日々の雑感

2017年05月23日

触らせてくれる野良ねこ(実家編)

猫がおる

記憶に定かではないのですが、たしか4年振りに帰省した実家。
その庭へ自発的に除草剤を撒いてくださる隣の家の方へお土産を持っていくも、どうもいらっしゃらない様子だったから書置きを残すべく、座席を横に足を伸ばしてちゃちゃっと書いていたときのこと。

(別記事の私おすすめ 車グッズの紹介でも載せたのですが、こういったときのためにペンとメモ帳を常備しておいて良かったよ)

 

締めの文末に差し掛かり、お隣へ足を運べるあと少しのところで、メモ帳への視線の端から何やら黒いものが横切るんです。
何だ?と目を上げると、

触らせてくれる野良ねこ

にゃーにゃがおったんです。

野良ねこ。知らない野良ねこ。
こちらに気づいているも、気づいていない素振りを見せそっぽを向くにゃーにゃ。
いじらしいにゃーにゃ。にゃーにゃかわいい。

もうね、私にはわかっているんですよ。直感でわかっちゃったよ。
この子は触らせてくれる猫。間違いない。
メモを急いで書き終わらせ、デジカメ片手に速やかに移動しました。

続きを読む

投稿日時: 2017年05月23日 22:57 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリMSY四季図鑑(写真)日々の雑感
 
 

2017年05月18日

風が吹けば桶屋が儲かる。

洗車機

つまりこういうことですね。
弱まったと言えども黄砂の風はまだまだ吹き続いています。

本日私ですね、鳥取のところどころを車で回っていたんですよ。
赤信号で一時停止すると、ワイパーで半端に拭き取られた黄砂の付いた車をちょくちょく見かけました。
と言えども、間違いなく半数以上はぴかぴかしており、ああ、こういうことなんだね、と、洗車機に列を成す車の渋滞を眺めていました。

オイル交換代

私といえば、昨日、オイル交換のついでにワックス洗車をしたんですよ。

「ここオイル交換できるん?」⇒「できるよ」⇒「じゃ、お願い」⇒「ついでにワックス洗車どう?」⇒「それもー」⇒「ガソリンいかが?」⇒「たのんますわ」⇒「オイルフィルター交換しちゃおか?」⇒「調子に乗んなボケが!ああん?てめードアに付いたシール見ただろ!1万キロ走ってねーことわかってんだろが!しねコラたこコラ!」ってな具合でワックス手洗車していただきましてですね、私の車はぴかぴかなんですよ。 

昨日までは。

いやー、こう何度も洗車せざるを得ないってちと困りますわ。
黄砂が強かった先々週あたりは、ああ、市井の方々はようやられとりますわ、と思ったほど、どの車もぴかぴかしていたのですが、こう長く続くともうみなさん面倒になっちゃったんでしょうね。本日は砂ぼこりに汚れたリアガラスの車をよく見かけました。

ところでですね、私の愛車・フォレスターのオイル交換に8,000円もかかったんですよ。
これって適正価格なんですかね?
つい、たっけーなおい、ってガソリンスタンドを後にしてつぶやいてしまいました。
純正?のオイル使ったからなのかな?ディーラーさんのところへ行けば安くしてくれるのかな?どだろ?
このごろの車はエコがどうだとか言いますが、この車はあのオイル指定だとか、バッテリーはアイドリング仕様のみだとか、維持費が結構高くつきますよねぇ。困ったものですわ。

三ツ矢サイダー

その気疲れを癒すのが、酸っぱい食べ物。
今日買ったんですが、コレ良かったですよ。

本日のような夏を予感させる暑い日、そして何をせずとも疲れてしまう日に酸っぱいものを飲食すると、喉を通したらいなや目が冴えて元気が湧いてくるんです。
酢の物なんていいですねぇ。思いっきり酸っぱいものをいっぱい食べたいですわ。

実家に帰らせていただきます。

お土産

DVを受けたからじゃなくて、コレ書いたら私、仕事と墓掃除を兼ねて帰省します。鳥取駅構内でおみやげ買ったよ8,000円分。
いやね、今日の午前11時に出発しようと思っていたんですよ。
ですが、あれやこれやがあって午後4時になってしまい、帰宅する時間帯の午後5時あたりの渋滞を避けましたら、午後10時(今)になってしまいました。
実家への距離は300km、片道6時間です。いやー、遠いですわ。
今日の分のブログ日記書いたことだし、さっさと帰ろっと。

それで私は来週の火曜日までたぶん鳥取におりません。 

その間はおそらくコメント返信やブログ投稿はできないことをお許しくださいまし。いや、実家のあたりにネットカフェがあれば別かも?



投稿日時: 2017年05月18日 22:07 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年05月08日

日々の雑感 黄砂ひどいね、キングダムおもしろい

たまにはごくフツーの日記でも。

黄砂ひどいね

黄砂

上図は昨日の2時前に車窓越しに撮った1枚。
日本海に面している鳥取の空は、いつもだいたいどんよりしとるんです。
昨日のようによく晴れた日でも薄ら灰がかっており、紺色の鮮やかな色合いを見せる空を見上げることはあまりないように感じます。

黄砂

それもこれも何も彼も黄砂のせいですよ、もー。

野ざらしにしている車にたくさんの黄砂が付いているから、ウォッシャー水を出してワイパーでフロントガラスをふきふきしたんです。
そいたら窓枠側から縦にたらーっと茶色い水が流れとるんですよ。思わず「おおぉ」って。

黄砂

2日前にガソリンスタンド ⛽ で500円でワックス洗車したんです。これだったらむしろ洗車なんてすべきじゃないとすら思いましたよ。
でも立場上、そうはいきませんから、この時期は200円のシャンプー洗車で済ましとこかな。

キングダムおもしろい

で、その洗車した足でネットカフェに行きました。
このごろたまーに行くようになったんです。穴倉のような狭く暗くちょっぴり小汚い個室が心地よく、ドリンクバーやらソフトクリームバーやらが真後ろにある喫煙席を陣取って、好きなだけソフトクリームとポップコーンを食べながら豚になり、でもアールグレイの紅茶を淹れると一時ベルガモットの香りが立ち込めるものだから人の心を取り戻し、でも部屋の外からはけたたましいいびきの音が吠えるものだから、がっかりして人の心を忘れまた豚に戻ってしまいました。

1,2時間ほどちゃちゃっと仕事をした後はマンガタイム。
1ヵ月前あたりに私、けやきさんという学者さんに「サブカルチャーに詳しいけやきさんに、ちょいとお聞きしたいことがあります。何か、おすすめのマンガはありませんですかね」と質問したんですよ。私のマンガ歴は寄生獣あたりで止まっていますゆえ。
すぐに返ってきた返答は、この2冊。

 

「キングダム」と「ハクメイとミコチ」。
他にもいろいろ浦沢直樹作品だとか候補を上げられていましたが、質問後、すぐに返ってきたのがこの2つでしたから、とりわけおすすめなんだろうと解釈して、まずこれから読もうと思っとったんです。
キングダムは現在のところ46巻も出ていますから抵抗感があり、だからハクメイとミコチから読もうとしました。
でもね、無いんです。鳥取にあるネットカフェというかマンガ喫茶全3店舗にはハクメイとミコチが無いんです。せっかく行ったのに無いんです。
「ちょっとけやきさん!学者なら鳥取の市場規模を考慮したうえで発言してください!ゾンビが徘徊する街なんですよ!もー!」と、せっかく教えてくれたけやきさんに八つ当たりをしたあとでKindleで買って読んでみました。ほんわかする良いマンガでしたよ。
「電子書籍ではなく、紙の方が味わいがありますよ」とけやきさん。私は「へー」と受け流しました(2冊も買うのも、ね)。

で、このごろ、ついにというかようやく、キングダムの今のところ出ている全46巻をすべて読み終えたんですよ。
いやー、長かった。だってさ、1冊読み終えるのに15分から20分かかるんですもの。
それにそても、このマンガ、ほんと面白いですわ。
どう面白いのかは、ネットカフェは当然時間の制限がありますから、さほど吟味せず読み進めたのでなかなか答えにくいところじゃあるんですが、あまり疲れずに没頭して読んでいたことは確かです。熱いものを感じました。
私が高校生のころ、吉川英治の三国志を放課後の電車待ちの間にずっと読んでいたのですが、そのときに抱いていた感覚におそらく似ていたと思います。「なっげーな、いつ終わるんだろ」と思いつつも、熱く惹かれるものがあり、全巻読まなければと一種の義務感が生じました。キングダムの舞台は三国時代ではありませんが。
マンガである分視覚で歴史をなぞらえた物語を読めるものだから、地図や戦場の地形、そして人物の顔と癖のある性格が、字面より鮮明に頭に入るんです。
マンガを知らない私ですが、とても気に入りましたよ。読み返したいので、このマンガだけはネットカフェで済まさずに全巻家に揃えようかな。



投稿日時: 2017年05月08日 23:32 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年05月05日

リブ ロングTシャツ

やあ、みんな。
俺だ。まささんだ。
鳥取のおしゃれ番長さまだ。

今日の俺のファッションはこんな感じだ。
お前たち、真似してもいいんだぞ?

 

リブ ロングTシャツ

んとですね、本日はちょいとみなさまにお尋ねしたいことがあるんですよ。
上図のようなTシャツ(ほこりっぽいですが)をご存じありませんでしょうか?
こういうの、「リブ ロングTシャツ」って言うんですかね?

コレですね、私、とても気に入っているんですよ。

リブ ロングTシャツ

いつものAmazonで買った、カルビンさんとこのTシャツ。
履歴を調べたら、なんと7年前に買っていました。
それからずっと愛用しとるんですが、長く着続けているものですから、着用してしばらくすると、裾がちょっとよれよれになってしまうんです。ゴムが伸びたようにぱっくりと。
とても気に入っているだけに、どうしても代わりになるものが欲しいんです。

リブ ロングTシャツ

何が良いのかと言いますとですね、1つは着丈です。
Lサイズなのに、ベルトのちょっと下まで覆うくらいの長さなんですよ。
そこらへんで売ってるシャツってのは、着丈が長すぎるんです。だぶだぶするんです。

リブ ロングTシャツ

2つ目は、えっと、何といえばいいんですかね?
線と線の幅がちょっと広く空いているストライプ?とでもいうのでしょうか。
ともかく、上図のようなヤツです。

 

まとめますと、「着丈が長すぎない」「縦にリブが入っていて、そのリブとリブの間の幅がちょっと広い」Tシャツが欲しいんです。
上図のようなヤツを買いたいんですけれども、どうも探しにくいというか、なかなか見つからんのです。
どなたか、3,000円〜10,000円で売っているショップをご存じありませんですかね?
もしありましたら、ぜひコメントにて教えてくださいまし。
(できればAmazonで買いたいんです。無ければ楽天あたりなのかな)



投稿日時: 2017年05月05日 12:57 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年04月25日

ネットカフェで最もおいしい飲み物は、紅茶である

ネットカフェ

君は知っているか。
鳥取市には3件のネットカフェがあるということを。
県庁所在地である鳥取市には、3件のみ、マンガ喫茶が存在するのだ。

この3件だ。
上から順にコミック数が多い。

俺はこのごろ、ふとネットカフェに行くことがある。
数か月前のことだ。大学の友人が鳥取市へ出張してきたとき、宿泊のため10年ぶりくらいにネットカフェへ共に行った。
それをきっかけに、たまに1人で午後5時過ぎに足を運ぶようになった。
6時間パックか7時間パックで個室を借り、書類上の仕事をこなしてはマンガを読み、メモを取り、飲み物とアイスクリームを食べつつ、マンガを読む。仕事をする。そしてマンガを読む。

ネットカフェは良い。
豚小屋で豚になれる
狭いリクライニングシート席で寝そべってコーラを飲み、アイスクリームを片手にマンガが読めインターネットもできる。腹が減ったら店員さんに頼めば飯を持ってきてもらえる。
もちろんお父さんお母さんに怒られない。
俺は豚になるためにネットカフェに行くのだ。ぶひぶひ。

鳥取市にある3件のネットカフェのうち、俺が最も評価する、また最も豚になれるお店は「ドロシー」だ。

ドロシーは、正直なところ小汚い。トイレはいつ掃除したのかわからない。便器の前に尿が染みている。マンガの数は多いといえば多いかもしれないが3件のうち最も少ない。PCのデスクトップには無料アニメ・リンク集へのアイコンがあり、これって法に抵触するんじゃ?と軽く思いつつダブルクリックしたらサイト自体が買収された無価値なページが表示される。飯は男の大学生が料理を試みてまずまずだな、と思うような味だ。誰かがうどんをすすったときに飛んだ汁だろうか、ディスプレイにおそらく数年は付着したままのわずかな汁を俺はきれいに拭いた。俺が入った部屋は入る前よりきれいになっているはずだ。ウイルスセキュリティソフトは、なんとキングソフトの無料のヤツだ。いくつかの席がそうだった。ディスプレイの右下から度々うにょんと、すべてのウインドウの最前面へ表示される。Windows 7なら「Microsoft Security Essentials」で統一したらどうかと思うのだが、ダメな決まりでもあるのだろうか。

学者であり、サブカルチャーにも詳しい「けやき」さんに教えてもらったおすすめの、ちょっとマイナーなマンガが、エンターブレインやコミックバースのマンガが、ことごとく無い。
いや、これは鳥取市の全ネットカフェに言えることである。

けやきさんに「何か、お色気のあるマンガ知りませんですかね?エロマンガじゃなくて」と聞いたら、「『つぐもも』なんてどうでしょう」と返ってきて、「この作者は肉体描写が上手で、性癖が色濃い。でも、ストーリーは矛盾なくまとまっている。賢い変態」と、そのような旨を言っていた。
じゃあ読んでみよかと、ドロシーはもとより鳥取市の全ネットカフェを調べたが、無い

ちなみにだが、俺のマンガの記憶は、中学3年生のあたりで、「寄生獣」のあたりで止まっている。アニメはもとよりマンガも知らない。


(名作)

ドロシー鳥取店のブログは2014年で更新が止まっている。
アメブロかつ、更新の非持続かつ、その内容からバイト店員が嫌々やらされていた感が手に取るように見て取れる、企業ブログでわりとよくあるパターンだ。

だが俺は、3店舗のうち、ドロシーを最も評価している。
Google maps で見た、ドロシーに付いた3件の口コミのうち、2件が最低評価の星1つだった。「まー、ネットの口コミって当てにならんしなぁ」と思いつつドロシーに行ってみたら、「あ、うん」と、俺は頷いた。
だが俺は、3店舗のうち、ドロシーを最も評価している。
ここは真に自由だ。豚小屋で豚になれる素晴らしい個室だ。詳しくはいずれ別の新しい記事で書こうと思う。

ネットカフェ・マンガ喫茶で最もおいしい飲み物は、紅茶である

閑話休題。本題といこう。
ネットカフェ・マンガ喫茶で最もおいしい飲み物は、紅茶である。

俺は驚愕した。
コーラやファンタが水で薄まって出されていることを。
「野菜100%」や「果汁100%」のジュースが水で薄まって出されていることを。
飲み放題だからわからないでもないが、また、どのネットカフェでもそうなのだろうが、よもや果汁100%じゃないジュースが平然と100%と表記されて出されているだなんて知らなかった。
ネットカフェの飲み放題の飲み物は、すべておいしくない。
不味いというわけではないが、美味しくない。

だが、紅茶だけは別だ。
紅茶だけは格別においしい。
ほんとうにおいしい紅茶、とは言えないが、他のどの飲み物より安定しておいしい。

アールグレイ

持ち帰った紅茶パックの袋だ。
市販されている紅茶パックは個別包装だが、その包装の大抵は再生紙の薄っぺらいものだ。
ネットカフェの紅茶は、すべての店舗がそうとは限らないかもしれないが、なんとアルミ包装なのだ。
俺はこれを高く評価したいと思う。なぜならば、紙包装だと茶葉の香りが飛んでしまい、紅色の温かい何かになってしまうところが、アルミ包装ならば香りが閉じ込められたままだからだ。鮮度が保たれる。
そのパックを1つ手に取り、個室に戻る。豚小屋にダージリンの香りが高く立つ。すると豚小屋にぱっと明かりが灯り、俺は目が覚めたように豚から人間に戻るのだ。

トワイニング

俺は普段、紅茶のティーバッグを使わない。
茶葉だけが入っている、「TWININGS」の紅茶の缶をよく買っている。
だが、アルミの個別包装でパックされているのだったら、ティーバッグであろうとなかろうとそれを選びたいとすら思った。

 

ネットカフェへ赴く者よ。ぜひ紅茶を飲んでくれたまえ。
水で薄められたコーラなんかより、こちらの方が断然良い。
その辺の市販品よりアルミ包装である分、ずっとおいしいと思う。
狭い個室でぼけーっと無思考でくだらないマンガを読む豚と化した我々が紅茶の高い香りを嗅ぐとき、人間としてのひとときの尊厳を取り戻すのである。

 

余談だが、たぶんおそらくなのだが、鳥取市のネットカフェにおいて、紅茶パックを利用しているのは俺しかいない
行く度に思うのだが、俺が取った分しか減っていないのだ。アルミ包装であるのは、利用客がまずいないから長期保存の目的があるためなのかもしれない。
しかも、減った紅茶パックが補充されていない。残りわずかとなっても補充されていない。なんだか気兼ねして、いくつもの種類がある紅茶の棚のそれぞれに、必ず1枚か2枚は残すようにしている。

鳥取市の全市民よ。もしネットカフェの紅茶パックの棚がすべて空になっていたら、俺の仕業だと思ってくれ。なんかゴメンである。



投稿日時: 2017年04月25日 07:06 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年04月05日

貯まる一方の小銭の処分はなかなか難しい

自動販売機

とある日の深夜のこと。
寒空にぽつりと灯る明りがまぶしくて自動販売機に誘い込まれました。
かじかんだ指は温もりを欲しています。

財布

取り出した財布は大きく膨らんでいました。
それは札束が厚いからだ、と自慢げに言いたいところですが、残念ながらが多いのは小銭の数です。
これが100円玉だらけならまだしも、小銭入れには1円玉や5円玉、そして10円玉しか見えません。
どんぐりに頬張るリスのような口から10円玉を13枚抜き取り、あたたか〜い缶コーヒーを買いました。
それでもなお残る大量の小銭。財布の重さに一切比例しないこの価値の感じられなさは、一体どういうことなのでしょうね。

ようやく自由になった指先で無数の小銭を選り分けました。

コインケース


(わりと便利なんですよコレ)

数枚の銀色硬貨をコインホルダーに差し込むも、その1枚の金銭価値もない大多数の硬貨は入り切りません。
ならばどうしようかと考えましたところ、

自動販売機 おつり入れ

あっ

小銭

たとえ3桁の金銭価値すらなくとも、お金を捨てるだなんてどこか気が引けてしまいます。
ならば誰かに使ってもらおか。自動販売機のおつり入れに小銭を捨てようとしました。

・・・いや、でもなー、これを受け取った人は逆に迷惑だろう、かな?
差し上げるつもりが、もしかしたら小学生が交番に届けたりするかもしれないし、おつり入れに手を入れた人は要らないからと戻したりするかもしれません。
私としては何10枚かは突っ込んでおきたかったのですが、ううむと腕を組んだのちに、これなら使いやすいだろうと、1円玉6枚と5円玉1枚、そして10円玉を1枚添えておつり入れに入れて立ち去りました。
数日後におつり入れを見たら無くなっていたので、まぁこれでよかった、の、かな?

いずれにせよ賢明なやり方ではありませんね。
残りのざっと50枚はある1円玉5円玉10円玉群は、お店での支払いのときに札をできるだけ出さないようにしてどうにか使い切りました。
貯まる一方の小銭の処分はなかなか難しいものです。



投稿日時: 2017年04月05日 11:10 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年04月02日

相手に成り代わって考えるということ

楽天トラベル 領収書発行画面

先日にとある方からヘルプが来ました。
「楽天トラベルから予約したホテルの領収書を印刷したいんだけど、できない」と。
一晩かけてあれこれされたようなのですが、要するに、どうしてもプリントアウトできない、といった内容だと解釈しました。

そこで私は「携帯端末でプリントアウトするには、Wi-Fi対応のプリンターがないとできない」だとか、「一度、PCにデータを移してからプリンターで印刷する」だとか、それっぽいことをアドバイスしましたが、やや込み入った事情があるそうで解決には至りませんでした。
このままでは埒が明かないので、手っ取り早く事務所に来ていただく運びになりました。

楽天トラベル 領収書発行 注意事項

それからお話を聞きましたところ、どうもこの方は携帯端末からのプリントアウトのやり方が分からず(ちょっと設定が必要ですから、ふつうの人はできなくても不思議ではない)、領収書の発行を2回おこなったそうです。
少し調べてみましたところ、楽天は「(領収書は)再発行を含め2回限りの発行」と定めていました。
また、宿泊したホテルに問い合わせられたそうなのですが、「楽天にお問い合わせください」の一点張りだったそうな。

「(まー、ホテルは楽天のシステムを使っているんだから、再度問い合わせても同じ答えが返ってくるだろうなー)」。
ならば、楽天にどうにか発行してもらえるよう頼む以外にない、と考えました。
しかしながら、先方さんは既に楽天サポートにメールを送っていたそうで、その返事はまだ来ないとおっしゃいます。
その内容は、いきさつを端折った文言で、とにかく領収書を発行しろ、と相手に受け止められる内容だったと思います。

そこで私は、先方さんにこう言いました。
「雑に書いたらサポーターはどう対応していいのか困ってしまい、それで返信が後回しになって遅れているのだろうと思います(サポーターにはテンプレがありますゆえ、個別対応は難しい)。だから、丁寧に書いてみてください。どういういきさつがあって、どうやって領収書の再発行をミスしたのか、細かく書いてメールを送ってみてください。」

「それでダメだったら、もう諦めるしかないですねぇ」
「ホテルに泊まった履歴のスクリーンショットを撮りました。最終手段として、これを提出したら認められる、かもしれない、・・・かもしれません」

ともかく、丁寧にいきさつを説明したメールを送るよう、アドバイスしました。

そして昨日のこと。
その方からお電話がありましてですね、「楽天から領収書を発行してもらった!」とおっしゃるんですよ。
すぐには返ってこなかった返信が、「楽天トラベル様」から始まる文言で丁寧にいきさつが説明されたメールを送ったら、早くに返ってきたそうです。
「いやー、良かったですねー」。私もなんだか嬉しくなりました。
同時に「(あ。あれでうまくいったんだ。ほえー)」という感想も抱きました。

 

この話からいくつかの教訓めいたことが言えることでしょう。
私はですね、1つ、「相手に成り代わって考えることが大切」と言いたいと思います。
我々は往々にして、自分が伝えたいことのみを、相手に聞きたいことのみを一方的に喋り立て、また、少し親しくなっただけで一気に距離を縮めようとすることがあります。



投稿日時: 2017年04月02日 00:00 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年02月10日

いくつになっても正しい答えを出せそうにない

爪を切る

靴下を履くたびに足の爪がだいぶん伸びたことに気付かされます。
もういい加減切ってしまおう。爪切りを取り出して、まずは指からパチパチと切っていましたら、ふと思い出すことがありました。

私が小学1年か2年生の頃に、父と母に尋ねたことがあります。

「ねえ、お父さん。お父さんは爪を風呂に入る前に切るん?入った後に切るん?」
「ねえ、お母さん。お母さんは爪を風呂に入る前に切るん?入った後に切るん?」

なぜにそんな疑問が湧いたのか、そんな質問をしたのかは今となっては思い出せませんが、その返答は強く記憶に残っています。

爪を切るのは入浴前?それとも入浴後?

爪を切る

お父さんは「風呂に入る前」と答えました。
私が「なんで?」と聞くと「洗えるから」と返ってきます。
そのあとに「爪の間にはバイ菌がたくさんいる」と聞かされたような気がします。

その返答に私は納得をするも、どこか腑に落ちない感じもしました。

お父さんが部屋から去り、次にお母さんがやって来ました。
同様に尋ねると、お母さんは「風呂に入った後」と答えます。
「なんで?」「爪がよく切れるから」。
お風呂あがりは爪が柔らかくなっていますから、切りやすいことは当時の私でもわかることです。

母も部屋から去り、ひとり残った私は異なる両者の意見に混乱しました。
ものを知らない7歳児だからこそ正しい答えを求めたのに、正反対の意見が返ってきて、しかもどちらも正しいという事態にしばし呆然としていたと思います。
程なくして思考が働いたのか、風呂から上がって爪を切って手を洗えばいいと、2つの意見を組み合わせた、不完全ながらも悪くはない答えを導き出しました。
その後の記憶は途絶えます。

爪を切る

今思えば質問の仕方が悪かったのだと振り返りつつ、足の指の爪を風呂あがりにぱちんぱちんと切りました。
あれから数十年。生きた時間も爪を切った回数も高く重なった私は実にシンプルな答えを持っています。

「爪が伸びたらすぐに切ればいい」

伸びに伸びた爪を前に、正しい答えはまだ出せそうにありません。

 

話はそれますが、

ヘンケルス 爪切り

私が8年前に買った、ちょっとお高いけれどもサクッと切れていたヘンケルス(ドイツのメーカー)のこの爪切りは、

 

Amazonレビューを読むと、このSeki EDGEと同じみたいなんですって。こちらもサクサクと切れて、お値段はヘンケルスの半分。アメリカでは人気なんだそうな。
そうなの?と両者を見比べたらたしかに似ており、違いはロゴとケースのみだと思いました。
ちょっと気になったひと品です。



投稿日時: 2017年02月10日 02:11 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年01月30日

日々の雑感 雪解けと台湾茶と今後書く記事

雪とフォレスター

雪が溶けた

上図は昨日の写真。
それから1日が経過した今日、まばらに散らばって残っている程度までに雪が溶けています。

いやー、先週は車でタバコを買いに行くにも大変でしたし、雪でスタックして立ち往生したときなんかはどうしようかと困ってしまいましたよ。
私の愛車はSUBARUのフォレスター。軽自動車で雪道を走るとスタックしてしまうから、数年前にこの車に乗り換えたのですが、除雪車が通った脇の雪山を越えようとしたら車体が持ち上がって動けなくなりましてですね、聞いていた話と違うって思いましたよ。

いや、タイヤが宙に浮いて接地しないんだったら仕方ない話じゃあるんですが、友人やスバル本社で働いている親戚は「北海道ではスバル車がよく走ってる」だとかどこかで聞いたことのあることを言っていて、世間では「スバル車は雪に強い」というイメージがあるそうです。
その言葉のとおりに受け止めず間に思考を挟めば、メーカーというより車種によりけりだということがすぐにわかると思います。
セダンではなくデカくてずんぐりむっくりとした車重の重い車だと雪道でも安定しますし、ノーマルなタイヤではなくてデカいタイヤを履くと積雪の高いところでもスタックしにくいですし、なんとかシステムが作動してもタイヤが接地していなかったのだったら無意味ですし、特別にスバルじゃなくても良いわけで。
あ、いやね、スバルの悪口を言うつもりは無いですし、乗っていて事実良い車だと思うんです。ちょっとデカイ車でもスタックしてしまうことがあるから過信は禁物、ってことをこの冬学びましたよ。

雪道

上図のように固くなった約20cmくらいの雪道を走ると、タイヤを取られてハンドルを右往左往しました。来年も雪が積もるようだったらデカいタイヤを履いて車高を高くしようかな。
フォレスターであることだけではダメで、ちょっと装備を良くしないといけないですわ。

台湾茶

台湾茶

前に、実は私、コーヒーだけじゃなく中国茶も好きなんですよー、ってなことを書きました。
そいたらコメントにて詳しい方が書き込んでくださいましてですね、「台湾茶もおすすめ」とおっしゃいます。
久しぶりに飲んでみよか、ってな気持ちになり、先週にいろんな種類の台湾茶が入っているセット(=アソート)をいつものAmazonで買ったんですよ。

(あ、コメントにて私、「パッケージにはちゃんと「千日紅仙桃」と表記されてありましたよ。間違いないはずです。」と書きましたが、ああいった玉のようなポットの中で花開くものは工芸茶っていうそうです。千日紅仙桃であることは間違いないはずなのですが、訂正します。)

台湾茶

 

これがまた、すっごい美味しいの。
先週は雪に閉じ込められた部屋の中で毎日うめーうめーと飲んでいました。

台湾茶

上図は「台湾茶専門店 台湾茶工房」ってところのものです。
1袋3g×11袋で2,000円ということは、3gで200円弱という計算になりますよね。
いい値段するなぁ、でもAmazonでアソートで売ってて妥当っぽいものはこれみたいだから仕方ないかなぁ、って思いつつ買ったのですが、いざ飲んでみればその価格に納得できる良い茶葉を使われていて結果オーライでした。ココのものは間違いないですわ。

そんなわけで、いろんな種類があって、どれもあまりにも美味しかったから、今度台湾茶の味レビューなどを新しい記事に書いてみますね。
3gでも5煎目(約750ml)までは美味しくいただけましたよ。

今後書く記事リスト

亜鉛

  • 亜鉛は男の媚薬である
  • 台湾茶レビュー・初心者はアソートセットおすすめだとか
  • 電子ライター
  • カップスターが案外美味しい、カップヌードルより好きかも
  • 車載グッズいろいろ
  • Amazonダッシュボタンを使ってみましたよ
  • Nintendo Switchの発売で、WiiUはどうなるのか

   



投稿日時: 2017年01月30日 22:47 | 記事URLコメント(3)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2017年01月18日

以前に、カタログギフトをもらったら、お肉か一番高そうな商品を注文すべきであるとのタイトルの日記を書きました。
それから何年か経った今でもその日記はそこそこの人気がありましてですね、毎日の閲覧数が安定しているんです。

このことが不思議でならず読み返してみましたら、ふと思うことがあったんですよ。

ところで、カタログギフトってどういう物?

カタログギフト

カタログギフトとは何か。
大まかに言いますと、カタログの中から1つを選んで無料で注文できる仕組みのものです。
結婚式の引出物としてよく目にします。

続きを読む

投稿日時: 2017年01月18日 17:53 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリわし vs Amazonの中の人日々の雑感