2018年07月05日

真空断熱タンブラーの保温時間と私おすすめの筒形製氷皿の紹介

真空断熱タンブラー

窓から入ってくる少し強い風がとても気持ちの良いこのごろ。
身体のほてりを氷いっぱいの飲み物で鎮めて日中を過ごしています。

上図はステンレス製の「真空断熱タンブラー」。もはや結構メジャーな商品なのではないでしょうか。
このタンブラーは二重構造になっており、その内側が真空になっていて断熱し、外気にさらされる面が少ないから飲み物の温度を長時間保ってくれるんですね。

蒸し暑い日には、私はこのタンブラーに氷を入れて冷たい飲み物をよく飲んでおりましてですね、そして飲んだ後に残った氷を見ると、結構時間が経っているのにまだ氷の形をとどめているんですよ。
そこで、真空断熱タンブラーに入れた氷はどのくらいもつのか、ちょいと実験してみました。

ちなみにですが、かなり前にタンブラーではなく水筒の真空断熱ボトルの保温効果を調べたことがあります。別記事、真空断熱ボトル(水筒)の保冷効果はいかほど?をご参照ください。



また、タンブラーを2つ用意しましたのは、タンブラーの価格により保冷効果は変わるのか比較するためです。
上図左は、4年くらい前に12,750円で買った結構高いヤツ。容量は400ml。
右はAmazonでいちばん売れているらしいサーモス社のもの。価格は1,500円くらいです。容量320ml。


サーモス 真空断熱タンブラー

筒形の氷(製氷皿の紹介)

筒形氷

で、使いました氷はコレ。

筒形氷

筒形の氷です。

ステンレスボトルアイストレー


ステンレスボトル アイストレー

コレですね、容量400ml以上のステンレス製タンブラーに適していて、なかなか良いんですよ。
製品名は「ステンレスボトル アイストレー」。氷は水筒用の大きさなのですが、タンブラーにすぽっと入ります。

筒形氷 0時間

よく見かける角型の氷は、何個か入れると飲み物に触れる面が広いため溶けて水っぽくなりやすいのですが、これは1本の氷なのでそれより溶けにくいです。
また、たくさんの氷を入れずとも、これ1本でOKだから使いやすいんですよ。缶ジュース・ビールは2回に分けて入れています。 

このごろ、毎日これに水を入れて繰り返し氷を作ってる。

温湿度計

現在の室内の気温は29℃。ちょいと暑いです。

真空断熱タンブラーの保冷効果を調べてみる

1時間後

筒形氷 1時間後

1時間後。
ちょっと解け始めた程度かな。

2時間後

筒形氷 2時間後

2時間後の様子。
溶けてきた感はありますが、まだ原形をとどめています。

3時間後

筒形氷 3時間後

3時間後。  
両者の氷の溶け具合の違いは感じられませんでした。  
これはすなわち、価格やメーカーにより真空断熱タンブラーの保冷効果の差は特別無い、と言っても良いんじゃないでしょうか。
知っているメーカーの物だったらどれでもOKなのでは。

バヤリース さらさら毎日おいしくトマト

と、ここでトマトジュースの登場。
私ですね、去年の夏あたりにバヤリースの「さらさら毎日おいしくトマト」をふと自動販売機で買って以来、Amazonでたまに箱買いするようになったんですよ。
トマト特有の青臭さやえぐみが少なく、味わえば少し酸味が感じられ、ごくごくと飲み干せるさらりとしたトマトジュース。ひとことで言えば、飲みやすくておいしいの。 


バヤリース さらさら毎日おいしくトマト

コレね、その辺の自販機やスーパーではなかなかお目にかかれないんです。じゃあAmazonで、ってなるわけで。
同じような商品に、サントリーの缶ジュース「すっきりしたトマト」があるのですが、上のバヤリースと飲み比べるとどこか劣っているように感じるんです。

バヤリース さらさら毎日おいしくトマト

どのタンブラーでも保冷効果は特に変わらないだろうことが分かりましたから両者の比較を終え、片方のタンブラーにトマトジュースを投入。よーく振ってから。

で、思ったのですが、糖分控えめの果汁ジュースは氷で冷やしすぎるとダメですわ。
冷たすぎると味を感じられにくくなるんです。

4時間後

筒形氷 4時間後

氷たくさん×トマトジュースの組み合わせは好ましくはない、ことがついでに分かったあとの1時間後。
開始から4時間後の氷。
そこそこ溶けています。

8時間後

筒形氷 8時間後

1時間ごとに計っても埒が明かないので、プラス4時間後。
開始から8時間後の氷の様子です。

筒形氷 8時間後

ふだん、8時間後以上、氷をそのままにすることはありませんので、ここで調査を終了することにしました。
で、手に取ってみました。

いやー、すごいね。まだ完全には溶けず凍っているんですよ。

実験結果

筒形氷

  • 氷を8時間入れてもまだ残っている
  • どのメーカーの物でも、価格に差があっても、実感できる保冷効果はさほど変わらない
    (2つ試した限りですが、たぶんあまり変わらないんじゃなかろうか)
  • 甘さ控えめの果汁ジュースは氷の入れ過ぎに注意。味を感じられにくくなる

というわけで、冷たさを長時間キープしてくれる真空断熱タンブラー、なかなか良いですよ。容量400ml以上のものがおすすめです。
筒形の氷を作るトレーも結構なかなか。

 
サーモス 真空断熱タンブラーアイストレー

ちなみにですが、真空断熱タンブラーのその他の特長・マイナス点・推奨スペックを、当方の経験を踏まえて

  • 熱い飲み物を入れてもふつうのマグカップよりだいぶん保温効果があるが、氷ほどの長時間の保温はできない
  • 洗わないでいると少し錆の味がするようになる(食器用の固めのスポンジでごしごしすればOK)
  • 容量300ml程度より400ml以上のものがおすすめ。缶ジュースや缶ビールの容量は350mlですから
  • タンブラーを落としても、氷をがしがしと入れても割れる心配がない
  • ステンレス製のものは、艶あり(光沢がある)より艶消し(光沢があまり無い)の方が良いと思う。艶があると指紋がべとべとと付いているのが見てわかる
  • 【重要】飲み物を飲むときに自分の口や歯に固いステンレスが当たるため、ガラス製の柔らかい口当たりと比べて使用感は劣る(そういうものだと、私は徐々に気にならなくなりました)
  • 熱い飲み物を入れても、タンブラーを持つ手が熱くならない。ほんのりあたたかい
  • ガラス製より軽くて背が高い傾向があるため、不意に手が当たると同じくらいの大きさのグラスやジョッキより倒れやすい


投稿日時: 2018年07月05日 23:57 | 記事URLコメント(6)
カテゴリ飲み物
 

コメント

1. By  厚揚げ  2018年07月06日 05:51
ばんわ^^
台風やらで大雨です(´・ω・`)

それはさておきサーモスの真空断熱タンブラー。
便利といえば便利ですがこのタイプの飲み口
あたり良くなくないですか?カツンって。

私は象印製タンブラー使ってます。
飲み口丸く厚めで飲みやすいです
そんな長時間持ちませんがそれでも23時に入れた
お茶の氷が翌朝6時頃まで何とか持ってますよ
※室温やらは記事と同じくらいです。
2. By  まささん  2018年07月06日 07:45
厚揚げさん

ええ、それ分かります。
文字通りの意味で口当たりが固いですよね。

それだったらガラス製の方が良いと考えて、以前に2重構造のガラスコップをたくさん買って使ってみましたところ(記事にはしていませんが)、どれもコップの淵が丸く厚いため、飲み物を飲むときに口をややすぼめない限りは隙間ができてしまい、飲み物が下へ落ちてしまうんです。
象印のものはどうなんでしょうね?
あと、結構割れやすかったです。食器をまとめて洗っているとき、陶器をカツンとぶつけたらひびが入りました。
3. By  徳島の社長  2018年07月06日 08:22
私は安物のタンブラー使用してまして、サーモス欲しくて迷ってました。1万以上のタンブラーもあるんですね。
コーヒー茶渋は激落ちくんでピカピカになりますね。
4. By  まささん  2018年07月06日 08:29
徳島の社長さん

安物でいいと思いますよ。大して保冷効果は変わらないと思います。
激落ちくん、すっごいよく落ちますよね。ただ、こすり過ぎると膜も取れてしまいますので控え目にしないといかんです。
5. By  ふらいどちきん  2018年07月06日 10:08
5 いつも楽しみに拝見してます。
真空断熱タンブラー、倒れやすくて何度もこぼしてしまうので、私は使用をやめてしまいました。
6. By  まささん  2018年07月06日 11:07
ふらいどちきんさん

んー、それはグラスより軽いからなのか、ふつうのコップより高さがあるために手に当たりやすいからなのか。
私はよくそのタンブラーを使っていますが、倒した覚えが無いので、んー、って思いました。
ただ、容量400ml以上のジョッキと比べると間違いなく軽いので、比較して倒れやすいのは確かでしょう。

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。