2018年03月15日

HDDを処分するために分解・破壊する方法

HDD ディスク破壊

「HDDは壊れやすい」とは言われているものの、HDDそのものは頑丈にできていて、物理的に壊そうともなかなか壊れてくれません。
壊れないことで困ってしまうのはHDDを廃棄処分する際です。
そのまま捨ててしまえば、もしかしたら悪意ある他人が拾って中のデータを読み取る可能性があったり、その心配をしてしまったりします。
PCで操作して大事なデータを消去してから捨てるだけでは不十分です。消去したデータは復旧できる可能性があるためです。

安心してHDDを処分するためには、物理的に磁気ディスクを壊すのがいちばんです。
先日に私はHDDの交換等で要らなくなった方のHDDを破壊してゴミの日に出しましたので、いろいろ写真を撮ることができました。というわけで、その手順とやり方を写真を交えて書いてみますね。

(やや訂正 3/7 ⇒ 3/15)



用意するもの

工具

  • T型トルクス ドライバー(ヘクスローブ ドライバー)
  • マイナスドライバー(家庭用8本入りドライバーセットでOK)
  • 金づち、またはペンチなど(ディスクを破壊できそうな鈍器なら何でもOK)

用意しましたのはこの3つです。

 
(ペンチとドライバーセット)

とりわけ「T型トルクス ドライバー」をお持ちの方はほとんどおられないでしょう。

「T型トルクス」に関して

HDD T型トルクスねじ

HDDのフタを止めるネジは「T型トルクスねじ」です。
ネジの穴は、角が6つある星の形をしています。
上図はデスクトップPCでよく用いられている大きさのHDDです(厚さ:12.5mm)

HDD T型トルクスねじ

代わって、こちらはノートパソコンでよく用いられている小型のHDDです(厚さ:9.5mm)。
こちらもT型トルクスねじで止められています。

T型トルクスねじ 対応サイズ
  • デスクトップPCのHDD:「T8
  • ノートPCのHDD :「T6

大きなHDDは「T8」、小さなHDDは「T6」のトルクスドライバーでネジを取り外すことができます。

 
(トルクスドライバー セット)

しかしながら、もしかしたらHDDのサイズによりネジの太さが上記以外にもある可能性が無きにしろあらずな気がしていますので、トルクスドライバーは「T2〜T8」サイズのセットのものを用意されたら良いでしょう。
ネジ穴の正確なサイズは、見た目ではまずわからないものです。

HHDを捨てるために分解・破壊する手順

その1. HDDのフタに止められているネジを外す

HDD ネジを外す

トルクスドライバーでHDDのネジを外します。
デスクトップPCのHDDは「T8」のサイズ、ノートPCのHDDは「T6」のサイズです。

HDD T型トルクスドライバー

くるくると。

その2. HDDのフタに貼られているのシール下のネジを外す

HDD シール

HDDのフタに貼ってあるシールの下にもネジがありますので、それも取り外します。
シール下にあるネジの数は、デスクトップPCのHDDは「3本」、ノートPCのHDDは「2本」でした。

HDD シール下のねじ

そのシールを楽にはがすために、マイナスドライバー(平たいドライバー)、またはキリドライバー(針ドライバー)を使用します。
両者とも、家庭用8本セットドライバーの中に必ず入っています。

その3. HDDのフタを外す

HDD ふたを開ける

デスクトップPCのHDDのフタ内側の淵には接着剤(緩衝ゴム)が塗られていました。
マイナスドライバー(平たいドライバー)でフタを浮かせます。
また、ノートPCのHDDには接着剤が付いていませんでした。

HDD 磁気ディスク

フタを取り外しました。
鏡のような円盤が、データの記憶媒体である磁気ディスクです。
これを物理的に壊すためにフタを外しました。

その4. 磁気ディスクを破壊!

HDD 磁気ディスク 傷を入れる

磁気ディスクを壊します。
固くて丈夫な鈍器でディスクに深い傷を何本も入れたら、そこいらのディスク読み取り装置ではデータを読み取ることはできなくなります。(浅い傷だと読み取り可)
一般の方は、この程度で十分でしょう。

HDD ディスクを破壊

ちなみに私は、ペンチでディスクが回らなくなる程度に折り曲げました。

HDD 破壊

この状態でデータを復元できるだなんて思えません。

ただし、それでも情報の漏洩が気になる方や、重要機密情報データがHDDに入っている場合は、ハンマーなりなんなりで粉々になるまでが叩き割られたら良いでしょう(財務省の方におススメ!)。

また、複数枚のディスクで構成されている機種もあります。
フタを開けて1枚目だけ傷を付けて廃棄するのは危険です。
ディスク留めを外し、すべてのディスクを取り出して、キズを付けるか破壊してから廃棄されると良いでしょう。

HDD ディスク

こちらはノートPCのHDD。
ディスクにペンチを無理やり差し込んで挟み、折り曲げましたら、

HDD ディスク破壊

砕かれて粉々に吹き飛んでしまいました。
おおぅ・・・、と驚いた後にやや広範囲をお掃除しましたよ。もー。

はい、そんなわけで、

HDD ディスク破壊

使わなくなったHDDを安心して廃棄するための方法をご紹介しました。
端的に言うと、HDDのフタを開けてむき出しになったディスクを破壊、というわけですね。



投稿日時: 2018年03月15日 17:46 | 記事URLコメント(5)
カテゴリPCパーツ交換・高速化・静音化
 

コメント

1. By  leina3  2018年03月08日 00:37
ノートPCはガラス板に磁気塗りつけてるからなあ。
2. By  ilikexvideos  2018年03月08日 19:49
隠しネジは外しましたか
大抵シールの下に隠れています
3. By  まささん  2018年03月08日 20:09
leona3

はじけ飛んだよもー。


ilikexvideosさん

・・・ホントだ。ある。ネジある!
いやー、10年くらいこのように破壊していましたから、これでいいんだとずっと思い込んでいました。
記事を訂正しますね。
4. By  sam  2018年06月10日 21:37
複数枚のディスクから構成されている機種もあるので、
蓋開けて1枚目だけキズ付けてハイ廃棄はキケン!
ディスク留めを外して、すべてのディスクを取り出して、
キズ付けるか破壊してから廃棄しましょう。

なんていう追記があった方が親切かも。


5. By  まささん  2018年06月17日 12:06
samさん

ありがとう!
追記しますね!

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。