パソコン・インターネット関係

2016年05月20日

お客さんへの提案を兼ねて、「レスポンシブWEBデザイン」に関してざっくりと解説しますね。
私はすっごく詳しいわけではありませんので、ざっくりと。

「レスポンシブWEBデザイン」ってなに?

端的に言えば、「PCとスマートフォンに対応した、スマートフォン表示に比重をおいたWEBサイトのデザイン」のことです。
(WEBサイト = ホームページ)

実例を挙げますね。
ちょっと前に当ブログで紹介しました初音ミクの目薬のWEBサイトが「レスポンシブWEBデザイン」でした。

ロート製薬 デジアイ

上図がPC表示。

ロート製薬 デジアイ

こちらはスマフォ表示です。
横幅が狭くなっても、ボタンとピックアップ画像は大きくなっていますね。

PC表示は横に長く、スマフォ表示は縦に長くしたレイアウトです。
数年前のWEBサイトと比べて情報量やデザインやレイアウトがシンプルなのは、PC表示とスマフォ表示を両立させたためです。
表示画面の横幅が変わるごとに、画像や文字等は比率を保ったままま拡大・縮小します。

このようなレスポンシブWEBサイトを、このごろはたくさん見かけるようになりました。

PCよりスマートフォンでWEBサイトを閲覧する率が増えている

鳥取の社長日記 アクセス解析

上図は当ブログの2,016年4月のアクセス解析による、デバイス別(どの機器でホームページにアクセスしたのか)の統計です。
月にだいたい60万PVのアクセスがある当ブログは、スマートフォンによる閲覧が約7割です。
PCはおおよそ2.4割でしょうか。数年前はPCからのアクセスが大半を閉めていたのですが、現在では逆転しています。

総務省が発表した「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、スマートフォンの利用率全年代で62.3%です。
20代は94.1%と最も多く、次いで30代は82.2%です。
2年前がこの数値ですので、現在はもっと増えていることでしょう。

WEBサイトのスマートフォン最適化は必須といえる

スマートフォンの普及によって、PCよりスマフォでWEBサイトにアクセスする人が大半を占めるようになりました。
もはや無視できないまで普及しましたので、WEBサイトのスマートフォン最適化は必須といえるでしょう。

PCとスマフォの画面サイズは異なる

PC向けWEBサイトはスマフォでは見られない、ということはまったく無いのですが、スマフォでPCサイトを見ますと全体の表示が小さく、文字が読みにくくなったりします。

鳥取の社長日記 スマートフォン表示鳥取の社長日記 PC表示

上図はスマートフォンで見た当ブログです。
左がスマートフォン表示(広告が大きくてすまぬ・・・)、右がPC表示です。

PCモニタの画面サイズは19〜24インチあたりが多く、スマートフォンはiPhone6だと4.7インチです。
画面サイズが異なるのですから、見難くなったりするのは仕方ないことです。

スマートフォンのみに対応したWEBサイトは、PCで閲覧すると1ページあたりの情報量が少なく、デザインは地味でこじんまりとしたものになります。
PCのみに対応したWEBサイトは、スマートフォンで閲覧すると表示が縮小されて見にくくなります。

SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagramなど)もスマートフォンからのアクセスが多い

普段はどちらかと言えばPCを利用し、スマートフォンであまり情報発信をしない人でも、SNSに限ればスマフォをよく利用するのではないでしょうか。
手元にある端末で手軽にやりとりができるためです。
現実での知り合いとつながっていることもよくあり、インターネット上に大量にある有象無象の情報よりは信憑感が高いことでしょう。
その情報をスマフォで受け取ったときは、PCで見るのではなく通常はスマフォで見ます。
個人と個人がつながったSNSには高い口コミ効果があります。つまりスマフォはますます重要なツールとなってきました。

PCとスマフォの両方に対応したWEBサイトを構築することがベスト

PCは通信回線が早く安定しており、画面サイズは大きく、じっくり閲覧するに適しています。
代わってスマフォは屋内外を問わず、移動中やちょっとした合間にインターネットでやりとりをすることができます。

スマートフォンが普及したといえども、PCの利用率はまだまだ高いです。
つまり、両方に対応したWEBサイトを構築することがベストだといえます。

「PC専用サイトとスマフォ専用サイトの2つを作る」か、
「1つのサイトで両方を兼ねたサイト」か

PCとスマートフォンの両方に対応したWEBサイトを構築するには、2つの方法があります。

1つは「PC専用サイトとスマフォ専用サイトの2つを作る」。
2つは「1つのサイトで両方を兼ねたサイト(レスポンシブWEBデザイン)」。
両者はそれぞれメリット・デメリットがあります。

2つのWEBサイトを作るメリットは、デザイン設計の自由度が高い点です。それぞれのユーザのニーズに合わせた最適なコンテンツを載せることができます。
その反面、2つのサイトを作るのですから2重のコストがかかり、またページの更新やメンテナンスの手間もかかります。

ちなみに、当ブログは「Livedoorブログ」のサービスで運営しております。
このサービスはレスポンシブWEBデザインではなく、1記事を投稿したらPCとモバイル用のページがそれぞれ生成されます。

レスポンシブルWEBデザインのメリットは、ページの更新が楽な点です。WEBサイトは1つなのですから、同一のコンテンツを載せればいいわけですからね。
反面、スマフォ寄りのページデザインになりますから情報を多くは載せられず、全体がシンプルにならざるを得ません。
また、プログラミング(コーディング)の技術的な難度は高いです。

ちなみにですが、10年くらい前は「テーブルレイアウト」というものが流行りました

WEBサイトのデザインは本来「CSS」というプログラムで施すのですが、それを使わずとも素人でもそこそこ簡単にWEBサイトを作る方法があります。「テーブルレイアウト」です。
とにかく<table></table>で囲うことによってレイアウトを形作る、CSSを扱えない人がおこなう手法です。現在そのようなことをされているWEBサイト制作会社は、ほとんど無いでしょう(たぶん・・・)。

レスポンシブルWEBデザインのWEBサイトは、少なくとも「HTML 5」「CSS 3」「Javascript」というプログラムを扱えなければ、またはインターネット上にある出来合いそれをカスタマイズできる程度の技術がなければ作れません。以前と比べて敷居が高くなりました。

というわけで、コストや更新の手間を踏まえ、レスポンシブWEBデザインのサイトを作るのが良いのではないでしょうか

・・・という提案をしたく、当文を書いた次第でございます。

その他、レスポンシブWEBデザインに関して言及すべきところがあるのですが(私ではわからない点もあるのですが)、画像サイズやレイアウト調節など製作者側の都合によるところが大きいのでカットします。



投稿日時: 2016年05月20日 23:59 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリパソコン・インターネット関係
 
 

2016年04月13日

PCモニタの上に物を置く台「ディスプレイボード」の紹介

Display Board(ディスプレイボード)

PCモニタの上はデッドスペースになっています。そこを小物置きとして活用できるようにするボードをご紹介しますね。
たとえばペンやメモ帳やUSBメモリなどの細かなものを置けたり、いつも見る画面の上にお気に入りのフィギュアを飾れたりします。
私は普段、当然のようにそこに小物を置いたり取ったりしておりましてですね、あらためて思うとかなり便利なものなんだな、と実感しています。

以前にもこの類の製品を紹介しましたが、今回紹介するもののほうが幅も奥行きも広くて良かったですよ。

KING JIM
「Display Board(ディスプレイボード)」の紹介

Display Board(ディスプレイボード) 

  • 寸法(約): 横50cm × 奥16.8cm × 高さ3.8cm
  • 重さ: 400g
  • 耐荷重: 1kg(等分布)

事務用品を企画・販売されているキングジムの製品「Display Board(ディスプレイボード)」です。
この会社は、Twitterで楽しい話題をいつもつぶやいており、代表的な製品を1つ挙げるならば「ポメラ」でしょうか。

Display Board(ディスプレイボード)

私が使用しているPCモニタは24インチです。ボードの横幅は約50cmと、モニタのパネルより少しだけ短い程度でした。
軽く調べてみましたところ、19インチのPCモニタの横幅が47cmあたりでした。現在は21.5インチ以上の大きさが当たり前ですので、ボードの横幅が広すぎるということは無いでしょう。

「Display Board(ディスプレイボード)」の詳細

Display Board(ディスプレイボード)

箱の中には板が1枚が入っていました。

Display Board(ディスプレイボード)

1枚の板。その裏面には、

続きを読む

投稿日時: 2016年04月13日 00:48 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化パソコン・インターネット関係
 
 

2016年02月28日

デスクトップの準備をしています...

PCの電源を入れましたら、立ち上がりからなかなかデスクトップが表示されず、上図の「デスクトップの準備をしています…」からしばらく待っていたら、黒い背景にカーソルのみが表示されました。心臓が凍りつきましたよ。

カーソル 黒い背景

原因は何かと考えるも、たぶん危険なサイトにアクセスしたでもなく、PCの設定をいじっていたでもなく、見当がつきません。当方のPCは未だにWindows Vistaなのですが、SSDに換装してしばらく使っていますので寿命が早く来てしまったということはないはずです。
マシンの故障やウイルスに感染したかもしれない懸念はこの際棚上げにして、復旧すべくあれこれとおこないました。

結論を言うと、ちゃんと治りました
心底安心しましたよ。あー、ほんっとうに良かった・・・、って。

デスクトップが表示されず、カーソルのみが黒い背景に表示されていたときにおこなった対処法

詳細ブートオプション

誰かの役に立つかな?と思いつつ、とりあえずネット上へと記してみました。
私がどういうことをおこなったのか、ざっくりと言いますね。

  1. 黒い背景にカーソルのみ置かれている状態
  2. 「Ctrl + Alt + Delete」キーを同時に押す
  3. 画面右下のボタンの▼から「再起動」を選択
  4. メーカーのロゴが表示されたら、表示が終わるまで「F8」キーを連打
  5. (その後、上図の「詳細ブートオプション」が表示されなければ1に戻る。自分は2回繰り返しました。)
  6. 「詳細ブートオプション」が表示される
    セーフモードを選択しEnterキーを押す(「コンピュータの修復」でもいい)
  7. デスクトップのスタートボタンから「プログラム ⇒ アクセサリ ⇒ システムツール ⇒ システムの復元」を選択
    (システムのみ復元するのだから、現在PCに保存している画像や音楽データは変更されない)
  8. しばらく待つ
    (3分か4分くらい経たないとシステム復元のウインドウが出てこない)
  9. システムの復元を実行する
    (復元ポイントは「推奨される復元」を選択しました)

システムの復旧をおこないましたら、いつもどおりのデスクトップ画面が表示されました。
胸を撫で下ろしましたよ。

当初は電源ボタンを長押しして電源を切り、再度電源ボタンを押すもメーカーのロゴが表示されずカーソルだけが表示されたり、何度か同じことを繰り返しているうちにロゴが表示され、でも8Fキーを押してもセーフモードの選択画面(詳細ブートオプション)が出てこなかったり、電源のON・OFFを繰り返していたらPCファンがぶおーと音を立てるのみでシステムが起動しなかったり、なかなかセーフモードに移行できなくて困っていました。
ですが、黒い背景にカーソルのみ置かれている状態から「Ctrl + Alt + Delete」のあとに再起動を選択し、ロゴ表示時にF8キーをロゴの表示が終わるまで連打し続けましたら、セーフモード選択画面になぜか移行できました。
とにかくシステムを復旧させたら元通りになりました

もし、突然こういった症状に襲われましたら、上記を試してみてくださいまし。

それにしても、いやー、気をつけていてもこういうことが起こるからPCは怖い。
大事なデータは日頃からバックアップしておくべきですね。

その後、何度か同じ症状が現れたので原因を調べることにしました

更新プログラム

原因はどうも、ウイルスセキュリティソフトの更新「KB3140527」である様子でした。
当方のWindows Vistaは、Microsoftが無料で公開している「Security Essentials」を使用しています。インストールの失敗か、アップデートファイルの不具合なのかな?
ともかく、これのみをチェックを外してWindows Updateの更新プログラムをインストールしましたら、ブラックアウトすることが無くなりました。

重要な更新プログラムは自動でインストールするのではなく、ダウンロードとインストールは選択するように設定しました。その後、ブラックアウトは起こっていません。



投稿日時: 2016年02月28日 06:35 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリパソコン・インターネット関係
 
 

2016年01月22日

Ankerのケーブルを買いました談話

USB

当方がブログを書く際は、タイトルの通りにするよう内容を絞って仕上げるようにしておりましてですね、そうすることで内容をより濃くして投稿できる、のですが、いつもそうやっていると時間の関係で1日に1記事の投稿が限度です。
私は1日に2つくらい投稿したいんですよ。だったらもっとゆるやかに、話があっちこっち飛ぶような、あまりまとまっていないものも書くべきかなー、と思っとります。
というわけで2つ書けるよう、今後ゆるやかな日記を増やしていきますね。ゆるやかでも何か1つくらいは誰かのためになるだろう内容は欠かしませんよ。

で、だ。
1ヶ月くらい前に、USB micro Bケーブルを買いました。上図のヤツね。

USB micro B ケーブル


(3m)

Ankerのケーブルです。
この会社はスマートフォン関連に特化したケーブルアクセサリを作っていて、おそらくその業界トップの信用があると思います。
全てのAnker製品には18ヶ月の保証が付いていて、価格は安いです。

USB micro B ケーブル

マジックテープの結束バンドも付いてくるんですよ。地味に嬉しい点です。

USB micro B ケーブル

上図右はApple純正のLightningケーブルです。線の太さが違いますね。

ご存知の方は多いやもですが、Apple純正のケーブルは買わない方がいいケーブルです。価格が高い割には断線しやすく、コネクタ側のゴムが破れて電線がむき出てしまうこともままあります。
だから私は非純正かつ「Apple認証」のものを買っています。

Lightningケーブル

非純正の物だったら何でもいい、というわけではなく、私が前に購入したそれはゴムがちょっと破れてしまっています。
付け根部分の耐久性がありそうなものはどれかと、いろいろ見てきたんですよ。Ankerのものが良さそうだと買ったわけです。

 
(右:Lightning|右:Micro B)

この会社のものだと、なんだか安心できるんですよ。
保証期間は18ヶ月。耐久性があってデザインも良く、しかも価格が安いとくればそりゃ買いますよ。

USB micro B ケーブル

んでですね、私は3mの長いケーブルを買いました。
長いケーブルをなぜ使用するのかと言いますと、

USB充電器

USB充電器から、

USB micro B ケーブル

ケーブルを伸ばして、

Lightning アダプタ

コネクタ部分をMicroBからLightningにするアダプタを付けて、

iPad

iPadに接続して、

iPad

布団の中で充電しつつぬくぬくとあれこれするためです。

「わざわざ布団で充電しなくても?バッテリーがあるんだからさ」とおっしゃる方がおられると思いますが、iPadはあまりにも寒いと充電してくれないんですよ。
だから身体もiPadも暖めつつ充電させています。
その用途で長いケーブルを買いました。

ちなみにですが、数年前に「寒いとiPadが充電されないから胸やお腹であたためよう」といった内容の、上図URL先の記事を書きました。とっても好評でしたよ。
当時、どうしてもiPadが充電できないからいろいろと検索するも、解決に至るページは見つかりませんでした。私がその解決方法を見つけ出して投稿しましたところ、その後、なんかね、同じような内容であたかも自分で考えだしたかのような書き方の他ブログが散見し出したんですよ。もちろん該当記事へのリンクは無し。
生き馬の目を抜くというか、インターネッツってのは恐ろしいものなんじゃのう、って思いましたよまったくもう。

PS4 コントローラー

ほかに、PS4のコントローラーや、純正ヘッドセットの充電にも使えるようmicroBにしました。

 

長くゲームをプレイしているとバッテリーが切れて、一緒にオンラインゲームをプレイしている人に「ちょっと待ってください、バッテリーが・・・」と一時中断することがあり、申し訳ない気持ちになったことがありました。
これで万事解決ですよ、やったね。



投稿日時: 2016年01月22日 15:08 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリパソコン・インターネット関係iPhone・iPad・iPod touch
 
 

2016年01月06日

ネット上でよく言われている「パソコンの先生」、つまり、技術的なスキルではなく実用寄りなPCトラブルの対処法・快適化方法を知っている人を、私は電話でご依頼が来る度にたまーにやっています。

そいで本日、パソコンの大先生が受け取った仕事の報酬はこちら!

豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼きです!

・・・あ、いやね、「金じゃねーのかよ!」だとか「現物支給かよ!」だとか、そういったツッコミはこの際まあいいんですよ。
思えば長い付き合いとなるご依頼主さんは、毎度晩ご飯を私のためにたくさん作ってくださるんです。その残りをパックしていただいて帰りました。

ちなみにですが、前にPC初心者さんにおすすめしたいWord・Excelの参考書を紹介した記事(現在でもそこそこの人気記事なんですよ)を書いたのは、そのご依頼主さんのレベルに合った適切な参考書を渡したかったためです。

豚のしょうが焼き

食卓に並べられたおかずは、豚のしょうが焼き、厚揚げ豆腐、大根と昆布の煮付け、そしてごはんです。これがまたホントおいしいんだ。
角が薄茶色に焦げた小麦粉の生地の中には、木綿と絹越しの中間あたりの滑らかな食感のする豆腐が入っており、その舌触りはまるでプリンのケーキのようでした。添えられたネギは良いアクセントになってる。
大根は箸でつまむとすぐに崩れてしまうほど柔らかく、「圧力釜を使いましたか?」と尋ねると「使ってない」とおっしゃるんです。近くの温泉街の奥にある山の麓で作られた採れたての大根だそうな。出汁がよく染み込んでいて口の中で甘く柔らかくほどけ、自分が1時間煮込んで作った固い大根のおでんとはまったくの別物でした。
メインである豚のしょうが焼きはそっちのけで、この2つを「(これは・・・)」と、箸を止め見つめつつしっかり味わって食べていました。
こちらに赴く際は、食に関する新しい発見が必ずあるんです。

話を戻しますね。
ご依頼の内容を整理すると、要点はFacebookから届くメッセージのメールをPCに入らないようにしてもらいたい、ことでした。
私はほぼFacebookを開いておらず、アカウントをとりあえず作ってブログの新しい記事を自動投稿する程度にしか使っていないのですが、まあパソコンの大先生ですからね、これまでの経験でちゃちゃっと作業すれば終わるわけですよ。設定やらツールやらからだろうな、よゆーよゆーって。
・・・と、高をくくっていたものの、意外と手こずるんです。まず、いつもとは感覚の異なるノート型PCのキーボードに、雛鳥サイズの左右以外のボタンがない小さなマウス、そしてFacebookのわかりにくい項目のレイアウト。ディスプレイのサイズも異なります。
見慣れている画面ではありますが、どこか違和があってネットで設定方法を調べるにも時間がかかってしまいました。

で、もちろんとでも言いましょうか、これだけじゃないんですよ。
パソコンの先生には要件定義というものがどうもあってはならないものらしく、1つが終わればその他いくつかの要望に答えねばなりません。
PCのバッテリーが消耗しているとの案内が出て不安だということで表示OFFにしたり、何かのソフトをインストールする際に付いてくる抱き合わせの不要なソフトを消したり、その過程で思い出したかのようにこうして欲しいとの要件が次々と出たりするものだから、これはもう要件がどうというより、言われたことから1つ1つ片付けるべき事案なのだろうと、黙々と作業をこなしました。

そしてパソコン大先生は何でもできますから、テレビやビデオの接続もおこなうわけですよ。
新しく購入された比較的価格の安いテレビにビデオが映らない、1晩かかってもビデオを接続できなかった、ということで別のお部屋に移動しました。
ビデオデッキはなんとVHSです。アナログです。そしてテレビにはコンポジット端子(赤白黄色の穴)がありません。
これは簡単には接続できないんじゃないかな?と思ったのですが、4極プラグ⇔コンポジット端子のケーブルが付いていたそうで解決の糸口が見え、1分後にビデオが見られるようになりました。
私はオーディオ機器にこれまで100万円は投資しましたから、こんなの見ればすぐにできるんです。いやー、思わぬところで自分の経験が活かされるとは・・・、って思いましたよ。

こういう実用的な面から、パソコンの先生には老年者から割合多くの需要があるのですが、多くの金額をいただけるお仕事ではありません。
前にネットでTwitterの設定5,000円だとか書いてあったのを見ました。いい金額だな、と悪い意味で思うものの、他の仕事も抱え持つ人ひとりが付きっきりで教えるのであれば、もしかしたら妥当な金額やもと思う反面、こういうのってわりとすぐにできるものじゃないですか。お金をたくさん要求するのは気が引けます。
だから私はボランティアのようなものだと割りきって、初めの1時間までは交通費を含めて1,500円、あとは時給1,000円という価格設定にとりあえずしています。1つの案件にいくら、と設定しては満足されないですからね。その限りではなく、冒頭の写真のように現物支給でもOK。
そんなものでやっているから当然お客さんには喜ばれるんですよ。稼ぎ口は他にあるから、まあこれでいいやーって。
ゆえに、知り合い以外にはあまりやりたくはないお仕事です。

別の案件を言いますと、直近ではネットのデータベースに登録するやり方が分からないだとか、デスクトップにワンクリック詐欺の広告が出ただとか(ウイルスセキュリティソフトで消す)、PCの動作が遅い(適切なメモリを加える)だとかです。
過去に私が通り抜けた迷い路ですから、抜け道は知っているんですよ。このくらいは対処できます。
パソコンの先生に求められているスキルは広く浅いものです。
具体的に言うと、WordやExcelの使い方を中級以上に会得していることや、HDDやメモリの付け替え・データの移動はもちろんできたり、古い規格のメモリカードをPCに取り込めたり、Wi-Fiの設定をおこなったり(こんな感じで)、固定の無線LANルータの電波を家中に飛ばすにはどうしたらいいかだとか(無線LAN中継器(Amazonへのリンク)を使う)、わからないことをGoogle先生に聞くために適切な検索ワードで検索できたりと、つまりPCの実用的な面の活用方法らを浅くとも広く知ってなきゃなりません。言うなればPCの何でも屋さんです。
こういったものは一朝一夕に身につくものではなく、自分のPCで培った経験によりPCトラブルの焦点をピンポイントで突き止められる感が養われていないと、問題を解消させることが難しいです。

そう考えると、揶揄されがちなパソコンの先生だけれども、実は幅広いスキルが要求されているんだなーって思うわけですよ。
自分のPCのトラブルではなく、他人のPCのトラブルです。どれをどう操作したからそうなったかがよく分からず困ってしまうことがよくあるのですが、時間をかけたらなんとかなってしまうこともよくあります。それをどう速やかにおこなえるかがネックであり、それにはそれなりの知識と長い経験がないとなかなか務まらないものだと思うんです。



投稿日時: 2016年01月06日 23:46 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ日々の雑感パソコン・インターネット関係
 
 

2015年10月07日

フットスイッチ


(当記事はPCの主電源を切ることで省エネ化をおこなうことを目的にスイッチの紹介をしていますが、コメントによると、どうもPCの主電源は切らないほうが良いとのことです。加えて消費電力チェッカーで調べるに、そもそもPCの待機電力はあまりかかりませんでした。後に本文を訂正します)

毎月の高額な電気料金(8,000円くらい)をどうにか抑えようと、半年くらい前からその奮闘日記をシリーズとして連載しています。
原因の1つは、毎日稼働させているPCにあるだろうことはわかっています。
対策を施そうとしたとき、Amazonで良さそうなものを見つけましたので、この記事にてご紹介しますね。

んとですね、前に書きました記事PCモニタの消費電力と電気料金 〜我が家の電気代が異様に高いのはなぜだ? その12〜のコメントにて、モーやんさんという方が、

現在壊れたWindows Vistaと、新しく買った8.1を使っています。
両方使ったら電気代は「100円 / 日」、Vistaの電源を切ったら「25円 / 日」になりました。
おかしいなと気付いたのは、使っていないモニタのアダプターを触った時です。
数日稼働していないにも関わらずアダプターが熱を持っていました。
PCを使っていないのにアダプターが電力を消費しているので、即刻OFF回路行きにした結果が「100円 / 日」⇒「25円 / 日」です

PCの内部電池なんて安いんです。
使っていないで熱を持っているアダプターの電源を切りましょう。
寝ているときのPC+モニタ、交換器、電話などの必要のない待機電力が無意味な電力消費を導いています。

(ちょっとだけ編集させていただきました)

とおっしゃったんですよ。
だったら待機電力をゼロにするよう、PCのコンセントを抜けばよいわけですね。

しかしながら、コンセントを抜くのは結構面倒な作業です。
コンセントは床の近くにあり、PCをON・OFFにする都度腰を折り床に手と膝をついて抜き差ししなければならないのはあまりにも面倒です。
これをなんとかしようとAmazonで探したところ、良さそうなモノを見つけたんですよ。

PCの主電源を手元で切る「フットスイッチ」の紹介
「Panasonic まごの手式フットスイッチ」

フットスイッチ

 
(ケーブルの長さ・2.5m)

Panasonicの「まごの手フットスイッチ」です。
このスイッチがあれば、手元や足元で主電源を切ることができます。

 

追記
私が持っているデスクトップPCの待機電力を計ったところ、

  • Windows Vista4W = 約3円/日 = 約90円/月
  • Windows 70.5W = 約0.4円/日 = 約12円/月

でした。
古いPCや、W数の高い電源ユニットを使用されている場合、主電源を切ることが節電に有効やもしれません。

 

スイッチ コンセント

ほかにも上図のような、よく見かけるスイッチ付きのコンセントもあるのですが、これを付けても家電コンセントは床の近くにありますのでしゃがまないとなりません。

フットスイッチ

全体。
家電コンセントにフットスイッチのプラグを差し込み、PCのコンセントをフットスイッチに差し込みます。

フットスイッチ

ボタン部分の横側。
おまんじゅうのような形をしています。

フットスイッチ

裏。
ゴムは付いていません。

フットスイッチ

PCがONのときはスイッチのランプが消灯し、OFFのときは点灯します。
実際のランプの色は、上図よりもっと鮮やかなオレンジ色です。
ランプの消費電力は0.16Wです。電気料金はほぼかかりません。

フットスイッチ

ケーブルは固く、まず破れないと思いました。
スイッチを押すとカチャっと音がします。押しごたえは滑らかではありませんが、足で踏んでも壊れないよう頑丈に作られていますので致し方がないでしょう。

フットスイッチ

実際に使用してみました。
難なくPCの電源をON・OFFにすることができましたよー。やったね。

ああ、これでPCの待機電力が抑えられるわー、やったわー、と思った次に、「あ、コレ、踏まなきゃいけないってことはないんだ。手で押せばいいんだ」ということに気づきました。
足元にスイッチがあると間違って踏んでしまいそうな気がするんですよ。まるで突然の停電に遭って編集していたデータがお亡くなりになったかのような、残念な出来事が起こってしまいそうです。
スイッチはPCの上にでも置いておくことにしました。

もちろん、PC以外にも使える

フットスイッチ

ほかにもいろんな家電製品に使えます。

フットスイッチ

ただし、オイルヒーター、食器洗浄機、エアコンには使わないことが推奨されています。
LED照明に使うと、照明がぼんやり点灯・点滅することもあるそうですよ。

 

はい、そんなわけで、手元・足元のスイッチひとつで主電源を消す「フットスイッチ」をご紹介しました。
しゃがんでコンセントを抜かずに待機電力を0にすることができます。



投稿日時: 2015年10月07日 02:25 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化生活
 
 

2015年09月20日

PCメモリー増設 メモリの選び方・取り付け方(簡潔に解説)

メモリ

冗長な説明は抜きにして、PCメモリの選び方・取り付け方をざっくりと簡潔に書いてみますね。
自分がデスクトップ&ノートPCのメモリを買うなら、いつもこうやってる方法です。
PCが重い・起動が遅いとき、その原因はメモリの容量が足りない場合が多いです。
メモリを増設したら早くなりますし、取り付け方は難しくありません。

PCメモリの選び方

  1. PCの型番を調べる
    (PCのどこかに書いてあります)
  2. Buffalo メモリー総合情報サイトへアクセスし、型番やメーカーを入力して検索する
  3. 型番に合致、またはだいたい同じ製品名や型番を見つける
  4. その型番の項目、「メモリ(MB)」と「ソケット」をチェックする
    「メモリ(MB) 標準:4096/最大:16384」とあったら、PCには4GB(4,096MB)のメモリがあらかじめ搭載されており、最大で16GB(16,384MB)まで増やせる 
    「ソケット 数:2/空:1」とあったら、メモリを差し込むソケットが2つあって、1枚はすでに差し込まれており(PC購入時にあらかじめ搭載されている)、もう1枚を増設できる
  5. 型番のリンクをクリックし、基本情報の項目の「搭載OS」をチェックし、新しく購入するメモリの容量を決める
    現在PCに搭載されているメモリの容量と、新しく購入するメモリの容量を足したものが、メモリの合計容量
    「Windows Vista・7」「32bit」だと、メモリは合計で4GB積むべき。必ず
    「Windows 7・8.1・10」「64bit」だと、メモリは合計で8GBあれば充分
  6. 下にスクロールし、新しく購入するメモリの容量に等しいメモリ(型番)をクリックする
    型番の語尾がメモリの容量
    たとえば型番が「MV-D3U1600-4G」だったら、そのメモリの容量は4GB
  7. メモリの規格「PC◯-◯◯◯」と「◯◯pin」と「◯GB」をチェックする
    ページ上部に、たとえば「PC3-12800(DDR3-1600)」「240PIN」と書いてある。それをチェックする

メモリを安く買う

  1. Amazonへアクセスする
    Buffaloのメモリは価格が少々高いので、私はいつもAmazonで安いメモリを買っています
    規格品だからBuffaloのみならず、どのメーカーのメモリでも使える
  2. 検索欄に「PC◯-◯◯◯」と「◯◯pin」と「◯GB」の3つを入力し検索する
    例えば、検索するワードは「PC3-12800 240pin 4GB」
  3. メモリの一覧が出てくる
    「PC3-◯◯◯」と「PC3L-◯◯◯(低電圧メモリ)」は別物と考えていい
    「240 pin」「SDRAM DIMM」は、デスクトップPCのメモリ
    「204 pin」「SDRAM SO-DIMM」は、ノートPCのメモリ
  4. 一覧から価格が安いメモリを探して購入する
    ちなみに私はTranscend社のメモリをよく買っています。安くても品質は問題ない

 
(左:デスクトップPCメモリ・PC3-12800 4GB|右:ノートPCメモリ PC3-12800 4GB)

最近のPCは「PC3-12800」に対応しているものがほとんどです。

メモリの取り付け方

ノートPC

静電気除去のために手を金属に触ってから、PCケースのフタを開けます。 

ノートPCの場合、どのご家庭にもある8本入りドライバーを用いてPC裏面のネジを外します。
デスクトップPCの場合もだいたい同じです。ネジを用いないPCケースもあります。

メモリ

メモリのソケットに、購入したメモリを差し込みます。

メモリ

カチッとはまるように取り付けます。
フタを閉じたあと、PCを起動して「コンピュータ」を右クリックし、「プロパティ」を選択し、以前よりメモリの容量が増えていればOKです。



投稿日時: 2015年09月20日 04:09 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリPCパーツ交換・高速化・静音化パソコン・インターネット関係
 
 

2015年07月26日

キーボードのキーを引き抜く器具(とエアダスター)の紹介

キーボードのキーを引き抜く器具

キーボードのキーのうち使用頻度が低いようで高いような、でもよくよく考えるとやっぱり低いのかな?と思わせるキー、「〜」を入力しようとしたときのこと。
Shiftキーを押さえながらそのキーを押すも、PCモニタにはその記号文字が映っておらず、おかしいな?と何度もぽちぽち押しているとようやく表示されました。
このことが1度ならさほど気には留めなかったのでしょうが、そのときに書いていた文章は「〜」を多用していたため次第とイライラが積もり、いつものタッチの5倍の強さで10回押しても入力されなかったときは、ホントもうブチ切れてキーボードクラッシャーばりに床へ叩きつけた挙句1つ1つのキーを踏み潰して木っ端微塵に、してしまおうところでしたよまったくもう。

その原因はおそらく、数日前に食べていたおせんべいの食べかすがキーの奥に入り込み、キーの押し込みを邪魔していたためだと予想しました。おせんべい大好き。
予想は的中しました。キーを引っこ抜きエアダスターで粉塵を吹き飛ばしたら、なんら問題無く入力されるようになりましたよ。やったね。

とまあ、そんなことがありましたので、今回は「キーボードのキーを引き抜く器具」をご紹介しますね。
指で引き抜こうとしても、キーとキーの間は狭いので指は入り込みません。それ専用の器具やラジオペンチ(布を挟む)の使用が好ましいと思います。

紹介している器具は、ノートPCのキーボードのようなキーの高さが浅い「メンブレン」型には使用できないやもしれません。手持ちの小型ノートPC(11インチ)で試したらダメでした。

キーに高さがある「メンブレン」や「メカニカル」でしたら、ほとんどのキーボード製品に使用できると思います。

 

ダイヤテック KeyPuller

キーボードのキーを引き抜く器具

ダイヤテック社の「KeyPuller(FKP01)」という製品です。
先側の針金をキーとキーの間に挟むことで、楽にキートップを引き抜くことができます。

キーボードのキーを引き抜く器具

その部分は2股になっています。

キーボード

コレ、私が使用しているキーボード。

ちなみに、このキーボードは私のお気に入りです。なにせスペースキーが右に長いんですもの(当方、右手親指でスペースキーを押しておりましてですね)。

キーボードのキーを引き抜く器具

針金をキーに挟み、ちょっとだけ回して、キーの角に挟まるようにします。

キーボードのキーを引き抜く器具

簡単に上へ引き抜けました。

キーボードのキーを引き抜く器具

幅が広いShiftキーも挟めましたよ。
この際だからついでと、軽くキーボードの奥をお掃除することにしました。

キーボードのキーを引き抜く器具

いやはや、こんなにもゴミが溜まっていたとは。
キーボードの奥は掃除をしにくいですから仕方のないことじゃあります。

エアダスター

 

そのゴミを吹き飛ばすために、エアダスターを使用しました(上図をよく見るとホコリが舞っていることがわかりますでしょうか)。
息を吹きかけるだけでは風量が足らず、ゴミはあまり吹き飛んでくれません。
掃除機を使って吸い込むとホコリは舞わないので、そちらの方が良いのでしょう。が、私はキーを外してまでお掃除をすることがあまり無いために、いつもキーボードの上からブオーってテキトーに風を当てて吹き飛ばしています(そのためにキーボードの奥の端にゴミが溜まっていたわけです)。

キーボードにはスプレー缶のエアダスターが風量とサイズの面で調度よいのでしょうが、消耗品なのでケチな私は使いたがらないんです。
代わって上図の製品は電気で駆動しますので故障しない限りずっと使用できます。
私はコレをキーボードの他に、掃除機を使いにくい本棚や台とベッドの下や、机やテーブルの上のホコリを吹き飛ばす用途に使っておりましてですね、ホコリの塊がたくさん出てくるとすっごく嬉しくなるんですよ(小物も一緒に吹き飛んでしまうことと、サイズがデカいことが難点ですが)。

 

あとですね、「メンブレン」のキーボード(ノートPCによく採用されている、キーの高さが浅いもの)には、下の広告の製品が使えそうでしたよ。



投稿日時: 2015年07月26日 23:54 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化パソコン・インターネット関係
 
 

2015年04月06日

目薬

ここ半年くらいテレビゲームを毎晩のようにプレイするようになった私は最近、ゲーム席の前のテーブルに必ず目薬を置くようにしました。
というのもですね、ゲームをし始めてから視力がだいぶん落ちたからなんですよ。
普段は50cm先のPCモニタにかじりつき仕事や作業をしており、それが視力低下の原因の1つでもあるのですが、どうもゲームとそれとでは悪化の性質が異なっている様子です。
ゲームをする際に座る場所とテレビとの距離は3m強離れています。おそらくはゲームに夢中になって長時間テレビを凝視したことが原因なのでしょう。

DSC08538

こちらは「DESTINY」というゲームの画面、なのですが、こんなふうに文字が潰れてよく見えないんです(これよりはもう少しよく見える程度)。鮮明に見るために目を細めています。 
加えて、私はFPSというジャンルの、銃で敵を倒すゲームをよくプレイしており、視力が落ちたら敵の頭に弾がなかなか当たらなくなってしまいました。
これじゃ対人戦でかなり不利じゃないか、由々しき事態だ、と思い、対策することにしました。

目薬

それで目薬を常にゲーブルの上に置き、ゲームをする都度さしているわけです。

 

目薬はかなりの効果がありました
目薬をさしたやいなや、文字が潰れずにはっきりと見えたんですよ。

DSC08538

ぼやけた画面が、

DESTINY

このように鮮明に見えるようになりました。
こんなにも効果があるのかと、目薬って気休めではなくお薬なんだなぁって感心しましたよ。

ちなみに、どの目薬がいいのかだとか私はまったく知りません。そこら辺のドラッグストアで売っているようなものをテキトーにさしています。
価格は1,000円未満だったかな。

DESTINY

目薬をさしてからは、対人戦のキルデス比が上がったと実感します。
上図はクルーシブルのクラッシュ(オンライン対人戦のチームデスマッチ)での戦績です(結構良い戦績なんですよ)。
対人戦は対戦相手の強さにもよりますから、この戦績はあまり意味を成さないのですが、体感としていつもより+2キルは上がったと感じます

目薬

あとですね、私はメガネをかけており、目薬に加えてメガネ拭きもテーブルの上に置いています。

メガネ

これも結構な効果があったんですよ。
レンズをメガネクロスで拭くと皮脂がよく取れて、新品同様にくっきりと画面を映してくれるんですね。
体感として+1キルは上がったように思います

 

そんなわけで、ゲームをプレイする前と後は目薬をさすことをおすすめします
キルレがどうというより、視力はほとんど回復しないものですから、ね。



投稿日時: 2015年04月06日 00:48 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリPS4・PS3・VITAパソコン・インターネット関係
 
 

2015年03月07日

PCモニタ

冬でもエアコンをほぼ付けない私の家(独身・一軒家)の電気料金が明らかに高いのはなぜなのか、原因を突き止めて対策を講じるシリーズ、第12回目です。(11回目はこちら

今回は、PCモニタの消費電力と電気料金を計ってみましたよ。

PCモニタ

はじめに、私が使っているPCモニタをご紹介しますね。
メーカーはNEC、サイズは24.1型、解像度は1,920×1,200のものです。2年くらい前に買いました。
大抵のPCモニタは解像度がフルHDの1,920×1,080のものが多数なのですが、1,200のものはそれより120ドットほど下に長く表示されます。
わずかな差だと思われる方は多いでしょう、でも、大分違うものなんですよ。
ITに関わるお仕事をしている私にとって一度に表示される情報量は多いほうが都合がよく、とりわけ描画ソフトを使って編集したりするときにとても役立っています。
例えるなら、カメラの広角側の28mmと24mmの差とでもいいましょうか(わかりにくい例えですが)。

ちなみにですが、近年のPCモニタは24型や23型でも価格がとても安くなっていて、かつ動画鑑賞やゲームなどでも特に遅延は感じられず、サイズが小さいからむしろテレビより処理速度が早いものがほとんどです。
私はたまに「ゲームに適したPCモニタってどれ?」と聞かれることがあってですね、いつも「最近売れているものならどれでもいい」と答えています。例えば下のモニタだとか。

 
(解像度:1,920×1,080)

消費電力チェッカー

計測に使用した機器はコレです。消費電力チェッカーとコンセントの延長ケーブル。
消費電力チェッカーは中国電力の料金表を参考に、1kWhあたりの単価は「28円」に設定しています。

んでですね、今回、コンセントの延長ケーブルを使用したのは、

机の下側

机の下の電源タップにチェッカーを差し込むと見えにくく、チェッカー自体がACアダプタくらいの幅を取るからです。
それで小さなサイズのコンセントを用いたんですね。
加えて、身体をかがめなくても手元でチェックできるようになりましたよ。
別の機器の電気料金を計る次からも延長ケーブルを使うことにしよっと。

机の下側

ところで、PCデスクの下にあるケーブルって必ずこのように絡まったり雑になったりしますよね・・・。
机の下を覗かないとそれが見えないようにするため、友人に頼んでIKEAで上図のケーブルを机の下に収納するものを買ってもらいましたよ。

さてさて、前置きが長くなりました。
下記よりPCモニタの消費電力と電気料金の計測結果を報告しますね。

続きを読む

投稿日時: 2015年03月07日 22:36 | 記事URLコメント(10)TrackBack(0)
カテゴリ電気料金PCデスク周り快適化