリックです。

 

サングラスをグローブボックスの中に置くと、日差しが強くなったときにすぐ取り出せません。かと言ってダッシュボードの上に置くと運転中に滑って落ちてしまったり、メーターを見るときの障害物になったりします。
置き場所にちょっと困っていたとき、クリップを使いましたら解決できました。

オーバーグラスのクリップ
(おすすめ度 ★★★★★)

サングラスクリップ

また、上で紹介したオーバーグラスには、このクリップがとても良かったですよ。
もちろん普通のサングラスにも使えます。

サングラスクリップサングラスクリップ

オーバーグラスは普通のサングラスより大きく作られており、普通のクリップを使ってサンバイザーに取り付けると、シートに座った自分の正面の視界をいくらか妨げてしまいます。
また、他のサングラスにも言えることですが、だらんとぶら下がった状態になります。
代わってこのクリップはオーバーグラスの上側を乗せられる箇所があるため、オーバーグラスが下向きではなく正面向きになり、その分の高さが抑えられて視界が広くなります。
加えて、正面向きにすることで引き締まった置き方になります。

ただ、それでも運転席側に取り付けると私の車ではわずかに視界に入りました。
助手席側に取り付けると良いでしょう。

 

外付け ルームミラー
おすすめ度 ★★★☆☆

ルームミラー

車を走らせているときに対向車を見ると、外付けのルームミラーを付けられている方が意外なほど多くいらっしゃることに気づきます。
そんなに良いものなのだろうか?と自分も取り付けてみたところ、まず思ったのが、あらかじめ車に備わっているルームミラーよりはっきりと、鮮やかに景色が映ることでした(クローム鏡)。
純正品は鏡の質が良いというわけではないのでしょうね。

  
(左:幅29cm・大型車用|中:幅27cm・普通車用|右:幅24cm・軽自動車用)

私がとても気に入っている点は、純正ルームミラーより高さがあるところです。
高さがあると何が良いのかといいますと、自分の顔がより広く鏡に映るんです。下唇とアゴの中間から額の髪の付け根まで見えました。
お出かけ前の顔と髪型のチェックをしやすくなる、この1点のみでも購入する価値はあるな、とすら思いましたよ。

車 外付けルームミラー車 外付けルームミラー

ルームミラーの上から簡単に取り付けられます。
大きな外付けルームミラーを取り付けますと、フロントガラスから見える景色の範囲がやや狭まります。
私はこれが好かず、普通車でも軽自動車サイズの24cm幅のものを取り付けました。

 

マイクロファイバー製クロス(車内の拭き取り)
おすすめ度 ★★★★☆

あっちこっちふきん

マイクロファイバーの繊維は細く、洗剤を使わずとも手垢などの汚れをよく落としてくれます。
これで拭いたものはあたかも新品同様にきれいになり、手触りは洗剤を使ったかのようにキュキュッとします。

あっちこっちふきん

私が10種類くらい試したマイクロファイバー製クロスの中で最も良かったものが、帝人の「あっちこっちふきん」でした。

 
(Mサイズ・33×22cm)

汚れの落ちはマイクロファイバー製のものならどれも大差ないと思うのですが、あっちこっちふきんは固く絞れる厚さのためか水拭きして窓についた水あとの蒸発速度が他より早く、よって水あとが他のものより残らず、濡れたふきんは早く乾きます(洗濯機でふきんを同じ時間脱水して調べました)。

あっちこっちふきんあっちこっちふきん

大抵のクロスは、クロスそのものからホコリが出るため、拭いたものがホコリにまみれてしまいがちです。
あっちこっちふきんは長繊維なので毛羽が出ず、糸のほつれはほぼ無く、ホコリが他のものより出にくい特徴があります。

あっちこっちふきんあっちこっちふきん

水に濡らしたのち、水が出なくなるまで固く絞って使用します。
マイクロファイバー製ふきんで絞ったあとの手のひらは、まるで結露の雫が滴るガラスへ指で文字を書いたように、または磨いた歯を指でさするように、キュッキュッとした触感があるんです。
石けんで洗った以上に皮脂が拭われてガラスのようにつややかになった手のひらが、目ではどうしても確認できない細かな汚れの落ちを証明してくれました。

あっちこっちふきん

この手のクロスはどれも汚れが取れすぎるほど取れてしまうので、強くこすりすぎると汚れと一緒に保護膜も取れてしまうことがあります。
軽い力で何度か拭き取るようにしましょう。それだけでも汚れはよく落ちます。

車のボディー・窓拭き

あっちこっちふきん

 
(厚手・33×50cm)

上記の理由で、車の外の窓やボディー拭きには、このふきんの厚手のものが最も良いのではないかと思っています。

 

ガラス油膜取りスプレー(指紋や水あとがほとんど残らない)
おすすめ度 ★★☆☆☆

油膜取りスプレー

 

フロントガラスが曇ったときや指紋が付いているときにクロスで拭きましたら、今度は水あとが拭いた通りに残って視界を歪ませたことがあります。
放っておいても拭きムラは消えず、すごく気になりました。

油膜取りルームミラー 車

それを油膜取りスプレーを使って拭きましたら、きれいに取り除くことができました。
油膜取りですので、ルームミラーに付いた手脂も取れます。
やや丹念に、一気に拭くことがコツです。

 

キーホルダーに取り付けられる「USBメモリ」
おすすめ度 ★★★★★

USBメモリ

鍵より一回り小さなサイズのUSBメモリです(小指の先から第2関節くらいの長さ)。
データを仕事で外出先へ持ち運ぶときや、急に持ち帰らないとならなくなったときや、部屋のPCから別のPCにデータをコピーするときに使用しています。

キーホルダーは家や車の鍵を束ねる大事なものですから、紛失することはまずないでしょう。
そこにUSBメモリを取り付けておけば、部屋のどこに置いたのかがわからなくなったり、他人の家や仕事場に置き忘れてしまったりしません。

 
(容量16GB・USB3.0)

USBメモリの容量は「16GB」のもので充分事足りるでしょう(私は仕事や私用でよく使うため、32GBのものを買いました)。

USBメモリ キーホルダーUSBメモリ キーホルダー

キャップが無く、常に端子がむき出ていますが、私が3年程度使用しても保存したデータが消失することはありませんでした。この類のUSBメモリは、メモリ本体を保護するケースが頑丈に作られています。
キーホルダーに取り付けたまま、USB端子へ差し込めます。

 

キーホルダーに取り付けられる「静電気除去グッズ」
おすすめ度 ★★★☆☆

静電気除去

キーホルダーの付いた静電気除去グッズです。
冬場になると静電気のパチッとくるショックに悩まされる方はおられるでしょう。
ドアハンドルを引くと、ひどい場合には火花が飛び痛みが伴うとも聞きます。

  

私は静電気体質ではなく、効果の程がわかりませんでした(ホントすみません)ので星3つでご紹介します。
Amazonではしっかりと放電できるとのレビューが多数を占めていましたよ。

静電気除去グッズ静電気除去グッズ

車のボディーやドアノブに静電気除去グッズの先を押し当てることで、静電気が除去されます。

 

キーホルダー
おすすめ度 ★★★★★

キーホルダー

いつも手元にあって、当たり前のように使っているものには愛着がわきます。
古くなったからといって捨てようにも捨てられず、引き出しにしまったり、誰かが大切に扱ってくれるだろうと人に譲ったりと、失う前にあらためて目を向けたとき、大事なものだったと気づくことがあります。

上図のキーホルダーは、私が20歳前から10年間使い続けたものです。
いつまでも若者が使うようなものを持っていてはいけないと、何百かのキーホルダーを検討したのちに買い替えました

キーホルダー

当時乗っていた車は中古の軽自動車です。
私が初めて購入した車であり、以来、7年か8年間ずっと乗り続けた。
その鍵のスケルトンカラーは、新しいキーホルダーにまったくと言っていいほど似合いませんでした。

キーホルダー

それから何年か経つと経済的な余裕ができて、やっと普通車を、しかも新車を一括で買うことができました。
もともと車には興味がなく、メーカーごとの車種の特徴は調べないとわからない程の知識でしたが、いざ大きな車を目の前にすると「俺も普通車に乗るんだなぁ」と、小さな喜びに心が踊ったものです。
このキーホルダーの重厚さに見合う鍵とともに、どこか大人としての威厳めいたものを手に入れた気がしました。

良いキーホルダーとはどのようなものなのか、各々の用途や好みがありますので私が判別することはなかなかできませんが、使い勝手の良さや機能に長けること以上に、いいな、と直感し、長く使おうとするものがそうではないでしょうか。
上で紹介したキーホルダーはデザインが良いものの少々重く、ベストなものとは言えません。
しかし愛着はあります。

 

消臭・除菌スプレー
おすすめ度 ★★★☆☆

消臭・除菌スプレー

内のどこからか変なにおいが漂ってくることがあり、そのにおいを消すために消臭・除菌スプレーを用意しました。

 

タバコを車内で吸われている方は、常備して損はないはずですよ。
素早く消臭、または香りで上書きされます。

消臭・除菌スプレー消臭・除菌スプレー

ドアポケットに収納できます。

車載用プラズマクラスターやナノイーは、
消臭効果に乏しく、除菌効果も怪しい

車用 プラズマクラスター シャープ製

 

シャープのプラズマクラスターを使用し、体感テストをおこないましたところ、消臭効果は乏しい、または無いに等しいとの結果になりました。
スプレーの方が遥かに高い効果があります。

詳細は、別記事車載用プラズマクラスターの詳細(効果の感想・本体と付属品・ボトルの中身・駆動音など)をご参照ください。

 

ターボライター(タバコ用)
おすすめ度 ★★★★☆

ライター

家にライターを置き忘れてタバコを車内で吸えないことがよくありましたので、ライターをもう1つ車用に用意しました。

このごろは「電子ライター」というものがあり、充電すれば何度でも使用できるのですが、実際に使ってみましたところ、電子ライターのコイルが発熱してからタバコに火が着くまで少々時間がかかり、コイルを見ながらでないとタバコを正確な位置に押し当てられず、運転しながらの着火は難しいと感じました。
また、モスキート音を発する着火が比較的早い電子ライターもあり、使ってみましたところ、その音は歯医者さんで歯を削る音を聞いたような、葉茎に微電流を流したかのような感覚が走り、私にはちょっと耐えられませんでした。

タバコ用に使用するライターは、ガスを充填する「ターボライター」が良いと思います。
オイルライターは風に煽られると火がなかなか着きません。ターボライターですとすぐに着火できます。

ターボライターガスライター

 

使い捨てではないターボライターでも、1年程度経過すると故障して使えなくなるものがありました。
いろいろと探した上で私がおすすめするのが上図の製品です。
かれこれ3年は使用し続けていますが、特に故障はありません。ボタンを押すとすぐに火が着きます。

詳細は、別記事Z-Plus!「ZIPPO」のオイルライターをガスライターにするユニットの紹介をご参照ください。
使わなくなったZIPPOをお持ちの方は、そのケースを活用されてもよいでしょう。

 

文庫本 1冊(空いた時間や待ち時間に)
おすすめ度 ★★★★★

詩集

助手席に座る人が買物に行ったり、呼んだ人が待ち合わせの場所になかなか来なかったり、到着の時間が遅れるとの連絡が急に入ったりするときがあります。
どのくらいの時間がかかるのか予想がつきにくく、その場から離れるわけにもいきません。不意に空いてしまった時間はなかなか厄介なものです。
文庫本を1冊、車の中に忍ばせておけば暇な時間を有意義に過ごせます。

 

個人的におすすめしたい文庫本のジャンルは「詩集」です。
密度のある短文を短時間で読め、どのページをめくっても構わないことが理由です。
茨木のり子著「詩のこころを読む」は、名のある詩人の詩がたくさん載っており、それを著者がどう読み解いたのかを言葉豊かに語っています。手が出せないほどの難しい語が並ぶ本ではありません。
自分が詩を読んで得た抽象的な心象とは別に、詩人である著者が形ある言葉で解説してくれますから、各々の詩が表す意味や意図が理解できずとも、淡い水彩がかかっておぼろげに見えてくるようになります。
私が1冊を選ぶとしたら、この本を選びます。

少しの時間を本とともに過ごすには、もちろん詩集に限らず、新書でもマンガでも差し支えありませんが、長い間車の中に放置しても価値が損なわれない良書を選ばれると良いでしょう。

 

モバイルシェーバー
おすすめ度 ★★★★☆

電気シェーバー

 

ヒゲを剃る時間がなく車に駆け込んだとき、電気シェーバーにいつもお世話になっています。
上図の製品は、かなり以前に私のおすすめ品としてブログで紹介したことがあります。
刃の部分を覆うケースが本体に取り付けられているため、ケースを落としたり無くしたりすることがなく、反対側に回さないと電源が入らないようにしてある点や、ブラシが本体に収納されているところが気に入っています。

ヒゲ剃り

 

少々大きくても構わないのでしたら、電気シェーバーメーカーの下位機種がおすすめです。
モバイル用のものと比べると、段違いによく剃れます。
バッテリーが付いていますので、1ヶ月は充電しなくても使用できます。

 

後部座席の持ち手(高齢者の乗り降りやカーブ時の補助)
おすすめ度 ★★★★☆

アシストグリップ

後部座席に乗り降りするときや車のカーブ時に身体を支えてくれる取っ手(アシストグリップです)は、とりわけ高齢者や子供が家庭にいらっしゃる方に役立つと思います。

 
(左:通常版|右:ロングサイズ)

前の席のヘッドレストを抜き、金具棒に輪っかを通して吊り下げて使用します。

アシストグリップ

ドア上にある持ち手に手を伸ばさなくても、目の前にグリップがありますから、より楽に身体を支えることができます。

アシストグリップ

ロングサイズのグリップは、特に車から乗り降りするときに役立ちます。
長いので掴みやすく、腕で身体を支えることで楽に席や車外への移動ができます。

詳細は別記事、後部座席の持ち手「アシストグリップ」の紹介(タクシーの座席に吊り下がっている手すり)をご参照ください。

 

「赤ちゃんが乗っています」ステッカー
おすすめ度 ★★★★☆

赤ちゃんステッカー

 

赤ちゃんが車に乗っていることを示すステッカーです。
自分の車が赤ちゃんを乗せているためゆっくりと運転せざるを得ないときでも、後続車は自分の車に赤ちゃんが乗っていることがわかりません。煽られたりすることもあるでしょう。

 

ステッカーを車の後ろに貼って赤ちゃんが乗っているということを示すと、状況を察してくれて車間距離を詰めてくることはなくなるでしょう(初心者マークだと話は別ですが)。

車 ステッカー車 ステッカー・シール

近年の自動車はガラスに黒いスモークと偏光フィルターがかかっており、車の内側にステッカーを貼ると後続車からはよく見えません。
ステッカーはマグネットでもシールでもよいでしょうが、車の外側に貼れるものがより好ましいと思います。

障害者マーク

 

ついでに、身体障害者マークもあわせてご紹介です(初心者マークを貼るよりヤン車に絡まれることが少なくなりますよ)。

 

ETC車載器
おすすめ度 ★★★★☆

ETC車載器

ETC車載器がありますと、高速道路のETCゲートを通過するときにノンストップで通り抜けられます(もちろんETCカード取得必須)。
高速道路利用チケットを取り、現金で通行料金を支払う場合、そのゲート前は車が渋滞していることが多いですが、ETCゲートを利用すると待ち時間が大幅に短縮されます(渋滞の具合にもよります)。

ETC車載器

私が使用しているETC車載器は1万円未満の安いものです。一応「音声案内」はありますが、「光ビーコン対応(高速道路の渋滞ポイントなどをお知らせ)」でも「カーナビ連動(通行料金の表示など)」でもありません。
単に料金を後払いにして速やかにゲートを通り抜けるためのものですが、これがあるとないとではゲート前に費やす時間がだいぶん違うんですね。
渋滞時でも少しずつ前に進むからイライラすることが減りました。

 

小型のヘアブラシ
おすすめ度 ★★★★☆

ブラシ(くし)

小型のヘアブラシです。
車に置いておくならば、コンパクトに収納できる折りたたみ式のヘアブラシの方が良いと思っていたのですが、使ってみますと耐久性が乏しいことに気づきました。
持ち手部分と毛の部分を接合する箇所が折れて分断するのではないか、と不安になりながらも使用し続けていたら、案の定そのとおりになってしまいました(2本買って2本とも1年以内に)。
柄と毛が一体になっているヘアブラシならば耐久性は問題ありません。

ブラシ(くし)

よくある固いプラスチック毛のものは、頭皮が痛くなる上に髪通りが悪いです。
代わってこのヘアブラシは毛がしなり先が丸まっていますので、強く頭皮をブラッシングしても気持ちの良いちくちくとした痛みにとどまり、髪通りやまとまりがとても良く、髪のもつれなく使用できました。
私はこのヘアブラシをとても気に入っており、自宅用にもこれのロングサイズを使用しています。

コーム

コーム

  

直毛の方は、髪の毛をより細かくすく「コーム」のほうが良いと思います。
コームにも折りたたみ式のものがあるのですが、ブラシ部分と柄の部分の接合部が壊れてしまう理由でおすすめしません。
1本の長ぐしならずっと使用し続けられます。

コーム

サンバイザーに挟んで収納すると、目に付きやすいため気づいたときにすぐ髪を整えられます(私のお父さんがこうしていました)。

 

車載用ハンガー(背広やジャケットに)
おすすめ度 ★★★☆☆

ハンガー

脱いだ背広やジャケットを掛けるハンガーです。
車内でシワを付けずに、また場所をあまり取らずに吊るすことができます。

  

前の席のヘッドレストの金属棒に取り付けて使用します。

背広

詳細は別記事、車載用のハンガーの紹介(背広やジャケットをシートの後ろに掛ける)をご参照ください。
ハンガーの横幅が長いと、車種によっては窓やピラーに当たってしまうことがあります。

 

使わなくなったデジカメ
おすすめ度 ★★★★★

デジカメ

運転中にきれいな景色や珍しいものを発見したりしたとき、私は車の中に常備しているデジカメを取り出して写真を撮っています。
もちろんスマートフォンでも撮影はできますが、備わっているカメラの性能は限界があって、遠くの被写体をズームして撮影できなかったり、画質に不満があったりするんですね。

上図は何年も前に購入したものです。
現在は別のもっと良いデジカメに買い換えて使用しているのですが、前のものも決して悪い性能ではありませんでしたのでもったいなく、どうにか活用すべく車の中に置いておくことにしました。

すると、今まで以上に写真撮影の回数が増えました。
これまでは写真を撮ろうという気にならなければデジカメを持ち運ばず、例えば運転中にきれいな夕日が広がっていてもデジカメが無いためにシャッターチャンスを逃してしまうことが度々あったのですが、車の中に常備させてからはどんどん写真に収められるようになりました。

また、最近のデジカメはUSBケーブルで充電するものが増えたと感じます。
バッテリーが残り少なくなったとき、私は車の中でUSBシガーソケットを用いて充電しています。
ACアダプタで充電するデジカメであれば、インバーター(上で紹介しました)を用いると良いでしょう。

 

ハンドグリップ
おすすめ度 ★★★☆☆

ハンドグリップ フィンガーグリップ

 

握力を鍛えるハンドグリップです(上図左はフィンガーグリップ・指の筋力を鍛える)。

赤信号やドライブスルーや渋滞などで待たされている間は、少しづつ前の車が進むために本を読んだりスマートフォンをいじったりして暇を潰すことができません。
その僅かな時間を何かに活用しようと考えたところ、握力でも鍛えようかと思いつき、ハンドグリップを車の中に置いておくことにしました。
目に付きやすいところに置きましたら自然と手に取るようになり、少しの待ち時間のほか長距離運転時にもにぎにぎするようになりました。

普段から運動不足な方は(私を含む)、そのような少しの時間に軽い筋トレをこなしてみてはいかがでしょう。

 

リップクリーム、つめ切り
おすすめ度 ★★☆☆☆

リップクリーム、つめ切り

 

ハンドルにツメをひっかくように立ててしまったときや、いつの間にかツメが伸びていたことに気づいた都度、つめ切りが車の中にあればすぐに切れます。

リップクリームは、冬に唇が荒れたときにとてもお世話になりました。
夏場に車に置いていたらクリームが溶けてキャップから染み出ていましたので、冬場のみ置くと良いでしょう。

 

口臭スプレー・ブレスケア
おすすめ度 ★★☆☆☆

口臭スプレー

  

口臭を良いにおいに上書きするブレスケア製品を私は、車でタバコを吸ったあとや、焼肉や餃子を食べたあと、酒を飲んだあとなどに使用しています。

 

メモ帳とペン
おすすめ度 ★★★☆☆

メモ帳

このごろはスマートフォンでメモする方が多くいらっしゃると思いますが、メモ帳にペンで書くほうが格段に早く記すことができます。

 

メモ帳は楽に紙を引きちぎられるリングノート、サイズは「A6(105×148mm)」か、ちょっと大きめの「B6(128×182mm)」が良いかと思います。

ちなみにですが、私が学生のころ使っていた筆箱(定規や消しゴムやあらゆるペンが入っている)を車の中に置きましたところ、1年経ってもファスナーを開けすらしませんでした。
メモ帳とペンだけあれば充分だと思います。

 

小銭入れ(コインケース)
おすすめ度 ★★★☆☆

コインケース

 

コインケースに小銭を入れておきますと、駐車や高速道路、缶コーヒーなどの料金を速やかに支払うことができます。

硬貨の種類ごとに分けられるコインケース
(おすすめ度 ★★★★★)

コインケース

ほかに、上図のコインケースはなかなか便利でしたよ。
ジュースやタバコを買うときや、ドライブスルーでの支払いに頻繁に使用しており、随時小銭を補充しています。

1円から500円までの硬貨がそれぞれ4枚か5枚まで入り、硬貨の種類ごとに分けられるために急な小銭の支払いでも速やかに済ませられるようになりました。私にとって、こちらの使用頻度はかなり高いです
ただし、価格は材質やプリントからしてせいぜい500円程度のものだと思うんです。ですが、どの硬貨があるのかがひと目でわかる点はかなり便利です(願わくば、コインが10枚入るよう厚くして欲しいです)。

 

グローブボックス内を整理するケース
おすすめ度 ★★★☆☆

グローブボックス 整理

ダッシュボードのグローブボックスは、いろんな小物をいい加減に置けるので便利です。
多くの方は電気シェーバー、くし、ノート、ペン、この辺りを入れられているのではないでしょうか。
しかし私は、この他にメンバーズカード入れ、名刺入れ、小銭入れ、メガネ拭き、ポケットティッシュ、デジカメケース、携帯電話充電ケーブルなどを入れており、上図のように雑多な物置になってしまいました。

ポーチ

そこで、グローブボックス内を整理するためにケースやポーチを用いました。
以前に仕切り版や、棚を作って2段にするグッズなどを使ってみたのですが、倒れたり、物多くと2段目が沈んでしまったりしました。
こういったふつうの入れ物が適切だと思います。

  

グローブボックス 整理

とってもすっきりしました。

ちなみにですが、グローブボックス内の底には滑り止めマットを敷いています。
運転時の振動で物が揺れてもカタカタと音が鳴らなくなるんです。

 

トラベルポーチ
おすすめ度 ★★★☆☆

トラベルポーチ

人が住んでいない実家に帰省することが年に2,3回ある私は、帰った時に身支度できるようトラベルポーチをいつも車に入れています。
ポーチに入るものは小物です。そういったものは持ち帰るのを忘れてしまいがちですが、それが無くなりました。

 

トラベルポーチ歯磨きセット

入っているものは、くし、歯ブラシ、歯磨き粉、折り畳みの携帯コップ、タイピン、小型鏡、リップクリームです。

  

ほかに墓掃除のために用意した物も常に車に載せているのですが、これは割愛しておきましょうか。

 

書類クリップボード(車内で文書を書くために)
おすすめ度 ★★★★☆

書類クリップボード

車内で書類を書くときは一苦労します。
というのも、車の中は平らな面がほとんど無いからです。

膝の上で文書を書く書類クリップボード

それでも、どうしてもすぐに書かなければならないことがありましたので、仕方なく膝の上にクリアファイルを乗せて用紙に試し書きしましたらミミズのような字になってしまいました。
これではいけない、と喫茶店にでも行こうかと思ったのですが、ちょっと文を書くためだけにコーヒーと場所代400円を支払うのはいかがなものか、との疑問がわきます。

 

書類クリップボードがありますと、車内でも整った字を書くことができます。
私はこれを、助手席の後ろにあるシートポケットに常時入れておくことにしました。

 

小型イス・スツール
おすすめ度 ★★★☆☆

折り畳み小型イス

 

上図は私がだいぶん前に釣り用に購入した、折り畳みの小型イスです。
釣りに行くことはほとんどなくなってしまいましたが、買い込んだ釣り道具のうち、このイスだけは未だによく活用しています。
座ろうにも座れる段差がない平面や、座るとお尻が汚れたり痛くなったりするところなど、アウトドアでちょっと休憩したいときに役立ってくれました。
たとえば、屋外スポーツの観戦、バーベキュー、山、砂浜、砂利、草原、コンクリート上で活用できます。

折り畳み小型イス

コンパクトなサイズですから、常に車に積んでいても場所を取りません。
さっと取り出せてぱっと座れる点が気に入っています。

 

長傘入れ(雨に濡れた傘の入れ物)
おすすめ度 ★★★★☆

ポリ袋 長傘入れ

ショッピングモールやゲームセンター等でよく見かける、ポリ袋の長傘入れです。
車用品メーカーが作った使い捨てではない傘入れも購入し使ってみましたが、ポリ袋に勝る傘入れは無いと結論づけました。

 
(100枚入り)

長傘入れ

使い捨てではない傘入れは、シートの後ろに取り付けて使用します。
そのため、傘を入れるためにわざわざ後部座席に移動しなくてはならず、また傘を入れようにも天井に当たったりして入れにくく、雨に濡れた傘入れを乾かそうにも乾きにくいです。邪魔だから取り外しました。

ポリ袋 長傘入れポリ袋 長傘入れ

代わってポリ袋の傘入れは車内でも傘を入れやすく、使い終わったら捨てればよいために後始末が楽です。
100枚もあれば3年や5年は新たに買わなくてもよいでしょう。

 

ハンドタオル(雨に濡れたときや飲み物をこぼしたとき)
おすすめ度 ★★★☆☆

ハンドタオル

曇りの日に車で出かけて、お店から出ると雨が降っており、ずぶ濡れになりながら車へ走ったことがありました。
雪の日はジャケットが真っ白に染まり、車のエアコンを付けても溶けた雪が身体の熱を奪い、身を震わせて帰路に着いたこともあります。
このことが何度かありましたので、車にタオルを置いておくことにしました。

ハンドタオル

 
(2枚入り)

他に、飲み物をこぼしてしまったときにも使えます。
いつもは使わないものの、いざ濡れてしまった・汚してしまったときにはなかなか頼りになりますよ。

ハンドタオルハンドタオル

タオルには様々なサイズのものがあり、私が比較して検討したところ、「ハンドタオル」が車内には最も適切な大きさでした。
ハンカチタオルは薄く面積が少々狭いため十分に拭えず、フェイスタオルは広すぎて場所を取りました。
ハンドタオルは「30×35cm」と充分な広さがあり、厚みがあってよく水を吸い込み、畳めばさほど場所を取りません。
水をよく吸う理由で、起毛しているタイプのものが良いでしょう。

 

寝袋(初春・秋・冬用)
おすすめ度 ★★★★☆

寝袋

 
(最低使用温度-15度の寝袋)

車内で寝泊まりされる方もいらっしゃると思います。
冬場の夜間はとても寒いですが、エアコンをずっと付けっぱなしにするわけにはいきません。
防寒には寝袋を用意されると良いでしょう。

冬に暖かく眠れる寝袋は「最低使用温度 -15度」か、
それより温度が低いもの

冬に車内で夜を過ごされる方は、「最低使用温度 -15度」か、それより温度が低いものをおすすめします。
「最低使用温度 5度」のものは、「外気温が5度なら暖かく眠れる」という意味ではありません。「外気温が5度ならなんとか使えるかもしれない」といった意味です。
冬に5度のものを使用すると凍えてしまいます。

実際に寝袋で快適に眠れる温度は、寝袋に表記されている最低使用温度に「15〜20度」を足したものだと実感します。
冬の車内の気温はおおまかに5度前後ですから、「最低使用温度 -15度」の寝袋の使用が適切だと思います。

シュラフ

私が11月に瀬戸内海にある離島のパーキングエリアへたどり着いたときに、軽自動車内でこの寝袋を使用し眠りにつきましたところ、薄着でも寒さを感じずとても温かく眠れました。
また、1月に人の住んでいない実家で寝泊まりした際も、この寝袋を使用しました。
気温は4度でしたが、靴下を脱ぎ薄着で寝袋に入っても、マットレスの上でポカポカと温かく眠れましたよ。

寝袋

どの寝袋でもそうですが、寝袋の構造として首に当たる部分が広く作られてあるために、そこから寒い外気が入り込み、かつ内側の熱が逃げてしまいます。
首元あたりにあるゴムひもを引っ張ることで、それを防ぐことができます。
ただ、引っ張りすぎると身体が窮屈になりますし、外気の入り込みを完全に防ぐことはできません。

寝袋

付属の収納バッグに寝袋を詰めると、トランクルームに置いておける程度の大きさになります。
その他は、別記事冬に温かく眠れる寝袋は、最低使用温度マイナス15度以下のものをご参照ください。

ちなみに寝袋の洗濯は、おしゃれ着・ウール用洗剤で洗うと寝袋の光沢の落ちが少なく済みますよ。

 

車のドアを網戸にする「ウインドウネット」
おすすめ度 ★★☆☆☆

車の網戸 防虫ネット

夏場に窓を開けて駐車していると、蚊や虫が車内に入ってきます。
それを防ぎ通気性のある「ウインドウネット」は、車のエンジンをかけっぱなしにできないシーンで活用できます。
とりわけ夏場に車内で寝泊まりするときにおすすめです。なお、私が夏日に運転席側と助手席側にネットを掛けて昼食を取ったときは、やや蒸し暑く感じました。

 
フロントドア用(左:1枚入り|右:2枚入り)

片側の窓にネットを取り付けても、閉め切った車内では風通りが悪く、あまり涼しくはなりません。
反対側の窓にも風の通り道を作ってあげるよう、2枚用意されることをおすすめします。

車の網戸 防虫ネット

伸縮する網を窓を開けたドアに被せるだけで、車の網戸ができます。

 

三角停止板
おすすめ度 ★★★☆☆

三角停止板

使用することはほぼ無いと思いますが、もしものときにこれがあると助かるかもしれない三角停止板をチョイスしました。
Amazonのレビューを引用します。「道路交通法では、高速道路上で事故や故障などにより駐停車する場合、三角表示板または停止表示灯の設置は義務」らしいですよ。

三角停止板

10秒くらいで組み立てられます。
やや小型の三角停止板ですが、1,8kgの重さがあるために強風でも吹き飛んでしまわないだろうと思いました。
収納ケースが付いており、価格は高くはありません。車にとりあえず置いておく程度の用途でしたらこのような製品で充分でしょう。

 

ブースターケーブル(突然のバッテリーあがりに)
おすすめ度 ★★☆☆☆

ブースターケーブル

 

エンジンが停止しているときに、ライトを消し忘て車から長時間離れてしまったり、オーディオやエアコンをつけっぱなしにしたりしていると、バッテリーがあがってエンジンがかからなくなってしまうことがあります。
そのようなときの緊急処置として、他車のバッテリー、またはポータブルバッテリーから電気を供給してもらいエンジンを始動させる方法が挙げられます。
そのときに使われるものが「ブースターケーブル」「ジャンプスタータ」です。
トランクルームにでも常備しておけば、バッテリーが突然あがってしまったときに役立つでしょう。

ブースターケーブルの長さは、車と車の向きや位置によって長さが足りなくなってしまうこともありますから、余裕のある長さの5mのものが良いかと思います。

 

冬の雪対策

雪 車

走行時に雪でスタック(車が動かない)してしまったときに役立つ車載グッズを中心に、自分の経験を踏まえてご紹介しますね。

雪 スタック

上図は以前に降り積もりました大雪にタイヤを取られて立ち往生したときの写真です。
普段は動いているはずの車が突然動かなくなりますと、不安が募って気が沈んでしまったり、予定が大幅に遅れたりします。
ですが私は、雪から脱出するための器具をあらかじめ常備していたため、どうにかなるだろうとさほど不安は感じず、また道を塞いで別の車を何時間も邪魔せず、JAFを呼ばずに雪のない道へ逃れることができました。
そこで、雪道でのスタックに役立つ車載用グッズをあらためて見直しました。

スコップ
おすすめ度 ★★★★★

スノースコップ

スコップは雪でスタックしたときに最も汎用的に使えます。
だけに、降雪時は必ず車の中に常備しておくべきアイテムだと思います。
いざというときに間違いなく役立ちます。

車載用スノースコップはたくさんありますが、最も良いスコップは穴掘りに使われるような金属製で角形のものだと思います(角スコ)。
金属製のスコップは固くなった雪でも深く突き挿せられますし、高い耐久性があります。
また、幅が広いと一度にたくさんの雪をかき出せ、労力が減ります。車載サイズだと25cmあたりのものが好ましいと思います。

 
(幅:約25cm)

雪が固まる前の柔らかい状態ならば、よく見かけるポリカーボネート樹脂製のスコップでも難なく掘ることができます。

スノースコップ

ただし、降り始めから日が経って踏み固められたり、車が通るとガリガリと音を立てるまでに固まったりした雪に突き挿すのは力が入りますし、直角に挿してテコの原理で押さえると折れてしまいそうになります。

 
(幅:約25cm)

しかしながら、私は軽さと携帯性と車体への傷つきを考慮して、ポリカーボネート樹脂製のスコップを使用しています。
冬に毎日雪が積もることはありませんので、車に常備して緊急時に使う用途であればこれで十分だと思っています。

牽引ロープ
おすすめ度 ★★★★★

車牽引ロープ

雪上のスタックから脱出するにあたり、最も手っ取り早い手段は別の車に引っ張ってもらうことだと思います。
そのときに使用されるものが「牽引ロープ」です。

 
(3tまで)

前に除雪車が通った道路の脇に盛り上がる雪を越えようとしたとき、車が乗り上がってしまい立ち往生したことがあります。

雪 スタック

雪で車体が持ち上げられるのですからタイヤが宙で空回りします。そうなるといくら大きな車でも身動きが取れません。
仕方なくスコップで雪かきをするも、車体下の雪を除くのはかなりの重労働です。
別の手段を考えていましたら、別の車がやってきてゆっくりと止まり助けて下さいました。

車牽引ロープ

あれこれとしたのちに、結局は牽引ロープで引っ張ってもらうことでスタックから脱出することができました。

私は数年前に牽引ロープをなんとなく購入し車に常備していましたものの、これを使う日が来るのはいつになるのやら、と思っていたんです。
ですが、そのいつが突然やってきましたら、30分の除雪作業は無意味だったほど難なく簡単に一発で抜け出せました。
別の車が止まってくれることが条件ではありますが、これほど役立つものがあるのだろうか、と印象がガラリと変わりましたよ。

その理由で、以前は星2つで紹介していた牽引ロープを星5つに格上げしました。

牽引ロープ フック

車両の総重量は、普通車でも2t未満のものがほとんどです(私が乗っているフォレスターは約1.8t、大きめの普通車です)。
4名乗車してプラス0.3tと考えると、牽引ロープは3tのものを持っていると安心できると思います。

雪脱出シート
おすすめ度 ★★★★☆

雪脱出プレート

雪脱出プレートは、タイヤが雪で滑って空回りしたときに役立ちます。

 

とりわけ軽自動車や軽めの普通車は、雪が積もった傾斜のある上り坂でスタックしやすい傾向にあると思います。
坂は平面より雪が積もりやすいです。タイヤの面積が狭く高さが低く、車重が軽い車では、タイヤが路面に強く接地せず空回りしてしまいがちです。
このプレートを雪の上に置くことで、タイヤが滑らないようにすることができます。

雪脱出プレート

できるだけ深くタイヤの下に入り込むよう敷きます。
私が軽自動車に乗っていたころ、このプレートに何度かお世話になり、とても助かったことがありました。

もちろん敷くものは木でもダンボールでも、滑りにくくするものならば何でも構わないのですが、その辺に転がっているものではありませんし、防水性や耐久性に欠けるところがあります。
車に常備するのならばちゃんとした製品が良いでしょう。

雪道脱出シート

厚紙でできているため、耐用回数は軽自動車だと50回くらいだと思います。
その分とても軽く、プラスチック製のものと比べて滑りにくく、2つを重ね合わせた高さは4cmくらいです。トランクルームの下の収納ボックスに置くと邪魔になりません。

解氷スプレー(フロントガラスに凍りついた霜や雪を解かす)
おすすめ度 ★★★★★

車のガラスが凍りつく

冬の早朝は1日の中で最も冷え込んでおり、車を走らせようとするもフロントガラスに霜や雪が凍りついて前が見えないことがあります。
エアコンをかけて氷が解けるのをしばらく待つものの、困るのは急ぎの用で出勤するときや、いつもなら速やかに終わらせられる用事、例えばゴミ出しや切らしたタバコを買いに行くときです。

解氷スプレー

 

「解氷スプレー」を使用すれば、すぐに氷を解かすことができます。

車ガラス 凍った霜 氷解スプレー

ワイパーで氷を除去しようにも表面をなでるのみですが、解氷スプレーを噴きかけると、

車 フロントガラス

簡単に、速やかに氷を解かすことができます。
毎年フロントガラスの凍りつきに余計な時間を取られていた私にとって、念願適った製品でした。文句なく星5つです。

 

その他、氷解タイプのウインドウォッシャー液もあります。
冬でもタンクの中の液は凍らず、車の中にいながら氷を早く除去することができます。
その入れ方は、別記事車のウインドウォッシャー液を入れる方法をご参照ください。

タイヤチェーン(冬タイヤに交換しない都会の方へ)
おすすめ度 ★★★☆☆

 

車種に詳しい友人から「都会では冬でもスタットレスタイヤに交換する人はほとんどいない」と聞き、「ああ、それで大阪・兵庫ナンバーの車に限ってスリップ事故を起こしているのを見かけるのか」と納得しました。
都会にお住みの方は、冬に地方へ旅行や帰省するときのためにタイヤのチェーンを常備されることをおすすめします。
ガードレールに接触すると1万や2万円では修理費用に足りず、またはJAFのお世話になるかもしれません。

小型の雪かき(スノーブラシ)
おすすめ度 ★★★★★

車 雪かき(スノーブラシ)

 

外出先で駐車している間にフロントガラスやバンパーに雪が積もったら、私は車に常備しているこのハンディサイズの雪かきを使用しています。
素手で雪を払うとすると、一度に落とせる範囲が狭く効率が悪かったり、指が雪の奥まで届かなかったり、指が冷たくなってしまったりします。
また、窓に固く凍って張り付いた雪は、素手ではまず取り除けません。
小型の雪かきはこれらを解消してくれました。

雪かき 車

このくらいの雪が積もったときが最も使いやすいですよ。

よく見かける長くて伸縮する車用雪かきと比べると、小型のものは力が伝わりやすいため思うように雪を落としてくれますし、小回りの効く使い方ができます。閉じたワイパー部分のくぼみに詰まった雪もかき出せます。
車の中に置いても邪魔にならないサイズであることも良い点です。突然の降雪時に大いに活躍してくれました。

長い雪かき(スノーブラシ)
おすすめ度 ★★★★★

車用雪かき

 

降雪地帯に住む家庭に必ず1つはある、伸縮するタイプの長い雪かきです。
この手の製品は冬前になると、いつも品薄になったり価格が2倍くらい高くなったりします(ネットでもホームセンターでも)。 夏に用意されるとお買い得ですよ。

車ルーフの雪かき

車に載せるには長く、邪魔になると思いますが、冬はトランクルームにでも置いておくとよいでしょう。
ルーフに高く積もった雪を除去しないで運転していましたら、一時停車したときに突然フロントガラスへ雪崩れて前が見えず、危険な目に遭ったことがあります。

 

お尻拭き(突然の便意に駅や公園のトイレへ駆け込んだとき)
おすすめ度 ★★★★★

お尻拭き

「お尻を拭く紙が車の中にあって、本当に助かった・・・」と心から思えた出来事がありました(別記事:駅のトイレに紙がない談話)。
駅や公園のトイレにトイレットペーパーが無いことは存外あります。私が運転中に突然の便意に襲われて、コンビニへ寄る余裕すら無く、最寄りの駅のトイレに駆け込んだときがそうでした。
トイレが詰まってしまわぬよう、水に溶けるタイプのものを用意すべきでしょう。

 

もし紙がなかったとしたら、中腰で車のシートに座るわけにもいかず潰れたお尻にパンツが汚れ、ぬるっとした不快さに帰路へ着かざるを得なくなることでしょう。
お尻拭きは車に常備しておくべきことと考えます。

ポケットティッシュは薄く小さいため、便が指に付いてしまいます。推奨しません。

 

携帯トイレ
おすすめ度 ★★☆☆☆

携帯トイレ

高速道路や渋滞中の備えとして、もしかしたら役立つこともあるかもしれない携帯トイレです。
必要ではないにせよ、特に高齢者の方は持っていたら安心できるものだと思います(50歳代の男性に見せたら1つ欲しがっていました)。

 
(容量:500cc)

私が実際にこれを使用して車の中でおしっこをしてみましたところ、容量の500cc以上の尿が出ることはまずありませんでしたし、用を足したあとにこぼしてしまうことはありませんでした。
袋の底には凝固剤が入っています。

携帯トイレ

詳細は別記事、車の中でおしっこができる「携帯トイレ」の紹介をご参照ください。

 

防災グッズ
おすすめ度 ★☆☆☆☆

地震や津波、豪雪やがけ崩れなどの災害時に備えた防災グッズです。
災害後はたいてい車で移動しますので、まとめて車の中に入れておくと良いでしょう。
使うことはまず無いでしょうが、もしものときに役立つかもしれないと考えて一応当記事のリストに入れますね。

サバイバルシート

サバイバルシート

友人が運転中に突然の豪雪に遭い、進もうとも前が見えず、路上にも関わらず車の中で一晩過ごした話を聞きました。そんなときに役立ちます。

 

サバイバルシート(断熱シート)にくるまると、1枚でも毛布以上に暖かくなります。
ただし、吸湿性が無いので身体が蒸れるため、日常的にサバイバルシートを車の中で寝るために使おうとお考えの方は、私は寝袋の方をおすすめします。

サバイバルシート

私が購入した製品は、長さが120cm×250cm。
体全体を包み込むことができます。

サバイバルシート サバイバルシート

車の中に4年くらいこのシートを置いていますが、多少オイルのようなにおいがするものの、アルミは裂けておらずいつでも使える様子でした。

脱出ハンマー

脱出ハンマー

ドアが開かなくなったときに窓ガラスを割ったり、シートベルトのプラグが抜けないときにベルトを切ったりする、緊急脱出ハンマーです。

 

もちろん、とでも言いましょうか、私はこれを使ったことはありません。

車載用 消火器

FireLock EX

 

YouTubeの海外動画にて、車が燃えているシーンを見かけましたのでチョイスしてみました。
消火器にはいくつかの種類があります。車用以外のものを車に使用すると化学反応で金属が腐食してしまうそうなので、もし購入されるのでしたら「自動車用」と明記されているものを選ぶと良いでしょう。

なお、上図の製品は缶が腐食しない限りずっと保存・使用できるみたいです。
そのため、袋を破かずにトランクルームへ置いておくことにしました。

長期保存食料

えいようかん

 

5年間保存できる食料です。
以前に「えいようかん」のレビュー記事を書きました。なかなか美味しかったですよ。

 

この他、紹介すべきかな?と思う製品がいくつかあったり、新たに購入した良さそうな物もあったりしますので、事あるごとに追記したいと思います。



投稿日時: 2017年06月18日 06:53 | 記事URLコメント(52)
カテゴリ車・バイク
 
 

コメント

1. By  ほっぷ  2014年01月21日 15:05
初めまして、いつも読ませていただいています。
ハンドルネームで失礼します。ほっぷと申します。

私の使用する車グッズでおすすめしたくコメント致します。
シャフトフックというものです。
(オートバックスネットショップ等が安価です)

すでに使われていたらすみません。これからも楽しみにしています。
2. By  まささん  2014年01月21日 17:11
ほっぷさん

ブログ書いてます福原です。
商品のご紹介、どうもありがとうです。

以前、シャフトフックに似たようなものを購入しました。
ところが、それを使い助手席にバッグを吊り下げたら位置が高くなり、運転席からバッグの中をまさぐりにくかったので使用しなくなりました。
ヘッドレストの内側に収納できる点は良いのですが、私の用途には合わなかったんですね。

記事で紹介したシートフックでは代用できない便利な点が見つかったら、記事に付け足したいと思います。
ご紹介、どうもありがとうございました。
3. By  名無しさん  2014年06月15日 05:56
5 初めて見たのですがなんだか役に立つブログですね。
面白かったので私からも紹介させていただきます。

クールクッション

こちらの会社の商品のひとつです。
http://www.9229.co.jp/

私はPCデスク用と、車用で二枚も買ってしまいました。
もう夏はこれがないと無理な体です。
是非使ってみてください、では。
4. By  まささん  2014年06月15日 07:25
名無しさん

ブログ書いてます福原です。
商品のご紹介、ありがとうです。

その製品は1万円強、ですか・・・。んー。
ちと高いので、検討するくらいにさせてくださいまし。
5. By  名無しさん  2014年06月15日 17:57
まささん、分かりました。
言われてみると確かに高い、かもw

私はPC作業で長時間イスに座るので
夏場などモモ裏とお尻がむれて蒸れてどうしようもなく困っていたのですが
これを買ってから常にさらさらで、何ならちょっと冷たいくらいです。
(男子はキ○タマが冷えますw)
それで感動して安く感じていましたw

もし私と同じく、夏場の座り蒸れで困っている人がいたら
是非買ってみてくださいね。

まささんも長時間車に乗るという記事があったので、もしかして?と思い書かせていただきました。
もし蒸れたときは思い出してみてください。
(車も、エアコンはお尻やモモ、背中など座ったときの接地面には風が来ないので)

長々と失礼致しました。ではまた。
6. By  まささん  2014年06月16日 00:08
私がお金持ちだったらすぐに買えるんですけれども、現在はさほど余裕が無いんです(笑)。
お金がたまったら検討しますね。
7. By  ほっぷ  2014年12月06日 13:23
大変遅くなりましたが、返信賜りましてありがとうございました。
記事中のトレイ、重宝しております。

最近はハンドルの冷えが気になり、ハンドルカバーを探しております。
材質や自分で繕うものなどあり迷いますね。
8. By  まささん  2014年12月06日 13:53
ほっぷさん

あー、そういえば、そういうものもありですね。
今度何か買って試してみたいと思います。
9. By  ほっぷ  2014年12月06日 16:11
ありがとうございます。ぜひ参考にさせていただきたく思います。
10. By  シルナス  2015年04月22日 16:28
5 はじめまして。

オーバーグラスに合うお薦めグリップの使用感がとても良かったです。

オーバーグラスの上側をクリップに乗せる事でバッチリ位置決めできて感動しましたw
試行錯誤せずに良い買い物ができて感謝しています。
11. By  まささん  2015年04月22日 22:31
シルナスさん

ブログを書いています、福原です。
いやー、そう言っていただけると嬉しく思います。
サングラスがぶら下がっていては、どこか締りがないように感じます。
12. By  かわ  2015年05月05日 13:43
[エコバッグは買い物袋用に限らず、たくさんの物を収容する大きなバッグとしてとても役立つ]の記事内のリンクから来ました。

読むと改めてカーアクセサリの類は性能の差や、車内にマッチするしないが出るんだなあと思いました。

車載ゴミ箱なんですが、写真で見ると質感からまるでメーカーオプション?みたいな良い感じですね。
車載ゴミ箱なんてプラスチック製の いかにもなイメージしかありませんでしたので。
13. By  まささん  2015年05月05日 16:50
かわさん

実は私、あのゴミ箱の中にぴったり入るプラスチックのかごを探しているんですよ。
そこにビニール袋を広げて入れて、側は合皮のゴミ箱にしたいんです。
14. By  かわ  2015年05月05日 19:15
なるほど。
それなら、見た目を損ないませんね。
15. By  サダキヨ  2015年06月30日 21:34
はじめまして。
先日エクシーガを購入しまして、スバル繋がりでこちらに辿り着きました。
カー用品情報、参考にさせて貰ってます^^

トランクに積んでいる収納ボックスですが、どちらで買われた何という製品なのか、教えて頂けないでしょうか?
16. By  まささん  2015年06月30日 21:50
サダキヨさん

ブログを書いています福原です。

その収納ボックスはAmazonで購入し、「ボンフォーム 収納 ユーティリティ」と書かれていました。
記事にはAmazonへの広告を貼り付けており、そのリンク先ページに行くと詳細がわかると思います。
17. By  名無し  2015年09月09日 15:55
半分くらい車関係ないじゃん
18. By  まささん  2015年09月09日 20:16
名無しさん

紹介したものは自分が車の中に常備しているものなんだけれども、ダメ?もっと車と関係のあるものがいい?
でも、車専用グッズに限ると、これだ!というものになかなか巡り合わないんよ。
どこかのサイトから内容を苦もなくパクってまともっぽくまとめて儲けようとするアフィブログが好きじゃないから、自分は実際に製品を買って使って記事に載せてて、その経験から、有用なものは車のみに使えるもの(または車用品メーカーのもの)とは限らない、って実感しとるんよ。
19. By  ダブシー  2015年10月17日 13:15
5 はじめまして、ダブシーも申します。

車内関連用品でこちらに辿り着きました。同じスバル車(WRX)に乗っているスバリストです。

昨年車を買い替えてから何か良い物はなかろうかと思っていたところ、同じような年代車のインパネデザインに引き込まれて、一つ一つご紹介品を覗かせていただきました。その中でとくに気に入ったのは、シートフックとゴミ箱。即、Amazonに飛んで発注してしまいました。今から届くのが楽しみです。

今後も何か良いご紹介があれば活用させて頂きます。有難うございました。
20. By  まささん  2015年10月18日 01:14
ダブシーさん

ブログを書いています福原です。

なんだかこう、他車乗りと比べてスバル乗りはみな兄弟な感じがしますね(笑)。

もしかしたら私が紹介したものが、それより良いものがあったり、皆さんにとって良いものではなかったりすることがあるのかもしれませんが、私が実際に使用して良いなと思ったものばかりですから、及第点以上の点数は付けられるだろうと自負しています。
私のお気に入りの品は贔屓目に星を増やしています。ですが、その理由と写真を載せることで解説をし、冷静に品を見定められるようにしているつもりです。
その上で私が紹介したものを購入して使われるのでしたら、とても嬉しく思います。

今後も私が気になったいろんなものを購入し、便利だったり気に入ったりしたら、当記事にて追記しご紹介しますね。
21. By  あっき  2016年02月29日 17:25
ブログのタイトルと冒頭の説明文からすると
「ご自身で使ってみて良かったカー用品」の紹介ですよね?
しかしながら、無くても困らない物や家庭用品やらが
結構、目に付きますねw
Amazon親衛隊の方でしょうか?ww
22. By  まささん  2016年02月29日 17:36
あっきさん

タイトルは「私おすすめ」ですよ。
23. By  ななちん  2016年04月04日 15:15
5 車用小物入れで検索してましたら こちらに辿りつきました フック知ってましたが
何か見た目が う〜んって感じで・・・買ってませんでした(汗)
参考になりました 後、物凄く気になってたマグネットホルダーの使用例があって
決断出来ました。買います2個!Wi-Fiのルーター用とスマホ あっ!ガラケー用もだった
スマホはナビ&ネット観覧用で 主に使ってるのはガラケーです(笑)

しかも、スケルトンブルーのキーあたしも使ってました 三菱ですよね♪
あたしのはekスポーツ(ターボ)です 最近はスケルトンブルーがどうしても嫌でブランクキーを購入して基盤を移植して
黒色のキーに変身しました やっと革製のキーホルダーを付ける事が出来ました♪
旦那が中古で3ヶ月前に買ってくれた愛車です 40代で免許取得したばかりです(汗)

24. By  まささん  2016年04月05日 00:56
ななちんさん

ブログを書いています福原です。

そうそう、私もekスポーツに乗っていました。あれは良い車でしたよ。
ボディーはちと地味かもしれませんが、ターボエンジンが積んであって初動が早く、なかなか機敏に動いてくれるんです。もし私が軽自動車を買うときはまたコレを買いたいくらいですよ。
鍵の基盤を変えるだなんて、やりますねぇ。私は我慢してそのまま使いました。

マグネットホルダーは良いものでしたよ。携帯電話の取り回しがとても楽なんです。
スマフォの背面に薄い金属板を貼るから、テーブルに平行して置けなくなりますが、スマフォケースに入れて使用するのなら特に気にはなりませんでした。
25. By  ななちん  2016年04月05日 11:02
返信ありがとうございます。

早速、Amazonでマグネットホルダーを2個(別々な物を)注文しました。明日、着く予定です
ハンドルの所に設置してみようと思ってます 多分、スマホを横にしか出来ないと思いますが
高さ等で駄目だったら家用に使うつもりです シールでは無く四角いプレート?をスマホケースに挟む予定です

わぁ〜♪同じekスポーツターボだったんですね!嬉しいO(≧∇≦)o
一目惚れで 程度の良いのを探しまくりました 色もホワイトが欲しくて
正直、乗り心地はあまり良くないですが 加速性はバッチシで あとデジタルパネルも気にいってます
周りは皆、ハイブリッド車でスマートキー?で あの純正のキーを見て玩具?と笑われ
もぉー悔しくて悔しくて色々調べ移植しました(笑) あっ!ekはエアコンフィルターが無いんですね(@_@)
加工すればエアコンフィルターを付けれるらしく 近々、自分達で挑戦してみます

知っているかも?今はekスポーツは生産が無くなりekカスタムに名前が変わったそうです
因みに愛車はH.15年式です
26. By  ma-na  2016年04月14日 00:20
5 はじめまして、ma-naと申します。
シートフックを探していて、まささんのブログに辿り着きました。
説明がとても丁寧で、率直で、お人柄が伝わるようです。
車内はほぼ自分だけの空間ですから、気に入ったアイテムに囲まれたいですよね。
そこに到達するまでは、やはり幾つかの失敗(ちょっと大袈裟)とかありますけど、無駄ではないですね。
こうして記事にしていただけることで、私も含め、役立つ方もたくさんいらっしゃいます。
実は今、ダイハツ ウェイクの納車待ち状態で、あれこれとアイテムを物色して楽しんでます。
いずれは車中泊もしたいと考えています。
シートフックの他に、ゴミ箱・滑り止めマット・収納ボックスなどなど、Amazonの欲しいものリストに入れました。
車用品以外にも色々と面白そうな記事もありますね。
今後も参考にさせていただきます。
27. By  まささん  2016年04月14日 12:59
ma-naさん

ブログを書いています福原です。
こちらこそはじめまして。

いやー、そう言っていただけるととても嬉しいです。
記事では紹介できなかった物は、紹介した物の10倍くらいはありましてですね、それらはいろんな人にあげたりと、かなり失敗しましたよ。

私が初めて新車を購入したときは、嬉しくて色んなところへ行きました。だからma-naさんが車のグッズを物色する楽しさ、よくわかりますよ。
28. By  ポケモンGO  2016年07月26日 14:52
5 普通に面白かった。
写真も多くて参考になりました。
29. By  まささん  2016年08月29日 03:06
ポケモンGOさん

はーい、どうもありがとう。
30. By  通りすがりの車初心者  2016年08月31日 23:10
5 ブログとは直接関係のないことなのですがiPhoneもスマートフォンですよ。iPhone以外のスマートフォンをandroidと呼びます…。もう知っていらしたらすみません。

私の姉が車を購入するということで車内に置くと便利なものを検索していたらこちらのブログがでてきました。大変参考になりましたので星5つで。
31. By  まささん  2016年09月08日 22:47
通りすがりの車初心者さん

はーい、どういたしまして。
何か良さそうなものが見つかりましたら、また記事にて追記しますね。

日本ではiPhoneのシェアが高いため、iPhoneとその他に分けて書いてみました!
32. By  ラミアス  2016年09月19日 09:33
初めまして、ラミアスと申します
車の中で使えるUSBケーブルを探していて、こちらのブログに辿り着きました。
大変参考になりました。
購入を考えているのですが、そのケーブルはカーナビと繋いで音楽を聴く事も出来ますか?
33. By  まささん  2016年09月19日 12:30
ラミアスさん

カーナビにUSB端子が付いていれば、記事に載せたケーブルでスマフォの音楽を聞くことができるはずですよ。
車専用のものはそもそも無いはずですので、どのメーカーのケーブルでも大丈夫だと思います。
34. By  ラミアス  2016年09月19日 15:06
返信ありがとうございます
今度買ってみようと思います
35. By  トクタケ  2016年12月23日 09:02
5 福原様


"車 便利 装備"で検索したところ辿り着きました。

記事を読ましていただき、色々と参考になりました。
丁寧に説明されており、写真もあって分かり易かったです!

近い内に妻の車を買い替え予定ですので、掲載されている装備・グッズを試してみようと思っています。


トクタケ
36. By  まささん  2016年12月23日 15:13
トクタケさん

はーい、どういたしまして。
私が不便を感じて付け足したアクセサリや、無くてもいいがあったら役立つかもしれないものを選んで記事に載せました。
どうぞお役立てくださいまし。
37. By  VW  2017年01月27日 12:10
5 「車 アクセサリ」でGoogle検索したら、こちらのページにたどり着きました。

初めてマイカーを購入して現在納車待ちなのですが、とても参考になりました。いろいろ準備しておきたいと思います。

ありがとうございました。
38. By  まささん  2017年01月28日 00:17
VWさん

はーい、どういたしまして。
もうちょっとしたら雪でスタックしたときに役立つグッズや解説を本記事に加えます。よろしかったらまた読んでやってくださいまし。
39. By  VW  2017年01月28日 10:33
5 まささん

ありがとうございます。ちょくちょく覗きに来ます〜。
40. By  あむ  2017年02月27日 09:12
磁気タイプのスマホホルダーはgpsが正常に作動しなくなりますよ
41. By  まささん  2017年02月27日 22:07
あむさん

当方の環境では携帯端末自体やGPSセンサーの測位などの誤作動は起こりませんでしたよ。
42. By  たろう  2017年03月02日 14:28
5 ほんと役立つ情報ばかりですね

シート横の隙間埋め
これはどこの何という商品ですか?
先日知人が携帯を隙間に落とし大騒ぎになったので、即購入したいです
43. By  たろう  2017年03月02日 14:42
調べたら100均にもあるようですね
コメ汚し失礼しました!
44. By  まささん  2017年03月02日 18:37
たろうさん

はーい、どうもです。
スペーサーの2,000円を越えるものは、合皮ですけれどもそこそこ高価な車のインテリアに合う質感でしたよ。
(どういう商品なのかは、記事にAmazonの広告を貼っていますのでそこから詳細が見られます。スマフォ?の広告表示をOFFからONにしてみてください。)
45. By  daisukeve  2017年05月30日 20:54
5 昨日納車したばかりで、あると便利な車載グッズは何があるかなぁと考えていたところでした。
さすが数多くのグッズを試されてきた経験からの情報に、
なるほどなぁ、と思わされるものが多く、大変参考になりました。
どうもありがとうございました!
46. By  まささん  2017年05月30日 22:22
daisukeveさん

はーい、こちらこそどうもありがとうです。
記事にたくさんのグッズを載せて紹介していますが、載せていないグッズはその何10倍かはあります。
そこからチョイスしたものですので、どれかはお役に立てると思います。ご参考くださいまし。
47. By  浜おじさん  2017年07月03日 21:41
5 ウインドウネットの分かりやす紹介ありがとうございました。早速注文しました。
又、お気に入りに登録させて頂きました。
48. By  まささん  2017年07月04日 01:08
浜おじさんさん

はーい、どういたしまして。
試しましたところ、どの製品も目が細かいために風のとおりは良いというわけではなく、少なくとも運転席側と助手席側の窓に被せるべきだと思いました。
たまに車内に吹くそよ風が心地よく感じます。

記事のように、とりわけ夏の夜の車内泊に最も適していると思いましたよ。
49. By  こあ  2017年07月09日 00:24
今晩は。
暑い中の仮眠や車中泊ならウインドウネットと併用して、アマゾンに1000円ぐらいである18650を使う扇風機が良い感じです。付属の電池は中国製の物なので、本体より高いパナソニックなどの電池に交換すれば、一晩回ってくれます。
値段に関わらず意外と使えて、キャンプにも良い一品です。
URL貼ってもいいなら貼りますがどうでしょうか?
50. By  まささん  2017年07月10日 01:44
こあさん

あー、扇風機とウインドウネットを組み合わせるのは良い考えですね。日中だとネットだけではどうも蒸し暑くなりがちですから。

数時間程度でしたらエンジンを切っていても、USB扇風機の電力ならバッテリー上がりは無いでしょう。
というわけで、USBの方をちょいと検討させていただきますね(そんなわけでURLは貼らなくてよいです。ありがとうございました)。
51. By  ゴゴ  2017年09月18日 02:00
大変参考になる記事でした。
掲載されているクッションとゴミ箱を購入いたしました。
カーアクセサリーの話からは少しズレてしまうのですが、こちらに掲載されている写真は何の機材で撮ったものでしょうか?(^^)
52. By  まささん  2017年09月19日 11:27
ゴゴさん

写真は主にSONYのデジカメ「DSC-RX100M3」で撮りましたよ。
また、両手が写っている写真はスタピライザーを使いました。下記URLをご参照ください。

http://blog.livedoor.jp/remsy/archives/52219295.html

この他は特にないと思います。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。
(質問後に返答をもらっても、お礼すら言わない人はコメントしないでね)