2017年03月25日

Windows 10搭載PCの消費電力と電気料金・Vista、7との比較 〜我が家の電気代が高いのはなぜだ? その27〜

Windows 10搭載PC

冬でもエアコンをほぼ付けない私の家(独身・一軒家)の電気料金が明らかに高いのはなぜなのか、原因を突き止めて対策を講じるシリーズ、久方の投稿です。(前回の26回目はこちら

私ですね、先日にWindows Vistaから、Window 10搭載のPCに買い替えたんですよ。
おおよそ10年前に買いましたVistaでも、電源ユニットやHDDなどのパーツを交換をしたり、SSDを加えたりすれば長持ちするもので、今でもそこそこテキパキさくさくと動いてくれるんです。
しかしながら、Vistaのサポート期限は2017年4月13日(日本時間)です。アルマゲドンが近づいて来るものだから、やむなく買い替えざるを得なくなりました。

データの移行やソフトのインストール、システム構成の変更などの作業は数日に及び、その作業の1つ、ケーブルの付け替えをしている間にワットチェッカーを挟み、Windows 10搭載のデスクトップPCの消費電力を計ってみました。
比較するためにVistaと7のデスクトップPCの消費電力も合わせて計ってみましたら、その明らかな差に驚きましたよ。

なお、それぞれのPCの構成がバラバラであることはご了承くださいまし。一応のこと、スペックを書いておきました。

 

計測に使用した機器

消費電力チェッカー

計測に使用した機器は、消費電力チェッカーと電源延長ケーブルです。
中国電力の料金表を参考に、1kWhあたりの電気料金単価は「28円」に設定しました。
電気料金単価は電力会社との契約プランによって異なりますが、一般的な契約ですと、どの電力会社も1kWhあたり「27円〜29円」でした。

 

なお、電気料金は「消費電力数 × 電気料金単価 ÷ 1,000 = 1時間あたりの電気料金」の計算式で算出できます。
当記事は電気料金を「○○W × 28円 ÷ 1,000 = □□円 / h」で算出しています。

  • 「○○W強」 = 「○○W」より少し大きい
  • 「○○W弱」 = 「○○W」よりちょっと少ない

 

「Windows 10」デスクトップ型PCの消費電力と電気料金

Windows 10 PC

こちらはパソコンBTO・マウスコンピューターで購入しました、私のおNEWなPCです。
ケースが開いているのは、SATAで前PCのデータをコピーしようとしたり、久しぶりに購入したものですから内部の動作を見てみたくなったりしたためです。

新品であるために多くのソフトは入れておりませんし、年数が経過したものより消費電力は少ないことが予想できます。
なお、ある程度の数のアプリケーションソフトや駐在ソフトをインストールしても、消費電力が変化しているようには見えませんでした。



スペック

NEW PC スペック

このようにカスタマイズして注文しました。
お値段は、税込み送料込みで16万円なり。

Windows 10搭載PCの消費電力を計ったといえども、装着しているパーツによって電力は異なります。
私のPCはちょっとハイスペックですので、ふつうのPCより消費電力は高いと思われます。

あ、ちなみにですが、ケースファンはPWM対応ではありませんでした。常に全力疾走するヤツです。あまりにもうるさいから電気料金を計った後にPWM対応のファンに変えました。そうすると静かになった上に、消費電力が「2W」くらいは下がっていましたよ。


(12cm・コレ買った)

待機電力

Windows 10 PC 待機電力

待機電力は「1.5W」。時計のついていない家電の2倍かな?
1日の電気料金は「1円」

起動直後

PCモニタ

PCは起動直後に一時的に高い電力を消費し、じきに落ち着いていきます。
MAXは「80W」あたり。70W、60W、50Wと下がっていきました。

待機時

Windows 10 モニタ

デスクトップ画面から、自分が操作していないときの消費電力を計りました(バックグラウンドでソフトやシステムが動いています)。

そのときの消費電力は、「30W弱」あたりを推移していたことがほとんどでした。
たまに50Wあたりをうろついていましたが、落ち着きを取り戻したかのように30W弱に戻ります。おそらく、何かをDLしたり、システムの更新があったりしたのでしょう。

平均が30Wと考えて、待機時の電気料金は「0.84円 / 1時間」、「20円 / 日」
おー、ずっとつけっぱなしにしていても、月にたった600円くらいしかかからないのか。

ブラウザでWEBページ閲覧

Amazon

消費電力は「30W弱〜30W強」でした。
Amazonをブラウザのタブで10ページ開きましたら、だいたい「30W上下」を推移しています。

消費電力

瞬間的に大きく跳ね上がったときもあったのかもしれませんが、平均して「30Wくらい」だと思います。

インターネット配信のHD画質の動画を見る

トップギア Amazonビデオ

インターネット配信のHD画質の動画を見たときの消費電力を計りました。

ところでですね、Amazonビデオに、プライム会員のみが見られる「トップギア」「グランド・ツアー」という、イギリスBBC制作の車番組があるんですよ。
私ですね、この番組が以前からすっごい好きでよく見ているんです。動画はYouTubeでも良かったのですが、こちらを選びました。

消費電力消費電力

消費電力は「30W弱〜50Wあたり」を推移していました。
しばらく見ていましたら「30W前後」をうろちょろしていることが多く、「50W近く」に移行したりもしていました。

高い負荷をかける

iPad PC HDD

iTunesで画像をiPadへ送り、USB3.0でVistaのHDDデータをコピーしつつ、ブラウザでAmazonビデオを見ることで、高い負荷をかけました。
私ですね、Vistaを使っていたころはiTunesとiPadが同期しているとき、他のソフトを同時に実行しなかったんです。CPUやメモリをすっごい食って動作がかなり重くなるんですよiTunes。


(むき出しのHDDをUSBで接続する機器)

平均値は「68W」あたりだと思います。
「85W〜72Wあたり」をよく推移し、たまに「50W代」に下がったり、また上がったりしていました。

Windows 10 総評

いいですね、Windows 10搭載PC。
一般的な用途なら、起動からシャットダウンまでの電力の平均値は「40W」くらいかな。
その場合の電気料金は、1時間当たり「1.1円」、1日ずっとつけっぱなしでも「27円」くらいです。
これだったら電気料金を気にせずに作業ができますわ。やったね。

それでですね、この値がどれだけ低いのか、次のWindows Vistaと7の消費電力を見ていただいたらすぐに分かると思います。

 

「Windows Vista」デスクトップPCの消費電力と電気料金

Vista PC

今からおおよそ10年前、2007年か8年くらいに購入したWindows VistaのPC。
私ですね、新しいPCにデータの移動やらなんやらをおこなうのが、どれだけ時間がかかるのかを知っているんです。3日くらいかかるんですよ。
それが嫌で嫌で、Vista PCのパーツを交換したり、SSDを付けたりと、10年も長持ちさせてしまいましたよ。サポート期限がまだ先だったら、そのときが来るまでずっと使い続けていたと思います。

スペック

Core 2 Duo

細かい仕様やモデル名は調べるつもりはありません(遺物ですから)。ざっくりと書きますね。

32bit機、CPUはCore 2 Duo、メモリは4GB。
CドライブはIntelのSSD、DドライブにHDD。
サウンドボードは2.5万円くらいで買ったもので、XP専用のソフトが入っていました。
グラフィックボードは1920×1200の画面解像度の表示を満たすことを条件として選んだ、1万円くらいのもの。メモリは1GB。
電源ユニットは520Wのものに付け替えて、CPUファン(ファンのみ)とケースファンも新しいものにして、カードスロットも交換しました。その他はいじっていないはずです。
どのパーツも新しくはありません。

待機電力

Vista PC 待機電力

待機電力は「3.5W〜3.6W」でした。
1日の電気料金は「2.4円」。ちょっと高いですね。

PC起動時〜

消費電力消費電力

PCの電源を入れた直後、なんとまあ「100Wオーバー」ですよ。
徐々に下がるも「80W」を下回らない。

Amazon

Amazonを開いたら、

消費電力消費電力

また「100W」ですよ。
しばらくすると「80W代」をうろついていました

PC

そして「iTunes」を起動させると、

消費電力

消費電力は「95W」・・・。
その値の写真を撮った直後、電力の推移を確認しようともせず、私はそっと電源を落としました。

Vista 総評

Vistaの消費電力って、平均して「90W強」だったのか・・・。なんてことだ。
となれば、電気料金は1時間あたり「2.5円」。
1日8時間つけていたら「20円」、×1ヶ月30日で「600円」。ううむ。

しかしながら、ま、10年も使い続けたんだから、このくらい高くてももいいですよね。
許してあげるよ。うんうん。
これまでありがとう、俺のVistaくん。君にはほんっとお世話になったよ。

 

「Windows 7」デスクトップPCの消費電力と電気料金

Windows 7 PC

おおよそ7年前でしょうか、2010年あたりに購入しましたHP(ヒューレット・パッカード)のデスクトップPCです。
会社用ですので、あまりスペックを気にせずにパソコンBTOでカスタムしました。
BTOで組んでもらったままをずっと使っています。

スペック

Windows 7 PC

こちらもざっくりと。

32bit機、CPUはCore i7のいつぞやの世代のもの。
メモリは4GB、ストレージはHDD2台を積み、RAID1(ミラーリング)に設定しています。
グラフィックボードは1920×1200の解像度が表示できるもの。
その他は、パソコンBTOで標準のもの(0円のもの)ばかりを選んだと記憶しています(いや、どうだっけな?)。

待機電力

Windows 7 PC 待機電力

待機電力は「0.5W」。おー、Windows 10より低いじゃないか。
1日の電気料金は「0.34円」

こんなのすっごい期待できるじゃないか!
・・・って思っていたんですよ。

PC起動〜

Windows 7 モニタ

えっとね、たしかに起動時に多くの電力を消費するのはわかってるんだけどさ、

消費電力消費電力

148W」ってどういうことなんよ・・・。「160W」の数値も見かけたよ・・・。

Windows 7 YouTube

YouTubeで動画を見たら、

消費電力 消費電力消費電力

なんですかこれ。え?「100Wオーバー」が当たり前ですと?
えー・・・。

ほかに、待機時はだいたい「90W台」でした。
ポップアップが表示されたらすぐに「100Wオーバー」

消費電力の平均値は「110W強」でしょうか。
とすれば、1時間あたりの電気料金は「3円」
1日8時間つけたとして「24円」、1ヶ月で「720円」。
Windows 7 総評

なんだよ!Vistaより電気バカ食いじゃんかよう!
わしゃもう、このPCで仕事したくないよ・・・。3日つけっぱなしにすることはよくあるんよ・・・。瞬間でも「160W」ってあり得ないよ・・・。

 

総括

OSごとの消費電力の平均を大雑把に
  • Windows 10: 「40W」(新品)
  • Windows 7: 「110W強」(7年落ち)
  • Windows Vista: 「90W強」(10年落ち)

新品と7年や10年落ちのPCを比べるのはどうかと思いますが、ともかくこのような結果になりました。

しっかしなー、Windows 7の消費電力がVistaより高いのは何でかなぁ。
たぶん、パーツの交換やらをまったくしなかったから、でしょうかね?、それともAdobeの高価なソフトやらをインストールしているからかな?SSDを付けなかったからとか?
ちなみに、MicrosoftのWindowsの節電方法によると、Windows 7搭載の標準的なデスクトップPCの平均消費電力は「50W」だとか書いてありました(たぶん新品)。

いずれにせよ、Windows 10搭載PCはそれより消費電力が少ないです。
Windws 7のデスクトップPCを長年使われている方、加えて1日に長時間ご使用の方は、10に買い替えたほうが返って安く付くのではないでしょうか。

 

(消費電力シリーズ、つづく)



投稿日時: 2017年03月25日 23:47 | 記事URLコメント(10)
カテゴリ電気料金パソコン・インターネット関係
 

コメント

1. By  欅  2017年03月26日 18:04
まささん

けやっきーです。お疲れです。
マシン構成がそれぞれバラバラっていうのもあると思うんですが、VISTAは天下のDell様構成の一品なので電源ユニットがヘタレの可能性があるかと。
新しいPCの電源ユニット 80PlusのGoldですからそれも省電力の要因ではないでしょうか。
Win7PCはグラフィックチップ積んでいるシールがあるので画像処理に電力つかうのかもしれませんね。
2. By  まささん  2017年03月26日 22:02
けやきさん

どうもどうも。
概ね、おっしゃる通りなのでしょうね。
ただ、Win7がかなりの電気食いだということがなんだか納得いかないんです。HPのBTO標準ってこんなもの、ってことなのかな。
電源だけでも変えてみようかな?
3. By  Leona3  2017年03月27日 11:06
純粋にi7 6700以降のCPU、GTXの1000番台、DDR4のメモリが今までに比べて異常にワッパが高いから、旧世代と比べちゃダメ(´・ω・`)
4. By  まささん  2017年03月27日 11:14
Leona3

でもね、そのワッパの高い現行のPCでさえ、旧世代のPC以下の電気料金なんよ。
5. By  leona3  2017年03月27日 11:59
ワッパが良いは省エネ高性能(´・ω・`)
今の世代のPCは低燃費で性能も上がってるよー
6. By  まささん  2017年03月27日 12:55
leona3

そういう意味かい!
何にせよ、電気料金が下がって良かったですわ。
7. By  rt  2018年06月04日 17:31
最新の各パーツが軒並み省エネだから、というのは↑で出てますので、違う視点から。
SSDはHDDより省電力ですが、もう一つ違う見方もできます。
それは、検証でも出ているようにPCは起動時に最も電力を消費します。ということは、起動時間を短縮すればするほど、消費電力が下がるわけです。そしてSSDはHDDとは比較にならない速度でOSが起動しますので、その点からも消費電力を削減できます。

8. By  まささん  2018年06月04日 18:17
rtさん

あー、そうですね、SSDを組み込んだらVistaでも起動時間がすっごい早くなりましたよ。
起動時の消費電力は高いですから、その分、節約ができるわけですね。了解っす。
9. By     2018年06月08日 01:50
消費電力がヤバイのは、sandy以前のCPUだからじゃ・・・
10. By  まささん  2018年06月17日 12:56
ななしさん

あー、そういうの、ありましたねぇ。
新しくなるに連れて効率化が進み、省エネ化が進んでいますわ。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。