2015年05月06日

コーヒー ペーパーフィルターの「漂白(白色)」と「無漂白(茶色)」の違い

ペーパーフィルター

ご家庭でコーヒーを淹れられる方の多くは、コーヒーメーカーかハンドドリッパーに紙のフィルターを挿してコーヒー液を抽出されていると思います。

そのペーパーフィルターには大別して2種類のものあります。
漂白(白色)」と「無漂白(茶色・みさらし)」です。

「漂白」と「無漂白」の違い

ペーパーフィルター

漂白タイプと無漂白タイプの違いは何なのか、簡単にいいますと「木の香りや味が移りやすいか・移りにくいか」です。

  • 漂白(ホワイト):木のにおいや味がコーヒーに移りにくい
  • 無漂白(ブラウン):木のにおいや味がコーヒーに移りやすい

ペーパーフィルターは主に木材で作られており、漂白されていない(= みさらし)ものはリグニンという木の香りの成分が残っています。
漂白されているものは、その成分がだいぶん取り除かれています。
なのでフィルターを購入される際は、通常は漂白(白色)のものを選ぶとよいでしょう

漂白タイプはその昔、塩素で漂白されていたために身体への害が少々心配されていたそうですが、現在の多くは酸素で漂白されており安全だと聞きます(確実にそうだと私には言い切れませんが)。

漂白タイプと無漂白タイプのフィルターで淹れたコーヒーを
実際に飲み比べてみました

ハリオ V60 ペーパーフィルター

 

ハリオのペーパーフィルターを使って飲み比べてみました。

コーヒーメーカー

ハンドドリップの仕方によってコーヒーの味が変わったりすることもありますから(凝りだすとわりと難しいんですよ)、念の為に湯の温度や注ぐ頻度ができるだけ均一になるようコーヒーメーカーを用い、3杯分を作りました。

ちなみにですが、このコーヒーメーカーは前に別記事で私のおすすめ品として紹介しました
ペーパードリップでコーヒーを美味しく淹れるには30秒程度の「蒸らし」が欠かせませんが、多くのコーヒーメーカーにはそれを自動的におこなってくれる機能がありません。
この機器はその機能が備わっており、上手にハンドドリップできたときとの味の差はあまり感じません(泡が湧き出る様子を見られるためか、ハンドドリップのほうがどことなく美味しく感じますが)。

コーヒー豆コーヒー粉

コーヒーメーカーコーヒー

コーヒー豆をミルで挽き、コーヒーメーカーにドリッパーとフィルターをセットして、っと。
上図の豆を挽くミルガラスの保存容器・ストッカー手に持っても熱くない2重構造の耐熱カップは、私のお気に入り&おすすめ品です。

コーヒー

あつあつのコーヒーができました、のですが、飲み比べるために少し冷ましました。

無漂白のものは、嗅ぐとコーヒーの香りに混じって木のにおいが結構することがまず気になり、飲むとコーヒーの味の3割か4割が木の味に置き換わっているように感じました。
コーヒーそのものの風味を味わえず快くありませんでした。

代わって漂白されたものは、まったく木の味がしないわけではありません。
ですがそれはコーヒーの味を損なわせるほどではなく、あまり気になりませんでした。
コーヒーをよく嗅ぐと少し木のにおいがし、ちょっと木の味が移っているのかな、と感じた程度です。

そんなわけで、

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターを選ぶ際は、ブラウンの無漂白タイプではなく、

ペーパーフィルター

  
(1・2〜4杯分 左:ハリオ|中:カリタ|右:メリタ)

ホワイトの漂白タイプをおすすめします。



投稿日時: 2015年05月06日 16:51 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリコーヒー
 
 

トラックバックURL

コメント

1. By  旅猿  2015年05月06日 17:55
5 日頃、塩素漂白VS匂いで迷っていたフィルターですが酸素漂白なんですね なるほど〜これからすんなり白を選べそうです♪
2. By  まささん  2015年05月06日 20:10
旅猿さん

近年は酸素漂白のものが多いみたいですよ。
(詳しくはどうなのと突っ込まれると、うーん・・・と腕組みしてしまいますが)
3. By  チョコ  2015年06月12日 09:18
木の香りの強い割り箸にたまに当たっちゃうんだけど
そんな感じ?

升酒気分、檜風呂気分て言い聞かせて食べるんだけど
だめだね。

でも茶色のフィルターが好きな人も大好きだよ〜
4. By  まささん  2015年06月14日 15:44
チョコさん

私はコーヒーも樽酒も木の香りがあまりにも移っているものはダメだと思っています。
お風呂は歓迎しますがねぇ。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。
(質問後に返答をもらっても、お礼すら言わない人はコメントしないでね)