まじめなお話

2009年05月18日

ホームページ談話

ある方: 以前、お安く良いホームページを作っていただいて、本当にありがとうございました。

わし: いえいえ、どういたしまして。

ある方: それでね、福原さん、今度ほかの方にホームページの更新を頼みたいと思っているんですよ。

ある方: 福原さんのところからではホームページの更新できませんでしたよね(他所でもできなかった、adminの仕様で仕方がなかった)。

ある方: 今通っている〜でご縁がありましてね、その方がホームページを作れるようなんです。

ある方: 以前うちに足を運んでくださったとき(adminにその方の家で更新できるようにしたので、わし足を運んだ)、ガソリン代くらいしかお支払いしませんでしたし、福原さんの会社のもうけにならないと思うんですよ。

ある方: その方とは顔を見合す機会が多いですから、更新もよく行ってくれると思います。

ある方: その方は複合機を持っておられて、冊子をスキャンしていただけまして、福原さんがわざわざ家まで写真を撮りに来るようなこともなくなります。

ある方: ほぼ無料で更新していただくのもなんですので(わしほぼ無料で更新してた)、今度はお金を払って1からホームページを作ってもらったり、ドメインやサーバ等を取得して作っていただこうと考えています(サーバやドメインの提案、わししたことあった)。

ある方: ですので、今あるホームページの消し方を教えてくれませんか?

わし: はいわかりました、FFFTPをですね、〜。

ある方: どうもありがとうございました、また何かありましたらご連絡くださいね。

わし: ええ、わかりました。

わし: 僕が作ったものよりいいものを作ってくださいね。それでは失礼いたします。

 

 

 

いやぁ、わしが儲けられるよう、わしに有料ホームページ作成の依頼をしないのかなぁ、なんて思ったり(笑)。
わしスキャナ持ってるし、写真でお金もらえた技術あるんだがなぁ。
んー、お金もらえるんだったらすぐそちらへ伺うのになぁ。

でも更新は重要だし、仕方ないね。
わしの作ったあのサイトは結構評判が良くて、公共機関へもリンクの依頼だとかしたりして受理されて(あのDMOZにも登録できた)、それ以上のものを作って当時の価格より安く・・・んー、なるのかなぁ、それくらいやってくれるのかなぁ。
人格が優れている方なので、過剰にお金を取られないか、わし心配してしまうなぁ。

仕事において、ご縁ってホント大事だなぁと思ったまささんでありましたとさ。
ほぼ無料で、いい技術でいい仕事をしても、必ずしも続けて仕事をもらえるってわけじゃない、とにかく顔を見合わせろ、と。
コレ教訓ね、コレ言いたかった。



投稿日時: 2009年05月18日 00:00 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリまじめなお話
 
 

2009年05月17日

官能的な香りとは、どのような香り?

以前、とある女の子から勧められた「アロマオイル」多種類を買ってみました。
同時に電気アロマランプも購入し、部屋の明かりとしてランプを付けるときのついでにオイルを垂らしていたら、必然と日々香りに親しむようになっていった。

私が購入したのは下記のもの。

 

(アロマオイルは一本が1,000円程度と価格が高いですが、アロマテラピー検定2級・1級のオイルは、2,100円で10種類の香りを試し嗅きできますよ。)

このオイルの中で、私が好むようになった香りは「イランイラン」と「ゼラニウム」。
私はラベンダーやスイートオレンジのような一過性の香りとは違った、濃厚で鼻に絡みつくような香りが好きだと気づくようになった。

 

はい、いつもの口調に戻すよ。
んで気になったから「イランイラン」と「ゼラニウム」をちょっと検索してみたんですよ。
したら、こういうにおいって「官能的」って表現されているんですよ。
わし思ったよ、「官能的なにおい?どういったにおいなんだろ?わけわからん」って。

だからちょっと調べたり考えたりしたんですよ、「官能的なにおいってなんぞや?」って。

官能的っていうのはつまり、性的なって意味だってさ。
性的って意味、辞書で調べてもようわからんですわ、「Hな」、とかと言い換えられるのかな?
でも、Hなにおいって、えっと、なんだろう?
余計分からなくなった。

んでちょっと考えを広げてみた。
オス猫なんてメス猫の性器をくんくんしているじゃないですか。
ああいうのって性的なにおいを嗅いでるって言えるんだろうな、と。
端折るけどつまり、「感覚器官を通じて本能を満たそうとする生理的行動」が「官能的」っていえるんじゃないかな。
短縮させると、「生理的なにおい=官能的なにおい」になるわけね。
ちなみに猫を持ち出したのは、人間の倫理観点を外すためですよ、コレにこだわると考えが縛られる。

実物に例えてみんなに分かりやすく説明すると、官能的なにおいってのは、「脱ぎたてのパンツを嗅いだときのにおい」。
いやいや、まじめに考えたんですよ。
昔にわしそれやったことあるけど、いいにおいとは思わないけど、嗅いでしまいたくなるにおいだった。
今それやったけど、昔と同じだと思った。

まとめるよ。
良いにおいではなく、むしろ変なにおい。でもつい嗅いでしまいたくなるにおい」、例えば股間のにおい。
これを「官能的な香り」だと、わし結論付けた。

 

 

 

・・・しかしまぁ、わしこんなことよう書いたわ、って思った。
「私は股間のような匂いがすごく好きです」って言ってるんだもの。
官能的って言えばそれも薄れるけど、官能という美辞の要素を除いてみたら、本当はそんなところじゃないかな。



投稿日時: 2009年05月17日 03:45 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ疑問に思っていることまじめなお話
 
 

2008年12月04日

学生結婚 [妊娠とは無関係の学生結婚がある]

1年くらい前に、私は学生結婚について書きました。
学生結婚と言うと最近では、できちゃった結婚が多いように思われる方もおられると思います。
そして、できちゃった結婚と言う言葉の風評被害を受け、まじめな方は心狭い思いすることもあるでしょう。

下記はその記事へのコメントをそのままコピーしたものです。
この方が最も言いたいことは、「妊娠とは無関係の学生結婚があるということを知ってもらいたい」です。

 

2008/12/02 12:20  投稿者:25歳女

ちなみに私は、性行為未経験の状態で、同じ大学の学生と、学生結婚しました。
妊娠とは無関係の学生結婚もある事を知ってもらいたいです。

こういう事を自分から書くのもどうかと思いますが、卒業式の時には学業の表彰で銀時計をいただきました。
夫も、卒業式の時に学業で表彰されました。

私は卒業後は、高校生の時から目指していた勤務先に就職しました。今はそこの昼休みです。もちろん夫も働いています。

ちなみに今、私は25歳なのですが、現在も子供がいません。そういう体質、病気みたいです。

妊娠とは無関係の学生結婚もある事を知ってもらいたいです。



投稿日時: 2008年12月04日 00:00 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリまじめなお話
 
 

2008年10月14日

自分の言葉に酔って満足していないか

すごくいいことを自分が自分に言った。

その言葉に酔いしれて、しばらく心地よくなる。

酔いが覚めたら日常に戻る。

 

本当はそこから地道な努力をし改善していかないといけない。



投稿日時: 2008年10月14日 00:00 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリまじめなお話
 
 

2008年10月13日

「僕はお金持ちになりたいんです」

「僕はお金持ちになりたいんです」

以前私が会社を立ち上げる前に参加した、と記憶している『創業塾』という講習会で、私がそう発言した、らしい。
自ら手を上げて、ステージにしゃしゃり出て開口一番そう言い放ったと聞いたことを思い出した。

とある建築関係の方から木材家屋を見てくれとのお誘いがあり、昨日伺ったときにとその話を聞いた。

「僕はお金持ちになりたいんです」

強烈に印象に残った。
言われた方はおそらくちらっと話をされただけなんだけど、私は穏やかじゃない。
その言葉は、私自身の発言が故に深く心に残った。

4年前のことかな、私自身そんなことを言ったかどうかすらほとんど覚えていない。
だが、みんながそうおっしゃるのだから、きっとそう言ったのだろう。

そしてそれから4年後、現状はどうなのだろうか。
経営は順調とはいえないが、仕事をこなすうちに私ができることが多くなった。
ホームページ作成から始まった会社なのだが、デザインやレイアウト構成を多く手がけていくと、いつの間にかそれから発展したスキルが身に付いていた。
仕事で言うと、冊子の作成からポスター、写真撮影、ウェブマーケティングアドバイザ、初心者に対するウェブ関係の講師などをさせていただいた。

ただ、先ほど言ったとおり経営は順調とは言えない。
私が至らないせいで外注先から連絡を断られたこともあったし、連絡を取らないためお叱りを受けたり無視されたり、本来いただく機会があった仕事が自然消滅したことも何度かあった。
それを挽回するチャンスがあったにもかかわらず、見逃すことも多々あった。
つまり、ヘタクソ。
最近は学習を怠っている。

私は私自身の発言を聞いたのちにこう言った。

「いやあ、現実というものがわかったんですよ(へこへこ)」

なんだろう、これ。
過去に私が目指したものの現実がこれか。
もちろん会社は客商売だからお客さんの意向に合わせることが大事なものだけど、私自身の理念って、あるのか。
下手に出るような発言ではなく、もっと、なんというのかな、なんでもっと大きなことを言わなかったのだろうか。

いや、言わなかったわけではなく、言えなかった。
嘘をつくのが嫌いだから。
正直であることが正しいとは思わないが、本当になんだろう、これ。
わかるのは、現状に満足していないという私の状態だ。

こう言われたことがある。

「もっと自信を持ってください」

昔ブログにも書いたが、私は根拠のない自信は嫌いだし、もはや若者特有のそれは消滅したし、過去に努力して消滅させた。
ということは、正直に自信がないと表現してもよいかもしれない。

足りないものを努力して獲得しようとするが、一朝一夕で獲得できるものではない。
もちろんそれには長い時間をかけて身に付くものということはわかっている。
しかし歳を重ねた今、獲得できていない事柄がたくさんあることはどういうことなのかと自問する。

つまり、今、私にはまったく夢がない。
だけど、なにやってんだろうな、とつぶやいたところで完結させたくはない気持ちはある。
しかし現状は理想と隔離している。
私はその曖昧なところで悠々と煙草をふかしている。

捨てるべき怠惰を捨てられずに過ごした結果が、「いやあ、現実というものがわかったんですよ(へこへこ)」だ。
親がお金持ちだったり順調な会社経営者だったりする二世ではない、何の手立てもなかった私が立ち上げた会社だからこそ、誰にも指図されず世の中や市井を変えべく未来へ向かった構想を作り上げ実践できる希望が存在する。

ならば。



投稿日時: 2008年10月13日 02:53 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリまじめなお話
 
 

2008年09月15日

「以外」って、意外にわからん

下記記事は、私福原が「以外」と「以上」をなんか知らんが混同してて、15年くらい勘違いで悩んでいた、切実な証拠の記事です。

「○○以外」って言うとき、わたしいつも悩むんですよ、些細なことですが。

というのも、以外の意味は2つあるじゃないですか。

  1. そのほかのもの
    例: 関係者以外立ち入り禁止(関係者を含まない)
  2. そのものを含む
    例: 10歳以上20歳未満(10歳から19歳まで)(10歳を含んでいる)

これ、どうなん?、と。

数字のほかだったら「以外」はそのものを含まない、で、数字だったら「以外」はそのものを含む、の解釈でよいのかな?

わしとしては、「以外」の他の言葉があれば混同せずに使えるんだけど、いまいち使えそうな言葉がない。

んー、どうなんだろ、そこの現役有名大学の人さん教えてくださいまし。
(たとえばPO○とかはっ○ゃんとかミ○○とか大学教授様とか)



投稿日時: 2008年09月15日 00:00 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリまじめなお話ネタ人生
 
 

2008年06月14日

仕事

クローゼットにしまいこんだTシャツを洗濯し、ハンガーにかけて竿に干しながら考えていた。

私は社長である。
だからいくら他の大きな会社であろうとも、私は社長と見られる。
私が話をする相手はただの社員ではなく、管理職クラス以上の社員だ。
いくら私が個人事業主のような社長であろうとも。

たとい赤字が出たとしても、私は仕事を続ける。
こんな安い仕事を請け負ったら利益が出ないというときでも、私は仕事を続ける。
高い見積もりを出して仕事をふいにしたとしても、別の仕事を続ける。
人にはその人なりのつながりがある。
それが大であれ小であれ。
管理職クラス以上の人は管理職以上の人とのつながりがある。
期待に応える仕事をこなすと、私と管理職クラス以上の人とのつながりができる。
核心はこれなのだ。
そこから別の仕事が派生してくる。
しかし、期待に応えられない結果になった場合、関係は途絶える。

ただ働くだけでは人とのつながりはできない。
たくさんの人と出会い、仕事の成果を話したとしてもつながりはできない。
その人なりの魅力がないといけない。
私は教授から教わった。
福原くん、いつも笑顔でいなさい、と。
それを続け、それの意味するところがわかった。
自分を省みて、お客さんと融和になるよう、自分を落とし込む、自己改造に移った。

私よりいい仕事をする人はたくさんいる。
だけど私を仕事の相手と選んだ人もいる。
いくら私より仕事ができる人がいたとしても、仕事をさせてもらえるかはわからない。
仕事は相手の期待に応えることである。
仕事をもらうということは、相手に期待があるからだ。
仕事をもって期待に応えるだけでは期待には応えられない。
期待には予期しない期待がある。
仕事以外にもその期待に応えるすべがある.

そうして仕事の幅が広がるものだと思う。

そして、今が正念場だと思う。



投稿日時: 2008年06月14日 00:00 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリまじめなお話