有限会社MSY

2009年09月21日

わしですね、ここ数日仕事で何やってるかと言いますと、ネットショッピングのサイトを作ってます。
ブティックにも商品を卸されている、とある方から「ストール」というモノを20点ばかり仕入れることができたので、それをなんとかネットで販売していきたいなぁと。

わし、自社で商品を販売することって初めてなんです。
そして、わし一人で会社をやってることや、資金が乏しいもので手や頭が足りておりません。
なのでちとこちらの閲覧者さんにお知恵をお借りしたいと思い、書かせていただきました。

ところで「ストール」ってどんなの?

こんなのですよ。 ↓↓↓

ストール

主に首に巻いたり肩に掛けたりして暖をとり、ファッションとして着用します。
町を歩いていると女性がよく着用してるマフラーみたいな薄い布、あれがストールなんですね。

 

 

で、どんなことを教えて欲しいかと言いますと

客視点のショップを作るためには、どうしたらよいでしょう?

よくあるネットショップのパターンは、サイトに商品を置き、きれいな写真を撮り、すごい宣伝文句を書き、お客さんからの好評判を加え、たびたび商品紹介のメールマガジンを配信するサイトが多いです。

わし、こういうよくあるやり方をあまりしたくないんですよ。
なんでかと言いますと、店側は基本的に商品を買ってもらうための紹介に躍起になったり、店側に都合の良いことばかりを書いたりしてるんですね。
お客さんからのコメントで店にとって都合のよくないことも載せることもありますが、それは第一に商品の信頼性を高めるため、つまり、目的は販売することにあると。

わし、こういうの好きじゃないなぁ。
店主体のやり方だから、お客さんがどういう情報やサイトを求めているのかの意見がおろそかになったり、そもそもその意見が出てこないってのもあると思うんです。
店の信用性ってのは客が作っていくもので、お客さんが心の中では思っても口には出さない意見の中には、苦情やこうであってほしいという要望があると思うんですよ。

なのでわし、お客さんからのコメントの募りやすい仕組みの店作りをしていきたいんですね。
そもそもネットは匿名性が高く、良く言えば誰からも意見が募りやすい環境にあるから、口では言えないこともすんなりと書けることがある。
そのためにはお客さんやそうでない人からの本音の意見をいただき、その文章をそのまま手を加えずに残しておこうと思います。
それに合わせてサイトの形態をダイレクトに反映させていくべき、というか、そうしていこうって思うんですね。

また、ネットというと売り手と買い手の双方のやり取りがおろそかになりがちです。
それにもコメントのやり取りで透明性を高めるとともに、コミュニケーションをとっていこうと思いました。
それにはコメントの機能のあるこのブログを活用し、ショップとコラボしてやっていこうと思います。
わしが販売するんだから、わし自身がどういう人なのか知ってもらう必要があると思うんですね(親戚の土建屋社長のおじさんもそう言ってたなぁ)。

こんな風に、匿名性の高いネットだからこそ、顔の見えるような関係作りが重要だと考えています。
そして自分の考えだけにこだわらず、いろんな人の意見を取り入れすぐに反映させる、それによってよい店を作っていきたいなぁと思っています。
お客さんたちと共に作っていく感じです。

長くなりましたが、この考えに関してご意見ありませんでしょうか?
ぜひコメントしていただきたく思っておりますです。

そのお店やストールって、どんなの?

現在サイトを作成中ですが、近日にはUPできるよう頑張ります。

そして、わしが販売するストールは「草木染め」のストールなんですよ。
「草木染め」は、”病を治し健康になる為の原料である薬草を、衣服に応用・活用したのが始まり”です。
さらに手で布を染めてますので、その色は必然に世界に一色しかないモノになります。
なので、入院されてる方へ元気になるよう、願を込めたモノとしても、お爺ちゃん・お婆ちゃんへのプレゼント用としても適していると思うんですね。
例えば病院の地味な服装にストールを掛けるだけで、パッと華やぐようになりますよ。
それをプレゼントしやすいよう、あらかじめ包装をしっかりした物にし、代筆や指定の住所へ配送できるようにしています。

それからストールはファッション以外にも、いろんな用途があるんですね。
バッグに常備置いて寒くなったら身体に掛けたりはもちろん、枕カバーとしても使えたり、風呂敷代わりにモノを包むことができたり、棚をちょっと半透明に隠したいときに使えたりと。
もちろん、ファッションとしてどういった巻き方がより美しいのかなども紹介もしていきます。
(その巻き方のアイデアや、ファッション以外の使用方法ありましたら、ぜひともお知らせしていただきたいです)

こういった、使う側の視点でその活用方法などの提案を、どんどん紹介していくサイトを作りたいと思っています。



投稿日時: 2009年09月21日 13:00 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリストールの販売
 
 

2006年06月19日

鳥取農業ビジネススクールについて

鳥取は農業県である。

若者が農業に夢を託さねば、鳥取ないし国が滅びる。

食糧自給率は40%程度で、海外からの食糧の輸入に頼らざるを得ない。

世界はパワーゲームで動いており、中国やアメリカとの共存を本気で考えていたら、国が滅びる。

もしアメリカからの穀物の輸入がストップすれば、国が滅びる。

だからこそ、農業なのだ。

 

ABS(鳥取農業ビジネススクール)のWEBサイトを以前に(ほぼ無料で)作成したので、日経地域情報化大賞2006に応募したいと思っている。

ABSは、鳥取で若者が農業で食べていけて、農業を夢を託せうる団体にしようと、主に鳥取環境大学の学生から始動した(と思う)。
現在鳥取市にその補助を申し立てている。

メンバーの貴重で強い意志が、どうしても周りに伝わらないし、農業ゆえにインパクトにかけるところがあり、注目されない。
玉石混交のWEBの世界において、ABSはどうしても玉で合ってほしいと思うから、応募したいと思っている。

ABSのメンバーは全員20代で、(私、福原を除いて)お金では動かない。
彼らの夢は確かに漠然としているものの、例えば、鳥取が好きで鳥取をよくしたいといった気持ちではあるが、先のことは誰も分からないし、分からないなりに何かをするのならば何かが分かってくると思う。

彼らの活躍を期待したいし、有限会社MSYは彼らに全面的に協力する。



投稿日時: 2006年06月19日 23:14 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ有限会社MSY
 
 

2006年06月15日

NHKテレビ番組出演時刻の誤りについて

昨日、15日の本日に番組で紹介されるとのメールが来たと言いましたが、誤りでした。
昨日の14日、すでに放映されました。

ご連絡が遅れて申し訳ありませんでした。

投稿日時: 2006年06月15日 11:55 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ有限会社MSY
 
 

2006年06月14日

有限会社MSY、NHK番組出演について

鳥取環境大学・入試広報課から、下記のメールを受け取りました。



日頃より入試広報課の業務にご協力を頂きありがとうございます。
さて、昨今、ライブドアや村上ファンドの問題で、企業のあり方が問われてい
ます。1円起業した本学大学院生福原昌也さんがその件で取材を受け、下記の
通り放送されます。ぜひご覧ください。

■□■テレビ放送のお知らせ■□■

1.月 日  平成18年6月15日(木)
2.時 間  17:30〜19:00の番組内で4〜5分間(18:10頃)
3.放送局  NHK ※放送エリア 鳥取県
4.番組名  まるごとワイドとっとり

※放送日時は予告無く変更される場合があります。


会社というよりは、私個人の雑感が放映されると思います。
お暇な方は、ぜひご覧くださいませ。

投稿日時: 2006年06月14日 00:19 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ有限会社MSY
 
 

2006年05月11日

予告です。

来月の6月に、パレット鳥取2Fにて、

  • 起業家を目指したい
  • 自分の技術生かしたい
  • 地域活性化をしたい
  • お店を開きたい
  • 農業を起こしたい
  • リサイクルを推進したい
  • 鳥取の政策に物申したい

といった、熱い思いのある学生や若者の懇談会を行いたいと思っております。
連携したり、情報を交換したりすることを目的としています。

というのも、昨日その会場で行われた「ほんまちクラブ」という、ビジネスマッチングのイベントに参加したのですが、見たところ会社の部長クラス、社長クラスの方が集まり、おそらく学生は私しかいなかったはずです。
私がそこへ赴いた理由は、おそらく私より優秀な学生が来るはずだ、と思ったためです。
斬新なアイデアを持って、それをビジネスに活用しようとするといった心構えがある人たちというより、商工会から誘われたから行っただとか、名刺交換のために行っただとか、そのような声ばかり聞きました。

詳細はまだ決まっておりませんが、6月中にやりたいと思います。
以上、告知でした。



投稿日時: 2006年05月11日 14:40 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ有限会社MSY
 
 

2006年05月03日

良いホームページの条件

ホームページは誰でも作られる?

よく、「ホームページは誰でも作られる」と言われます。
確かに「ホームページビルダー(IBM社)」や「Front Page(Microsoft社)」といわれるソフトを使用すれば、素人でも参考書片手に3日学習すれば、見栄えのするホームページを簡単に作成することができます。

しかし、「良いホームページ」を作成するのは容易ではありません。
誰かがホームページを閲覧するのは、何かしらの目的があるためです。
目的を達成する内容がなければ、すぐに他のホームページへ移動するでしょう。
すぐに他のホームページへ移動するさせるようなホームページは、良いホームページではありません。

ホームページは料理と同じです。
素材を生かすことのできる人はおいしい料理を作られ、そうでない人はまずい料理を作ります。

では、どんなホームページが「良いホームページ」なのでしょうか。
当社はその条件として、3つ考えています。

1つは、「閲覧者の目的を速やかに達成するホームページ」
2つは、「バリアフリーのホームページ」
3つは、「想いの伝わるホームページ」

です。

この3つの条件がすべて当てはまるホームページが、よいホームページと考えております。


「閲覧者の目的を速やかに達成するホームページ」とは

言い換えれば、どこに何の内容があるのかがはっきり分かるホームページのことです。

前述しましたとおり、誰かがホームページを閲覧するのは何かの目的があるためです。
例えば、服を買いたい、旅行をしたいという抽象的な目的から、国家の品格という本の評論を読みたい、カワサキのバイクのパーツを安く買いたい、鳥取県倉吉市にある「町屋カフェ和気」の情報が知りたい、などの具体的な目的まであります。
その目的が達成されるようにホームページは作らないといけません。

ただ単に見栄えのするデザインのホームページや、自己紹介だけのホームページですと、偶然にやってきた閲覧者の閲覧は一時的なもので、再度そのホームページへやってくることはありません。
もし自分の作ったホームページを見てもらいたかったら、閲覧者がどのような目的でやってくるのか、必ず考えなければなりません。
そして、メニュー項目の名前は何がよいか、メニューのリンクの先はどんなコンテンツをおけばよいか、画像をどこに配置するか、などのレイアウトデザインを閲覧者に分かりやすいようにすることです。

閲覧者を考慮しないホームページは、世界最大のネットワークの中における閉鎖されたホームページです。


「バリアフリーのホームページ」とは?

バリアフリーとは、障害者にとって障壁のない環境という意味で使われますが、ここでは、「健常者も障害者も、WindowsやLinaxやMacも、異なるブラウザも、あらゆる環境を考慮する」という意味で使いたいと思います。

インターネットエクスプローラー(IE)を使用してホームページを閲覧されている方は多いと思われます。
IEの上部に「ファイル」「編集」「表示」の行のメニューバーがあります。
その「表示」をクリックすると、一覧に「文字のサイズ」があります。
そのサイズを「最大」にしますと、文字サイズが大きくなるはずですよね。

しかし、文字が大きくならないホームページも中にはあります。
これは視覚障害者にとって非常に不便です。

WEBの知識がない方や、障害者にも優しいホームページが良いホームページです。


「想いの伝わるホームページ」とは?

当社は、これがホームページにおいて最も重要だと考えております。
なぜこのホームページを開いたか、閲覧者に何を伝えたいのか、伝えるためにはどうすればよいのか、これが整っていますと、おのずとデザインは整ってきます。

また、それが分かれば、私がそこのホームページを作るとして、非常に作りやすいです。

私が想いの伝わるホームページを紹介するのならば、真っ先に「kasaya.com」を浮かべます。
ページのレイアウトははっきり言いまして下手なのですが、「俺のところの商品はこれだけすばらしいんだ!!」といった想いがひしひしと伝わってきます。


最後に少しだけ私が体感したWEB業者の裏情報を。

単に、ホームページ作成依頼者と受託者との金銭的なやりとりのあまり、閲覧者を考慮しないホームページを作ることが、私たちの業種では多々あります。

ホームページ作成会社は営利目的で存在しているのであって、速やかにお金をもらいたいと考えています。
そのために、依頼者を満足させて終わるだけの会社は少なくありません。
会社案内のホームページを、出来合いのテンプレートを少しだけ色を変えて、はい10万円です、といった具合にです。
また、半端な技術やデザインしかできないWEBの会社や個人事業者は、実のところ多々ありまして、WEBの知識のない方をうまくごまかして料金を徴収することもあります。

そのため、良いホームページはあまり多くありません。

もしホームページ作成業者に作成を依頼されるときは、技術的な側面や金銭の兼ね合いもさながら、閲覧者のことをよく考えることのできる会社をお選びください。



投稿日時: 2006年05月03日 12:08 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ有限会社MSY
 
 

2006年03月11日

私、テレビに出ます

告知です。

3月13日月曜日、18:00、山陰放送(BSS)の番組の「テレポート山陰」にて、私と有限会社エム・エス・ワイ(MSY)が紹介されます。

お時間がありましたら見てくださいませ。



投稿日時: 2006年03月11日 01:29 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ有限会社MSY