ネタ人生

2018年03月30日

チャーミー 泡のチカラ

ねえ、お嬢ちゃん。
これ、何だと思う?(ぐへへへへ)

 

チャーミー 泡のチカラ

洗剤だ(強い声)。
食器用洗剤だ。勘違いするでない。

 

チャーミー 泡のチカラ

これだ。
「チャーミー・泡のチカラ 手肌プレミアム(ローズヒップの香り)」だ。

続きを読む

投稿日時: 2018年03月30日 23:32 | 記事URLコメント(3)
カテゴリネタ人生TENGAわんや
 

2018年03月29日

疑惑は深まった。

わし「(よーし、けやきさんを貶めたろ(インターネット越しに))」

わし「皆さん聞いてください。けやきさんは、実はハゲです。」

けやき「えー。」

けやき「そんな話、初めて聞きましたよ」

わし「けやきさん、ハゲてるでしょ。」

けやき「突然そんな・・・。ハゲてないですよー。」

わし「いいえ、ハゲています。」

けやき「ハゲてないですって〜」

わし「じゃあ、証拠を出してください」

けやき「いや、むしろまささん(わし)が証明すべきでは・・・」

わし「疑惑は深まった。」

けやき「えー・・・」

わし「みんな!これからはハゲに連想することを言っちゃダメですよ!」

わし「ハードゲーム・・・、あっ!しまった!(にやにや)」

けやき「だからハゲてませんってー」

わし「はっきりと否定するだなんて怪しいですね」

わし「疑惑はさらに深まった。」

けやき「私にどうしろと・・・」

わし「けやきさんがハゲかどうか、みんなが知りたがっているんですよ!このハゲ!ハゲ!」

(友情出演:けやきさん)

一連のニュースを見てて、小学生のころ、上のような仕打ちを受けたことを思い出す。



投稿日時: 2018年03月29日 17:06 | 記事URLコメント(0)
カテゴリネタ人生
 

2018年03月24日

トイレに行くことの隠語を1つ思いつきましたよ

トイレに行くことを「お花を摘みに行く」だとか、他にも、えっと、・・・いろいろありますよね!
そういった隠語を思いついたんですよ。言っていいですか。

「ちょっとトイレに行ってきていいですか」

⇒「ちょっと汚染水、垂れ流してきていいですか

もう、タンクいっぱいであふれ出てしまいそうなんです・・・

「大」の場合

僕の中の放射性物質が臨界点に達しましたので、適切に処理してきていいですか

続いて「ぼく、鳥取の福島なんで」って言ったら「福島に謝れ」って言われたよ。
これは言わない方がいいのかな。

「トイレ行っていい?」⇒「ダメ」って言われた場合

お前は菅直人かっ! 事後の対応が遅れたらどうなるのか、分かっているんですか!
今日ぼく、白ブリーフ履いているんですよ! 取り戻しつきませんよ!

そもそも「トイレ貸して」って言われた場合

絶対に返せよ!

コレ、知り合いのネタ。


(便器の中の掃除が不要になるほど良く効きますよコレ)



投稿日時: 2018年03月24日 00:54 | 記事URLコメント(6)
カテゴリネタ人生
 

2017年10月18日

チャーミー 泡のチカラの容器がまるで男根

えっと、ちょいとネタをいただきましたもので。

チャーミー 泡のチカラ手肌プレミアム

おい、ライオンさんよ〜

これ、狙ったやろ?

こんな卑猥なデザインにしたの、絶対に狙ったからやろ?

チャーミー 泡のチカラ手肌プレミアム

こんなのひと目見ただけで絶対に笑ってしまうじゃないですかー、やだー。

もうね、わかってる。

俺はもうわかっているんだ。

この容器をデザインしたヤツと採用したヤツ、絶対に男だろ

あれでしょ?
持ってないから分かんないんだけどさ、たぶん腹の部分をつまんだら白い泡液がぴゅーっと出てくるんでしょ。

そして会議中に若妻がそういうことをしている様をイメージしたんでしょ。

こんな大きな物、入らないわ・・・、だとか頬を赤らめてつぶやくイメージを膨らませたんでしょ。

こんなものを世に出したのは、女に知らずのうち男根を握らせる企みを合法的に実現させたかっただけなんでしょ。しかも企業ぐるみでですか。

そいで食器洗剤だと買ってきて女に使わせてニヤニヤすると。あーそうですかそうですか。

われわれ賢い消費者はそんなことお見通しなんですよ。いい加減にしてくださいライオンさんよ〜。

とはいえ、個人的にはこういうのわりと嫌いじゃないので、ライオンさんほか各社にはもっとやれとエールを送りたいと思います!はい。



投稿日時: 2017年10月18日 23:59 | 記事URLコメント(2)
カテゴリネタ人生
 

2017年07月29日

水

(女にモテないあまり、女に憎しみを抱いた男風記事)

 

おい、女ども

お前たちは男より劣っている

それはなぜか。

立ちションができないからだ。

 

そして、お前たちは無知だ。

それはなぜか。

立ちションの開放感を知らないからだ。

 

お前たちは放尿後にはペーパーで拭かなくてはならず、または他人の目をひどく気にするあまり、野ションや立ちションができないそうではないか。

そんなことだからお前たちはネットでBBAだとかまーん(笑)だとか揶揄されるのだ。

代わって男はどうだ。

そこに木があれば喜んで栄養を与え、そこに崖があれば風の流れに任せて放物線を描き空を仰ぐ。

実に堂々としたものではないか。

 

お前たちは立ちションの素晴らしさを知らない。

だから俺はすべての男を代表し、何も知らないお前たちに立ちションの矜持というものを教えてやろうではないか。

 

1つ。

男は常に立ちションである。

続きを読む

投稿日時: 2017年07月29日 20:11 | 記事URLコメント(4)
カテゴリネタ人生TENGAわんや
 

2017年07月25日

立ちションは良い(女性用 立ち小便補助器の紹介)

女性用 立ち小便器

 

おい、女ども

 

庭

 

お前たちは男より劣っている

 

庭

 

それはなぜか。

 

おしっこ風

 

立ちションができないからだ。

続きを読む

投稿日時: 2017年07月25日 23:58 | 記事URLコメント(2)
カテゴリネタ人生TENGAわんや
 

2017年06月09日

成金ごっこ

100万円の扇

 

 

100万円の扇

 

♪〜

 

100万円の扇

 

あ゛〜、さわやかじゃ〜。
やっぱり銭の風はうまいの〜 うまいの〜。

 

その翌日、法人税を支払ったのち会社の財布と口座へ入金しましたら、手元には1円も残りませんでしたとさ。
あ、いやね、男の夢?として、なんとなく100万円の札束で扇を作ってあおいでみたかったんです。1度は、って。



投稿日時: 2017年06月09日 15:55 | 記事URLコメント(4)
カテゴリネタ人生
 

2017年04月10日

ペットボトル トイレ

やあ、みんな。
もといネトゲ廃人の君たちよ。
俺だ。まささんだ。

君たちはひとたびイベントが始まれば昼夜を問わずモンスターを狩り、効率を重視した素材集めに奔走する。
社会から隔離された暗い部屋の中で、お母さんがドアをドンドンしようとも、ラップされた食事に「返事してください」のカードが添えられていようとも、カーテンを閉めた窓から近所の人の偏見のまなざしを向けられようとも、話す人が週に1度Amazon段ボールを届けるクロネコの配達員だけであろうとも、君たちは何ら動じず黙々とディスプレイと向かい合っているではないか。実に見上げた根性だ

ログインからメンテまで常にオンラインする君たちにとって必要なものは、高性能なマウスやキーボードではない。
もちろんポテチでもない。コーラでもない。
君たちが本当に必要としているものはペットボトルであることは周知のとおりである。
その際、突然のイベントやモンスターの襲来に気を取られ、ペットボトルの的をうっかり外してしまうこともあることだろう。

ネトゲ廃人の君たちよ、聞いてくれ。
今日は俺のとっておきのアイテムを紹介したいんだ。

ペットボトルにおしっこをこぼさず入れるアタッチメントの紹介

ペットボトル トイレ

「ペットボトル携帯トイレ」だ。

ペットボトル トイレ

Made in Japanだ。

続きを読む

投稿日時: 2017年04月10日 23:14 | 記事URLコメント(4)
カテゴリパソコン・インターネット関係ネタ人生
 

2016年12月06日

鳥取ドン・キホーテに入れなかったワケを1行で。

鳥取ドンキ

10日ほど前、鳥取にドン・キホーテが初出店し、当日に群れをなす鳥取市民の大層な賑わいを「これだから田舎者は鳥取は」と上から目線で揶揄する他県のネット連中に、「海外からの東京初出店舗にすげー行列作ってることは棚上げかい」と首を傾げたところで、「1度くらいは鳥取ドンキに入ってみよっかな、何が安いんだろ?広さはどのくらい?」とその気になるも、結局のところ、ドンキに入るために必要不可欠な正装である上下ジャージ or スウェットを持っておらず、さらには便所サンダルを履いてヴィトンの財布・ポシェットを抱えた上にレクサスかベンツで駐車せねばならぬ敷居の高さに、お店に入ることを諦めざるを得なくなりました

 

部屋着

俺が最大限実現可能なドンキ正装がコレだ。
パンツはスキニーにつき完全OUTなのだが、

部屋着

上着は2,000円の部屋着だ。
うむ、申し分ないだろう。

財布

本来ならば中古ブランドショップで買った(←重要)ヴィトンの財布やポシェットを小脇に抱えねばドンキに入ることすら叶わないのだが、俺の財布はちょっとは良いものである。
店員にいぶかしげにチェックされ、「10000歩譲ってまぁOK」と来店を認められるであろう。

フォレスター

ドンキ駐車に必須であるベンツやレクサスは所有しておらず、最低でも外車、またはでっかいマフラー付きの国産改造車でなくてはならぬのだが、SUBARUのフォレスターならば、かろうじてすみっこに駐車できるはずだ。

郷に入れば郷に従えということわざがある。型にはまらねばならない。
上下ジャージにヴィトンの財布でお会計。それはウィーンでオペラを観劇する正装より遥かに高等な様式である。
ドンキに足を踏み入れるのは至難の業だ。皆の者、心してかかってくれ給へ。



投稿日時: 2016年12月06日 23:59 | 記事URLコメント(11)TrackBack(0)
カテゴリネタ人生
 

2016年11月15日

およそ1ヶ月前、鳥取県中部が震源の地震が起こりました。

あのときは「鳥取、大丈夫?」とTwitterが賑わい、テレビでは連日地震速報が流れていました。

ここ10年の間、私はあれほど鳥取が全国に名を轟かせ注目された出来事を知りません。
それはある意味、鳥取が最も輝いた1日でした。

 

それから約1ヶ月後の今、私からみなさんへご質問があります。

みなさん、鳥取のこと、まだ覚えていますか?

まさかではありますが、もう、お忘れですか?

 

・・・おやおや?
こんな声が聴こえるぞ?

 

「そういえば、そんなことあったな」

「鳥取という単語、久しぶりに耳にした」

「とっとりって漢字、鳥が先だっけ?取が先だっけ?」

 

・・・ったくよ〜、お前たちほんっと調子いいんだからよ〜。
何だよ!たった1ヶ月前はあんなに心配してくれていたのによ〜、ちょっと時間が過ぎればこうだよ!
お前らがTwitterでつぶやいた「鳥取 大丈夫?」は、「被災地を心配している俺私カッコイイ」アピールかよ〜。
俺たちの県はてめーらの肥やしじゃねーんだよ〜。ざっけんなよ〜〜。

お願いだから忘れないでよ・・・、ただでさえ寂しい県なのに、さらに寂しくなるじゃんかよう・・・。

 

はい、そんなわけでですね、鳥取の応援隊長であるこの私が、県外のみなさんに今一度、鳥取のことを思い出させていただきますね。

みなさんは知らないでしょうが、鳥取にはいろんなものがあるんですよ!
たとえば、砂丘とか、えっと、砂丘とか、・・・砂丘とか?

 

すなば珈琲

すなば珈琲

鳥取県知事とどういう癒着があったのかなかったのかよく知りませんが(追記:どうも知事の発言に乗っかってパクったみたい)、あまりにも鳥取には何もないだけにクローズアップされた「すなば珈琲」。
鳥取駅前にあります。

すなば珈琲

ほらー、雰囲気があるでし

・・・ん?

すなば珈琲

えっ

えー・・・。
なんか違う・・・、イメージしたものとなんか違う・・・(って当初思ったよ)。

ちなみに2年前の写真です。

スタバ

スターバックス

「スタバは無いけど砂場はある」との県知事の迷言から幾年か経ち、ついに鳥取へスターバックスがやってきました。1年ほど前のことなのかな。
地震の前に有名になったことを挙げるならば、スタバが来たことじゃないでしょうか。
地震もスタバも外部からじゃないですか、鳥取ってほんっとアレですねぇ。

スターバックス

スタバですよ。

スターバックス

6月にドライブスルーしたら、カップに「Welcome Drive Through」ってペン書きされていたよ。
ここのコーヒーの味はわかったから、もうほとんど行かないけどさ、こういったサービスは嬉しいものですね。
スタバは意識高い系の人が甘いモノを食べに行くところ。コーヒー飲みに行くところじゃない。

恋山形駅(鳥取県智頭町)のピンク色の駅舎

恋山形駅

こちらも(ある意味)有名になったのかな?
ピンク色になった駅舎の恋山形駅。

恋山形駅

何をとち狂ったのか下品なピンク色ですねぇ。

恋山形駅

列車はピンクじゃないのね。

恋山形駅近くの郵便局

おそらく恋山形駅から最寄りの郵便局。
こんな建物、すごく珍しいでしょ?
もうね、あんなけばけばしいバカの思いつきのような駅舎なんかより、どちらかと言えばこちらをフューチャーすればいいと思うんですがねぇ。

演歌 鳥取砂丘

鳥取砂丘

ヒットしたそうですねぇ、演歌の「鳥取砂丘」。

かつ江さん

かつ江さん

覚えていますか?かつ江さん。

 

はい、そんな感じでみなさん、鳥取のことをずっと忘れないでくださいね。
鳥取は観光なんかに良いですよ!
ほら、何もないところでも「どんなものでも何か1つは良いところはあるだろう」理論で探すのも大いに結構じゃないですか。うんうん。



投稿日時: 2016年11月15日 01:09 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリネタ人生