日々の雑感

2016年06月13日

部屋

部屋です。
私の部屋です。

2日前でしょうか、部屋のどこかから何やら焦げたようなにおいがしたんですよ。
んー?と思いつつ、くんくんと嗅ぎましたら、なぜかにおいはしなくなっていました。
ちょうどお茶を煮だしていたので、たぶんそれだろうとさほど気に留めずにいました。

そして本日。

なんかね、そのにおいが次第と強くなっているんです。
ソファーベッドに座っていると、断続的ににおいが漂ってくるんですよ。
あれ?お茶じゃなかったのか、・・・だったら何が焦げているんだ?
家電製品が故障したんじゃないかと心配しました。

このにおいはここに座っていたときに漂ってきた、ということは、

部屋

この辺りだ!

ラックをに置いたもののどれかが焦げているんだろう。

でもね、くんくんしても強いにおいはしないんです。
あれ?たしかにこの辺なんだがなぁ。

物置き

だったら、コンセントまわり?

電源コード

タコ足配線。


(この電源タップ、良いですよ。前にレビュー紹介しました。)

USB充電器

もしかして、コレ?
USB充電器?


(モバイル機器をたくさん持っている人は、こういうの便利ですよ)

いやね、前にPL◯NEXのUSB充電器を買ったら、ショートしたのか焦げて使えなくなったんですよ。
それがあったからコレを疑ったのですが、焦げたにおいはしませんでした。

部屋

あっれえ?
じゃあ何だ?何が原因なんだ?

部屋

餌を探す犬のようにくんくんとラックを嗅ぎまわりました。

部屋

んー・・・。

部屋

電気蚊取り器

電気蚊取り器

あーーーーーっ!

電気蚊取り器

これだ!
これですよこれ!電気蚊取り器!

 

蚊がいたからつけっぱなしにしていたんですよ!

アースノーマット

リキッドを取り出しました。
アースノーマット。

アースノーマット

あー、やっぱり。
液が無くなってたんだ。
(いつも付けっぱなしだから、120日か180日用のものを買おっと)

アースノーマット

芯が焦げています。
液がすべて蒸発したため芯のみに熱が当たり焼けて、それで焦げくさかったわけね。ははー。

 

はい、というわけで、みなさんのお部屋からそこはかとなく焦げたにおいが漂ってきたときは、この季節は電気蚊取り器をまず疑ってみたらよいのではないでしょうか。

ちなみにですが、蚊取り器には電気式のものと電池式のものがあります。
もちろんとでも言いましょうか、リキッドを蒸発させるための熱量が高い電気式のほうが蚊の殺傷効果が高いです。前に部屋で電池式のものを使ったら、スイッチONにしているのに蚊に刺されて痒かったことがありました。

追記:画像に写っているラック・シェルフについて

コメントにて、写真に写っているラックが気になる方がおられましたので、ちょこっと紹介しますね。

以前におすすめのスピーカースタンド・台の紹介という記事で紹介した、山善のラックです。
現在はスピーカー用には使っておらず、ふつうのラックとして2つを乗せて使っています。
板が厚いから安心して使用できるんですよ。

で、この製品は現在、販売されていな様子なので(テレビ用のものならありましたが)、別のラックをちょこっとチョイスしてみました(板は厚くないですが)。

  



投稿日時: 2016年06月13日 23:59 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年06月12日

(お知らせ)当ブログへの商品のレビュー依頼に関して

当ブログはちょくちょく商品のレビューをおこなっています。
管理人(私)の興味を引いた物を中心に、実用性があり必要を満たすに十分な物、閲覧者さんに楽しんでもらえる面白い物、機能に長けた物、「こ、これは・・・」と驚きを隠せない物を記事にて紹介してきました。
お金をもらったり他人からの提供を受けたりして書いているのではなく、私が身銭でAmazonで購入したものを使用したのちに、「これはいい!」と思ったものをレビューしています。
ときに長い期間、検証をおこうこともあります。
アフィブログのようにどこかの記事を丸パクリすることはありません。

んでですね、その商品の何がどう良いのかを写真を交えて詳細に書いてきたことが幸いしたのでしょう、メールやTwitter、ブログのメッセージから商品レビュー依頼をたくさんいただいているんですよ。
しかしながら、それを受けたことは一度もありません。
私が手に取って使ってみて良いと思ったものをブログで紹介する意図がありますから、そうじゃないものは、良くないものを良く見せるように書かなければならないのか・・・、という気持ちが働いてしまいます。
それは当方の意図に反するため、レビュー依頼をすべて無視してきました。

これをあらためたいと思います。

商品のレビュー依頼に関して

当方が好きなように書いて良いのでしたら、どんな商品でもレビュー依頼をお受けします
違法なものでなければ、必ず当ブログにて紹介します。

依頼方法

依頼方法は簡単です。
当方の住所へレビューしてもらいたい商品を勝手に送ってください(送料はご負担ください)。
そうすれば当方は勝手にレビュー記事を書きます。
送られた商品は当方の所有物となります返品はいたしません
また、当方への連絡は不要です。むしろ連絡しないでください。(やりとりが面倒ですもの)

  • 住所:〒680-1413 鳥取県鳥取市野坂436
  • 宛名:福原昌也(レビュー依頼)
  • 配送日時:指定なしでOK
レビュー記事に関して

レビュー内容への注文はお受けできません
レビュー依頼があったことを明記し、好きなように書きます。日数がかかるかもしれません。
私の感心を射抜いた商品なら、すごくおすすめして紹介します。

 

私にとって非常に都合の良い、この条件で良いのでしたら、どしどしご依頼ください。
(当方の物生活やら日々のブログネタやら、いろいろと潤いますけんね!)
当方は依頼があっても無くても、どうだっていいスタンスです。おもしろく書けそうな物が好物です。

そして、もしレビュー記事が当たり障りのない内容だったり、面白くなかったりしたら、閲覧者さんはすごくすごく察してくださいね!



投稿日時: 2016年06月12日 23:59 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年06月09日

「時間をかければ終わる」と「時間をかけても終わらない」

課題には2つの種類がある。
「時間をかければ終わる」課題と「時間をかけても終わらない」課題。

前者は、課題を解決するやり方がわかっている場合に当てはまる。
後者は、課題を解決するやり方がよくわからない場合に当てはまる。なんとか手がかりを掴めたとしても、その手がかりは未知の領域であるために迷い続けることになる。

「時間をかければ終わる」と思っていたことが進まないのは、実は「時間をかけても終わらない」ことだった場合であり、それを事前に予測することはなかなかできない。
できるだろうと思った見通しの甘さに、計画は長引くか頓挫する。

「時間をかけても終わらない」課題に直面したとき、あまりの困難さに「時間をかければ終わる」方へたぐり寄せようとする。
しかし、解決の糸口は必ず「時間をかけても終わらない」ことの近くにある。
未知の領域をさまよい、入口に逃げ帰るも、結局は出口を手探りする。

やり方がわかっていれば、ものの10分で終わることが、わかっていなければその何倍も、何10倍もの時間がかかる。
わかっている人は難なくこなし、簡単にできるよ、と言う。
わかっている人の言う簡単は、わかっているからこその簡単であって、わかっていない人には苦痛を伴うほどの困難である。
やり方を1つ覚えればできる、のではなく、それに付随する数多のやり方が伴うため頭を抱える。
必要に迫られて、またはあえて「時間をかけても終わらない」ことに挑み、「時間をかければ終わる」までに理解を深めたとき、ああ、たしかに簡単だ、とつぶやく。



投稿日時: 2016年06月09日 23:05 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年05月06日

鳥取の楽天かな?

楽天

これ、楽天のロゴ。

ロゴです。

鳥取にもですね、こーゆーのがあるんですよ。

ko-nankaku

ほら。

最近私がよく食べていますすき家のカレーをドライブスルーして買って帰るとき、いつも目に付いてすっごい気になっているんです。

見るたびにこう思うわけですよ。
「あ、鳥取の楽天だ」って。

追記:
コメントによると、楽天トラベルに登録されているお店だから、だそうな。
本家と比べて赤丸に対しての「R」の大きさが異なっていて、書体もちょっと違うから別物だと思っていましたよ。

気になったので近づいてみました。

ko-nankaku

どうもお食事所みたい。

ko-nankaku

なんだか難しい漢字が書かれているのですが、読みは「Ko-nanKaku」で間違いないでしょう。
「鴻南閣」ってお店(変換で一発で出てきた)。

ko-nankaku

にしても、楽天のロゴとそっくりですねぇ。
楽天のロゴをパクった、というよりむしろ楽天がこのお店のロゴをパクったのではないのかという疑惑すら浮かんでくるというかなんというか。

・・・あ!この店、おいしそうですよ!(食べたこと無いですが)
バイキングもやってるみたいですよ!
場所は鳥取市、鳥取駅の駅南あたりにあります!

しかしながら思うわけですよ。
一体何が「R」なんだろかなー、って。
「鴻南閣」「Ko-nanKaku」。ん〜。



投稿日時: 2016年05月06日 16:45 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年04月01日

タバコ自動販売機

昨晩、3月31日のこと。
タバコの箱を振るとカタカタと音が立ち、数本から1本を取り出し火を付けてふと壁を見上げると、時計の針は0時から少し右に傾いていました。
このごろの妙な忙しさは季節の変わり目と同じくして区切られ、その達成感に気を楽にした私は、ああ、とうとう4月に入ったんだな、と感嘆にまぶたが軽くなりました。

それにしても残り僅かとなったタバコに焦れ、カギをポケットに入れ車のエンジンをかけると、ライトは庭に咲く雪中花を照らします。
一斉に闇へ射るかのように照り並ぶ花の黄は、走行の端から「行ってらっしゃいませ、ご主人様」と次々に頭を垂れた、気がしなくもなかったことはともかく、最寄りの自動販売機に到着しました。

4月1日からメビウスの価格が430円から440円に値上げされます。
事前にそれを知っていた私が気になったのは、時間です。
「何時から値上げされるんだろ?」と確認する意図も込めて1,000円札を入れタスポをかざし、ボタンを2回押しました。
お釣り入れに手を差し込みかきとった小銭の枚数は、たった3枚でした。確認するまでもなく120円。

「おい!0時更新かよ!マジ自動だな!」「・・・自動販売機だけにな!」。
1人で勝手にノリツッコミを入れた春の始まりは、どこかお先真っ暗の予感漂う気配となってしまいましたとさ。おしまい。

そろそろブログ本気出す

とまあ、そんなわけで、ここ2週間くらいろくにブログを書けなかったんですよ。
忙しさにだいたい区切りが付きましたので、そろそろ本気出して毎日更新を心がけますね。
嬉しいことに当ブログを楽しみにしてくださってる方が案外たくさんおられるんですよ。すまんのう待たせたのう。
これからも鳥取を代表するブログ(?)として頑張ってまいります!
(鳥取のブログ界には競合他者がいないっぽいからホントに代表してるのかもしれない!)



投稿日時: 2016年04月01日 10:14 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年03月26日

日々の雑感 なんだか妙に忙しい、と今後書く記事

ここ2週間あたりでしょうか、しばらくブログをお休みしていましたところ、各方面から「福原さん(わし)、どうしたの?」だとか「インフルエンザにでもかかったの?」だとか、予期しない心配の声が届きましたので、あたしはここよ!ここにいるんだよ!って自分の存在価値をアピりたいと思います!

いやね、このところなんだか妙に忙しくてですね、明日へのおまんまのためには削らなきゃいけない時間ってものがあるんですよ。1つの日記を投稿するために、写真やら書く時間やらとだいたい2時間はかかってしまうんです。

んでですね、しばらくブログをお休みして思ったことがあるんですよ。
ブログを書かない生活って、ほんっと楽だわって。
仕事して飯食って寝るだけのシンプルな生活は、なんにも考えなくてもいいんです。あたたかい布団の中でぼんやり寝てましたよ。
反面、どこか張り合いがありません。ネタだけが貯まりアウトプットすることもない生活が続いたものだから、逆に「はよブログ書きたい」と気持ちが高まってきました。

3月いっぱいはなかなかブログを書けませんが、4月から毎日更新を心がけます。
決して病気ではありませんので、ご心配は不要です。

今後書く記事リスト

たぶん、商品紹介記事が多くなると思います。

ランバーサポート

ランバーサポート

ランバーサポートのクッション。
コレですね、Amazonでのレビュー数が176もあって妙に気になっていたんですよ。

そして使ってみましたところ、いやー、良いですよコレ。 
車のシートに座ることがかなり楽になりました。
腰を掛けるとしっとりと縮み、しかしやや強い弾力があって、腰にかかる負担がだいぶん減ります。
車のシートの背もたれって弓なりに曲がっていて、座ると猫背になってしまうのですが、コレを使うと結構改善されます。
シートから少し浮かせて背中に挟みますと、背筋がシャキっとした状態で運転できます。

ランバーサポート

横から見た形は三角形。
価格は4,000円程度と高めですが、横幅は購入前に写真で見た以上に広く、普通車のシートの端から端手前までありました。だったら納得できる価格です。
今度、おすすめ品として紹介しますね。

キッチンタイマー

キッチンタイマー

計6種類を購入しました。
これだけ買えばおすすめできるものの1つは見つかるだろう、と思っていましたところ、まさかの全滅です。これだ!ってヤツがありませんでした(笑)。

なんかねー、全部惜しいんですよ。
裏の磁石が弱かったり、貼り付けた状態でボタンを押すとカタッと少し傾いたり、音が大きすぎたり、ボタンが押しにくかったりと、どれか1つは当てはまるんです。

あえて選ぶなら、コレかな?
裏は小さな磁石が2つ付いており落下の危険があり、ボタンは押すとたまに入力されないこともあったりしますが、音のボリュームはちょうど良く、カウントが0になったあとに何秒経過したか再カウントしてくれる機能が付いています。
私がサイフォンコーヒーを作るとき、コレを用いることにしました。

いやー、どうしよ?
今度はテンキーの付いたものを買おうかな?んー。

ミルブラシ

ミルブラシ

コーヒー豆を粉砕する「コーヒーミル」をお掃除するブラシです。
ええ、とてもニッチですね。
ブラシが柔らかいとコーヒー粉は取れず、穂が長くないと上手に掃除できません。

 

この2つが良かったですよ。
価格の高いほうが最もおすすめです。

駄菓子

ねるねるねるね

 

ねるねるねるね。「だがしかし」2巻・34話。
20年くらい前よりだいぶんデザインが変わっていますね。
ぶどう味にはキャンディーが入っており、これがまた合わないんだ。ボリボリする。別に食べたほうがよろし。

カットよっちゃん

  

カットよっちゃん。「だがしかし」4巻・64話。
赤と白のものがありましたので、食べ比べました。
Amazonレビューには味に違いはない、とありましたが、違いはちょっとあります。

 

はい、やる気があるところを見せたところで、そろそろ終わりにしますね。ネタはたくさんあるんですよ。
来月から本気出します。今月は忙しいです。



投稿日時: 2016年03月26日 11:54 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年03月06日

日々の雑感 今後書く記事ほか

最近の当方はお仕事でやや忙しいです。
できるだけ毎日ブログを書きますが、書けない日もあると思いますし、今月いっぱいは小ネタ記事が多くなると思われます。当ブログをよく読まれている方、すまんですがちょいとご了承くださいまし(生活がかかっていますので!)。

ねるねるねるね 

で、今日ですね、上図の箱が届いたんですよ。
箱の中身は「ねるねるねるね」です。たぶん30代の人だったらピンとくると思います。
私が子どものころ、けっこう買っていたお菓子なんですよ。現在では知育玩具とか言われている類のアレです。
コマーシャルは印象的でしたね、「ねるねるねるねは、ヒッヒッヒ、練れば練るほど色が変わって、うまい!(てーれってれー)」、今でも覚えてる。
コレ、だがしかしというマンガに出てきていましたので、それとあわせて別記事にレポートしますね。

キッチンタイマー

あと、キッチンタイマーをたくさん買ったんですよ。
というのも、私はコーヒーを自分の手で淹れるときに正確な時間を計っており、そのときに使っていたタイマーに不満があったんですよ。ボタンが押しにくかったり、レンジフードに磁石でくっつけようとも落ちてしまったりと。
上図に加えてあと1つ注文していますので、届いてしばらく使ったら一番いいやつをご紹介したいと思います。

今後書く記事リスト

  • くるくるぼー 駄菓子
  • ねるねるねるね 駄菓子
  • キッチンタイマー いちばんいいやつ
  • 銅の水切りカゴ
  • 電動式 毛玉カッター
  • 車検の際に知っておくべきこと どの項目を見るべきか、安く済ませるには?だとか
  • 牛丼チェーン店の中でいちばんおいしいのは「すき家」だと思うんですよ
  • ジャンプの「斉木楠雄のψ難」がそこはかとなくおもしろい なぜか全巻買った

「お前ん家、マンガなんて無かったじゃん」だとか「マンガは中学生で卒業したんじゃなかったっけ?」だとか、私を知ってる人ならそういうやもしれませんが、詳細は今度書きます。
私は今から仕事に戻ります。みなさまおやすみなさい。



投稿日時: 2016年03月06日 23:26 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年02月15日

中双糖(ザラメ)のお湯割り

もしかしたら、今日が今年のうち最も積もっているんじゃないか、と思わせる雪が夜の景色を濁らせています。ちょっと寒いです。

雪

と言えども、暖房機器を付けずに部屋の気温4度の中を過ごした私としては、もうね、こんなのは寒いうちに入らないんですよ。いつもより冷えるのかな?と感じるくらいです。
現在の部屋の気温は8度。ダウンジャケットとダウンパンツだけでぽかぽかとあたたかく、今年も風邪をまったくひかずに元気で頑張っております。

しかしながら、こういう日にはあたたかい飲み物を飲みたくなるものです。
いつもはコーヒーを作っているのですが、それが面倒なときや、何か甘いものが飲みたいときは、中双糖のお湯割りを作っています。
お湯割りと言っても、単に砂糖をお湯に溶かしただけではありますが、カラメルの入っているお砂糖を使うとなかなかおいしく飲めるんですよ。

中双糖(ザラメ)のお湯割り

上のAmazon広告の商品の説明には、「中双糖は黄褐色をしており、風味がまろやか。醤油との相性がよいことから、煮物、麺類のつゆの味付けなどに使われます。」とあります。

中双糖(ザラメ)のお湯割り

中双糖は立方体の形をしています。
上白糖と違ってしつこいような甘さがなく、そのままでもぽりぽり食べられるんですよ。

中双糖(ザラメ)のお湯割り

これをコップに、

中双糖(ザラメ)のお湯割り

結構な量を入れます。
ちなみにですが、上図のコップは2重構造の耐熱ガラスです。お湯を入れて手に持っても熱くありません。
私ですね、この類のコップをいろいろと買ったんですよ。コレが最も良かったです。

中双糖(ザラメ)のお湯割り

何だか可愛らしいですね。

中双糖(ザラメ)のお湯割り

そこにお湯を注ぎ、

中双糖(ザラメ)のお湯割り

できました。中双糖のお湯割り。
かき混ぜずにそのまま飲みます。

中双糖(ザラメ)のお湯割り

目が粗いため、熱湯を入れただけでは溶け切りません。

砂糖

で、私、中双糖が家にあったからこのように飲んでおりましてですね、上白糖と比べて甘さ控えめでおいしいな、って思っとるんですよ。
これに生姜だとかレモンだとか蜂蜜だとかを入れると、もっと美味しくなるんじゃないかな。
試しに上白糖をお湯で割って飲んでみますと、なんだか液のわたあめを飲んでいるような味がしました。甘ったるいです。
中双糖はカラメルが入っている分、上白糖より風味があっておいしいです。



投稿日時: 2016年02月15日 21:54 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年01月26日

日々の雑感 1日に2記事書くのは結構しんどい ほか

冬

本日は晴天になりそうかな?みなさまおはようございます。
ここ2日くらい、当方の間で最もホットでトレンドとなったワードは「最強寒波」です。

いやー、この言葉を作った人、ほんとバカですねー。
だってさ、最強だよ?最強ってあなた、比類なき強さとかじゃなくて最も強いんだよ?
この言葉をあらゆる新聞サイトで見かけたんです。「さ、最強か・・・」って。
少なくとも100年、いや300年は寝かせた上で初めて「最強」の使用許可が1度か2度は降りる重い言葉だと思うんだけどさ、いともたやすく最強に仕立てるだなんて面白すぎてケラケラ笑っていましたよ。
食品のパッケージにある「こだわり」だとか、ニコニコ動画系?の「神」とかと同じくらいすっげー言葉か軽くなったなーって、なんだかこの国の語学力に不安と憂いを感じている次第でございます。

さてさて話題は映りまして、当ブログは、というか私はブログ活動として1日に2記事書こうとしとるんですよ。
がんばろうと張り切っちゃいるんだけどもさ、これがなかなかしんどくて投稿しあぐねているんです。
というのも、ある程度の文章の分量があり、ある程度の内容が詰まっていないとブログとしての体をなさないと思ってて、すると1つを書き上げるのに結構時間がかかってしまうんです。

小ネタならいろいろあるんですよ。
たとえば、

ドラクエ5 パパスの強さ

ドラクエ5のパパスの強さとか、
ドラクエの銀行はお金を預けてんのに利息を1円たりとも支払わない超絶ブラック、とか、

ネズミ捕りシート

ネズミ捕りシートの上にサンマの頭を置いたらネズミがいっぱい捕れたから、またやってみたら、どうやら我が家に住み着くネズミは根絶したようで、代わりにちっちゃいクモがいっぱい捕れたとか、

キッチンタイマー

いちばん良いキッチンタイマーはどれだろ?といろいろ買うも、裏のマグネットさえ強力であればなぁ・・・ってヤツがたくさんあって現在調べ中、だとか、


(マグネットは強力じゃないけど、今のところ1番おすすめ)

こんな小ネタならゴロゴロあるんです。
でもブログに書くには内容が薄いわけですよ。
大手2ちゃんねるまとめサイトのようにクソみたいなまとめを乱発してPV稼ぎしてりゃいいわー、とか思ってはいるものの、それもなんだかなー、って思いもするんです。
ああいったところはコメントで賢い人が勝手に盛り上げてるから、そこだけ読む価値はすっごいあるんだけれども、当ブログじゃ無理です。

当ブログは1日あたり約2万PVありまして、2記事投稿すると2.5万PV/1日になるみたいなんですよ。
だから、1日3記事投稿すると月に100万PVに到達できそうなんだけれども、いやー、それはちょっとしんどいなー、どうしようかなー、って、雑魚記事の投稿もありやもしれん、なんてボケーっと思っとるんです。

さてさて、今日はコレを合わせて2記事書こっと。次だ次。うんうん。



投稿日時: 2016年01月26日 10:22 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感
 
 

2016年01月06日

ネット上でよく言われている「パソコンの先生」、つまり、技術的なスキルではなく実用寄りなPCトラブルの対処法・快適化方法を知っている人を、私は電話でご依頼が来る度にたまーにやっています。

そいで本日、パソコンの大先生が受け取った仕事の報酬はこちら!

豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼きです!

・・・あ、いやね、「金じゃねーのかよ!」だとか「現物支給かよ!」だとか、そういったツッコミはこの際まあいいんですよ。
思えば長い付き合いとなるご依頼主さんは、毎度晩ご飯を私のためにたくさん作ってくださるんです。その残りをパックしていただいて帰りました。

ちなみにですが、前にPC初心者さんにおすすめしたいWord・Excelの参考書を紹介した記事(現在でもそこそこの人気記事なんですよ)を書いたのは、そのご依頼主さんのレベルに合った適切な参考書を渡したかったためです。

豚のしょうが焼き

食卓に並べられたおかずは、豚のしょうが焼き、厚揚げ豆腐、大根と昆布の煮付け、そしてごはんです。これがまたホントおいしいんだ。
角が薄茶色に焦げた小麦粉の生地の中には、木綿と絹越しの中間あたりの滑らかな食感のする豆腐が入っており、その舌触りはまるでプリンのケーキのようでした。添えられたネギは良いアクセントになってる。
大根は箸でつまむとすぐに崩れてしまうほど柔らかく、「圧力釜を使いましたか?」と尋ねると「使ってない」とおっしゃるんです。近くの温泉街の奥にある山の麓で作られた採れたての大根だそうな。出汁がよく染み込んでいて口の中で甘く柔らかくほどけ、自分が1時間煮込んで作った固い大根のおでんとはまったくの別物でした。
メインである豚のしょうが焼きはそっちのけで、この2つを「(これは・・・)」と、箸を止め見つめつつしっかり味わって食べていました。
こちらに赴く際は、食に関する新しい発見が必ずあるんです。

話を戻しますね。
ご依頼の内容を整理すると、要点はFacebookから届くメッセージのメールをPCに入らないようにしてもらいたい、ことでした。
私はほぼFacebookを開いておらず、アカウントをとりあえず作ってブログの新しい記事を自動投稿する程度にしか使っていないのですが、まあパソコンの大先生ですからね、これまでの経験でちゃちゃっと作業すれば終わるわけですよ。設定やらツールやらからだろうな、よゆーよゆーって。
・・・と、高をくくっていたものの、意外と手こずるんです。まず、いつもとは感覚の異なるノート型PCのキーボードに、雛鳥サイズの左右以外のボタンがない小さなマウス、そしてFacebookのわかりにくい項目のレイアウト。ディスプレイのサイズも異なります。
見慣れている画面ではありますが、どこか違和があってネットで設定方法を調べるにも時間がかかってしまいました。

で、もちろんとでも言いましょうか、これだけじゃないんですよ。
パソコンの先生には要件定義というものがどうもあってはならないものらしく、1つが終わればその他いくつかの要望に答えねばなりません。
PCのバッテリーが消耗しているとの案内が出て不安だということで表示OFFにしたり、何かのソフトをインストールする際に付いてくる抱き合わせの不要なソフトを消したり、その過程で思い出したかのようにこうして欲しいとの要件が次々と出たりするものだから、これはもう要件がどうというより、言われたことから1つ1つ片付けるべき事案なのだろうと、黙々と作業をこなしました。

そしてパソコン大先生は何でもできますから、テレビやビデオの接続もおこなうわけですよ。
新しく購入された比較的価格の安いテレビにビデオが映らない、1晩かかってもビデオを接続できなかった、ということで別のお部屋に移動しました。
ビデオデッキはなんとVHSです。アナログです。そしてテレビにはコンポジット端子(赤白黄色の穴)がありません。
これは簡単には接続できないんじゃないかな?と思ったのですが、4極プラグ⇔コンポジット端子のケーブルが付いていたそうで解決の糸口が見え、1分後にビデオが見られるようになりました。
私はオーディオ機器にこれまで100万円は投資しましたから、こんなの見ればすぐにできるんです。いやー、思わぬところで自分の経験が活かされるとは・・・、って思いましたよ。

こういう実用的な面から、パソコンの先生には老年者から割合多くの需要があるのですが、多くの金額をいただけるお仕事ではありません。
前にネットでTwitterの設定5,000円だとか書いてあったのを見ました。いい金額だな、と悪い意味で思うものの、他の仕事も抱え持つ人ひとりが付きっきりで教えるのであれば、もしかしたら妥当な金額やもと思う反面、こういうのってわりとすぐにできるものじゃないですか。お金をたくさん要求するのは気が引けます。
だから私はボランティアのようなものだと割りきって、初めの1時間までは交通費を含めて1,500円、あとは時給1,000円という価格設定にとりあえずしています。1つの案件にいくら、と設定しては満足されないですからね。その限りではなく、冒頭の写真のように現物支給でもOK。
そんなものでやっているから当然お客さんには喜ばれるんですよ。稼ぎ口は他にあるから、まあこれでいいやーって。
ゆえに、知り合い以外にはあまりやりたくはないお仕事です。

別の案件を言いますと、直近ではネットのデータベースに登録するやり方が分からないだとか、デスクトップにワンクリック詐欺の広告が出ただとか(ウイルスセキュリティソフトで消す)、PCの動作が遅い(適切なメモリを加える)だとかです。
過去に私が通り抜けた迷い路ですから、抜け道は知っているんですよ。このくらいは対処できます。
パソコンの先生に求められているスキルは広く浅いものです。
具体的に言うと、WordやExcelの使い方を中級以上に会得していることや、HDDやメモリの付け替え・データの移動はもちろんできたり、古い規格のメモリカードをPCに取り込めたり、Wi-Fiの設定をおこなったり(こんな感じで)、固定の無線LANルータの電波を家中に飛ばすにはどうしたらいいかだとか(無線LAN中継器(Amazonへのリンク)を使う)、わからないことをGoogle先生に聞くために適切な検索ワードで検索できたりと、つまりPCの実用的な面の活用方法らを浅くとも広く知ってなきゃなりません。言うなればPCの何でも屋さんです。
こういったものは一朝一夕に身につくものではなく、自分のPCで培った経験によりPCトラブルの焦点をピンポイントで突き止められる感が養われていないと、問題を解消させることが難しいです。

そう考えると、揶揄されがちなパソコンの先生だけれども、実は幅広いスキルが要求されているんだなーって思うわけですよ。
自分のPCのトラブルではなく、他人のPCのトラブルです。どれをどう操作したからそうなったかがよく分からず困ってしまうことがよくあるのですが、時間をかけたらなんとかなってしまうこともよくあります。それをどう速やかにおこなえるかがネックであり、それにはそれなりの知識と長い経験がないとなかなか務まらないものだと思うんです。



投稿日時: 2016年01月06日 23:46 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感パソコン・インターネット関係