2018年06月28日

ズボンのボタンを縫い付けずに簡単に取り付けられる「タックボタン」の紹介

取れかかったボタン

運動不足でお腹周りがぷっくらとし始めましたこのごろ。  
ズボンのウエストがきつく感じ始めると、ボタンが引っ張られて糸が伸び、今にも取れてしまいそうになりました。

裁縫が得意な人だったらちゃちゃっと縫い付けられるのでしょうが、私はそのやり方がわかりません。家庭科の授業でやったことがあるような、そうじゃないような。
しかしながら、ボタンが無ければズボンを履けません。半ば諦めつつ「これはもう、自分で縫い付けるしかないなぁ」と、縫い方はネットに頼ることにして、いつものAmazonでお裁縫グッズを探していました。
いろいろと見ていると、「ああ、こういうものが販売されているんだ。へー、これ良いんじゃない?」と、とても良さそうなものを見つけたんですよ。

クローバー ジーンズタック釦


ジーンズタックボタン

それがコレ。
ジーンズによく用いられている「タックボタン」です。

タックボタン  タックボタン

コレですね、取り付けがとっても簡単なんですよ。
ボタンと鋲をズボンに挟んで、金づちでトントン叩くだけです。
加えて、糸付けより強い引っ張りに耐えられる頑強さがあります。



もちろん、ほかにもいろんなデザイン・サイズのタックボタンがあったのですが、ま、コレでいいや、とばかりに決めました。構造はどれも似たようなものです。

タックボタンの取り付け方

ズボン

取り付け方は、パッケージの裏に書いてあります。
簡単にご説明しますね。

まず、糸とボタンをハサミで切り、取り除きます。

ズボンのボタン取り付け

取り付ける箇所を定め、ピンをズボンの裏側から刺して、

ズボンのボタン取り付け

貫通させます。
ピンの根元まで差し込みます。

金づち

そして、布地の表側にボタンを乗せます。
布地を裏返しにして固い台に置き、ピンの頭を上にして布を当て、金づちで軽く数回叩きます。
その固い台は、ベランダや玄関のコンクリートの上が適切だと思います。

タックボタン取り付け

はい、完了です。

いやー、ホントすぐに取り付けられましたよ。金づちを探す時間の方が長かったくらい。

取れかかったボタン

見るも哀れなこの姿が、

タックボタン取り付け

強くたくましく生まれ変わりました。やったね。

固い布地のパンツにもタックボタンを取り付ける

チノパン

タックボタンが届くまで履けなかったパンツを履けるようになった嬉しさから、別のチノパンにも、このボタンを取り付けることにしました。

チノパン ボタン取り付け

このチノパンは少々厚いですので、ピンがなかなか貫通しません。
そこで、ドライバーセットにあるキリドライバー(とんがっているヤツ)で穴を開け、ピンを通しました。


ドライバーセット

チノパン タックボタン

そして、上と同じような手順で取り付けました。

一般的なズボンのボタンは「直径1.7cm」がほとんど

ジーンズ タックボタン

こちらは私が持っているリーバイスのジーンズです。
そのタックボタンのサイズは「直径1.7cm」です。
その他のズボンの、タックではないボタンのサイズも計ったところ、ほぼどれも1.7cmでした。記事に乗せたズボンも1.7cm。

私が購入したタックボタンのサイズは「直径1.6cm」です。
購入する前から少し気になっていたのですが、いざ使ってみますと、たかが1mm短くて何が変わるでもありませんでしたよ。フツーに使えています。

 
直径17mm・その他のタックボタン

そんなわけで、

取れかかったボタン

いやー、ジーンズのボタンってこうやって取り付けられていたんだなぁ、って思いましたよ。
針仕事をしなくとも、叩くだけでいいのね。
加えて、糸より引っ張りに強く頑丈です。裁縫ができない方、面倒な方はタックボタンを使ってみてはいかがでしょう。



投稿日時: 2018年06月28日 23:59 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ生活
 
 

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。