ボウリング日和

2008年07月27日

ボウリング場とセブンティーンアイス

ボウリング場へ行かなくなって久しいこの頃。

大学院生であった1年前、鳥取市唯一にしてレーンのコンディション全国レベルのボウリング場、「スターボウル」へよく友人に誘われて行ってました。
ちなみに私のハイスコアは221点。
誘った友人のハイスコアは299点

大学院を中退し、自分の事業に専念するとボウリング場へ赴くことがなくなってしまった。
しかしまだマイボウルは持っているし、身体もなまっているし、今抱えている仕事が終わったら行ってみようかな。

さて、本日はボウリング場に関わるお話。
ボウリングに興味のない方はスルーの方向で。

皆様、セブンティーンアイスの自動販売機が置いていないボウリング場って見たことありますか?
いろいろなボウリング場をまわったことのある私、それを置いないところを見たことがありませんでした。

(論理的に少々無理やりな展開ではありますが)大抵のボウリング場にはセブンティーンアイスの自動販売機がある。
さて、それはなぜか。

 

「セブンティーンの第一号機がボウリング場に設置されたため」、だそうな。
http://excite.co.jp/News/bit/E1216682713989.html

 

へーそうなんだ、とわたくし思いましたよ。

ボウリングは技術もさながら集中力も大事です。
集中力が切れてスペアが狙えなくなったとき、気分転換にいつもセブンティーンアイスをほおばってレーンのオイルの厚みからどう玉を曲げようかと考えてた。
十字形のアイスの棒の側面にわずかに残ったアイスを丹念に舐めとりながら、自分の身体とボールの軌道を頭で練習していた。

リンク先の記事に触発されてそんなことを思い浮かべると、私のセブンティーンアイスとボウリング場の記憶は、そういえばセットになってる。



投稿日時: 2008年07月27日 00:39 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2007年03月01日

ボウリングスコア219!

昨日、仕事のお話をさせていただこうと手前勝手に某所へ寄ったところ、ご多忙にておられなかったようなので、ついでにボウリング場へ足を運んだ。

そしたらなんと自己最高219を記録した。
これまでの最高は181で、200の壁を越えられなかっただけに、ちょっとうれしかった。

証拠写真

ボウリングスコア 219

これは同大学院の某氏に自慢せねばということで執筆。



投稿日時: 2007年03月01日 13:48 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2007年02月21日

仕事とボウリング

趣味は仕事の幅が広がるものになるので、よくボウリングへいく。
だが、のめりこむのもおおよそにしてありきなものでありまして、先日ボウリングクラブの練習会(クラブ内の大会)に参加した。

  • アベレージ 152
  • ハイゲーム 175
  • ローゲーム 140
  • ストライク 26%
  • スペア 37%
  • ガーター 0%
  • スプリット 4%
  • ノーヘッド(1番ピンにあたらない) 11%

大会と練習は違うもので、大抵は練習のスコアを下回る。
前回アベレージは154ポイントだったので、私の大会における平均スコアは150くらいだと認知した。

最近は身体を動かすことに億劫なので、ボウリングは良い運動になっている。
その後に銭湯に行きサウナに入ると、なかなかですわ。
とりあえずこの出っ張ったお腹をへこませないといけないな、と思いつつ動いた分食べるので一向にへこまない。

さて、筋トレついでにそろそろバイクに乗って気分転換しに行こうか。



投稿日時: 2007年02月21日 14:12 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2007年01月31日

【ボウリング】GODに勝利!

私は「UNION」というボウリングのクラブに(いつのまにか)入っている。
おとといの晩に定例会&大会に出席した。
大会に出る直前まで忙しく、当日も時間前に出席したし、練習もしていなかった。

12名程度だったのかな、所属されている方たちが集まり4ゲームほど玉を転がした。

私の成績はというと、7位だった(はず)。

本番になるとたいていの人は緊張してスコアを伸ばせないものだが、私は逆に異様に集中するので、思った以上に健闘した。
私のボウリング歴は4ヶ月程度なので、何年もやられている方たち相手によくやったと思う。

そして、私が敬愛する「曲がる玉の神様」と呼ばれる方にスコアで勝った。
これはかなり嬉しい。

  • ゲーム数 4
  • アベレージ 154
  • ハイスコア 173
  • ロースコア139
  • ストライク 12 (25%)
  • スペア 16 (40%)
  • スプリット 4 (9%) (1ピン空いてしまうこと)
  • ガター 1 (2%)
  • ノーヘッド 5 (11%)
  • スプリットカバー 0

といった成績だった。

ボウリングの大会において、アベレージは最低でも150をとれないと少し恥ずかしいものでありまして、それを私がクリアできたことはなかなかだと思っている。

GODさんをはじめとし、UNIONの皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



投稿日時: 2007年01月31日 01:54 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2007年01月20日

ボウリングにおける集中の仕方

先日、ボウリングのスコア管理に関するお仕事の提案をしに、一緒にお仕事をしてくれる後輩と共に某神様宅へ雨の降りしきる中、大型バイクで訪問した。
(やはり車が欲しい。が、ダブルで車検費用がかかるからなぁ)

「ボウリングをしていくと、ボウラーは何に気をつけているかが分かる」とお言葉を頂いたのと、日々のストレス発散の目的で、帰りに鳥取市にあるスターボウルへ直行した。
ボールの感触と、親指の握力がなくなっていく感覚に久しかったので、心地よい疲労にゆっくり就寝できた。

その次の日は「学生の日」で、料金が1ゲーム100円ほど安くなる。
その日は別の友人に誘われて行ったのだが、彼は大学生の癖に月に150ゲームも投げる筋金入りのボウラーなので、平均スコアが20ゲーム160だとか170だとかをたたき出す。
ちなみにその人の名前は「Fくん」。
たびたび当ブログに出演されてます。

凄腕の彼に、彼なりの集中する方法を教えてもらった。

「投げる前に全体を見渡して集中し、ポイントに立ったら呼吸を整えて力を抜き集中を解き、動作に気をつけながら投げる」だったと思う。

対象によって適切な集中の仕方がある。
ボウリングならボウリングの仕方、将棋だったら将棋の仕方。

ずっと集中できていれば良いのだが、人間15分くらいしか続かないらしい。
ならば、呼吸を整えるだとか、若干の息抜きをすれば長持ちする。

あと、ボウリングって力の抜き方が重要だ、ということが分かりました。

 

19日の記録

  • ゲーム数 13
  • 最高スコア 179
  • 最低スコア 88
  • アベレージ 139


投稿日時: 2007年01月20日 21:56 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2006年12月15日

ボウリングの玉を購入

1万円くらいで、スペアボウルという、あまり曲がらない玉を購入して、指を差し込む穴を開けてもらったのがつい2日前。
本日はじめて使ってみた。

いきなりストライクが4連続でて、スコアが自己最高の181点をマークした。
ちょっと嬉しかった。

ボウリング場に備えてある玉はハウスボールといい、私はこの玉をいつも使っていたのだが、違いがよくわかる。
ホント曲がらないからスペア(1フレーム2投で全ピン倒すこと)(フレームは1ゲームに10個ある)がとりやすいのだが、ハウスボールに慣れてしまった私にとっては、ボールごとに違う投げるコツがよくわからなかった。

18日には大会があるらしいので、それまでにいろいろ慣れておきましょうかな。
親指の皮がすりむけて、赤ちゃんのピンク色のきれいな素肌がお目見えしているし。

私はボウリングを11月から初めてペーペーの人間だから、大会に出る資格もないだろうし出ようとは思わない、と思っていたのだが、なぜか大会にエントリーされていた。
もしかしたら、チームにいつのまにか入っているのではないだろうか。
影で何かが暗躍している。

・・・某GODさんかなぁ

まー、別にいいんですけれどもね。
わしは気にしませんわ。



投稿日時: 2006年12月15日 19:53 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2006年12月09日

ボーリング× → ボウリング○

私が行きつけのボリング場のオーナーさんから、次のコメントを頂いた。

ただ・・・君は大きな過ちをおかしてしまっている!
それは・・・「ボーリング」ではなく「ボリング」なのだ。

やはりプロはこだわるんだなぁと思いましたとさ。

曲げる玉の神様と呼ばれている方から「大きな過ち」と仰せられたのだから、表現を改めるべきであろうと思いました。

てなわけで、今後はボーリングをボリングと呼ぶことにいたします。



投稿日時: 2006年12月09日 18:29 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2006年11月13日

集中力とは「ポイントを絞る力」について

ボウリングをするときに、「福原くん集中力が足りへんよ」とルーズな声で隣からよく言われる。

ところで、ボウリングにおける「集中力」というものがいまいちよくわからない。
分析してみることにする。

  1. 集中、つまり、精神とかを一箇所に集めること
  2. ボーリングに精神を一箇所に集める、とは?
  3. 一箇所に集めるとは、ボーリングの何かに精神を集めること
  4. 例えばピンに集中するとか、レーンに集中するとか
  5. それらを複数同時にこなすことは、集中とは言えない
  6. ああそうか、集中力とは、「ポイントを絞る力」ということか。

なんか間違ってましたらコメントにてお知らせくださいませ。



投稿日時: 2006年11月13日 10:45 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和
 
 

2006年11月12日

ボーリングにて

先月、大学院の友人から電話があり、「福原君ボーリングに行かんか」とゆっくりとした語りで。

私はボーリングをするのは4年ぶりくらいで、それまでにおそらく1回くらいしかやったことがない。
まあ何事も経験だ、と思いつつ誘われるがままについていくことにした。

んで、1ゲーム目の点数は、38点。
ボーリング経験者なら分かると思うのだが、この点数は「ありえない」。
最低点33点をたたき出しながらも、ゆっくり20ゲームまでこのスポーツを楽しんだ。
ボーリング経験者なら分かると思うのだが、初回で20ゲームは「ありえない」。
(ちなみに本当は19ゲームなのだが、便宜上20ゲームということで)

そして、現在までに4回ほどボーリング場に足を運び、ハイスコアは159点。
ピンがあと一本倒せない、ところまで上達した。
また、ハウスボール(ボーリング場においてあるボール、曲がりにくい)をまっすぐ投げていたのが、意識してカーブをかけられるようになってきた。
ボーリング場を後にするときの、右腕を中心に全身の筋肉の痛みがすごく心地いい。

他意に任せてなんとなくボールを放り投げていたら、気づいたらボーリングにはまってしまった。
だから、新たに「ボーリング日和」のカテゴリを設け、気づいたことをメモしていきたい。



投稿日時: 2006年11月12日 13:48 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリボウリング日和