2018年05月20日

机に置いたはずのメモがどうしても見つからないとき、探してみるべきところ

PCデスク

以前、お仕事でお客さんのところへ赴いたときに、Facebookのアカウント、IDとパスワードをメモしてもらい一時的に預ったんですよ。
そして、帰宅して他の資料とともに机に置き、数日が経過して作業に取り掛かろうとしたときのこと。

「・・・無い。あれ?」

そのときは、まー部屋のどこかにあるんだろうなー、と軽く受け止めていたんですよ。
でも、どこを探しても無いんです。
「えっ、本当に無いぞ。えっ・・・。」
これはもしかしてマズいんじゃないか感がじわじわと押し寄せてきて、1時間後にはこれはちょっともうかなりの失態だぞと焦ってしまいました。

(いろいろあってしばらくブログをお休みしていましたが、今日からまた頑張ります!たぶん!)



メモ帳

このメモ帳の1枚をどこかに置いて紛失してしまったんだ。


(ロディアの方眼メモ、おしゃれでなかなか良いですよ)

思い返してみる。
えーっと、たしか車でお客さんとこ行った後はスタバで一番やっすいコーヒー、ドリップコーヒーだけをドライブスルーで注文して、「なんだよ!掲示板にあった料金表は税抜きかよ!しかも1円単位でのお支払いって不便かよ!ったくよ〜」と心にぶーぶー呟きながら帰宅して、その間はどこにも行っていなくて、ドアも開けなかったよな。

となると、車の中を調べるべきですよね。
でも、シートの下からペダルの裏まで探すものの見つかりませんでした。
もしかして、窓から飛んで行ってしまった、とか?
いや、あり得ないよな。いや、でも・・・。

棚の下

焦りながらどこだどこだ。
机上には無かったから部屋中をくまなく見渡しました。
這いつくばって本棚の下を探し、ベッドをどかし、ライトを照らしてテレビラックの下を確認してみるものの、あるのはホコリとチリと、風で飛んたらしきビニールの切れ端だけでした。

ゴミ箱

もしかしたら誤って捨ててしまったのかも。
結んでいたゴミ袋3つを開いて床にぶちかまし、タバコの灰や生ゴミに心折れそうになりつつ探しても、無い。見つからない。・・・どうしよ(あわあわ)。

こういったミスはお客さんに気づかれないよう隠しておきたい気持ちが働きがちだけれども、もし誰かがこのメモを拾って不正にアクセス・改ざんされることを思うとそうは言っていられません。
捜索から1時間後、ついに見切りをつけ、電話で紛失の可能性を正直に伝えて平謝りしてパスワードを変更してもらいました。
こういうのはできるだけ早く言うべきですからね。焦るあまりに早口になってしまいましたよ。

それから3,4日後のこと。

マウス ふきふき

机の上をふきふきしていたんですよ。
ウェットティッシュってすっごい優れもので、汚れや手脂に気づいたらすぐに拭き取れるんです。常備している私の必需品。

 
(コレをコレに入れて置いてる)

マウスをふきふき。

キーボード ふきふき

キーボードもふきふき。
ボタンを押さないよう優しくふきふき。

キーボードの下

ついでとばかりにキーボードの下もふきふ

・・・あった

なんとまあ、こんなところに入り込んでいたのか・・・。
ホントに目の前じゃないか。普段から使っていてどかさないだけに盲点でしたよもー。
灯台下暗しと言いますか、キーボード下暗しだなこりゃ、なんて思いつつ、次にお客さんのところへ赴いたときにメモを渡し、ありましたごめんなさいと謝りましたとさ。

というわけでみなさん、もし机の上に置いたはずのメモが見当たらなかったときは、キーボードの下もお調べくださいまし。
個人的にはすっごい盲点でした。

関連して、靴下の片方が見つからないときにチェックすべきところ

ジーンズ

靴下の片方がどうしても見つからないことがあったんですよ。
たしかに替えはたくさんあって、靴下の1組が無くても困りはしないものの、あるはずの2足がそろっていないととっても気がかりになるものです。
洗濯かごの後ろからタオル置きの棚の下まで、いろいろと探してみたものの見つかりませんでした。

ジーンズ

1週間後。
ようやく見つかりましたよ。

部屋干ししてそのままだったズボンの裾口に挟まっていました。
どうもですね、ズボンを脱ぐときにかかとまで滑らせた指で靴下も脱ぎ、そのままネットに入れて洗濯して干していたことが原因でした。
コレ、過去に1度経験しましたよ。厚手の靴下にあり得そうですね。



投稿日時: 2018年05月20日 18:50 | 記事URLコメント(0)
カテゴリパソコン・インターネット関係PCデスク周り快適化
 
 

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。