2018年03月19日

マンガ「空飛ぶモグラ」の、この描写がリアリティに溢れている

空飛ぶモグラ

何でも知ってる学者の「けやき」さんはサブカルにも精通してる。
「何も知らない私にどうか、おすすめのマンガを教えてやってください」と懇願したら快く教えてくれ、少し間を置いてすらすらと何冊かのタイトルをおっしゃるけやきさん。
そして、時間が空いたときにちょこちょこと読み進めては「アレ良かったっすよ〜」「何であんなマンガおすすめしたんですか!ふざけないでください。僕おこってるんですよ!」とぎゃーぎゃーわめく私を怒らずに優しく受け止める懐の深いけやきさん。
私はそれまでにマンガをほとんど読まず歳を重ねてきたものですから、けやきさんのような人から教えてもらわなければ、はじめに何に手を付けてよいものか迷ってしまうわけですよ。

それから1年くらいが経過した今、マンガの本数を人並みくらいは消費したかな、と思います。
けやきさんを頼らずに、また小さいころからこの作品が好きで〜と分かっているふりをすることなく、「これいいな」と思ったマンガを言えるようにまでなりました。
そんなわけで、ココにて私の琴線に触れた作品をちょいとご紹介させていただいますね。
「空飛ぶモグラ」という無料で読める、読み切り作品です。



空飛ぶモグラ

空飛ぶモグラ

WEBマンガ「ジャンプ+」の読み切り作品です。無料で読めます。
以前にとある「ぽぽ」さんから、なんとかのアストラというマンガがジャンプ+にあって結構面白いと聞き、そのアプリをダウンロードしたんですよ。
それからいろいろと見て回ったときに「空飛ぶモグラ」にたどり着きました。

で。

私の琴線に触れたシーンはコチラ。

空飛ぶモグラ

おねーちゃんと、リコ。

空飛ぶモグラ

「おいしいね、おねーちゃんのごはん」
そして父親は、

空飛ぶモグラ

「全体的に味付けが濃いい」
「もちっと塩を控えたほうがいい」

空飛ぶモグラ

娘の食事にケチをつける父親。
悪気はなく悪いところのみを指摘する。ああしたらいいと注文を付ける。

このシーンに私は深く「あー・・・」と自分の父親のことを思い出しました。
褒めることは稀。何かを成し遂げたとしても、特に何も言わないか、良くなかった点のみを言い、ある種父親に喜んでもらいたかった思いを濁されて嫌になってしまうんです。
これは私の父親が癌で喋られなくなる前の会話まで続きました。大学生のころ、長い時間をかけて実家に戻り病院へ行くと「帰ってこなくていいのに」。
100点満点が当然としてあり、そこから引き算をする思考を持つのがひと世代前の父親というものなのでしょうか。

空飛ぶモグラ

話は続きます。

「向こうでは仲良く、親子三人のんびりやろう・・・」
「絶対イヤ」

そりゃそうだ。
話し合いも無く、これまでのことを「・・・とにかく」と舌足らずに断裁しようとするのはあまりにも都合が良すぎる。

空飛ぶモグラ

空飛ぶモグラ

空飛ぶモグラ

何を言っても聞く耳を持たない父親は、娘の筋道の通った疑念に理屈では言い返せず、だから暴力を以って無理やり正当化する。

その様はまさに私の父親。だからお父さんと呼ばず「あんた」と言う様も同じ。
思い付きの言及が常に不快にさせるひとことであることに全く気付かず、ゆえになぜ嫌われているのか気付けない。
父子という上下関係はどこか相容れないのか、気付こうとすることのできない人には何を言っても、無駄。

その後、娘は出ていきますがリコは「行かないで」と娘を引き留めます。
離れようとも離れられない父子。その関係を引きずり、ストーリーは展開していきます。

で。

続きはWEBでご覧ください。とても良いお話でしたよ。
ちなみにですが、私の父親が「帰ってこなくていいのに」と言ったのは、深読みすると「自分なんかのためにわざわざ遠くから帰って来なくてもいい」の意だと思うんです。卑下と気遣いと照れ隠し。



投稿日時: 2018年03月19日 23:48 | 記事URLコメント(4)
カテゴリ
 

コメント

1. By  ぽぽ  2018年03月22日 12:24
ジャン+は無料の割には面白い作品多いですよ〜。本誌で連載したらいいのではってものあるし。

週刊ジャンプが月定額で読めるのも楽でいいです。(紙雑誌は捨てるのがめんどい)
2. By  まささん  2018年03月22日 16:30
ぽぽさん

このごろ、それ、ちょこちょこと読んいますよ。
ぽぽさんが前におっしゃってたジャンプ+のエロい本って、アプリじゃなくてWEBにあるってことに気づきました。
3. By  ぽぽ  2018年03月23日 19:58
終末の〜ですよね。最近iPhoneでは連載されなくなったのでしょんぼりです。

最近ではモネさんの真面目すぎる付き合い方が結構エロい。

面白さでいうと剥き出しの白鳥ですかね(笑)
4. By  まささん  2018年03月24日 00:59
ぽぽさん

私は、えっと、セラピーなんとか?だっけ?
ピンクな女子高生が出てくるマンガが面白いって思っとります。
あれたぶん作者が女で、女から見て「お前ら男はこーゆーのが好きなんだろ?んーっ?」的な描き方にウケましたよー。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。