2019年05月08日

お店のタブレットでの注文は手軽な分、注文数が余計に増える

鶏皮ねぎポン酢

先日に焼き鳥の飲み屋さんへ2人で行きましたときのこと。
各々好みのお酒やドリンク、その他もろもろを食べた後に私が注文しましたのは「鶏皮ねぎポン酢」。

鶏皮ねぎポン酢

3つも!

あ、いやね、たしかに私は酸っぱいものやあっさりしたものが好きなのですが、1人で3皿も食べたくて注文したんじゃないんですよ。
うっかり間違えたんです。どういうわけか。

タブレット

というのもですね、



鶏皮ねぎポン酢

このお店はタブレットで食べ物を注文できます。

タブレット

それでぽんぽんタッチするわけですよ。

タブレット

そして注文を送信します。
そしたら鶏皮ねぎポン酢が3皿運ばれてきました。

もうね、2人して笑ってしまいましたよ。なんでだよ!(笑)って。
いやー、たしかに2皿注文した節は思い当たる気がしなくもないのですが、よもや3皿運ばれてくるとは思いもしませんでした。

んでですね、そこで私、ふと思ったんですよ。
「ああ、お店のタブレットでの注文って、コンビニでの電子決済と同じく支払額が増えるんだ」って。
この頃はコンビニのほかスーパーでも電子マネーで精算できるようになりましたよね。そういったお店は鳥取ですら多いです。
聞くところによると、電子決済は現金支払いより購入額が2割多いんだそうな。これは実感として私もそのくらいだろうなと思います。
そしてタブレットの場合は、タッチするだけですぐに注文できる手軽さがあります。店員さんを呼んで注文するとなるゆっくり考える余裕が生じ、その時間をぐっと短くするタブレットでの注文よりは支払額は少なくなるでしょう。
文字だけではなく画像が付いていて食欲をそそられますし、よくあることでは無いにせよ、私のように間違ってたくさん注文してしまうこともありますし、タブレットも同じく売り上げ2割増しなのではないだろうか、と思うんです。
重さを感じさせない電子取引は便利ではあるのですが、使い過ぎにはちょっと気をつけなきゃいかんな、と思いましたよ。意識しない間にお金が減っていく。だがとても便利。


紀州うめどり皮 300g

あ、ちなみになのですが、肝心の「鶏皮ねぎポン酢」のお味はと言いますと、「鶏皮、あったかい・・・。せっかくの酢の物なのになぜ冷やさなかったん?」でした。無念なり。



投稿日時: 2019年05月08日 23:52 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ日々の雑感
 

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。