2019年12月07日

「太っちゃダメ」というパワーワード

山川 カレンダー

昨日、とある日本画家さんがウチへやって来られました。年末が近づくと、いつもカレンダーを下さるんですよ。
「福原さ〜ん(わし)、山川が来ましたよ〜」と呼ぶ声に応じて玄関へ行きました。
たしか2年か3年ぶりお会いしたこの方は私が目を合わせた否や、何やら感慨深そうな間が空き、そして真顔でこうおっしゃるんです。

・・・福原さーん、太ったね」って。
茶化している気は一切ないんです。

「ああ、太りましたねぇ」と笑みを浮かべつつ返しましたところ、「福原さん、太っちゃダメ」っておっしゃるんです。真顔で。
それを裏付けるご自身の体験話が軽く続き、そして足早にお帰りになられました。



山川 カレンダー

頂きましたカレンダーと色紙を片手に部屋に戻りました私は、しばし想いに耽るかのように考えることがありました。

「・・・太っちゃダメ、か」

いや、間違いなくそうなんだけれども、さ。
確かに太ったけれども、なんだろ、そこまで言うほど太ってはいないはずで、いや、他人から見たら激太りなのか、そうなのか。
それにしても「太っちゃダメ」か。「太ったねぇ」「やせた方がいいよ」って言われるなら角が立たないが、まさか「太ること禁止」、とは。こう言われたのはもしかしたら初めてかもしれん。
赤信号で横断歩道を渡ってはいけません、のような、まるで大人が子供に言い聞かせる文句。加えて純度100%・混じりっ気なしの真顔の表情。
新鮮な驚きがありました。
しばらく言葉を咀嚼したのち、「そうか、俺はたぶん親子のように怒られていたんだな。」と解釈しました。
叱るでもなく、怒られるでもなく、むしろ諭されていて、でも「太っちゃダメ」。ううむ。

  言葉の咀嚼を終わらせたのち、私は結論を下しました。

「はい。やせます。」
我ながら、とっても素直で良い子ですね。


オムロン 体重・体組成計

それにしても「太っちゃダメ」かぁ〜。
いやー、まったくもってその通りなんだけれどもさ、太るのは「やってはいけないこと」だとある種バッサリと言われでもしたら驚きもするし、考える時間も欲しくなりますよ。なんつーパワーワードなんだ「太っちゃダメ」は。足してすっごい心配されている感があるの。



投稿日時: 2019年12月07日 23:57 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ日々の雑感
 

コメントを投稿する

名前:
  情報を記憶: 評価:
 
 
  名前の入力は必須、文字数は800字以内です。