2017年12月03日

みそ汁をカップで作る。寒い部屋のあたたかい飲み物。

みそ汁 in カップ

10代のころ、自分の部屋に冷蔵庫があったらなぁ、と少しだけ憧れていた私は、それから大学生活の一人暮らしを経て、社会人生活早10年の今では、その気持ちがまったく無くなってしまいました。
けれどもですね、こういった自室だけで完了できる「秘密基地気分」って、なんだか良いじゃないですか。
結局はゴミが出たり、カップ麺を食べるにしてもお湯や水が必要だったり、洗い物の皿を台所へ持って行ったりと、室外とのつながりがなければ何もできないことに気づき、実は秘密でも何でもない事実を受け入れざるを得ないのですが、そうやって大人になる前の憧れや夢というのは、かけがえのないものだと思うんです。



ところで、このごろはとても寒いですよね。さっき温度計を見ましたら10度でしたよ。
10代の憧れは去れども、その一部、機能性だけは取り入れて、いつでも紅茶を飲めるよう電気ケトルを部屋に置いている私はふと、味噌汁を飲みたくなったんですよ。

おみそ汁の具

で、この3つを用意しました。
「真空断熱タンブラー」に「出汁入り合わせみそ」、そして「みそ汁の具」。

真空断熱ボトル

真空断熱タンブラー。
お湯や氷を入れても、その熱さ冷たさが伝わらない上に保温までしてくれる優れもの。

お味噌汁

そして「即席みそ」と「みそ汁の具」。
具が無いとちょっと味気ないかな、と思いましてですね。

合わせみそ

お味噌を入れて、

 
(アマノフーズのフリーズドライのみそ汁、おいしいですよ)

わかめ

具を添える程度に少々。
たくさん入れるとしょっぱく、また飲み物じゃなく食べ物になってしまいます。

電気ケトル

電子ケトルでお湯を沸かして、

お湯を注ぐ

タンブラーに注ぎます。

みそ汁 in カップ

スプーンや箸でかき回して、

みそ汁 in カップ

はい、できました。

飲んでみましたところ、いやー、おみそ汁っていいものですねぇ。あたたかくておいしい。
飲んだ後はご飯が欲しくなりましたよ。みそ汁と一緒に口へかきこみたい。夜食はそれだけでいい。
紅茶と違って腹に足る飲み物、というより食べ物です。

身体と心があたたまると、押し入れにポテトチップスとカップラーメンを隠すことが精いっぱいだった10代のころをふと思い出し、そして飲み干したあとは底に残った具を片手だけでどう食べようか迷いましたとさ。



投稿日時: 2017年12月03日 00:48 | 記事URLコメント(4)
カテゴリ飲み物食べ物
 
 

コメント

1. By  厚揚げ  2017年12月03日 04:25
インスタント入れて作るんじゃなくて味噌からですか。
冷えないのは良いけれど熱すぎて飲めなくないですか?
2. By  まささん  2017年12月03日 12:02
厚揚げさん

タンブラーが保温すると言っても、寒いとそこそこ冷めるんですよ。
氷水は長時間保温するんですがねぇ。
3. By  GO  2017年12月03日 19:12
タンブラーでも蓋がないと暖かいものはどんどん冷めますね。
プリングルスなどのプラスチックの蓋を置くだけでも、
冷め方は全然違いますよ。
4. By  まささん  2017年12月04日 13:45
GOさん

フタを被せるだけでも冷める速度はだいぶん違いますよね。
フタ付きのもの、買おうかなぁ。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。