2017年03月02日

子どもの頭を良くする「おもちゃ(知育・学習玩具)」の紹介

「子ども(幼児)におもちゃを買い与えたい、できるなら頭のいい子に育つおもちゃを選びたい」と思われている親御さんは多くいらっしゃると思います。
そのようなおもちゃを「知育・学習玩具大賞」受賞製品にちなんでご紹介しますね。

知育・学習玩具大賞

「知育・学習玩具大賞」は、子どもの知的発達や好奇心をかきたてる遊びができるおもちゃを選んだ、2016年に新設されたAmazonが主催する賞です。

この賞の設立の意図は、子どもが賢くなるおもちゃを親が買い与えたいと考えているも、その効果が不透明であったり、数あるおもちゃのうちどれを選んでよいかがわからなかったりする方が多くいらっしゃるため、1つの指標を作ろうとしたのだろうと思います(もちろんAmazonの販売促進が目的の1つではありますが)。
受賞の選定は、保育・教育・脳科学の専門家の意見とAmazonのカスタマーレビューをもとにおこなわれたそうですので、新設の賞でも一定の信憑性はあると思います。

知育玩具 学習玩具

私はこの賞のことをAmazonのプレス・リリースを見ていたときに知り、どんなものだろ?とクリックしましたところ、知育・学習の類のおもちゃが次から次へと出てくるんです。
へぇー、こんなにもあるんだ、そりゃ親は選びにくいだろうな、との感想が漏れ、自分が子どもだったころを振り返りつつ追いかけるように見ていました。

それで、当記事にてその受賞したおもちゃとともに、私がいろいろと見てきて個人的に「コレなんて子どもにいいんじゃないかな?」と思ったものを感想を添えてご紹介しますね。
もし子どもに賢くなるおもちゃを買い与えたいと考えられているお父さんお母さんがいらっしゃいましたらご参考くださいまし。

知育玩具部門 大賞「カプラ200」

カプラ200

KAPLA(カプラ)はブロックをくっつけたりはめ込んだりせず積み重ねて造形していく、フランス生まれのおもちゃです。
積み木1枚のサイズは「8x24x120mm」。高く積み上げても木材の精度が良いために崩れないそうですよ。

以前にとあるテレビ番組で学芸員さんがドイツのおもちゃを手に、「ベストセラーになるおもちゃはシンプルな物だ。複雑なおもちゃがベストセラーになることは少ない。」とおっしゃっていたことを思い出しました。これもその1つなのでしょうね。



審査員特別賞
「アソブロック BASICシリーズ スペシャルパック」

アソブロック

「はめる」「さしこむ」「はさむ」。

この3つの作り方で様々なブロックのロボットを作ることのできるおもちゃです。
他のブロックと異なる点は、フロックを関節のように自由につなぎ合わせられることです。
ガンプラを作るより動きが複雑な構造のこれを幼児が完成させられるものなのか、とは思いましたが、意外と難なく、または苦労してでも作り上げてしまうのかもしれません。
もし私に子どもがいて、「できたよ!」と完成品を持ってこようものならば、頭をなでなでして一緒に喜んであげたい気持ちになりました。

ブロックのおもちゃ

ブロックのおもちゃ

大賞を受賞したカプラの他に、ブロックのおもちゃは「LEGO」をはじめとしたあらゆる種類があります。

ブロックで思い出すのは、私が保育園児だったとき、体育館に大きなブロックのおもちゃがありましてですね、給食後の昼休みにはそれを組み立ててずっと遊んでいたことです。
説明書も完成図も何もないそのブロックで、タイヤの付いていない車のようなものや、飛行機のようなものを夢中で作っていましたよ。
しかしながら時は残酷なもので、昼休みが終わったら片付けないとなりません。
当時の私は、博物館に置いておくべきこの世に2つもない素晴らしい作品ですらあるのに、まさか崩してしまうだなんてあり得るわけがない、あまりにも惜しい、とでも考たのでしょう、翌日にはその構築物が再現できるよう作り方の手順を記憶しながら組み立てていました。
思えばこのように、ブロックで遊ぶことで知らずのうちに自ずと知を養っていたんだな、と振り返りましたよ。

で、だ。
その知育によってかよらずか、私が小学生だったころの成績は、5段階評価で3か4ばかりでした。相対評価の時代です。
残念ながら私は賢く育つことはできませんでした(!)。
しかしながら、点で見ると才能を秘めている感のある出来事はいくつかあったんですよ。
小学生のころは授業で詩を書いたら地方の新聞に載ったことがありましたし、中学生のころは同じく授業で水彩画を描いて県の何らかの賞を受賞したことがあり、おそらく今でも中学校に残っていると思います。高校生のころに美術の時間に描いた絵も学校に残されました。
これは誰かに教わるでもなく成し遂げたことです。

そして現在、その「自称」才能を秘めている感は今に活きることもなく、いや、活きていないとは言えないことも頭に浮かぶのですが、私は一応、地方の大学院には行けましたよ。
おかしな大人になったものだと思うも、過去に遡りブロックで遊んだことが何らかの影響があった気がしなくもありません。そのときの出来事をしっかり覚えていますもの。
ただただ思い出すのは、詩を書いて新聞に載りあえて真面目に授業を聞いていたのに国語の成績が5段階評価でまさかの3であったことと(5を狙っていました)、水彩画で賞を取ったのに美術の成績が10段階で6を付けやがった寺井のハゲ頭です(笑)。

そのように、自分で学ぶだけでは限度があります。
当時、誰かが私に勉強の仕方や学習の記憶方法を適宜教えてくれるのだったら、また別の人生を歩んでいたんだろうなぁ・・・。しみじみと振り返ります。

nanoBlock(ナノブロック)

 

nanoBlock(ナノブロック)という、ミニサイズのブロックで組み立てるおもちゃがこのごろは人気があるみたいですよ。

LaQ(ラキュー)

私が20歳かそこいらのかなり前に最寄りの本屋さんでふと見つけ、つい買ってみましたおもちゃが「LaQ」。
親指の爪より少し小さなピースを組み立てて、立体的な造形物を作るおもちゃです。
知り合いの親御さんとお子さんが私の家に来られたときに「あ、らきゅーだ!」とお子さんが言ったんですよ。
ああ、あれってラキューって言うんだ、と初めて知り、オブジェとして棚に置いていたそれを子どもにプレゼントしました。
その子の親は国立大学卒の、鳥取市では一流企業と言える職場で働いています。故に、なんとなくラキューは知育に良い物なんじゃないかな、という気がしなくもありません。

学習玩具部門 大賞 「世界の国旗かるた」

世界の国旗かるた

 

遊びながら世界の国旗を覚えられる「かるた」です。
国旗と国名を当てるには、まず両者を記憶して結びつけないとなりません。まともに勝負できるようになるころは、生涯に渡って役に立つ知識になるでしょう。
ただし、かるたに勝つために子どもが必死に覚えようとするのではない、学習の意欲がない子もいることでしょう。そういった場合は親がしっかりしていないといけませんね。

他にですね、私は「地図記号」や「ことわざ」や「慣用句」のかるたも良いんじゃないかな、と思うんですよ。
地図記号も同様に生涯に渡る知識となります。

  

語彙力は大事

そして、ことわざや慣用句を私がチョイスしたのは、中学生や高校生、またはテレビに出るおバカな芸能人に顕著だと思うのですが、「やばい」「うざい」「かわいい」「キモい」「まじ」「すごい」「なんか◯◯」「って感じ」等の、物事を正確に言い当てられないが最低限言葉で表現できるような、便利な言葉のみで会話をしていると思うからです。
胸に抱いた感想を言葉で叙情できるようになるには、言葉を、語彙を広く知らなければなりません。
そこまでに至らずとも、こいつら、もう少しまともなこと言えんのかな、なんて思うことがしばしばあります。小さいころから言葉は学ぶべきと感じるんです。

ちびまる子ちゃんの表現力をつけることば教室

おもちゃではありませんが、書籍の「ちびまる子ちゃんの◯◯シリーズ」はなかなか良かったですよ。

ちびまる子ちゃんの表現力をつけることば教室

イラストがたくさん付いており、こういった本が1冊あれば子どもの語彙力は高まるのではないでしょうか。

 

磁気ボード

アンパンマン 天才脳らくがき教室

 

言葉つながりで、アンパンマンの磁気ボードなんて良いんじゃないかな、とチョイスしました。
私が子どものころ、どこかでこれに似たもので絵を描きセリフを付けて遊び、口には出しませんでしたがすごく欲しがったんですよ。
もし自宅にこれがあったら、私の場合、1日中何かを書いていただろうと思います。

磁気ボード ジッキー

ちなみにですが、現在私は別の磁気ボードを使用しています。
コレなかな便利なんですよ。たくさんの文字を書けるわけではありませんが、電話の内容や備忘のための軽いメモとして使っています。ペーパーレスである点もGood。
また濡れても書けますので、お風呂で浮かんだアイデアを書き留める用途に2つ買いましたよ。

審査員特別賞 「サボテンバランスゲーム」

サボテン バランスゲーム

台が倒れないようにバランスを取ってブロックをつなぎ合わせるおもちゃです。
(コレ、私、欲しいって思いました。オブジェとして部屋を明るくポップにするアクセントとして使いたいです。)
幼児は台が倒れないようバランスを取る工夫をする、ということが学べます。
縦に長くしたり、横に長くしたりと、いろんな形ができそうですね。

その他、私の目に留まりましたおもちゃ

KAWAI ミニピアノ

 

アルミパイプを叩いて音を出す、ピアノ風の鉄琴です。女の子がとても喜びそうですね。
別の話ですが、子どもが本に囲まれた環境下で生活しますと、どことなく漂う知的な雰囲気に手が本に伸びやすくなり、頭の良い子に育つ傾向にあると思います。
同じようにピアノなどの楽器が家にあると、将来に活かせるかどうかは本人次第ですが、少なくとも音楽のセンスが磨かれるのは確かでしょう。
私が子どものころに電子ピアノが居間にあって、その影響なのか私の姉はピアノ教室に通うようになり、小学生のころに何かの賞を取っていましたよ。小学生のうちに辞めてしまいましたが。

ただ玉が流れるだけなのにずっと見つめていたいのはなぜでしょうね。
玉転がしのおもちゃは子供向けの施設でよく見かけますよね。子どものころも大人になった今でも、見つけたら必ず玉を台の上に乗せてしまうんです。
芸術の感性が磨かれると思うんです。こういったものが好きな私は、学校の授業における美術で何かの賞を取るくらいにはなったんですよ。

 

私が子どものころに「何これ?」と不思議に思っていたのですが、あとになって子どもが数字を覚えるためのそろばんだということを知りました。
数字に強くなりそうですね。これで遊ぶことにより、小学生に上がって方程式を学ぶまでは足し算引き算の計算をする上の下地ができると思うんです。



投稿日時: 2017年03月02日 23:58 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリおもちゃ
 
 

トラックバックURL

コメント

1. By  youki  2017年03月04日 14:08
うーん、実際にプレゼントした立場としては「KAWAI グランドピアノ ナチュラル」よりは「KAWAI ミニピアノ P-25」の方が3800円と安価でお勧めだと思います。音に親しんでほしい単なるおもちゃとして遊んでもらうだけなら1万2800円は高すぎるし、これをきっかけに音楽を習わせたいと思っている場合は、幼児レッスンで61鍵盤以上のキーボードが必要となるので、そちらにお金をとっといたほうがよいです。

その他に「グランドピアノ ナチュラル」の方は、ピアノの開閉部分が意外とネックでして、子供は大人にはわけのわからない動きで遊んだりするので、バンバン開け閉めして壊さないだろうか怪我しないだろうかと心配するぐらいなら、最初から開閉部分がない「KAWAI ミニピアノ P-25」の方がいいかなあと。あと、木製で頑丈で重量があるというのも善し悪しでして、幼児に扱わせるならABS樹脂で柔らかく軽量の方がメリットが大きいと思います。
2. By  youki  2017年03月04日 14:24
あと、KAWAIの公式動画や動画サイトで音が聞けますが、音質は両方ともアルミパイプなのでほぼ変わりません。まあ子供用おもちゃなので…。仮に値段が同じだとしても「KAWAI グランドピアノ」より「KAWAI ミニピアノ」の方を私は選んだでしょうし、9000円差があるなら、なおミニピアノの方がお勧めだと思います
3. By  梨地  2017年03月05日 10:45
いつも楽しく拝見させていただいております。
リクエストなのですが、まささんお勧めの工具なんてありますでしょうか。最近私はドライバーセットを100円の物からアマゾンで1000円弱の物に切り替えたのですが、その品質の良さに感動しました。家庭に一つあってもいいのでは?という工具がありましたら、是非取り上げて頂きたく思います。
4. By  まささん  2017年03月05日 17:58
youkiさん

あー、ではそのようにしましょうか。
私は木材の質感がいいなぁ、って思ったんですね。


梨地さん

はーい、どうもありがとうです。
えっと、工具、ですか。
ううむ・・・、私は工具を使うことがあまりないのですが、1つ上げるとするならば、おっしゃる例に挙げられたドライバーでしょうか。
長いものだと丈夫で持ちやすいです。
大した記事にはならないと思いますが、今度書いてみますね。
5. By  ぽぽ  2017年03月06日 16:25
まぁこんなんで勉強しても中高生になったら生まれ持ってのジョイスティックで夜通し遊んでしまうんですけどね (`・ω・´)キリッ

最近の子らはそこらへんも草食系なのかな?
6. By  まささん  2017年03月13日 11:31
ぽぽさん

なんてこと書くんですか!もー!
7. By  カメラ小僧  2017年03月29日 01:50
知育玩具。
知的障害児、知的障害者の教育、学習にも使えますね。
日本の良いところは、個々の能力に応じた教育を受けられることです。
望めば入学試験があるものの、合格すれば大学での教育が受けられます。
大学は教育機関ではなく
8. By  まささん  2017年03月29日 15:31
カメラ小僧さん

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。
(質問後に返答をもらっても、お礼すら言わない人はコメントしないでね)